大学院を辞めると就職できないってホント?中退後の就活について解説!

大学院を辞めると就職できないってホント?中退後の就活について解説!の画像

この記事のまとめ

  • 大学院を辞めるからといって、就職活動に必ずしも悪影響が出るわけではない
  • 研究内容に興味がないという理由で大学院を辞めると就職活動でマイナスイメージになる
  • 大学院を中退する前に、周囲への相談や休学なども検討してみよう
  • 研究や開発職の内定は、大学院を辞めることで取り消しになる可能性が高い
  • 大学院を辞めると決めたら、自己分析や企業研究などを行って就職活動の準備を始めよう

人間関係や忙しさなどを理由に、大学院を中退して就職したいと考える人もいるでしょう。就職のために大学院を辞める場合は、「意思がしっかりしているから簡単には辞めない」と企業に思ってもらえるように準備することが必要です。このコラムでは、大学院を辞めると起こる影響や中退理由の例文を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学院を辞めると就職活動で印象は悪くなる?

大学院を辞めると就職活動で印象は悪くなる?の画像

大学院を辞めることによって、就職活動での印象が悪くなるとは限りません。重要なのは大学院を辞める理由や自己PR、志望動機の答え方です。自己PRと志望動機の回答に気をつけるのはどの就活生も同じなので、大学院を辞める理由で企業を納得させられれば、それほど就職活動で困ることはないでしょう。

大学院を辞める理由によっては逃げだと思われる可能性

大学院を辞める理由が漠然としたものだと、逃げだと思われマイナスイメージを持たれる可能性があります。「研究室となんとなく相性が悪かった」「研究内容が思っていたものと違った」などの説明を企業にするのはNG。このような回答をすれば、企業は「研究室での関係性を良くしようと努力はしなかったのか」「大学卒業時に就職したくなかったからとりあえず進学したのか」と思われる可能性もあります。
大学院を辞めることによる就職活動への影響は「大学院を辞めると就職に影響する?中退したい理由や対処法を解説!」や、「大学院中退後でも新卒扱いになる?就活を成功させるポイントとは」でもまとめているので、あわせてご覧ください。

やむを得ない中退理由以外は履歴書に明記しない

病気や経済面など、やむを得ない理由で大学院を辞める場合以外は、履歴書に「○○大学大学院 ○○研究学科 ○○学修士課程 中途退学」と書けばOKです。「研究内容に興味がなくなった」「人間関係が上手くいかなかった」などのネガティブな情報を書くと、マイナス評価になる可能性があるので注意してください。
経済的な理由の場合は「中途退学(経済的な事情により)」、病気の場合は「中途退学(健康上の理由により)」と書きましょう。完治していて業務に支障がない場合は、その旨もあわせて記載します。

大学院を辞めて就職するメリットとデメリット

ここでは、大学院を中退してから就職するメリットとデメリットを紹介します。
大学院を辞めてから就職するメリットは、以下のとおりです。

・時間と学費を削減できる
・大学院卒よりも早いうちに社会経験を積める
・研究分野以外の企業を志望する場合に動機の根拠になる

対して、デメリットは以下のようなものになります。

・応募できる企業の幅が狭まる
・就活の際に大学院の人脈を頼れない
・大学院卒よりも給料が下がる可能性がある

大学院を中退してから就職すれば、その分卒業までにかかる予定だった時間や学費を節約できます。また、研究分野以外の企業を志望するのであれば、「応募先の企業の分野に興味を持ち、大学院を中退した」旨を伝えれば、熱意のアピールになるでしょう。
ただし、大学院の専攻分野を扱っている企業に応募する場合に不利になったり、新卒枠の求人に応募できなかったりすることも念頭に置いておく必要があります。また、大学院の人脈を活用できないため、就活に苦労する可能性もあるでしょう。
メリットとデメリットの両方を踏まえたうえで、今後どうするか考えることをおすすめします。

大学院を辞めてから考えられる就職以外の進路

大学院を辞めてから考えられる就職以外の進路の画像

大学院を中退してから考えられる進路は、一般企業への就職以外にもフリーターや公務員があります。下記でそれぞれについて紹介するので、今後について考える参考にしてみてください。

大学院を辞めた後の進路は?

