新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 押さえておきたい!転職を成功させるコツ

押さえておきたい!転職を成功させるコツ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職が成功する人の特徴は「自己分析を徹底している」「退職理由が明確」などがある
    ・企業研究が浅いと入社後のミスマッチにつながりやすい
    ・20代、30代など年代によって転職活動で重視されるポイントが異なることを覚えておこう

退職後、「転職活動が上手くいくか不安」と感じる方は多いでしょう。
こちらのコラムでは、転職に成功している人の共通点や上手くいかない人の特徴、転職活動における年代別の強みを解説しています。転職活動でお悩みの方は、参考にしてみてください。

◆転職を成功させるにはコツがある!

転職活動中は、「ちゃんと再就職できるのか」という不安がつきものでしょう。
理想の転職に成功している人には、共通点があるようです。この項目ではその特徴を紹介しています。

・退職、転職理由を明確にし、ポジティブな理由に置き換えている

仕事を辞める理由は、「人間関係が良くない」「残業が多い」など人によってさまざまでしょう。
退職理由は、新しい職場を選ぶ際の重要な判断基準。転職に成功する人は、そこがハッキリしているようです。
理由そのものに「良い・悪い」はありませんが、前職の不満だった点を明確にしてから転職活動を始めることが重要です。
転職すればどのようなことも解決するような気になってしまいますが、環境や待遇ばかりに気を取られると、新しい職場でも前職と同じような不満を感じる可能性があるでしょう。
「自分は何を重視するのか」を掘り下げ、さらに「新しい職場では自分の強みを活かしたい」「将来的にはこのような仕事をしたい」など、数年後のキャリアビジョンをプラスしたポジティブな転職理由にしましょう。

・自己分析と企業研究を徹底している

「自分はどのような業務ができるのか」「何を心がけて仕事をしてきたのか」など、ポイントを深く分析することで経験が整理され、具体的なエピソードから自分の強みや欠点が明らかになってきます。
念入りに自己分析をすると、志望動機や自己PRに説得力が生まれ、転職活動で効果的に自分をアピールできるでしょう。

・在職中に転職活動をしている

退職してから転職活動を始めた方が落ち着いて仕事を探せそうですが、在職中に転職活動をした方が上手くいくこともあるようです。
会社を辞めて無職になると、経済的に不安定な状態が続きます。転職活動が長期化すると貯蓄から生活費を捻出することになり、焦りから「とりあえず内定が出た会社に決めよう」という妥協が生まれやすくなるでしょう。
しかし、働きながら転職活動を行えば、収入が安定している状態で余裕を持って仕事を探すことができます。


◆転職で失敗しやすい人の特徴

前項では転職活動に成功している人の特徴を挙げましたが、ここでは転職が上手くいかない人の特徴を紹介します。

・手当たり次第に応募する

とにかく転職したいと次々に応募していると、企業ごとの分析を怠りがちになってしまいます。「応募書類をそのまま使い回す」「面接に進んでもありきたりな志望動機や自己PRしか伝えられない」といった行動が増え、企業側からマイナスなイメージを持たれてしまうでしょう。

・応募先企業の求めるニーズと自分のアピールポイントがマッチしていない

多くの企業ではスキルや経験、人間性など求める人物像があります。そのため、どんなに自分の強みをアピールしても、企業が必要としていなければ意味がありません。志望する会社が何を重視しているかを深く分析し、説得力のある志望動機や自己PRにつなげましょう。

・企業研究が浅く、入社後にミスマッチが判明する

面接時の雰囲気や会社のWebサイトの情報など、少ない情報だけで転職を決めると、想像していたイメージや仕事内容と異なる可能性があります。


◆年代別の強みを把握して転職活動しよう

20代前半では、仕事に対する「意欲」や「ポテンシャル」などが重要視されるので、他の年代と比較してスキルが十分でなくても転職しやすいでしょう。
社会人経験は浅いですが、前職の社風に染まっていなく、転職先の会社に馴染める適応力を持っていることが強みです。
20代後半では、「役職がつく」「マネジメント業務に携わる」などの可能性があり、ある程度の社会経験やキャリアが求められるでしょう。
30代でさらに経験やスキルが重視されるため、企業のニーズに対して自分の強みをどのようにアピールするかがポイントです。
年代によっても転職活動する時のコツは変わるため、自分のキャリアと照らし合わせた転職活動をすると良いでしょう。

自分の強みや経験を上手くまとめられない方は、就職エージェントを利用してみませんか?
ハタラクティブでは、一人ひとりのお悩みをきめ細やかにヒアリングしながら転職活動をサポート。プロの専任アドバイザーが、書類の添削や面接対策などを、幅広く行っています。
「転職活動がなかなか上手くいかない」という方は、お気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