自分に合った仕事の見つけ方って?企業探しのヒントをご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分に合った仕事の見つけ方って?企業探しのヒントをご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自分に合った仕事の特徴は、「能力を活かせる」「希望条件とマッチしている」など
    ・自分に合った仕事のメリットは「早期離職を防げる」「モチベーションを保ちやすい」
    ・自分に合った仕事の見つけ方は、「自己分析を徹底する」「視野を広く持って探す」など
    ・気になる企業が多すぎるなら、企業に点数をつけて比較検討してみるのがおすすめ

自分に合った仕事の見つけ方って?企業探しのヒントをご紹介の画像

「自分に合った仕事の見つけ方」が分からず、企業探しでつまずいてしまう人は意外と多いのではないでしょうか?自分に合った仕事…「適職」に就きたいと考えるのは、就活や転職活動をしていれば当然のことです。とはいえ、自分の理想すべてに合致する仕事にこだわりすぎていると、選択肢を狭める可能性も。本コラムでは、自分に合った仕事を探すヒントをご紹介しています。仕事探しでお悩みの方は、ぜひご一読ください。

「自分に合った仕事」とは?

就職・転職活動をするのなら、「自分に合った仕事を探したい」と考えるのが自然な流れです。
そもそも、「自分に合った仕事」とはどのようなものなのでしょうか。

自分の能力を活かせる「適職」

自分の強みや能力を活かせる仕事は、その人に合った仕事といえるでしょう。
自分の強みや能力と聞いてピンとこない人は、シンプルに自分の「長所・短所」「得意なこと・苦手なこと」をイメージしてみてください。長所や得意なことを活かせる仕事が「適職」であると考えられます。反対に、短所や苦手なことに関連するものは、不向きな仕事である可能性が高いでしょう。

希望条件とマッチしている仕事

働くうえで叶えたい条件と業務内容、職場環境などがマッチしている場合も、その人に合っている仕事といえます。
希望条件は、「◯◯の業務に携わりたい」「社員同士のコミュニケーションが活発な職場環境で働きたい」「成果主義の会社で実力をつけたい」など、人によってさまざま。企業が求める人物像と自分の仕事に対する希望条件がマッチしているかどうかで判断すると良いでしょう。

「自分に合った仕事=好きなこと」とは限らない

自分に合った仕事は、必ずしも「好きなこと」や「やりたいこと」であるとは限りません。
自分の強みや能力を活かせるうえに、好きなこと・やりたいことに当てはまる仕事は「天職」といえます。
天職を仕事にする人はもちろん存在しますが、すべての人が好きなこと・やりたいことを仕事にしているかといえば、そうではないようです。
好きなことを仕事にしたい気持ちは大切ですが、就職・転職活動の場でこだわりを持ちすぎると、視野を狭める恐れがあります。「適職=好きなこと・やりたいことでなければならない」と考え、仕事探しで苦労しているのなら、まずは、その概念を取り払ってみることをおすすめします。

「自分に合った仕事」を見つけるメリット

「自分に合った仕事」を見つけるメリットの画像

就職・転職活動の場では、なぜ「自分に合った仕事」を探す必要があるのでしょうか。
理由は大きく分けて2パターンあります。

自分に合った仕事は長続きする

自分の能力や性格、価値観に合った仕事に就けば、業務や職場でストレスを抱えるリスクが減り、長期的・安定的に働けると考えられます。
極端な例ではありますが、苦手な業務や自分の性格・価値観と真逆の考えを持つ企業では、仕事が長続きするものではありません。就職しても業務内容や職場環境にストレスを抱えるリスクが高く、早期離職に繋がる恐れがあるからです。
就職後のミスマッチを起こさないためにも、自分に合った仕事選びをする必要があります。

適職ならモチベーションを保ちやすい

自分に合った仕事は、働くうえでのモチベーションを保ちやすいというメリットがあります。
例えば、得意なことを仕事にした場合、業務を比較的スムーズに進めることができるでしょう。業務の成果や実績を出せば、それだけ会社からの評価に繋がります。自分のスキル向上を感じたり、他者から認められたりすると、それが仕事へのやりがいになることも。
反対に、不向きな仕事に就けば、なかなか成果を出しにくいもの。ミスや失敗が続いたり、上司から怒られたりすることも多くなり、モチベーションを保つのは難しいと考えられます。
やりがいやモチベーションを維持できるかどうか、といった観点も仕事選びには重要です。

自分に合った仕事を見つける6つのヒント

就職や転職活動を成功させるには、自分に合った仕事を見つけ出すことが近道です。
ここでは、自分に合った仕事を探すヒントをまとめました。

1.自己分析を徹底し、自分の強みと価値観を見つける

ます始めに、自己分析を行い自分の強みや価値観を見つけましょう。
自己分析はいわば、自分を客観的に知る作業。就職・転職活動をするうえで欠かせない工程なのでしっかり行いましょう。

自己分析のやり方

まずは、学生生活や日常生活といった過去の経験から、印象に残っているものをリストアップしてください。次に、自分の長所・短所、好きなこと・嫌いなこと、得意なこと・苦手なことなどを洗い出します。最後に、自分の長所や得意なことから自分の強みや価値観を見つけ、「どんな仕事が合っていそうか」「どんな仕事にやりがいを感じそうか」などを考えましょう。

