転職は難易度が高い?未経験から就職しやすい業界9選を紹介!

転職は難易度が高い?未経験から就職しやすい業界9選を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 中途採用は、新卒採用よりも転職難易度が高い傾向にある
  • 年齢が35歳以上になると転職難易度が高くなる
  • 未経験業界や職種へ転職するのは難易度が高い傾向にある
  • 転職難易度の高い大企業は、福利厚生や待遇が良いなどのメリットがある

「転職って難易度が高いの?」と気になっている方もいるでしょう。転職自体の難易度として考えると、決して難しいわけではありません。

このコラムでは、未経験から転職を成功させる方法や就職しやすい業界9選を紹介します。また、転職難易度の高い大企業に就職するメリットやデメリットも解説。これから転職を始める方や転職をするか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職は難易度が高い?

転職自体の難易度として考えると、決して難しいわけではありません。

しかし、中途採用は即戦力やスキルを求められる可能性が高いため、新卒採用に比べると難易度が高い傾向にあります。一方、外資系企業のように学歴ではなく実績や結果を重視する業界もあるため、新卒時より転職時のほうが有利になることも。
新卒での入社は難しいとされる大手企業も、同じ業界で経験や実績を積んでから挑戦することで、即戦力と判断されて中途での転職が叶う場合もあります。

転職が難しい原因とは?有利な時期は20代だけ?成功させるコツを解説」のコラムでは、転職の難しさや年代別のコツをまとめているので、転職活動に難しさを感じている方は参考にしてみてください。

大企業への転職入職者数は増加傾向にある

令和元年9月に発表された、厚生労働省の「中途採用に係る現状等について」によると、従業員数が300人以上の大企業の転職入職者・転職入職率は増加傾向にあることが分かります。従業員数が300人未満の中小企業と比較すると低い水準にありますが、これから増加していく可能性も考えられるでしょう。

参照元
厚生労働省
中途採用に係る現状等について

新卒で落ちた企業に再挑戦することは可能?

新卒で落ちた企業に転職で再挑戦するなら、新卒時に落ちた理由や背景を分析してみましょう。自分の力不足だけでなく、新卒で受けた時期はほかの応募者の採用を控えていたなど、環境による要因も考えられます。

転職を検討している時期が事業拡大や景気回復に該当すれば、難易度が高いとされている企業に採用される可能性はあるでしょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

転職難易度が高くなる5つの理由

転職を考えている人のなかには、「難易度が高そうだから転職するか迷う」と思っている人もいるでしょう。

ここでは、転職が難しいとされている人の特徴を5つ紹介します。自分に当てはまる項目がないか確認しておきましょう。

1.年齢が35歳以上

早期キャリア形成のため、募集の段階で20代から30代前半と年齢制限を設けている会社が多く、35歳以上になると採用ニーズが低くなる傾向にあります。どのような理由で募集しているのかによりますが、未経験者を採用する場合は教育コストが発生してしまうため、経験やスキルが足りないと判断されれば採用されるのは難しいでしょう。

35歳から転職できる仕事が知りたい方は「35歳から始める仕事!就職しやすい業界や必要なスキルは?」のコラムもあわせてご覧ください。

20代前半も場合によっては転職難易度が高くなる

若いからといって、必ずしも転職が有利になるとは限りません。年齢が若いとポテンシャル採用されやすい傾向にありますが、社会人経験が少ないため即戦力として見てもらえない可能性もあります。
また、前職を短期間で辞めていることから「またすぐに辞めてしまうのでは」と懸念されることも。

そのため、転職理由を明確にして、採用担当者に納得してもらえる志望動機を準備しておく必要があります。スキル不足に関しては、自分がどのようにして会社に貢献できるか、今までの経験から何を活かせるかをアピールすることが重要です。

2.30代でマネジメント経験がない

30代でマネジメント経験がない人も、採用ニーズが低いでしょう。20代では経験よりもポテンシャルが求められますが、30代ではマネジメント経験、つまり即戦力になりえる人材が求められます。