求人一覧はこちらから

フリーター

大学院中退後の進路の一つとして、非正規雇用で生計を立てるフリーターが考えられます。
ただし、何の目標もなくアルバイトを続けるとフリーター期間が長引く原因となるうえ、正社員として就職できる可能性が遠のいてしまうので注意が必要です。
「大学院中退後にやりたいことがあるが、費用やスキルなどの事情ですぐには実現できない」という場合は、一時的にフリーターとして生計を立てるのは有効といえるでしょう。そのような事情でフリーターになる場合は、「来年までに費用を貯める」「○ヶ月以内に就職する」など、期間も決めておくと安心です。

公務員

一般企業への就職以外に考えられる大学院中退後の進路として、公務員という道もあります。
公務員試験には「高卒程度」「大卒程度」などの受験区分がありますが、あくまで難易度を示すものであり、学歴関係なく受験が可能です。そのため、大学院を中退している方も公務員を目指せます。
ただし、区分や目指している職種、地方などによって年齢制限があるため注意が必要です。公務員を目指す場合は十分な学習時間を確保し、合格を目指して勉強に臨みましょう。

大学院を辞める前にワンクッション置いてみよう

大学院を辞める前にワンクッション置いてみようの画像

「大学院を辞めたい」と思っても、実際に行動に移す前にワンクッション置いて考えてみましょう。何の考えもなく大学院を中退してしまうと、後悔する可能性もあります。大学院を辞める選択を後悔しないためにも、ワンクッションとして以下のことを考えてみましょう。

中退を考える原因を書き出して対策を考えてみる

まずは大学院中退を考えるに至った原因を紙に書き出し、対策を考えてみましょう。たとえば、中退を考える原因が「思っていた研究と違った」という場合は、ギャップを感じているポイントを具体的に洗い出してみるのが有効です。そのうえで、どうすればギャップを埋められるのか考えてみましょう。もし考え方を変えることで改善できるのであれば、もう少し研究を続けていくのも一つの道です。

大学院中退について第三者に相談する

大学院を辞めることを検討している方は、1人だけで悩まず、第三者にも相談してみましょう。親や友人、教授など、信頼できる身近な人に悩んでいることを話してみるのがおすすめです。相談してみるだけでも気持ちが軽くなったり、自分だけでは分からなかったことをアドバイスしてもらえたりする可能性があります。
もし周りの人に言いづらい場合は、大学院のキャリアセンターや就職エージェントなど、就職に関するサービスを利用してみるのも良いでしょう。

大学院を休学する

悩んでいるなら大学院を辞めるのではなく、休学してみるのもおすすめの方法の一つです。
「大学院を中退したい」と思うに至る原因から一度離れることで、冷静に考える時間ができます。中退せずに悩みを解決できる方法が思いつく可能性もあるため、悩んでいる方は休学も視野に入れてみましょう。

内定後に大学院を中退したら取り消しになる?

研究・開発職の内定を獲得している場合、大学院を辞めることで取り消しになる可能性が高いでしょう。研究・開発職などのスキルや知識が事前に必要な仕事は、「大学院の修士(もしくは博士)課程を修了すること」を前提条件としていることが多いからです。
ほかの仕事でもこの前提条件が含まれている場合は、内定を取り消されやすいでしょう。大学院を辞める前に内定先へ連絡したり求人を確認したりして、内定の条件を確認してみてください。
大学院中退後では就職できない?就活のコツを掴んで内定を獲得しよう」では、内定以外にも大学院を辞めると起こる影響について解説しています。ぜひご覧ください。

大学院を辞めると決めたら就職活動の準備をしよう

大学院を辞めると決めたら就職活動の準備をしようの画像

就職活動では、自己分析や企業研究をすることが重要です。大学院を辞めると決めたら、以下の項目を参考にスムーズな就職活動を行いましょう。

1.自己分析をする

自分のやりたいことを探すのはもちろんのこと、なぜ大学院を辞めることになったのかを明確にするため、まずは自己分析をしましょう。自己分析とは、自分の行動や考え方に、「なぜ?」と問い、自分自身を深堀りする行為です。
自己分析には、自分史やマインドマップなど、さまざまな方法があります。自己分析の詳しいやり方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご覧ください。

2.企業研究をする

企業研究は、自分に合った会社探しや、企業に伝わる志望動機作りをするのに役立ちます。就職活動の場では、企業から「なぜ大学院中退後にうちの会社を選んだのか」「大学院を辞める必要はあったのか」と聞かれることもあるでしょう。このような企業の疑問や不安を払拭するには、企業研究で応募先の会社を深く知ったうえで回答する必要があります。
「企業研究を一度もしたことがない」という方は、「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」を参考に、企業研究を進めましょう。

視野を広げて就職先を探そう

大学院を中退して就活をする場合は、視野を広げて就職先を探しましょう。特定の業種や職種、大学院で勉強した専門分野などにこだわり過ぎていると、応募できる求人の幅が狭まってしまいます。軸を持って就活するのは大切ですが、一つの条件だけにとらわれないことも重要です。自分のキャリアプランは大切にしつつ、広い視野を持って就活をしましょう。

