新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大卒フリーターからの就職
  4. >
  5. 就職したくない大学生の悩み
  6. >
  7. 就活しない大学生が抱いている思いとは?就職以外の進路を解説!

就活しない大学生が抱いている思いとは?就職以外の進路を解説!

公開日:

最終更新日:

就活しない大学生が抱いている思いとは?就職以外の進路を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・就活しない大学生は、組織に属することに抵抗感を持つ場合がある
  • ・就活しない大学生は、卒業後アルバイトや個人事業主として働く選択肢もある
  • ・就活しない大学生のメリットは時間や働き方を自由に決められること
  • ・就活しない大学生のデメリットは社会的信用を得にくく人脈を広げにくいこと

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

就活しない大学生がそう思う理由について気になる方もいるでしょう。大学卒業後、就職以外にどのような選択肢あるか、また就活で得られるものについても詳しく解説します。就活そのものに対し嫌悪感を抱き、やりたいことがわからないと悩んでいる方もいるでしょう。このコラムでは、就活に活かせる資格についても詳しくご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

就活しない大学生が抱いている思い

就活をしない大学生が抱いている思いはさまざまです。以下に主な理由をご紹介しますので、見てみましょう。

やりたいことがわからない

就活を考えたとき、「自分のやりたいことがわからない」と悩む大学生がいます。将来の夢や目標がなく、自分がどの業界に合っているか悩むことも。また、漠然とした夢があったとしても、履歴書や面接で上手く伝えられるか、不安を抱く大学生は少なくありません。
しかし、実際には「やりたいことがわからない」状態のまま、社会人として働いている人もいます。なかには経験を積むことで、やりたいことが見つかったという人もいるようです。

働くことや組織に属することに抵抗がある

働いてお金を稼ぐことに対し意味を見出せず、就活をしない大学生もいるでしょう。また、企業や組織の一員として働くことに対し、抵抗を感じる人も。
組織に属すると、個人の意見を通すよりも、上司や会社の意向に従うことを求められる傾向にあります。そのことに対し抵抗を感じ、就活をしたくないと考える人もいるでしょう。

就活そのものに対する嫌悪感

就活そのもののイメージに対し、嫌悪感を抱く大学生もいます。該当することがあるか、確認しましょう。

・履歴書の記入方法や面接のマナーがわからない
・不採用が続いたときにショックを受けたくない
・「就活者らしい」髪型と服装で就活しなければならない
・本音を言えない

現在の就活システムは、企業が効率良く大学生を採用するためにできたといわれています。そのため「企業が求める答えを言える人」や、「実力以上に自分を大きく見せられる人」が有利と感じる就活者も。これに理不尽さを感じ、就活そのものにネガティブなイメージを抱く人もいるでしょう。

新卒として就活しない場合の選択肢

新卒として就活しない場合の進路は、以下のような選択肢が考えられます。大学卒業後すぐに就職しない場合は、どのような道があるか見てみましょう。

既卒で就活

「新卒」とは、大学卒業後すぐに就職する人を指し、「既卒」とは学校を卒業したあとに正社員として就職せず、職歴がない人を指します。既卒としての就活は、新卒よりも厳しいといわれていますが、就職できないとは言い切れません。
既卒として就活する際は、新卒者向けよりも「既卒歓迎」という条件に注目し、応募する企業を探すと良いでしょう。卒業後に正社員として働いていなかった期間に何をしていたか、いわゆる「空白期間」を明確に説明できるよう準備が必要です。
現在は、厚生労働省が「卒業後3年以内の既卒者は新卒として受け入れるように」と、企業へ要請したことにより、新卒者として応募できる間口が広がりました。
大学卒業後から就活を始めたとしても、既卒者でなく新卒者として応募できる企業があることを覚えておきましょう。なお、卒業後何年以内を新卒者扱いとするかについては、企業によって異なるため、応募する前によく確認してください。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!~「青少年雇用機会確保指針」が改正されました~

進学や留学

就活しない場合は、大学院や専門学校への進学、または海外へ留学するという選択肢があります。大学より専門的な知識や技術を身に付けたい、または別の知識を広げたいと考える場合は、進学も一つの手でしょう。「学生」という立場を継続することにより、就活のタイミングを数年間遅らせられるといった利点もあります。
留学は、海外生活を経験することにより、自分の価値観や視野を広げられることも。また、帰国後に就活をする際、語学を活かして就職できる可能性もあります。
とはいえ、進学や留学をする場合は、学費や渡航費など多くの費用が必要です。「大学在学中に就活したくない」という理由だけで、安易に決めることはおすすめできません。

進学や留学後の就活では、必ずといって良いほど面接官から「なぜ進学・留学したか?」と質問されます。面接の場で「大学在学中に就活したくなかったから」と答えないよう、明確に説明できる理由が必要です。
また、進学や留学をした場合は、新卒で就職した人と比べ、社会人としてのキャリア形成が遅れることとなります。卒業後や帰国後のキャリア構築もよく考えたうえで、進学や留学を決めると良いでしょう。

アルバイト

就活しない場合は、大学卒業後に正社員ではなく、アルバイト(非正規雇用)として働く選択肢があります。一般的には「フリーター」と呼ばれ、勤務時間や日数、休日などが自分の都合に合わせやすいのがメリット。
一方で、アルバイトの立場では、社会保険や年金といった、正社員と同等の福利厚生を受けられないことも。福利厚生については「就職しない場合のメリットとデメリット」の項目で詳しく紹介するので、ご参照ください。

個人事業主

企業に就職しない場合は、個人事業主(フリーランス)として、収入を得る方法があります。たとえば、個人で仕事を請け負う、プログラマーやWebデザイナー、ブロガーなどです。
プログラマーは、主にコンピューターのシステム開発やプログラム作成を行います。Webデザイナーの仕事は、ホームページの作成やチラシのデザインなどです。ブロガーは主に、ブログを書いて商品やサービスを紹介する「アフィリエイト」によって収入を得ます。
これらの仕事は、報酬額が一定とは限りません。
組織に属していない個人事業主は、仕事内容や勤務時間、報酬額を自分で決められます。また、一般企業であれば担当部署が行っている、確定申告や経理などの事務作業も、自分で行う必要があるのです。
誰かに雇われるという働き方に抵抗感があり、起業して1人で自由に働きたいと考える人もいるでしょう。しかし、自由であるがゆえに、自己管理が重要といえます。
前述したように、金銭や書類の管理のほか、依頼された仕事の期日を厳守すること、つまり時間の管理も大切です。自己管理ができないと、依頼主の信用を失うことに繋がり、それがきっかけで仕事が依頼されなくなる可能性もあります。

さらに個人事業主として働く人は、企業で働く人のような毎月安定した給与がありません。依頼主に直接報酬額を交渉できるため、企業で働くよりも多くの収入を得られる可能性もありますが、仕事がなければもちろん収入はありません。
上記を踏まえたうえで、自分の好きなことで収入を得たいと考える方は、個人事業主として働くのも良いでしょう。

資格を取得

大学卒業後すぐに就職しない場合は、公務員の資格取得を目指すのも一つの選択肢です。公務員は大きく分けて、国家公務員と地方公務員の2種類があり、以下のような違いがあります。
公務員以外に、就職の際に役立つ資格についても、順にご紹介するのでご参照ください。

(国家公務員)
・主な職種:総合職、一般職、専門職
・勤務場所:国会議事堂、裁判所、厚生労働省、財務省、ハローワーク、法務局など国の機関

国家公務員試験の場合は「受験する際の年齢は上限30歳」とされてている職種が多く、年齢制限を超えてしまうと受験できません。
国家公務員として勤務するためには、職種ごとの「国家公務員試験」を合格し、採用試験を受け、内定をもらう流れとなります。国家公務員とはいえ、資格取得だけで就労が保証される訳ではないので、覚えておきましょう。

(地方公務員)
・主な職種:福祉職、行政職、技術職、心理職
・勤務場所:警察署、消防署、学校、都道府県庁、図書館、土木事務所など都道府県各地の機関

地方公務員として働くためには、希望の職種ごとに都道府県で実施している「地方公務員試験」に合格する必要があります。また、国家公務員と同様、資格取得後の就労保証はありません。試験合格後に内定をもらうことにより勤務開始となります。
受験する際の年齢制限や、受験要件などについては、職種や各都道府県ごとに異なるため、お住まいの自治体の窓口へお問い合わせください。

つづいて、就活の際に活かせる資格を以下に挙げますので見てみましょう。大学在学中から取得を目指せる資格もあるので、チェックしてみてください。

・税理士
・通関士
・公認会計士
・社会保険労務士
・中小企業診断士
・宅地建物取引士
・基本情報技術者
・FP技能検定
・ITパスポート
・MOS
・日商簿記
・TOEIC

