理系の大学院中退から就職への道を目指す方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学院中退フリーターからの就職
  4. >
  5. 大学院中退した後の進路
  6. >
  7. 理系の大学院中退から就職への道を目指す方法

2018/06/21

【このページのまとめ】

  • ・まずは、中退したい自分の気持ちとしっかり向き合うことが大切
    ・就活時には、不利になってしまうネガティブな中退理由を伝えるのは避けよう
    ・理系の大学院を中退したからといって就職が不利になるわけではない
    ・中退したことを後悔しないように、5年後、10年後のキャリアプランを思い描いてみよう
    ・就職の選択肢を考えているのであれば、キャリアセンターや就職支援サービスを利用するのもオススメ

理系の大学院を中退して就職への道を進もうかな…と悩んでいる人へ。
大学院へ進んだことを後悔していたり、教授との折り合いが上手くいかなかったり、この先の研究に興味がなくなってしまったり…。
中退を考える理由は人それぞれです。

大学院を中退して就職の道を選ぶのなら、理系からの就職に有利となる情報や中退するタイミングなど、しっかりと事前に情報を集めておくとよいでしょう。
このコラムでは、中退したい理由や理系からの就職などについての情報をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

◆まずは、中退したい理由を探ろう

中退を意識しはじめているということは、大学院での学びに何かしらの不満を抱えている状態だといえます。
その原因を探り、自分の気持ちと向き合うことが大切です。

中退したい理由にはどんなものが挙げられるのでしょうか。
以下に記載してみましょう。

・就職により魅力を感じた
・経済的負担
・学歴に意味を見い出せなくなった
・研究が合わない
・専門分野についていけなくなった
・研究で成果が出せない
・病気やケガをした
・人間関係のもつれ
・研究活動に馴染めない
・研究室の居心地が悪い
・教授との不一致
・他にやりたいことがある
など

人それぞれ、中退を考えるにはそれなりの理由があるようです。
不満を抱きながら大学院生活を送るのは苦痛でもあります。そのため、中退をしたい理由と向き合い、自分が何をしたいのかを明確にさせることが重要です。

しかし、場合によっては就活時に不利になってしまう理由もあります。
間違っても、「研究にもう興味がないから中退した」「人間関係が上手くいかなかったから」といった理由を伝えるのは避けましょう。
面接では、ネガティブな理由を述べてしまわないように、中退から就職に至る経緯をきちんと説明することが大切です

◆理系の中退は就職に悪影響を及ぼすの?

理系の大学院を中退したからといって、就職が不利になるとは一概にはいえません。
中退者の就活では、個々のキャリアプランが重視されやすいもの。
たとえば、大学院での研究を再重視するケースと、現場での経験に焦点をあてて評価するケースなど、思い描くキャリアプランによってさまざまです。
時には、希望の職種に修士過程が必要な場合もあります。このようなケースでは、中退したことを悔いてしまうかもしれません。

本格的に就職への道を検討するのであれば、どのような未来を歩んでいきたいのか、また5年後、10年後にはどうなっていたいのかといったキャリアプランを立てておくのもオススメ。
これにより、就職するタイミングを判断しやすくなるでしょう。

◆悩むのなら思い切って就職を考えてみるのも一つの手

これまで大学院で学んだことが水の泡となってしまうのではないか…と中退することを躊躇している人も多いはず。
しかし、いくら悩んでも「中退」という考えが頭から消えないのであれば、思い切って就職への道を視野に入れてみるのも選択肢の一つです。

どんな仕事に興味があるのか、就職をするなら何をやりたいのかなど、まずは進みたい方向性を考えてみるのもよいでしょう。また、大学のキャリアセンターや就職支援サービスを利用して、ひとまず相談をしてみるのもオススメです。

就職支援サービスを行っている当ハタラクティブでは、サポート経験の豊富なアドバイザーが担当に付き、マンツーマンでカンセリングを行っています。そのため、就職するかどうかの悩み相談だけでもOK。
「理系の大学院を中退した場合の就職先はあるのか」といった真剣な質問にも真摯に対応いたします。ぜひお気軽にご利用ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