企業にとっての利益をより追求できるようなスキルがなければ、転職は難しいといえるでしょう。

3.未経験の職種や業界へ転職を考えている

自身の経験とは全く関係のない未経験の職種や業界への転職も、採用されるのが難しいでしょう。たとえば、営業職からパティシエなど、共通点の見つけづらい職種で転職を考えている場合は、その職種に転職したい理由を明確に説明できるようにしなくてはなりません。また、別業界に転職する場合も、同じく明確な転職理由が必要になります。

未経験から転職を成功させるには、しっかりと自己分析をして、前職で身につけたスキルをどのように活かせるかを説明できるようににすることが大切です。

4.上のポジションへの転職を考えている

転職して前職よりもポジションが上がるのは珍しいことではありませんが、ポジションを上げる目的での転職は採用される可能性が低いでしょう。現在よりも高いポジションに転職を希望する場合は、現職で実績と信頼を得て、転職するときにそのポジションにふさわしいことを証明する必要があります。

5.中小企業から大企業への転職を考えている

大企業は、中途採用にかかわらず新卒からも人気が高い傾向にあります。そのため、大企業への転職は難易度が高くなる可能性も。

大企業への転職を成功させるためには、これまでの実績や資格などを活かして活躍できるというアピールが必要となります。

大企業=ホワイト企業とは限らない

大企業だからといってホワイト企業であるとは限りません。ホワイト企業の特徴として「休日が多い」「福利厚生が充実している」「給料が高い」「仕事とプライベートを両立しやすい」などが挙げられますが、大企業にその環境がすべて整っているとは言い切れないでしょう。
また、良い条件がそろっていたとしても、自分に合わなければホワイト企業とはいえません。

ホワイト企業といわれているからといって大企業ばかり受けるのではなく、自分に合っている企業を選んで応募しましょう。

転職難易度が高いといわれる業界

ここでは、転職が難しい業界について紹介します。自分にとって魅力的に見える業界が、転職ではどれくらいの難易度なのか気になる方もいるでしょう。以下は、未経験からでは転職が難しいといわれることが多い業界です。

ただし、職種によっては未経験から目指せるものもあります。

1.金融・コンサルティング

金融やコンサルティング業界は就活生からも人気が高く、転職の難しさもそれなりにあるといえるでしょう。加えて、学歴を重視する企業も多い傾向にあります。

また、該当する分野の資格を取得していないと働けない場合もあり、転職を目指す際は関連する資格を取得していたほうが有利になりやすいでしょう。

2.医療業界

医療業界の多くは、資格や免許を取得していないと転職するのが難しいです。また、医療系大学の卒業や教育・研修課程を修了しなければ資格の受験すらできない場合も多く、転職の難易度は高いといえるでしょう。

その反面、専門性のある業界ゆえに資格を取得できれば転職成功の可能性は上がります。

医療業界について詳しく知りたい方は、「医療業界の仕事」のコラムで医療業界の仕事内容や今後の将来性について紹介しているので、ぜひ考にしてください。

3.教育業界

学校で教師をするには教員教職免許が必須ですが、教育業界には特定の資格や免許がなくても就ける職業もあります。たとえば、塾講師であれば資格は必要ありません。

ただし、学歴や塾講師として教えた生徒の合格実績が求められることはあるので、資格や実績のない人が教育業界に転職するのは難しいといえます。

4.美容業界

美容業界には専門性が異なるさまざまな職業があり、特に美容師や理容師は国家資格が必要なため、未経験から転職するのは難しいでしょう。

しかし、ネイリストやエステティシャンなどは必須の資格がなく、勉強次第で未経験者も働けます。

5.観光業界

観光業界のなかには資格が必須の職種もありますが、学歴のほうが重視される傾向にあるようです。会社によっては、未経験者をアルバイトで雇っていることも。

まずはアルバイトをしながら資格を取得して、徐々に正社員を目指すのも一つの方法といえるでしょう。

6.クリエイティブ業界

クリエイティブ業界では、学歴や特別な資格を問われることは少ない傾向にあります。また、ポテンシャルや人柄によって評価されることも。会社によっては応募条件を設けている場合もありますが、未経験の人材を募集している会社もあるため、気になる人は挑戦してみても良いでしょう。

