会社を辞める前にチェック!必要な貯金額とは

会社を辞める前にチェック!必要な貯金額とはの画像

この記事のまとめ

  • 退職後に必要な貯金額の目安は、ひと月の生活費(支出額)転職にかかる期間
  • 退職後の転職にかかる期間は3~6か月程度が一般的
  • 貯金が少ない場合はアルバイトも手。ただし、期間を定めるなど転職活動に支障をきたさないよう気をつける
  • 貯金に不安がある場合は在職中に転職活動をするという手も
  • 転職活動に悩みがあるならプロに相談してみよう

会社を辞めると収入がなくなるため、転職活動中の生活費は貯金から捻出することになります。
しかし、転職活動が長引けば、やがて貯金は底をついてしまうこともあるかもしれません。
このコラムでは、退職後に転職活動を行う場合に用意しておきたい貯金額の例と、雇用保険制度の解説や転職活動のポイントなどをまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

退職後に必要な貯金額

退職後に転職活動を行う場合、用意しておきたいのが当面の生活費。
平成28年の調査によると、単身世帯の消費支出の平均額は15万8911円となっています。
転職にかかる時間は3か月から半年前後が多いと言われているため、必要な貯金額の目安は下記のようになります。

転職期間が3か月の場合

15万9000円×3か月=47万7000円

転職期間が半年の場合

15万9000円×6か月=95万4000円

生活費は家賃や節約の仕方によっても変わりますが、自分のひと月の出費×転職にかかる期間分の貯金は確保しておく必要があるでしょう。
転職活動では、交通費や履歴書・写真撮影代など、普段より出費が増えることも多いので、それも見込んだ金額を考えておきましょう。

参照元:
総務省統計局
家計調査報告(平成28年)

転職中に得られる収入!雇用保険の基本手当はどのくらい?

退職後に転職活動を支援するために給付される雇用保険の基本手当。失業保険や、失業給付と呼ばれることもあります。
「退職日から遡って2年間に12か月(会社都合などの場合は6か月)以上雇用保険の被保険者期間がある」「再就職する能力と意欲があり、求職活動を行っている」という条件に当てはまる場合は誰でも受け取ることができる手当です。

ただし、気をつけたいのが手続き後に給付される時期。
会社都合などで退職した「特定受給資格者」や、ハローワークが認める理由のある自己都合で退職した「特定理由離職者」の場合は、手続き後、7日間の待期期間や失業認定などを経てすぐに受給することができますが、自己都合で退職した場合は3か月の給付制限を受けることになります。

また、給付される金額は在職時の給与の50~80%ほどのため、働いているときより収入が減ってしまうことに変わりはありません。
貯金のプラスアルファとして考えるようにしましょう。

貯金が少ない場合はアルバイトをするのも一つの手?

貯金が少ない場合や雇用保険を受給できない場合には、アルバイトをするのも一つの手です。
しかし、その際に気をつけたいのがフリーターとしての生活に慣れてしまわないようにすること
いったんフリーターになってしまうと、その生活に慣れてしまい、ずるずるとフリーター期間が伸びていってしまう可能性もあります。
また、アルバイトに力を入れすぎて転職活動に十分時間がとれなくなってしまうという弊害も。

アルバイトをする際は期間を決めて行う、転職活動を優先するようにするなど、メリハリをもって取り組むことが大切です。

転職活動をスタートさせ、新しい正社員の道を切り拓こう!

転職時に貯金の心配がある場合は、在職中に転職活動を行うという選択肢も。
在職中は忙しくて時間が取れない…スケジュールの調整が難しいという方は、転職エージェントを活用してみませんか?

ハタラクティブでは、専属の転職アドバイザーが利用者の方に応じたアドバイスを提供。面接のスケジュール調整や企業とのやりとりなどを代行するので、働きながらでも効率的に転職活動を行うことができます。
もちろん、サービスは退職後の転職時にもご利用可能です。

ハタラクティブは若年層に特化した就職支援サービスなので、20代の方の悩みにしっかり寄り添い、適切なサポートを行っています。
転職・就職活動にお悩みのある方は、まずはお気軽にご相談ください!

この記事に関連するタグ