就活してないフリーターの理由とは?就職を諦めず内定を勝ち取る方法も解説

就活してないフリーターの理由とは?就職を諦めず内定を勝ち取る方法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 就活してないのは「夢があるから」「時間に縛られなくないから」といった理由がある
  • 就活をしてない場合は「経済面」や「社会的信頼」において不安が生じやすい傾向にある
  • 就活してない期間が長くなる前に、将来性が期待されやすい若いうちから就職を目指そう
  • 就活してない状況から抜け出すには、自己分析や書類作成などの事前準備をしっかり行う

就活をしてない期間が長引くと、「今から正社員になれるのか…」という不安から就職を諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。就活してない状況から脱却して就職を目指すなら、事前準備をしっかり行うことが重要です。このコラムでは、就活してないフリーターから内定獲得のためにできる対策や就活を円滑に進めるための方法について解説します。ぜひ参考にして、諦めかけていた就職への第一歩を踏み出しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

就活してない人の理由とは

フリーターを続けている人のなかには、「叶えたい夢があるから」「時間に縛られずに働きたい」という理由から、就活をしていない人も少なくありません。まずは就活をしてない理由を明らかにし、就職を諦めずに内定を勝ち取るための対策を考えてみましょう。

就活をしてないのは叶えたい夢があるから

就活をしてない理由には、小説家やアイドル、アーティストになるといった叶えたい夢があるということも考えられます。正社員よりもフリーターの方が、ダブルワークが可能な点で夢を叶えるには良いことも。経済的に自立することの難しさや社会的信頼の得にくさなど、フリーターでいることのデメリットを理解したうえで、夢を叶えるためにフリーターを選ぶ方もいるでしょう。

就活をしてないのは時間に縛られずに働きたいから

フリーターは自分で働く時間を自由にコントロールすることができるのが一般的です。シフト制の場合は勤務日数や勤務時間を調整しやすいため、時間に縛られずに働きたい場合はフリーターを選ぶ方もいるでしょう。
就活をしてない理由について詳しく知りたい方は「就職したくないと思うのは甘え?就活以外の道や将来のためにできることは?」このコラムをご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

就活してないのはやばい?

就活をしてないからと自分の将来を不安に思うこともあるでしょう。このままフリーターを続けるべきか悩んでいる方は、下記に就活をしてない場合に直面しやすい状況をまとめましたので参考にしてください。

収入増加と経済的な自立の難しさ

就活をしてない場合のほとんどは時給制度で雇用されており、昇給の機会が少ないため、正社員との収入格差は徐々に広がっていくことも考えられます。若い段階では、収入がなくても貯金する必要がない場合もあるでしょう。しかし、同じ職場で何年も働いたとしても、収入が大幅に向上することは稀な可能性も。そのため、年齢を重ねても生活を楽にすることは難しい傾向にあります。

社会的信頼を得られない

就活をしてないからとフリーター生活を続けている場合、社会的信頼を得られない場合もあります。理由の一つに「収入の不安定性」が挙げられるでしょう。正社員であれば、ある程度安定した収入を得ることができるのが一般的です。しかし、シフト勤務をするフリーターの場合、職場の都合により望んでいたよりも少ない時間しか働けないことも考えられます。その結果、収入が毎月一定でなく、経済的に不安定な状態に陥ることがあるでしょう。

さらに、フリーターは正社員に比べて雇用そのものも不安定な場合もあり、雇用主の都合で急に解雇されることも。金融機関や不動産業者の審査において、フリーターであることが理由で審査に通らないことも考えられます。

老後の暮らしが心配

就活をしてないと収入が安定せず、老後の暮らしに影響を及ぼす可能性があるでしょう。定年退職後、生計を立てるために必要な資金は、以前の貯金や退職金、年金でまかなわれます。一部の正社員には退職金が支給されない場合もありますが、フリーターの場合はほとんど企業からの退職金は期待できないでしょう。

また、年金については、正社員は国民年金と厚生年金の両方から支給されますが、フリーターは国民年金だけが適用される場合も。日本年金機構の「令和5年4月分からの年金額等について」によると、67歳以下で満額の場合の国民年金の受給額は月に約66,250円とされており、これだけでは生活を維持するのは難しいことも考えられます。したがって、老後も生活費をまかなうために働き続けなければならない場合もあるでしょう。

