1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. やりたいことが見つからない!仕事探しに迷ったら

やりたいことが見つからない!仕事探しに迷ったら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・やりたい仕事がない人の中には、最初から自分の夢や希望を諦めてしまっている人がいる

    ・自分の気持に正直になり、やりたい仕事やそれに近い仕事を探してみると自分の可能性が広がる

    ・やりたいことが見つかったら、自己分析により具体的な実現方法を考える

    ・就職活動をするときは、「失敗するかも」というネガティブな気持ちにならないように気を付ける

就活をしていると、自分の夢や将来について考える機会が多くなります。

自分の希望がわかっていれば、興味のある業界・やりたい仕事を絞りやすく、就活がスムーズに進むのではないでしょうか。 

しかし、自分のやりたいことが分からず、どうすれば良いのか悩む方も少なくないようです。

ここでは、やりたいことが見つからない人向けに、仕事探しのコツをご紹介します。

本当にやりたいことがないのかを考える 

将来自分がやりたいことがわかっていれば、そこから未来を想像して自分の選ぶべき道を考える事ができます。

「医者になりたい」などの具体的な夢がある人はもちろん、「人を助ける仕事がしたい」といった目標がある人は、そこからやりたい仕事・就きたい職業を見つけることができるでしょう。

しかし、目標やなりたい職業がある人とは対象的に、「やりたい仕事がない」と悩む人も少なくありません。

そんなときは、1度自分の気持ちと向き合ってみると良いでしょう。

「やりたい仕事がない」と言う人の中には、本当はやりたいことがあるのに、自分の限界を決め付けて「自分には無理」「現実的じゃない」と、諦めモードになってしまう人がいるようです。

全てを最初から諦めてしまうと、自分のやりたいこと、できることが見えなくなってしまい、自ら選択肢の幅を狭めることに繋がります。

そんなことになる前に、自分の気持ちに正直になることが大切です。

最初から諦めずに、自分がやりたい仕事は何か、やりたい仕事に近い職種はないか、自分の目標を実現する別の方法はないかなど、いろいろと考えてみましょう。

さまざまな選択肢を挙げていくと、自分の可能性が広がり、自分のやりたいこと・やりたい仕事を見つけやすくなります。



自己分析をしてみましょう

自分の正直な気持ちが見えてきたら、考えを書き出し、自己分析をしてみるのもおすすめです。

「こんな事が仕事になるのか」などとは気にせず、大きな夢から小さな願望まで、リストアップしてみましょう。 

具体的な言葉が出てこない人は5年、10年と期間を区切って目標を出してみると考えやすいかもしれません。

リストアップし終わったら、やりたい事を実現するためにどんな条件をクリアする必要があるのかを考えます。

このように、「やりたい事→そのためには」と考えていく事で、自分の希望を叶えられる職種や企業が絞られてくるでしょう。

それでもやりたい事がわからず、仕事探しの指針が見えてこない人は、反対に「やりたくない事」から自分の考えを探るのも1つの方法です。

また、家族や友人、先生など、第三者に客観的な意見をもらうと、自分では気づかなかった自分の性格や能力から、やりたい仕事・できそうな仕事が見つかるかもしれません。

丁寧に自己分析してみると、自分がどんなことをしたいと考えているのかを客観的に見ることができ、考えをまとめることができるでしょう。

仕事探しに迷ったら読みたいQ&A

仕事探しに迷っている方の中には、「やりたい仕事がない」と悩む人も多いのではないでしょうか?
ここでは、自分に合った仕事を見つけるヒントをご紹介します。

やりたい仕事がないときはどうすれば良いですか?

楽しかった経験や達成感のあった経験を振り返り、自分が興味を持てる分野を探しましょう。もしくは、自分が得意なことから仕事を探す方法もあります。得意なことが分からなければ、周りから褒められた事柄を思い出しましょう。
過去の経験から自分の性格や価値観を知る行為を「自己分析」といい、仕事を考えるうえで役立ちます。ぜひ、このコラムの「自己分析をしてみましょう」を参考に取り組んでみてください。

求人サイトを見てもやりたい仕事がありません

たくさんの求人を見てもやりたい仕事がないときは、条件を絞り過ぎている可能性があります。確かに、残業時間や勤務地、給与など、希望条件を明確にすることは大切です。しかし、たくさんある条件すべてを満たす求人を見つけるのは非常に困難。条件が多い人は条件に優先順位をつけ、妥協しても良い条件を洗い出しましょう。

自分に自信がないときはどうすれば良いですか?

自信がなくて仕事が見つからないときは、自分を認めることから始めましょう。家族や友人に自分の長所を挙げてもらったり、自分の良いと思う部分をノートに書き出したりするのがおすすめです。選考に落ちたときは、「企業との相性が悪かっただけ」と考えて、自分を責めすぎないようにしましょう。
自信がなくて悩んでいる方は、「自分に自信が持てない人へ。自信へ導く思考法とは?」を参考にしてください。

仕事探しを手伝ってくれる機関はありますか?

担当者がヒアリングを行い、求職者の希望や適性に合った求人を提案してくれる転職エージェントがあります。
ハタラクティブでは自己分析のお手伝いもしているので、「やりたいことが分からない…」という人はぜひご相談ください。正社員未経験の方の内定実績も豊富なので、就職が初めての方も安心してご利用いただけます。


就職活動の心構えとは

やりたい仕事が見えてきたら、いよいよ就職活動です。 

就職活動では「失敗するかも」「難しそう」などのネガティブな気持ちでいると自信がなくなり、思うように進まないことがあります。

就職がうまくいくかどうか、不安で心配になることがあるかもしれませんが、選んだ道で成功するかどうかは、そのときになってみないと誰にも分からないことです。

また、就職活動をはじめることで、企業の傾向や業界について見えてくることもあります。

そのため、勇気を出して、一歩踏み出すことが大切です。

しかしながら、やりたいことや自分の将来像が見えてきたものの、どうやって求職活動をすれば良いか分からない、という人もいるのではないでしょうか。 

そんなときは、就職・転職支援サービスのハタラクティブに相談してみましょう。

ハタラクティブは若年層向けに、希望に合った求人紹介や応募書類の添削、面接対策、スケージュール調整など、さまざまなサービスを提供しています。

担当の就活アドバイザーに、就職の悩みや不安を相談できるほか、事前のカウンセリングにより、自分の性格や適性を知ることができます。

1人での就職活動が不安だという方は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる