本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 目的意識を持つことが、大学院卒後の就活を左右する?

目的意識を持つことが、大学院卒後の就活を左右する?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大学院へ進む場合は、2年~数年後の卒業となるため社会進出が遅くなる

    ・将来の夢や目標などの目的意識を持っている人は大学院への道も開ける

    ・学部生時代に就活がうまくいかないからといって、大学院への道を選択するのはやめよう

    ・本当にやりたいことや就活のことを自分自身に問いかけてみることが大切

はたして、大学院に進学するべきか、進まずに学部卒で就職をするべきか…。

その悩みを少しでも解消できるような方法を探ってみました。

ぜひ参考にして、あなたらしい道を選択してください。

◆大学院に進学するとどうなる?

大学院へ進む人は、「修士課程」「博士課程」「専門職学位課程」の3種類のいずれかの道に進むことでしょう。修士課程と専門職学位課程は通例2年間、博士課程は最短でも3年間通う必要があります。

学部生として就活をはじめる人もいれば、もっと学びたいという気持ちから大学院に進学する人もいます。十人十色の人生ですが、「就活」を考えたときに、スムーズに就職できるのははたしてどちらの道だと思いますか?

正解はありませんが、事項では2つの道を比較して分かるメリットとデメリットを見ていきましょう。

◆大学院へ行くと就活にどんな影響があるの?

大学院卒の就活では、メリットとデメリットがあります。

その違いは以下のようなことが挙げられます。

【メリット】

・院生を求めている業界や企業と出会える
・将来の選択肢をゆっくりと考えることができる
・研究に費やした分の能力が向上する
・人脈が広がる
・技術職や研究職に就きやすくなる
・学卒よりも院卒のほうが給料が高い

など

【デメリット】

・学部卒を好む業界や企業がある
・就職できるかどうかの焦りが生じる
・学部卒よりもキャリア形成が遅れる
・社会人経験の差が開く
・分野外の就活になると厳しい

など

大学院へ進んだ先にある一番の不安は、「就活」ではないでしょうか。さらに、学部生との社会人経験の差やキャリアの遅れが気になる人も多いようです。


しかし、大学院で得た経験や実績は何にも代えがたい宝でもあります。同じ時間は二度とやってはきません。大学院へ進んだあとの就活を考えると不安ばかりが募りますが、後悔のない選択をしたいものです。

◆就職と大学院への進学で迷ったら?

「もっと学びたい」「もっと研究に精を出したい!」という目的意識を明確に持っている人は、大学院への道を歩んでも後悔をしない人が多いでしょう。


しかし、学部卒の予定で就活が上手くいかなかったからといって、目的もなく大学院への道を進むのは危険です。目標が見つからない人は、「学卒で就活するほうがよい」という意見が多く聞かれるほど、道のりは険しいと言われています。


その理由は、目的もなく学んだ知識やスキルを大学院卒後に活かせない人が多いということ。さらに、全く関係のない職に就く可能性が高いことが挙げられます。

大学院卒か、学部生卒か…どちらのタイミングで就活をするのかを、しっかりを考えてみましょう。

【自分の進みたい道をよく考えることが大切】

いろいろな問いかけをしてみるのも一つの方法です。

・もっと学びたいと思っているか
・大学院に進んで何がしたいのか
・将来は専門的な職に就くことを考えている?
・学費面の心配は?
・プライベートの時間を削ってまで学業に専念したいのか
・早く社会人になりたいと思っている?
・婚期が遅めになるのは気にならない?
・学歴だけにとらわれていないか
・就職したい企業は大学院卒でなければいけないのか

など

上記以外にも、さまざまな質問を自分自身に投げかけてみてください。

学部卒の称号は、大学院へと進まない人にしか与えられないものです。進みたい道、将来やりたいこと、夢に必要どうかなど、とことん考えて悩んで答えを出す価値のある選択肢だと言えます。

【誰かに相談したいときは…】

就職するか、大学院へ進学するか…。どうしても答えが出せない、出ないという人は、第三者の意見を聞いてみるのも解説策の一つです。

就職エージェントの支援サービスを提供しているところには、プロの就活アドバイザーが在籍しています。多数の就活者をサポートしてきた実績を持ち、豊富な経験を活かして一人ひとりに合った就活をバックアップ!後悔のない選択の一歩として、第三者の意見を聞いてみませんか?

当ハタラクティブでは、相談やサービスのご利用は何度でも無料で受けることができます。

納得のいく答え探しを、ぜひ私たちアドバイザーが一緒にお手伝いいたします。

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?