これらは一般的に、比較的難易度が高いといわれている資格です。しかし、取得すればその資格を活かした仕事に就ける可能性もあるでしょう。日商簿記は2級以上、MOSはより高いレベルを取得していれば就活の際に有利といえます。
就活しない場合は、資格を取得するために勉強を始めるのも良いでしょう。

ニート

ニートとは、15~34歳の非労働力者(収入となる仕事をしていない人)のうち、通学または家事をしていない独身者を指します。したがって、アルバイトとして働いている人や学生などはニートに含まれません。

大学卒業後に、親に相談をして短期間ニートとして生活し、将来について考える時間を設けるという選択肢もあるでしょう。あるいは、卒業後すぐ就職したくない場合は、海外へ旅に出るのも一つの手です。日本以外の世界を知ることにより、人生観に変化をもたらすことがあるでしょう。旅をしながら、自分の経験をブログやSNSなどで発信し、収入を得ることもできます。帰国後、旅で得た経験を元に、就活できる可能性もあるのです。
ただし、就活の際は面接官から、必ずといって良いほど「大学卒業後の空白期間」について聞かれます。面接を受ける前に、ニートとして生活した期間や、旅に出た理由などを説明できるよう、準備が必要となるでしょう。

就職しない場合のメリットとデメリット

就職しない場合は、いくつかのメリットとデメリットがあると考えられます。以下に挙げますのでそれぞれ見てみましょう。

メリット

就職しない場合のメリットは「自由」が利くという点です。以下のことに対し、自由であることを重要視する場合は、正社員以外の働き方を考えるのも選択肢の一つといえるでしょう。

・時間を自由に使える
・人間関係を自由に形成できるため一般的な上下関係で悩むことが少ない
・自分1人で自由に行動を判断できる

一般的に、企業で正社員として働く場合は、勤務時間や勤務場所など、会社の規律に従う必要があるため自由度は低め。個人で判断するのではなく、上司や会社などの指示に従い、組織の一員として働く必要があります。
それに対し、アルバイトや個人事業主として働く場合は、働く時間や休日、仕事内容などを自分で決められるのがメリットです。
ただし、自由に決められるとはいえ、守るべき規律や構築すべき人間関係などはあるので、社会人としての一般常識を身に付ける必要はあるでしょう。

デメリット

就職しない場合のメリットがある一方で、デメリットもあります。以下に挙げますので確認しましょう。

・福利厚生が受けられない
・安定した収入を望めない
・人脈を広げにくい
・社会的信用を得にくい
・空白期間を説明する必要がある

一般的に、正社員として企業へ就職した場合は、病気やケガなどで働けなくなっても、会社の福利厚生制度により一定額の収入を得られます。また、住宅手当や家賃補助が受けられるほか、出産や育児の伴う休暇中に給与保証がある会社も。
就職しない場合は、一般的な会社員のように充実した福利厚生を受けられないことが、デメリットといえます。さらに、毎月安定した収入額が望めないため、社会的信用を得にくく、ローンを組めなかったり、クレジットカードの審査が通らなかったりする可能性があるでしょう。
また、組織に属さないことは、人脈が広がらないことにも繋がると考えられます。相談相手や、一緒に働く仲間、取引先など、働くうえで必要な人脈を自分1人で構築するのが困難な場合もあるでしょう。

就活を経験することで得られる3つのこと

就活を経験することで、得られることがあります。「就活しない」と決める前に、以下のことを知っておくと良いでしょう。

1.さまざまな業界や企業を知ることができる

就活することにより、それぞれの業界や企業の仕事内容を知ることができます。主な業界は、大きく分けて以下の8つです。

1.商社:総合商社や専門商社で、メーカーから仕入れた商品やサービスの取り引きを仲介する
2.金融:銀行、証券会社、保険会社などで、お金に関するサービスや取り引きを行う
3.官公庁、公社、自治体:国や地方の役所、公共施設などで事務作業や窓口業務を行う
4.マスコミ、広告、出版社:テレビ、新聞などで情報を発信する
5.ソフトウエア、通信:インターネットやソフトウエアを使用して、情報発信や開発、加工に関するサービスを販売する
6.サービス:教育、旅行、建設、飲食店などで、商品やサービスの販売を行う
7.小売:コンビニエンスストア、百貨店、スーパーマーケットなどで、商品を販売する
8.メーカー:食品、日用品、自動車、機械、医薬品などを開発、製造する

就活の際は、応募する企業を決めるために、業界ごとの特徴を知る必要があるため調べます。さらに企業について深く知るために、企業が開催するセミナーや、会社説明会に参加することもあるでしょう。
就活することにより、自分が関心のある業界や企業だけでなく、あまり馴染みのない業界の仕事内容を知るきっかけとなります。