3.適性診断を受けてみる

大学院を辞める気持ちは強いものの、就きたい仕事が定まっていないという方は適性診断を受けてみるのがおすすめです。自分の性格や考え方に関する質問に答えると、自分に合った仕事や適性が分かります。「やりたい仕事が何も思いつかない」という方は、ぜひ利用してみてください。

4.就職後のキャリアプランを立てる

大学院を中退して就職を考えているなら、その後のキャリアプランを立てておきましょう。大学院を中退している場合、きちんと今後のことを考えているかどうかは就活で特に厳しく見られる可能性があります。
そのため、5年、10年と長いスパンで今後のキャリアプランを具体的に考えてみましょう。今後の目標や、その目標を達成するためにやるべきことを考えておけば、就活でも好印象を与えられる可能性があります。

5.就職活動の期限を設ける

大学院中退後の就職活動が長引き過ぎないよう、期限を設けましょう。
いつまでに就職するかを明確に決めておけば、就活のスケジュールを立てやすくなります。さらに期限が決まっていることで気持ちが引き締まり、やる気の向上にもつながるでしょう。

大学院を辞めるなら就職活動に必要なものを用意しよう

大学院を辞めるなら就職活動に必要なものを用意しようの画像

大学院を辞めると決めたら、就職活動に必要な持ち物を用意しましょう。就職活動にはスーツやバッグ、印鑑などが必要です。以下で紹介するもののなかで、持っていないものがあれば早めに用意しましょう。

1.スーツはリクルートスーツでOK

もともとリクルートスーツを持っている大学院中退者は、それを就職活動で着用しましょう。新卒でないからといって、リクルートスーツを避ける必要はありません。スーツを一着も持っていない方は、グレーやネイビーなど落ち着いた色味のスーツを選ぶと良いでしょう。
なお、ストライプ柄のスーツは、就職活動において派手過ぎる印象になってしまうため、おすすめできません。「就活でボタンダウンシャツは着ても良い?ビジネスシーンに即した服装とは」では、スーツについて詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

ワイシャツはシンプルな白色

ワイシャツは無地の白色を持っておけば、どのような業種・職種の就職活動をするときにも対応できます。女性の場合は、シンプルなデザインのカットソーも清潔感が演出できておすすめ。ただし、ワイシャツもスーツと同様、ストライプ柄が入ったものは華美な雰囲気になってしまうので避けましょう。

2.バッグは自立するタイプが便利

就職活動では、自立するタイプのバッグを使用するのがおすすめです。自立するバッグであれば、書類の出し入れや面接会場からの退出がスムーズに行えます。ただし、自立するタイプでもリュックの使用はできるだけ避けてください。スーツにリュックを合わせると、面接の場に適さないカジュアルな印象になってしまいます。

腕時計も準備しておこう

必須ではないものの、シンプルなデザインの腕時計もあると便利でしょう。時間を確認するためであっても、面接会場でスマートフォンを見る姿は企業が良い印象を持たないからです。また、面接後に急遽Webや筆記の試験をすることになっても、腕時計で簡単に時間の確認ができます。

3.履歴書はパソコンで作成しておく

就職活動中はパソコンで履歴書を作成しておくと、内容を簡単に修正したり別の選考でフォーマットを使いまわしたりすることができるため便利です。また、パソコンにデータを残しておけば早めに持ち物の準備をしてしまっても、履歴書を封筒から出さずに内容の確認ができます。Webサイト上にはフォーマットをダウンロードして使える履歴書もあるので、パソコン作業がそこまで得意じゃない人も作れるでしょう。
ただし、パソコンで作成した履歴書を使いまわす際は、日付が正しいかどうか、別の企業への志望動機や自己PRのままになっていないかなどの確認が必要です。
「手書きの方が好印象じゃないの?」という方は「手書きよりもパソコン作成の履歴書が向いている業界とは」をご覧ください。

4.印鑑は認印を使おう

就職活動で使う印鑑は、認印を使用しましょう。認印とは朱肉で色を付けてから押すタイプで、役所に提出する書類に使うことが多い印鑑です。
朱肉がなくても押せるスタンプ式の印鑑は長い時間が経つと変色してしまうため、履歴書や同意書といった就職活動用の重要書類には適していません。「手持ちの印鑑がスタンプ式しかない」という方は「履歴書にハンコは必要?ハンコの選び方と押印のコツとは」を参考にしてください。