就活をしてない場合のリスクについて知りたい方は「就職しないとどうなる?正社員以外の生き方のリスクを解説!」このコラムもチェックしてみてください。

参照元
日本年金機構
日本年金機構

就活をしてないなら「就職は若いうちが有利」

就職を成功させるなら、若いうちから就活を始めるのが有利です。フリーターの年齢が若ければ、企業側は将来性を期待し、ポテンシャル採用を行うこともあります。

しかし、就活をしてない時期が長くなると、年齢が上がるにつれて求人の選択肢が狭くなったり、若い同僚との調和に課題が生じる懸念があったりして、正社員への就職が難しくなる傾向も。そのため、できるだけ若い時期から就職活動を開始するのがおすすめです。

就活してない場合に始めたい6つの準備

就活を始めるときに大切なのは事前準備です。就活してないことに焦りを感じる一方で、やることが多くて何から手を付けて良いのか悩んでいる方もいるでしょう。

そこで、ここでは就活してない場合におすすめの6つの事前準備について解説します。これから就活を始めるフリーターの方は、以下を参考にしてみてください。

1.自己分析をする

就活することを決めたら、まずは自己分析から始めましょう。就活で採用担当者に好印象を与えるためには、自分の強みを活かしたアピールが効果的です。何もしてない場合、面接で自己PRや長所・短所のアピールに困ってしまうことも。

自己分析を行うことで自分の性格や適性を正しく理解して、客観的な評価を下せるようになり、自分に適した仕事を探せるようになります。また、自分を知ることでやりたいことや将来の目的、理想の働き方が見えてくるでしょう。

2.就職サイトへの登録

就職サイトに登録することで企業について知ることもできます。また、希望の職種や業界がある場合は条件を登録しておくことで、求職者の希望に沿った求人情報を受け取れることもあるのでおすすめです。

「企業について知りたいけど数が多くて大変…」という方は、いくつか就活サイトに登録することで企業や求人情報を確認してみましょう。登録を済ませるだけで済むので、時間や手間をかけずに多くの企業情報を手に入れやすくなります。

3.企業研究

就職したい企業や業界が見つかったら、企業研究を行いましょう。企業研究を行うのは入社後のミスマッチを防ぎ、具体的な志望動機を考えるのにも重要です。

たとえば、企業説明会に参加することで、会社の経営理念や就職したい業界の内情を知ることができることも。合同説明会は複数の企業が参加しているので、効率的に知見を深められることもあります。企業研究を行うときは、以下のポイントを重点的に押さえましょう。

・企業の基本的な情報(仕事内容や福利厚生、教育制度など)
・企業が求める人物像
・給与水準
・企業の将来性
・企業の社風と離職率
・他社と比較した弱点と有利な点

早めに情報を集めて企業研究を進めていけば、知識を蓄えた状態でスムーズに就活を進めることができるでしょう。

4.応募書類の作成

応募書類として提出が必要なものは、履歴書と職務経歴書です。履歴書は、学歴や職歴などこれまでの経歴を示します。氏名や住所をはじめ、志望動機や自己PR、長所、短所などを記入する必要があるでしょう。

履歴書と職務経歴書

履歴書と職務経歴書の職歴の欄には、正社員としての就業経験を記載するのが一般的です。しかし、職歴がない場合は、アルバイトとしての経験を記載してはいけないという規則はありません。したがって、就活をしてない場合は、アルバイトの実績や得たスキル、自身の強みなどを積極的に記入し、自己アピールに活かしていきましょう。

5.ビジネスマナーを身に着ける

ビジネスマナーは就職活動中だけでなく、実際に働き始めてからも必要になります。フリーターの方は就職活動を始める前に下記を習得しておくのがおすすめです。

1.挨拶

挨拶は社会人としての基本。明るく自信を持って挨拶をすることで、上司や同僚、取引先との信頼関係が築かれ、業務がスムーズに進むこともあるでしょう。常に笑顔を心がけて自分から元気よく挨拶をすることが大切です。

2.時間を厳守する

時間を守ることは、仕事でもプライベートでも当然のマナーです。出勤時はもちろん、会議や取引先への訪問に際しても、時間に余裕を持って計画的に行動しましょう。もし、予定より遅れる場合は必ず連絡し、謝罪と遅れる理由、到着予定時刻を伝えることが重要となります。

