大学院中退は就職活動に影響する?アドバイザーが実情をお答えします!

大学院を辞めようかと思っています。修士を中退すると就活に悪影響ですか?

就職までの時間稼ぎのつもりで通っている理系の大学院を辞めようか迷っています。バイトをするうちに仕事への興味が増し、中退して就職したいと考えるようになりました。研究室が合わないというのも要因の1つです。修士課程を中退すると就職に響きますか?

企業は大学院卒か学部卒かということよりも、あなたの行動と仕事に対する姿勢や考え方に関心を持っています。大学院を中退してフリーターになる前に、まずは今後就職してどんな仕事をしたいのかをよく考えましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

大学院中退は就職に悪影響?

結論から言うと、大学院の中退は応募先を専攻分野に限定しない限り、就職に大きな影響はないでしょう。大学院を中退すると、就職活動に支障が出るのではないかと不安になる人もいますが、過度に気にすることはありません。
中退かどうかだけで採用・不採用が決まる訳ではないので、安心して就職活動を進めてください。
ただし、下記のようなデメリットもあるので、その点も念頭に置いておきましょう。

大学院中退者は新卒枠に応募できない

大学院を中退すると新卒ではなく既卒という扱いになるため、中途採用の求人や、既卒枠に応募することになります。既卒とは「学校を卒業後、一度も就職していない人」のこと。「卒業後に就職しなかった事情が何かあるのでは」と良くないイメージを持っている採用担当者もいるでしょう。また、新卒の一括採用に比べて教育コストがかかると考える企業もあるため、学部の新卒と比べると不利になる可能性があります。

中途採用枠は採用人数が限られる

基本的に中途採用は新卒のような一括の大量採用ではなく、少人数の採用になります。
さらに、中途採用枠は社会経験を積んだ即戦力となる人が求められることがあるため、大学院中退者が厳しい状況になる可能性もあるでしょう。
大学院中退者は、中途採用者に比べて経験やスキルが乏しい分、熱意やポテンシャルをアピールする必要があります。大学院中退者が就職を成功させるコツについては、後の項で解説します。大学院中退後の影響については、「大学院中退率と就職に与える影響を解説!就活で注意すべきポイントも」もチェックしてください。

大学院中退から就職を目指す人の4つの特徴

大学院を中退して就職を目指す人には、「研究についていけない」「経済的に厳しい」「研究室が合わない」「研究に興味が抱けなくなった」などの特徴があります。
下記で詳しく述べているので、自分の状況に近いものをチェックしてみましょう。

1.研究についていけなくなった

研究についていけなくなって大学院を中退し、就職を考える場合もあります。
専門性の高い研究に携わる理系の大学院生の多くは、毎日夜遅くまで研究や実験を続けています。
英語、日本語を問わず多くの文献を読むほか、論文作成は英語が基本。相応の語学力が求められます。
そのため、就活までの時間稼ぎのために大学院に通っている人や、学部生のときにあまり勉強熱心でなかった人にとって、大学院生活はかなりハード。研究を続けること自体が難しいと感じ、挫折を経験する人もいるようです。

2.経済的な事情で大学院を続けるのが厳しい

経済的な事情で大学院を中退し、就職を考える場合もあります。
大学院では入学費はもちろん、2年~5年分の学費に加えて研究費用がかかることも。そのため、経済的に厳しい状況になり、中退せざるを得ないという方もいるようです。

3.教授や研究室と合わなかった

特定のテーマを扱う大学院の研究室では、多くの時間をチームで過ごします。
そのため、指導教授やほかの院生たちとの人間関係の築き方は、非常に重要なポイント。ほかのメンバーとの相性が悪い場合、なんとなく研究室に行きづらい…と感じる人もいます。そうして研究室との距離を置くうちに中退を考えるようになるケースもあるようです。

研究室が合わないと感じる場合は見極めも必要

単に「研究室や研究内容が合わないから大学院を中退したい」と思ったのであれば、もう少しゆっくり見極めた方が良いでしょう。
たとえ中退しても、就職先でまた同じことが起こる可能性があるからです。
大切なのは「合わない」と感じた原因を知り、対応すること。たとえば次のような状況なら、どうすれば改善できるか、考えてみましょう。

・研究室内で円滑なコミュニケーションを図れない
・教授から注意されたり厳しいことを言われたりしてつらい
・研究しているテーマに意味や面白さを感じられない
・研究内容が難しくてついていけない
・拘束時間が長くプライベートの時間が取れない

上記で挙げたことは、会社に就職してからも起こり得ます。
どんな環境でも価値観の違う人はいますし、スキル不足で悩むこともあるでしょう。
根本的な解決策を考えるなら、すぐに辞めるのではなく、まずはどうすれば問題を解消できるのかを考えてみてください。
「人間関係に悩んでいるなら誰かに相談してみる」「研究が退屈なら着眼点を変えてみる」「知識・能力不足なら勉強を頑張ってみる」など、今の状況を冷静にチェックして、改善に向けた行動を取りましょう。
とはいえ、「努力してもどうにもならない」「心身の健康バランスを崩している」というときは、すぐに中退、もしくは休学した方が良いことも。自分で判断するのが難しい場合は、家族や友人のほか、就職のプロであるエージェントなどへ相談してみると良いでしょう。

4.研究内容に興味がなくなった

大学院で研究している分野に興味を持てなくなってしまったというのも、大学院を中退して就職を考える一因です。深く考えずに大学院に進学したり、研究している過程で「やりたいことと違った」と気づいたりして、研究内容に興味がなくなることもあるでしょう。
興味がなくなった研究を続けていてもモチベーションは上がらず、時間を無駄に過ごすことにもなってしまいます。今後のことをきちんと考え、大学院を続けるか、中退して就職するかを選びましょう。「大学院中退の理由と就職活動のポイント」では、大学院中退の理由をポジティブに伝える方法について解説しています。

大学院中退後すぐに就職する3つのメリット

大学院中退は、デメリットばかりではありません。中退後すぐに就職すれば、時間と学費の節約になるうえ、社会経験が早めに積めるなどのメリットがあります。

1.卒業までの時間と学費を削れる

大学院中退後にすぐ就職した場合、卒業までにかかる時間と学費を削減できます。
大学院は修士課程なら2年間、博士課程なら5年間かかります。
そのため、大学院の研究を活かした仕事を志望していない場合は、なるべく早めに中退し、就職活動に臨んだほうが良いでしょう。
ただし、将来的に大学院の研究分野に関連する仕事に就きたい場合は、修士課程だけでも修了しておくのがおすすめです。

2.大学院卒よりも若いうちに就業経験を積める

大学院中退後すぐに就職すると、院卒よりも若いうちから社会経験を積めます。
大学院でやりたいことがなく、早いうちから就職してキャリアを積んでいきたいという方は、中退して就活に臨んだほうがメリットが大きいでしょう。

3.研究分野以外を志望する場合は動機の裏付けになる

研究分野以外の仕事に就職したい場合、大学院中退が動機の裏付けになるでしょう。「やりたい仕事が研究分野とは違うと気づいたため中退し、やりたいことが実現できる御社を志望しました」といった説明であれば、中退理由が明確で、さらに志望動機につながっています。説明次第では、中退したことを「行動力がある」と効果的にアピールできる可能性も。大学院へ進学する前に方向性を決められなかったことは素直に反省し、「これからはこの分野に打ち込みたい」と説明すれば、企業側に熱意が伝わるでしょう。

大学院中退からの就職を成功させる5つのヒント

大学院中退を後悔しないためにも、就職を成功させるためのコツをつかむことが大切です。下記を参考にしながら、就職活動を進めていきましょう。

1.大学院中退の理由をはっきりさせる

大学院中退をデメリットにしないためにも、大学院へ進学した理由と中退の理由を明確にする必要があります。また、就職してからしたいことなどを整理し、これから先の仕事に対する姿勢を明確にしておくのも重要です。
採用面接では、高確率で中退の理由を聞かれるでしょう。中退理由がただ「なんとなく」では、マイナスイメージを与えてしまいます。
中退理由は「就職して◯◯がやりたいから」など、ポジティブで明確なものが好印象。「なぜ、卒業してからではだめなのか」という理由も説明できるとベターです。回答内容を深堀りされる場合もあるので、自己PRや志望動機、就職後のキャリアプランはしっかりと準備しておくのが、就職成功への近道になるでしょう。

2.具体的なキャリアプランを立てる

大学院中退から就職を考えている方は、具体的なキャリアプランを立てましょう。
就職活動において大切なのは大学院中退の事実ではなく、これまでの経験から得たものを今後どのように活かせるかということです。
企業の採用担当者は、学部卒か院卒かということよりも、応募者の仕事に対する姿勢や熱意に興味を持っています。入社後にどのように活躍したいか、5年後や10年後にどうなっていたいかを明確に伝え、企業側に意欲をアピールしましょう。

3.視野を広げて求人を探す

大学院中退後の就職成功を目指すなら、求人は過度にこだわらず、広い視野を持って仕事や企業を探しましょう。
大学院を中退しても就職できないわけではありませんが、学部の新卒と比べると不利になる可能性があります。求人にこだわり過ぎてしまうと選択肢が狭くなり、就職成功の可能性が遠のいてしまうでしょう。
就職活動の軸を持っておくことは大切ですが、広い可能性を模索しながら求人を探してみましょう。

4.研究内容やアルバイト経験で得たことをアピールする

大学院中退からの就職を成功させるには、これまでの研究やアルバイト経験で得たものをアピールすることも大切です。アルバイトであっても、身についたスキルがあればアピールしましょう。経験してきたことをどのように仕事に活かしていくかを的確に伝えられれば、就職できる可能性が高まります。

5.就職支援サービスを活用してプロの意見を聞く

就職を目指す大学院中退者には、ハローワークやエージェントなどの就職支援サービスを活用するのもおすすめです。
就職支援機関には、就職活動に詳しいアドバイザーや相談員がいるため、プロ目線のアドバイスやサポートを受けられます。
悩みも聞いてくれるので、就職活動に行き詰まってしまったときや、周囲に聞きにくい疑問があるときに相談してみるのも良いでしょう。

就職成功のためにエージェントを利用するなら、若年層の支援に特化したハタラクティブがおすすめです。
大学・大学院の中退者など、学歴で悩んでいる方の支援も積極的に行っています。
プロの就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、結果に基づいた企業紹介、応募書類の添削、面接対策など、就職に関するサポートが充実。「学校を中退しているけど、就職できる?」と不安を抱いている方は、ぜひハタラクティブまでお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION