大学院を辞めると就職活動はどうなるの?就活への影響を解説します!

大学院を辞めると就職活動はどうなるの?就活への影響を解説します!の画像

この記事のまとめ

  • 大学院を辞めるからといって、就職活動に必ずしも悪影響が出るわけではない
  • 研究内容に興味がないという理由で大学院を辞めると就職活動でマイナスイメージになる
  • 研究や開発職の内定は、大学院を辞めることで取り消しになる可能性が高い
  • 大学院を辞めると決めたら、自己分析や企業研究などを行って就職活動の準備を始めよう

人間関係や忙しさなどを理由に、大学院を中退して就職したいと考える人もいるでしょう。就職のために大学院を辞める場合は、「意思がしっかりしているから簡単には辞めない」と企業に思ってもらえるように準備することが必要です。このコラムでは、大学院を辞めると起こる影響や中退理由の例文を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学院を辞めると就職活動で印象は悪くなる?

大学院を辞めることによって就職活動での印象が悪くなるとは限りません。重要なのは、大学院を辞める理由や自己PR、志望動機の答え方です。自己PRと志望動機の回答に気をつけるのはどの就活生も同じなので、大学院を辞める理由で企業を納得させられれば、それほど就職活動で困ることはないでしょう。

大学院を辞める理由によってはマイナスイメージに

大学院を辞める理由が漠然としたものだと、就職活動でマイナスのイメージを持たれます。「研究室となんとなく相性が悪かった」「研究内容が思っていたものと違った」などの説明を企業にするのはNG。このような回答をすれば、企業は「研究室での関係性を良くしようと努力はしなかったのか」「大学卒業時に就職したくなかったからとりあえず進学したのか」と思われる可能性もあります。
大学院を辞めることによる就職活動への影響は「大学院を辞めると就職に影響する?中退したい理由や対処法を解説!」でもまとめているので、あわせてご覧ください。

経済的な理由以外は履歴書に明記しない!
経済的な理由で大学院を辞める場合以外は、履歴書に「○○大学大学院 ○○研究学科 ○○学修士課程 中途退学」と書けばOKです。「研究内容に興味がなくなった」「人間関係が上手くいかなかった」などのネガティブな情報を書くと、マイナス評価になる可能性があるので注意してください。
経済的な理由の場合は、「中途退学(経済的な事情により)」と書きましょう。

大学院を辞める理由は就職活動でよく聞かれる!

企業は、大学院を辞める理由から、応募者の物事への考え方や取り組み方を見ています。そのため、応募した多くの企業から、大学院を辞める理由を聞かれるでしょう。

プラスの評価になる理由を答えよう

前項で解説したように、大学院を辞める理由によっては、企業にマイナスイメージを与える可能性があります。そのため、大学院を辞める理由は、プラスイメージにつながるようなポジティブなものを考えましょう。病気や怪我、経済的な理由以外で大学院を辞める場合は、「大学院中退に至った行動を反省して、就職活動ではその失敗を活かして行動している」と伝えると、プラス評価につながる理由になります。

大学院を辞める理由の回答例

以下では、大学院を辞める理由の回答例を紹介します。面接での伝え方に悩んでいる方は参考にしてください。

経済的な問題の場合

「経済的な事情で、大学院を中途退学することになりましたが、興味ある分野で可能な限り研究をさせてくれた両親や環境に感謝しています。これまでの研究で培った課題発見能力を活かし、壁にぶつかっても諦めずに対応することで、貢献できる人材になりたいと思っております。」

大学院を辞める理由が経済的な問題の場合は、「研究にはもう未練がない」「中退という経歴を引きずっていない」といった心境を表すのがポイントです。

研究分野に興味がなくなった場合

「大学院へは、深く考えずに周囲に流される形で進学してしまい、専攻分野に興味が持てず、研究が続けられませんでした。研究するとはどういうことなのかよく考えてから進学すべきだったと、とても反省しました。この就職活動では、浅はかだった自分の行動への後悔を活かし、自分の本質や企業と徹底的に向き合い、自分が長く働きたいと思える仕事探しに尽力しました。」

研究分野に興味がなくて大学院を辞めた場合は、「自分の将来を深く考えないまま進学したことを反省している」という意思表示をするのがポイントです。

大学院を辞める理由の伝え方だけでなく、就職活動を成功させるコツを知りたい方は、「大学院中退後の就職は難しい?就活を成功させるポイントとは」をあわせてご覧ください。