2.キャリアプランから就職先に求める条件を考える

自己分析が終わったら、将来の「キャリアプラン」を立ててみましょう。
定年退職までのロングスパンで考えるのもOKですが、慣れないうちは「入社後◯年後の目標」を立ててみるのがおすすめ。1年後、3年後、5年後、10年後の自分を想像し、「どんな活躍をしていたいか」「役職はどうか」といった目標を設定してみましょう。結婚や子育てといったライフイベントの時期もプランに含めておくと、ビジョンがより具体的になります。
大まかなキャリアプランを作ったら、「どんな職場環境で働きたいか」「どんな企業なら実現できるか」などを詳細にイメージし、就職先の希望条件を洗い出しておいてください。

3.希望条件に優先順位をつけ「就活の軸」を定める

自分が出した希望条件に優先順位をつけ、「これだけは絶対に譲れない」というものを2~3個程度に絞り込み、仕事探しのベースとなる「就活(転職活動)の軸」を定めましょう。
先述したように、自分に合った仕事は必ずしも好きなこと・やりたいことであるとは限りません。「希望条件すべてが当てはまる完璧な職場」を前提にして求人を探していると、企業の悪いところばかりに注目してしまい、選択肢が狭まる恐れがあります。
希望条件を多量に出しても、そのすべてを満たす職場はなかなか見つからない、と認識しておきましょう。

4.「好きなこと」ではなく「できること」から仕事を探す

好きなことから仕事を見つけようとしてもうまくいかない場合は、「できること」「できそうなこと」から探してみてください。
繰り返しになりますが、自分の好きなことを仕事にするのは一定の難しさがあるのが現実。好きなことから仕事が見つからないのなら、視点を変えてみるのも1つの手です。
好きな仕事でなくても、働くうちに楽しさややりがいを感じられるようになる可能性も。自分の能力が活かせる(活かせそうな)のはどんな仕事か、という観点を持つことが大切です。

5.先入観を捨て、視野を広く持つ

仕事を探す際は、業種や職種に先入観を持たず、視野を広く持つのがポイントです。
企業について知ろうとせず、「この業種は自分には合わなそう」「◯◯職は人間関係が大変そう」といった先入観だけで判断するのは、自分の可能性を狭めるリスクになります。
興味のなかった業界・職種が、実は自分の適職だった、というパターンは意外と多いもの。偏った考えは捨て、「就活(転職活動)の軸」とマッチしているか、自分の能力を活かせそうかを客観的に判断しましょう。

6.大手企業に絞って探さない

大企業や有名企業を受けるのは問題ありませんが、大手に絞って探すのは避けてください。
大手企業は、応募倍率が高くなる傾向があります。倍率が高いということは、それだけ採用ハードルも高く、内定を取るのが難しいということ。大手企業に絞って求職活動をしていると、いつまでも就職先・転職先が決まらない…という事態になりかねません。
中小企業の中にも、安定して働ける、制度が整っている優良企業はあります。
規模や知名度だけで判断せず、業務内容や社風にも目を向けて応募先企業を探しましょう。

気になる企業が多すぎる場合の3つの対処法

気になる企業が多すぎる場合の3つの対処法の画像

仕事を探していると、「あれもこれも」と目移りして迷ってしまう場合もあります。
興味のある仕事が多すぎて、応募先企業を絞り込めない場合は、以下3つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

企業に点数をつけて比較検討してみる

候補の企業と自分の希望条件が、どれほど一致しているかを点数化する方法です。
比較するのは、業務内容や将来性、待遇面、職場の雰囲気など5項目程度がおすすめ。合致してれば1点、不一致なら0点というように項目ごとに点数をつけ、その合計点を比較してみます。
企業との相性を数値として可視化することで、比較検討しやすくなるでしょう。

企業の採用ニーズと自分の強みを照らし合わせてみる

「企業が求める人物像」と「自分の能力や強み、価値観」を照らし合わせ、相性をチェックする方法です。
企業の採用ニーズと応募者の能力や価値観が合わなければ、応募しても採用に繋がらないもの。興味のある求人が多すぎるのであれば、公式Webサイトや求人サイトから企業の求める人物像を確認し、自分との共通点が少ないものから削ってみましょう。
また、企業ニーズを知れば、志望動機や自己PRを考えやすくなるので、採用の可能性がぐっと高まります。

就職・転職のプロに相談してみる

色々試してみたけど、自力で自分に合った仕事が見つけられそうにない…という人は、第三者の意見を聞くのがおすすめ。
家族や先輩などへ相談するのも一つですが、就職・転職のプロに相談する方法をご紹介します。
就職・転職エージェントは、求職者に対し、仕事探しから内定までを支援する民間サービスです。
エージェントでは、カウンセリングで希望条件や適正を洗い出した後、求職者に合った求人をいくつか紹介してくれます。
自分に合った仕事を見つけたいけれど、何を基準にしたら良いのか分からない、そもそも自分の適性を把握できていないという場合は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

若年層向けの就職・転職エージェントハタラクティブでは、プロのアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、あなたの希望に沿った仕事をマッチングします。
求人紹介だけでなく、企業との交渉や選考スケジュールの調整はすべてハタラクティブが代行。就活で悩みがちな応募書類の添削や面接対策もしっかり行うため、利用者の方の内定率は80.4%と高いのが特長(2019/01/16)です。求職活動全般が不安だという方も安心してご利用いただけます。
さらに、ハタラクティブのサービスはすべて無料。「やりたい仕事が見つからない」とお悩みなら、ぜひご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