3.「報告」「連絡」「相談」

「報告」「連絡」「相談」は、スムーズに業務を進めるうえで欠かせないビジネスマナーであり、効果的なコミュニケーションスキルといえるでしょう。目的は情報の共有と伝達であり、業務を円滑に進めることです。仕事は協力して進めるものであることを理解しておきましょう。

4.コミュニケーション

コミュニケーションによって相手との信頼を築き、業務を円滑に進めることができるでしょう。対話の際には相手を尊重し、敬語や言葉遣いに細心の注意を払うことが大切。要点を明確に伝えることが重要となりますので、話す前に情報を整理し、自分で内容を理解しておきましょう。まずは結論を述べ、そのあとに理由や経緯を説明することで伝達がスムーズになります。

6.面接対策

面接練習を何もしてないと内定を獲得するのも難しくなります。まずは面接で何を聞かれるのか調べてみましょう。面接官に好印象を持ってもらうためにも、事前に聞かれることを予測して回答を用意しておくのがおすすめ。実際に面接を受けた後で反省点が浮き彫りになることもあるので、不採用でも落ち込みすぎずに失敗を次に活かしましょう。

就活してない場合は自己分析から始め、段階を踏んで面接対策まで行うと挫折する可能性が低くなることも考えられます。就活をしてない場合の面接での受け答え方について知りたい方は「既卒で空白期間があっても就活に影響はないの?面接対応の仕方も解説!」こちらのコラムを参考にしてください。

就活してない状況から就職を成功させるためのポイント

フリーターから就職を目指すなら、諦めずに行動を起こすことが大切です。就活してないことに焦りを感じている場合は、以下で紹介するポイントを実践してみましょう。

求人サイトから応募してみる

自分で就職先を探したい方は、求人サイトを利用してみましょう。求人サイトは、求職者の仕事探しを手助けし、応募者にお仕事情報を提供しています。また、空いた時間に仕事を探せるので、自分のペースで応募が可能です。しかし、応募の手続きや面接の日程調整は求職者自身で行う必要があるでしょう。

一部の求人サイトは「経験者のみ」「未経験者のみ」といった特定の条件を設けることもありますが、利用することで仕事探しの選択肢が広がります。また、自分に合った仕事を見つけるためにも、複数の求人サイトに登録することがおすすめです。

正社員登用制度を利用する

現在働いているアルバイト先に正社員登用制度がある場合は、活用してみるのも一つの手です。人間関係や職場の雰囲気を把握したうえで正社員を目指すことができるといった点でメリットになるでしょう。
ただし、正社員登用制度を利用するには、一定の勤続年数や筆記試験、面接などを通る必要があります。そのため、社員や人事に相談するなど事前によく確認しておきましょう。

ハローワークに相談する

就活をしてないなら、ハローワークで正社員求人を探すのも良いでしょう。ハローワークは求人情報の提供だけでなく、就職活動に関するアドバイスや応募書類の添削指導なども行っています。また、就職支援セミナーや職業訓練などのスキルアッププログラムも提供しており、就職活動の際に活用するのも良いでしょう。

就職・転職エージェントに相談する

就活をしてない場合に就職を考える際は、就職・転職エージェントの利用もおすすめです。就職・転職エージェントは、企業と求職者である求職者を結び付け、マッチングをサポートする民間のサービス。フリーターがエージェントを利用する利点は、プロに相談できることや、一人では見つけにくい魅力的な求人に出会える可能性があることなどが挙げられます。

さらに、既卒者向けの選考対策から、入社後のフォローアップまでしっかりとサポートを受けられるのも魅力です。一方、デメリットとしては、担当者のスキルによって提案される求人が異なることがある点が挙げられます。したがって、自分に最適な求人情報やサービスを見つけるためにも、複数のエージェントに登録してみると良いでしょう。

就活してない現状を脱却したいと考えているフリーターの方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代を中心とした既卒や第二新卒、フリーターといった若年層向けの就職・転職支援サービスです。

専任のアドバイザーが個別にカウンセリングを行い、一人ひとりの希望をヒアリングして条件に沿った求人をご紹介。就活に欠かせない応募書類の添削や、本番を想定した面接対策もアドバイザーが担当します。手間のかかる面接の日程調整や条件交渉もお任せください。

ハタラクティブの提供するサービスはすべて無料。自分に合った就職先を見つけたい方は、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