「お金を使わない」ベストな貯金法とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「お金を使わない」ベストな貯金法とは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・お金を使わない節約法は、浪費を減らす、固定費と変動費を見直すことからはじめよう
    ・衝動買いや毎日の日課(晩酌や喫煙など)は積み重なる無駄遣い
    ・レンタルやシェアをうまく利用して節約に務めると貯金にも繋がる
    ・給料日に決まった金額を貯金するのが一番ベストな貯蓄方法
    ・収入アップを考えている人は、就職エージェントを利用してみよう

「お金を使わない」と決めていても、ついつい買ってしまった…ということはありませんか?

○○を買いに行くついでに、買わなくてもいいものまで一緒に購入してしまった経験、誰しもあるのではないでしょうか。また、ネット通販を見ていて、ワンクリックをしてついつい買ってしまった…という経験もあるでしょう。
しかし世の中には、このような衝動的な買い方をしない、意思の強い人もいます。

このコラムでは、そんな強い意思を持ちたい!という人のためになるお話をご紹介したいと思います。

◆基本の節約法を知っておこう!

節約することで「お金を使わない」ことが可能です。
では、どのような節約方法がよいのかについて見ていきましょう。

【浪費を減らす】

まずは、必要な支出についてです。

・浪費 → 無くても生活に困らないもの
・消費 → 衣食住のために必要なもの
・投資 → 資産を増やすためのもの

おおまかに、上記の3つに区分することができます。
この中で、一番節約できそうな区分は「浪費」です。
本当に必要なものだけを買うようにすると、ムダな支出を減らすことができます。衝動的に買うことをやめ、本当に必要かどうかを見極めることが大切です。

【家計の固定費を見直す】

固定費とは、毎月一定額の支払いが生じる費用のことを指します。
家庭の固定費にあたるものは、水道光熱費、携帯料金、保険料、住宅ローン、駐車場代、新聞代などです。
この中でも特に、毎月の費用が一定しないものに着目してみます。

・水道光熱費
・携帯料金

上記の2つは、料金を見直すことで節約に繋がる可能性があります。

水道光熱費の削減では、使用量が安くなる時間帯に家事をまとめて済ませたり、冷蔵庫の中身を減らして燃費をよくしたり、節水タイプの蛇口やシャワーヘッドを使用したりすることで見直すことが可能です。
毎日の小さな積み重ねにより、年間使用料を大幅に削減できる可能性を秘めています。

携帯の料金は、プランやキャリアの見直しをすることで使用量をグッと減らすことができるでしょう。
もっと節約させたい!という人には、数年前から注目を浴びている格安SIMを検討してみるのもオススメです。

【変動費に着目する】

変動費とは、毎月の生活スタイルや行事などで一定しない費用が生じることを指します。
家庭での変動費は、食費、被服代、交際費、交通費、レジャー費、美容院代などが挙げられます。

この中でも特に大きな変動にあたるのは、食費です。
月に何回くらい外食をするのかによって差が大きく開くでしょう。また、お出掛けした月は交際費や交通費、レジャー費用が上乗せされ、さらに出費が増すおそれがあります。
そのため、家庭の中でも一番大きな変化を見せるのは「変動費」だと言えます。

予期せぬ行事ごとによる出費は仕方ありませんが、イベントやレジャーによる出費は、あらかじめ必要な金額が明確である場合が多いものです。そのため、遊びは計画的に立て、イベント月に合わせて毎月の積立を考えるとよいでしょう。
食費面では、外食の回数を減らし、自炊をすることで、まとまった出費を防ぐことが可能です。
毎月、変動するお金の使い道の計画をしっかりと立てて変動費の見直しを図ることで、節約が期待できます。


◆無駄なお金を使っていませんか?

たとえ小さな金額でも、積り積もれば大きな損失になりかねません。
小さな金額の出費を見直すことも節約術の一つです。

生活の中で、どのようなお金の使い方をしたら、「無駄なお金の使い方をしている」と感じるのでしょうか。
以下に挙げていきましょう。

・コンビニのATMを利用してお金を下ろすときに支払う手数料
・買い出しに行ったときに、安売りの品に目が移り買ってしまう
・1000円以下の商品を安く感じて、気軽に物を購入する
・日課になっている行動(毎朝コーヒーを買う、タバコを吸う、晩酌をするなど)
・ギャンブルへの執着
など

このような無駄なお金の使い方を本人が気付いているかどうかが一番の問題です。
「まぁいっか」と言って、買い物のついでにコンビニのATMでお金を下ろしてしまう人や、スーパーの激安商品を目にして大量購入してしまう人、毎朝出社前にコンビニに立ち寄ってコーヒーを買ってしまう人。
あまりよく考えずに行動した結果、無駄な出費を積み重ねてしまっている可能性が高いでしょう。

毎日の行動をよく振り返ってみることで節約に一歩近づけるかもしれません。ぜひトライしてみてください。


◆こんな方法でも節約できる!

