就活しない大学生の理由と進路、就職を目指す場合には?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大卒フリーターからの就職
  4. >
  5. 就職したくない大学生の悩み
  6. >
  7. 就活しない大学生の理由と進路、就職を目指す場合には?

2018/06/22

【このページのまとめ】

  • ・就職活動をせず、卒業後に就職以外の進路を歩む大学生もいる 
    ・その理由としては、働くことへの抵抗感や就活のモチベーション低下などが挙げられる 
    ・卒業後の進路は、フリーターや既卒での就活、進学など 
    ・既卒者の就職チャンスは新卒者より少ない傾向にある 
    ・大学生は就活を続けるようにし、既卒者は早めの行動を心がけると良い

大学3年生頃から就職活動を開始し、新卒で内定が出た企業に入社する…。
それが国内の多くの大学生にとって、ポピュラーな進路となっています。
しかしながら一部には、さまざまな理由からあえて就活をせず、異なる進路を歩もうとする学生さんも。
そこで当コラムでは、就活しない大学生の理由と卒業後の進路、および就職を目指す場合に心がけることなどについて解説します。

◆就活をしない理由

まずは、就職活動をしない理由をいくつか挙げていきます。

【働くことへの抵抗感】

就活をしない理由の一つとして考えられるのは、就職すること・働くことへの抵抗感です。
必要最低限のお金が手に入れば、わざわざ正社員にならなくても構わない
という考えであれば、アルバイトをはじめ、アルバイトをはじめ、就職以外にお金を得るための方法を取るでしょう。

【就活モチベーションの低下】

就活が上手くいかないことにより、活動を続けることへの意欲が低下することも。例えば、下記のようなケースです。

・自分なりに努力しているものの、なかなか内定がもらえない
・数多くの企業に応募してはみたものの、就職したいと思える会社、自分に合っていると感じられる会社に出会えない

【既存の仕組みに対する不満】

日本では、学生時代に就活をすることが一般的な就職方法であるとみなされる傾向にあります。
しかし大学生の中には、人生経験を積まないうちに仕事を決定する仕組みに不満を感じる人もいるのかもしれません。


◆就活せずに卒業した人の主な進路

次に、就活をすることなく大学を卒業した人が歩むことになる主な進路を見ていきましょう。

【フリーター生活】

正社員として就職せずに生計を立てる手段として、フリーターが挙げられます。
将来の夢のためにあえてフリーターを選択している場合もあれば、特に目標はないけれど差し当たりフリーターになっておくというケースもあります。

【既卒の立場で就活】

卒業後に就職をしたくなった場合には、既卒の立場で就活に取り組むことになるでしょう。
ただし、新卒者で人材が充足することも企業もあるため、その分既卒の方の求人選択肢は狭くなってしまうと考えられます。

【進学、留学】

「大学で学んだ分野をさらに深めたい」
「海外ならではの経験をしたい」
といった希望を持つ方の場合、大学院進学や専門学校入学、あるいは海外に留学するといった選択肢もあります。


◆心がけると良い行動について

最後に、大学生・既卒者それぞれが就職を目指す時に心がけると良い行動について説明します。

【学生の方は就活を続ける】

前項の「既卒の立場で就活する」で述べたことからもわかるように、既卒は新卒よりも応募できる求人が少なくなるため、その分就活の難易度が上がる可能性があります。
大学生であることのメリットは、チャンスの多さです。就活を続けることで、多様な選択肢の中から自分に合った会社にご縁を得やすくなると言えるでしょう。

【既卒の方は早めに行動を】

卒業後それほど年数が経っていなければ、既卒でも新卒者に近い人材としてみなしてくれる企業もあるかもしれません。
応募者の仕事に対する意欲や、ポテンシャルの有無を重視する場合もあるからです。
職種や業種について見聞を広めたり、企業研究をしたりといった努力はもちろんのこと、できるだけ早い段階で行動を起こすことが既卒者にとって大切になるでしょう。

なお、既卒での就活に不安がある方は、就活エージェントを利用するのも手です。
ハタラクティブでは、正社員での就業経験がなく自信がないという方にもアドバイザーが親身に対応します。ぜひお気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