2.自分のやりたいことを見つめ直せる

就活の際に行う自己分析は、自分自身の内面や、やりたいことを見つめ直すチャンスです。
履歴書や面接で、有効的に自己アピールするためには、自己分析が重要といえます。何が得意で苦手なものは何か、また、過去にどのような経験をしたかなどを振り返ることで、以下のような長所を再発見できるでしょう。

・体力がある
・忍耐力がある
・計画性がある
・行動力がある
・継続的な努力ができる
・コミュニケーション力がある

一般的に自分の長所は、得意なものであることが多く、そこから「やりたいこと」を見つけられる可能性があります。
自分の好きなことや、逆に「これだけは嫌だ」という本心に改めて気付くことにより、やりたいことが見えてくることがあるでしょう。

3.実際に働いている人の意見を聞ける

就活の際には、企業説明会や座談会、OB・OG訪問などで、実際に企業で働いている人の意見を聞く機会があります。先輩社員から直接、具体的な仕事内容や会社の方向性などを聞くことで、自分に合う会社なのか判断できるでしょう。
このほか、企業が行っている「インターンシップ制度」に参加するという方法もあります。大学在学中に、先輩社員と一緒に業務を体験できるうえ、インターンシップに参加した企業に就職できる場合もあるのです。
自分で企業調査をするだけでは見えなかったことを、実際に働いている人の話を聞き、一緒に働くことにより知ることができます。

このコラムでご紹介したように、就活しない大学生はさまざまな思いがあり、不安を抱えているようです。
新卒で就活しない場合の選択肢は、個人事業主やアルバイトとして働くなどいくつかあります。
自分に合った仕事に就くためには、自己分析をして、自分の好きなことや嫌いなことを見つめ直すのも大事な作業といえるでしょう。

自己分析や企業調査などを1人で行うことに不安がある方、自分が取り組んでいることが間違っていないのか意見を聞いてみたい方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは20代の既卒や第二新卒など、若年層のサポートを行っている就職エージェントです。
履歴書の書き方や面接の受け答え方など、プロの就活アドバイザーが丁寧にアドバイスしますので、初めての就活という方も安心して始められます。
どのような仕事に就きたいのか分からないという方でも、カウンセリングを受けながら一緒に決められるので、ぜひ1度ご相談ください!

大学生が就活しない場合のお悩みQ&A

就活をするかどうかで迷っている大学生に向けて、就活をしない場合の疑問やお悩みをQ&A形式で考えていきます。

新卒は就職しやすいって本当ですか?

新卒と既卒では、内定率におよそ倍以上の差があるといわれています。新卒の一括採用は、同じ時期に入社した人を一斉に教育できるため、管理やコストの面で企業側のメリットが大きいのです。また、他社の色に染まっておらず、新しい環境に馴染みやすいのもメリットの一つ。新卒の就活については「新卒カードは最強?新卒で絶対内定をとる方法!」にまとめていますので、ご覧ください。

やりたい仕事がわからないです

まずは自己分析から始めてみましょう。今までに経験したアルバイトや部活動などを振り返り、自分の長所・短所を洗い出します。分析結果をもとに「将来の理想像」を描いてみると、やりたい仕事が見えてくることも。就活をしなかった場合でも、卒業後の進路を決めるのに役立ちます。「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」を参考にすると良いでしょう。

卒業後、何年までが既卒扱いになるのですか?

厚生労働省の調査では、「学校を卒業後、2年を超え3年以内」とする企業が55%です。上限を設定していない会社は全体の60%あるものの、実際には「3年以内」とする会社が多いといわれています。既卒については「既卒者の定義ってどんなもの?就活のポイントとは?」で詳しく解説しています。
参照元
厚生労働省 労働経済動向調査(平成 30 年8月)の概況
(3)応募を受け付けた既卒者の卒業後の経過期間の上限

就活して内定がもらえなかったらと不安です

1人で就活をするのが不安なら、専任アドバイザーが、履歴書の書き方や自己分析を一緒に考えてくれる就職エージェントに相談するのがおすすめです。「就職エージェントとは?」にサービス内容が詳しく書かれていますので、参考にしてください。 20代の若手に特化した就職エージェントのハタラクティブでは、就活アドバイザーがマンツーマンであなたをサポート。疑問や不安を解消してくれるので、安心して就活を進められるでしょう。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