大学院を辞めると決めたら就職活動の準備をしよう

就職活動では、自己分析や企業研究をすることが重要です。大学院を辞めると決めたら、以下の項目を参考にしながらスムーズに就職活動を行いましょう。

1.自己分析をする

自分のやりたいことを探すのはもちろんのこと、なぜ大学院を辞めることになったのかを明確にするため、まずは自己分析をしましょう。自己分析とは、自分の行動や考え方に、「なぜ?」と問い、自分自身を深堀りする行為です。
自己分析には、自分史やマインドマップなど、さまざまな方法があります。自己分析の詳しいやり方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご覧ください。

2.企業研究をする

企業研究は、自分に合った会社を探すことや企業に刺さる志望動機作りをするのに役立ちます。就職活動の場では、企業から「なぜ大学院中退後にうちの会社を選んだのか」「大学院を辞める必要はあったのか」と聞かれることもあるでしょう。このような企業の疑問や不安を払拭するには、企業研究で応募先の会社を深く知ったうえで回答する必要があります。
「企業研究を一度もしたことがない」という方は、「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」を参考に、企業研究を進めましょう。

3.適性診断を受けてみる

大学院を辞める気持ちは強いものの、どのような仕事に就きたいか定まっていない方は適性診断を受けてみましょう。自分の性格や考え方に関する質問に答えると、自分に合った仕事や適性が分かります。「やりたい仕事が何も思いつかない」という方は、ぜひ利用してみてください。

内定後に大学院を中退したらどうなる?

研究・開発職の内定を獲得している場合、大学院を辞めることで取り消しになる可能性が高いでしょう。研究・開発職などのスキルや知識が事前に必要な仕事は、「大学院の修士(もしくは博士)課程を修了すること」を前提条件としていることが多いからです。
ほかの仕事でも、この前提条件が含まれている場合は、内定が取り消されやすいでしょう。大学院を辞める前に内定先へ連絡したり求人を確認したりして、内定の条件を確認してみてください。
大学院中退後では就職できない?就活のコツを掴んで内定を獲得しよう」では、内定以外にも大学院を辞めると起こる影響について解説しています。ぜひご覧ください。

大学院を辞めるなら就職活動に必要なものを用意しよう

大学院を辞めると決めたなら、就職活動に必要な持ち物をを用意しましょう。就職活動にはスーツやバッグ、印鑑などが必要です。以下で紹介するもののなかで、自分の持っていないものがあれば早めに用意しましょう。

1.スーツはリクルートスーツでOK

もともとリクルートスーツを持っている大学院中退者は、それを就職活動で着用しましょう。新卒でないからといって、リクルートスーツを避ける必要はありません。スーツを一着も持っていない方は、グレーやネイビーなど落ち着いた色味のスーツを選ぶと良いでしょう。
なお、ストライプ柄のスーツは、就職活動において派手過ぎる印象になってしまうため、おすすめできません。「就活でボタンダウンシャツは着ても良い?ビジネスシーンに即した服装とは」では、スーツについて詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

ワイシャツはシンプルな白色

ワイシャツは無地の白色を持っておけば、どのような業種・職種の就職活動をするときにも対応できます。女性の場合は、シンプルなデザインのカットソーも清潔感が演出できておすすめ。ただし、ワイシャツもスーツと同様、ストライプ柄が入ったものは華美な雰囲気になってしまうので避けましょう。

2.バッグは自立するタイプが便利

就職活動では、自立するタイプのバッグを使用するのがおすすめです。自立するバッグであれば書類の出し入れがスムーズにできます。また、面接室から退出するときも、バッグをサッと取ってすぐに移動することが可能です。ただし、自立するタイプでもリュックの使用はできるだけ避けてください。面接の場面に適さないカジュアル過ぎる印象になってしまいます。

腕時計もあると良し!
必須ではないものの、シンプルなデザインの腕時計もあると便利でしょう。時間を確認するためであっても、面接会場でスマートフォンを見る姿は企業が良い印象を持たないからです。また、面接後に急遽Webや筆記の試験をすることになっても、腕時計で簡単に時間の確認ができます。