5.履歴書用の証明写真を用意しよう

大まかな就職活動の準備ができたら、履歴書用の証明写真を撮りましょう。履歴書に貼れるサイズは、縦4cm×横3cmです。基本的に証明写真は、撮ってから3ヶ月以内のものを使用します。
また、履歴書を郵送する場合は、剥がれてしまったときに備えて裏面に氏名を記載しておきましょう。証明写真を撮るときの服装については、「証明写真でイメージアップ!転職に向けて準備しよう」でまとめています。少しでもイメージアップにつながるような清潔感がある証明写真を用意しましょう。

大学院を辞める理由を就職活動で答えるコツ

大学院を辞める理由を就職活動で答えるコツの画像

応募者が大学院中退者の場合、企業は大学院を辞めた理由からも応募者の物事への考え方や取り組み方を見ようとします。そのため、応募した多くの企業から、大学院を辞めた理由を聞かれるでしょう。その場合に備え、大学院を辞める理由の答え方を知っておくと安心です。

大学院中退の理由はポジティブに答えよう

大学院を辞める理由を伝える際は、プラスのイメージにつながるようなポジティブな言い回しを考えましょう。大学院を辞めると就職活動で印象は悪くなる?」で解説したように、大学院を辞める理由によっては企業にマイナスイメージを与える可能性があります。病気や怪我、経済的な理由以外で大学院を辞める場合は、「大学院中退に至った行動を反省して、就職活動ではその失敗を活かして行動している」旨を伝えれば、プラス評価につながるでしょう。

大学院を辞める理由の回答例

以下では、大学院を辞める理由の回答例を紹介します。面接での伝え方に悩んでいる方は参考にしてみてください。

経済的な問題の場合

「経済的な事情で、大学院を中途退学することになりましたが、興味ある分野で可能な限り研究をさせてくれた両親や環境に感謝しています。これまでの研究で培った課題発見能力を活かし、壁にぶつかっても諦めずに対応することで、貢献できる人材になりたいと思っております。」

大学院を辞める理由が経済的な問題の場合は、「研究にはもう未練がない」「中退という経歴を引きずっていない」といった心境を表すのがポイントです。

研究分野に興味がなくなった場合

「大学院へは、深く考えずに周囲に流される形で進学してしまい、専攻分野に興味が持てず、研究が続けられませんでした。研究するとはどういうことなのかよく考えてから進学すべきだったと、とても反省しました。この就職活動では、浅はかだった自分の行動への後悔を活かし、自分の本質や企業と徹底的に向き合い、自分が長く働きたいと思える仕事探しに尽力しました。」

研究分野に興味がなくなって大学院を辞めた場合は、「自分の将来を深く考えないまま進学したことを反省している」という意思表示をするのがポイントです。

「就職活動で、大学院を辞めることがどう思われるか不安」と経歴に悩みを持っている方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、専属のアドバイザーがマンツーマンで就職活動に関するサポートを実施。自己分析のやり方はもちろん、書類作成や面接対策についても丁寧に指導するので、万全の状態で就職活動に臨めます。
お仕事を紹介する前にカウンセリングを行うため、「自分が何をしたいのかわからない」という場合も安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください!

大学院を辞めて就職活動をしたい人のお悩みQ&A

ここでは、大学院を辞めて就職活動したいと思っている人が抱えやすい疑問や悩みを、Q&A方式で解決します。

大学院を辞めたら就職できない?

大学院を辞めても、キャリアプランについてきちんと考え、企業側に伝えられれば就職することは可能です。ただし、後悔がないよう辞める前に周囲に相談する、現状が改善できないか考えるなど、一度立ち止まってみてから判断しましょう。詳しくは、「大学院を辞めたい…中退すると就職やキャリアに影響は出る?」をご覧ください。

大学院を辞めて就職活動をしようか迷っています。

大学院で専攻している分野と全く関係がない業種・職種に就職したいと考えている場合は、大学院を辞めて就職活動を始めても良いでしょう。しかし、専攻している分野や研究職・開発職に就きたいなら中退する前によく考えることをおすすめします。「幅広い仕事を知りたい」という方は「仕事の種類を知って適職を探そう!仕事を系統別にご紹介」を参考にしてください。

大学院中退の理由が病気や経済的事情の場合は?

大学院中退の理由が病気や経済的事情などのやむを得ない事柄の場合は、その旨を履歴書に書いておきましょう。さらに病気が完治している場合はそのことも記載し、業務に支障がないことを伝えれば問題ありません。そのほかの理由については、このコラムの「大学院を辞める理由を就職活動で答えるコツ」をご覧ください。

大学院を辞めて就職活動するならまず何をすべき?

求人サイトへの登録や、自己分析をして大学院を辞める理由を明確にすることから始めましょう。「なぜ大学院を辞めるのか」という理由は、仕事選びにも深くつながっています。なかなか理由が明確にできない方や、就職活動をどう進めて良いか分からない方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