節約する方法は、お金の見直し以外にもあります。

【欲しいものを定価で買わない】

本や洋服、家具、電化製品など、必要なときに大きな出費が発生してしまいます。それを節約する方法として、オークションやアウトレットなどの利用がオススメです。定価よりも安く手に入れることで、お金の節約に繋がります。


【レンタル、シェアを利用する】

世の中には、さまざまな形で物を手にしたり、使ったりすることが可能です。
マイマネーから捻出するのは難しい…というものでも手に入れることができる、おトクに利用できる方法についてご紹介していきましょう。

・レンタルでおトクに◎
本/CD/DVD/住居(賃貸)/着物/ドレス/車 など

・シェアして節約を◎
部屋(ルーム)/データ通信容量/コインランドリー など


【お金のかからない遊びをする】

休みのときに、羽を伸ばして遊びたい…という人は多いはず。でも、お金をたくさん消費してしまうので、遊びに行きたくても我慢している、という人も多いことでしょう。
でもご安心ください。
遊びたい!という人も、大金を使わずに楽しめる遊び方があります。

・バイクや車でドライブをする
・こどもと公園遊びをする
・運動施設でスポーツを楽しむ
・図書館で読書をする
・家庭菜園やガーデニングをはじめる
など

お金のかからない施設の代表例は、図書館やスポーツセンター、公園などです。
レジャースポットに遊びに行くときは、遊ぶお金が必要になるため、お弁当を作ったり、飲み物を事前に用意して行ったりすると節約に繋がるでしょう。

遊びに行った先では、お土産代やスイーツ代など、思わぬお金が飛んでいくことも…。
でも、せっかくの行楽地だから、思いっきり楽しみたい!というときのために、コツコツと貯金をしておくのが最善の方法かもしれません。
次項では、コツコツと貯金するための方法をご紹介していきましょう。


◆お金が貯まる貯金術!

お金を貯めるためには、少しづつでもOKなので、貯金をすることが大切。
ぜひ以下の中から、あなたにピッタリの貯金方法を探してみてください。

【買ったつもりで貯金する】

給料が出るときに、先月分の残金を貯金する、という方法はあまりオススメではありません。
給料が出たときに貯金分を確保することが一番ベストな方法、と言われています。さらに、貯金する金融機関は、給与振り込み先や引き落とし口座とは違う場所にすることも貯金を続けるためのポイントです。

【買ったつもりで貯金する】

欲しいものを見つけると、どうしても買わずにはいられなくなる…そんな人にピッタリの貯金法です。

衝動的に欲しいと思ったものが、あなたにとって本当に必要かどうかはわかりません。
必要ではない物の場合は、買ったつもりになって、その商品の金額分をお財布から抜き、そのまま貯金にまわしてしまいましょう。
そうすることで、気持ちは購入した気分になり、知らず知らずのうちにお金は貯まっている…ということになります。

しかし、買ったつもり貯金をしていて、生活が少しでも苦しいと感じる場合は、これまでの衝動買い生活が身の丈とマッチしていなかったということが分かります。無理のこない生活を送るためにも、使ってもよい金額を明確に把握しておきましょう。

【購入前によく考える】

すぐに商品を買ってしまう癖のある人は、節約に向けてよく考えるようにすることが大切です。

購入する前に必ず、「本当に欲しいもの?」「コレを買ったらどこに置く?」「いつ使う?」といった問いかけをしてみると本当に必要かどうかが見えてきます。
単に、「貯金がしたい」という漠然とした考えではなく、2年後、5年後、10年後にいくら貯めておきたいのかを明確にして、毎月いくらの貯金が必要なのかを逆算する方法が効果的です。


◆貯金を増やしたい人は収入アップも考えてみよう

毎月生活をするのに一杯いっぱいという人は、現在の収入と支出を今一度考えてみてはいかがでしょうか。
今後、収入アップが期待できない場合は、あなたの貯金も増える可能性は低いと予測されます。
数年後の目標に向かって貯金したい人は、今よりも収入がアップする企業への転職を検討してみるのも一つの解決策です。

角が立たない退職の仕方や転職する際に行う雇用保険の手続きなどについて、「あまり詳しくないので不安」という方は、就職エージェントを活用してみてください。
就職エージェントを活用すると、就活に関する疑問や相談、各種手続きの方法など、さまざまなサービスを受けることができます。
当ハタラクティブでも、就活支援サービスを提供しています。
サポートするのは、プロの就活アドバイザーです。
あなたの未来を変えるためのプロセスを、ぜひ当社にお手伝いさせてください!


関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