3.履歴書はパソコンで作成しておく

パソコンで履歴書を作成しておくと、修正したり使いまわしたりすることができるため便利です。忙しい就職活動中には、企業から指定がない限り、パソコンでの作成がおすすめ。また、パソコンにデータを残しておけば、面接前に履歴書をすぐに確認できます。
Webサイト上には、フォーマットをダウンロードして使える履歴書もあるので、パソコン作業がそこまで得意じゃない人でも作れるでしょう。「手書きの方が好印象じゃないの?」という方は「手書きよりもパソコン作成の履歴書が向いている業界とは」をご覧ください。

4.印鑑は認印を使おう

就職活動で使う印鑑は、シヤチハタではなく認印を使用しましょう。シヤチハタとは、朱肉がなくても押せるスタンプ式の印鑑のこと。認印は朱肉で色を付けてから押すタイプで、役所に提出する書類に使うことが多い印鑑です。
シヤチハタのインクは、長い時間が経つと変色してしまうため、履歴書や同意書といった就職活動用の重要書類で使うのには、適していません。「手持ちの印鑑はシヤチハタしかない」という方は「履歴書にハンコは必要?ハンコの選び方と押印のコツとは」を参考にしてください。

5.履歴書用の証明写真を用意しよう

大まかな就職活動の準備ができたら、履歴書用の証明写真を撮りましょう。履歴書に貼れるサイズは、縦4cm×横3cmです。基本的に証明写真は、撮ってから3ヶ月以内のものを使用します
また、履歴書を郵送する場合は、剥がれてしまった場合に備えて裏面に氏名を記載しておきましょう。証明写真を撮るときの服装については、「証明写真でイメージアップ!転職に向けて準備しよう」でまとめています。少しでもイメージアップにつながるような清潔感がある証明社員を用意しましょう。

「就職活動で、大学院を辞めることがどう思われるか不安」と経歴に悩みを持っている方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、専属のアドバイザーがマンツーマンで就職活動に関するサポートを実施。自己分析のやり方はもちろん、書類作成や面接対策についても丁寧に指導するので、万全の状態で就職活動に臨めます。
お仕事を紹介する前にカウンセリングを行うため、「自分が何をしたいのかわからない」という場合も安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください!

大学院を辞めて就職活動をしたい人のお悩みQ&A

ここでは、大学院を辞めて就職活動したいと思っている人が抱えやすい疑問や悩みを、Q&A方式で解決します。

大学院生活が辛い…!辞めたらすべてが無駄になる?

大学院を辞めても、研究を進めたり発表したりした経験は仕事で活かせます。ただし、心身が疲弊している場合は冷静な判断をしにくいため、一度大学院の相談員や周囲の人に相談してみましょう。詳しくは、「大学院を辞めたい…中退すると就職やキャリアに影響は出る?」をご覧ください。

大学院を辞めて就職活動をしようか迷ってる…

大学院で専攻している分野と全く関係がない業種・職種に就職したいと考えている場合は、大学院を辞めて就職活動を始めても良いでしょう。しかし、専攻している分野や研究職・開発職に就きたいなら中退はおすすめできません。「幅広い仕事を知りたい」という方は「世の中の仕事一覧!職業の種類を知って適職を探そう」を参考にしてください。

大学院を辞めて就職活動するのは珍しい?

そもそも大学院を中退する人がそれほど多くないのが現状です。厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等の学生生活に関する調査等の結果について(2-1p) rel="noopener"」によると、令和2年の大学中退者(大学院生も含む)が就職した割合は13.9%。中退するのは珍しいものの、辞めてから就職をする人は一定数いることが分かります。詳しくは、「大学院中退率と就職に与える影響を解説!就活で注意すべきポイントも」をご覧ください。

どんな理由があれば大学院を中退して就職活動できる?

どのような理由であっても、大学院を中退して就職することは可能です。なかでも、病気や経済的な理由の場合は「やむを得ない事情」として、就職活動の場でマイナス評価にはならないでしょう。そのほかの理由については、このコラムの「大学院を辞める理由は就職活動でよく聞かれる!」をご覧ください。

大学院を辞めて就職活動するならまず何をすべき?

求人サイトへの登録や、自己分析をして大学院を辞める理由を明確にすることから始めましょう。「なぜ大学院を辞めるのか」という理由は、仕事選びにも深くつながっています。なかなか理由が明確にできない方や、就職活動をどう進めて良いか分からない方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

関連タグ