ただし、職種によっては求人数が少なく、転職の難易度は比較的高めです。

異業種へ転職をしたいと考えている方は、「異業種に転職したい!未経験でも大丈夫?志望動機のポイントとは」のコラムもあわせてご覧ください。

転職先の業界を選ぶときの7つのポイント

ここでは、転職先の業界を選ぶときのポイントを7つ紹介します。転職する業界に悩んでいる場合、以下の7つを基準に選んでみるのがおすすめです。

1.業績が良く将来性のある業界を選ぶ

業績が良く将来性のある会社を選べば、仕事を通して成長できるチャンスが多いです。特に、成長中の会社は事業の拡大などで人手不足になりやすく、新しい人材を採用する機会が多い傾向にあります。

また、未経験から入社した場合も研修などが充実している傾向があり、安心して業務に取り組めるでしょう。

2.企業規模が大きいところを選ぶ

企業規模も、転職先を選ぶ際の一つの指標になるでしょう。会社の安定性や、中途採用に対しても社員の教育や研修制度がある企業なのかどうかも重要です。

ベンチャー企業は経験を積むにはおすすめの環境ですが、労働待遇の面ではハードになる可能性もあるでしょう。

3.働きやすい環境かどうかを確認する

転職を希望する企業が、自分にとって働きやすい環境かどうかを確認することも大切です。

今の職場環境に不満を持って転職する人もいるでしょう。自分に合った職場かどうかをあらかじめ調べ、働くうえで譲れないポイントを満たしている企業なのかを確認する必要があります。

4.離職率を確認する

離職率が高い場合、入社してもすぐに辞めてしまう人が多い業界・企業である可能性が高いでしょう。業界や会社は、外から見ているだけでは働きやすさは分かりません。

しかし、判断材料の一つとして離職率を確認するのは転職先を選ぶうえで有効です。選考を受ける前に、気になる業界や企業の離職率を確認しておくと良いでしょう。

5.有効求人倍率が高い業界を選ぶ

有効求人倍率が高い業界を選択肢に入れるのもおすすめです。有効求人倍率が高いということは、希望している人数に対してより多くの求人があることを意味しています。

つまり、有効求人倍率が高ければその分転職のハードルが下がり、転職できる可能性が高くなります。

6.未経験者を広く受け入れている業界を選ぶ

未経験者を広く受け入れている業界は、比較的転職がしやすいでしょう。未経験から転職が難しい業界にチャレンジする場合、年齢が若い第二新卒や20代のうちがおすすめです。

有効求人倍率が高いなかでも、未経験者を受け入れている業界を選ぶことで転職の成功率は上がるでしょう。

7.長い歴史のある企業や業界を選ぶ

新しいサービスや企業も魅力的ですが、未経験であったりそもそも社会人経験が浅い場合は、長い歴史のある企業や業界を選ぶのもおすすめです。

長い歴史のある会社では、丁寧なマニュアルが作成されていたり、さまざまなノウハウがあったりします。問題の解決力も相応にあるため、未経験で入った場合もしっかりとフォローしてもらえる体制が整っているでしょう。

転職難易度の高い大企業に就職するメリット

大企業に就職するメリットとしては、「福利厚生が充実している」「給与が高い」「信用度が高い」などが挙げられます。以下で、転職難易度の高いとされる大企業へ転職するメリットを詳しく見ていきましょう。

福利厚生が充実している

企業によって多少の違いはありますが、福利厚生が充実している企業が多い傾向にあります。近年では年金や保険だけでなく、健康診断や社員食堂、リフレッシュ休暇、社宅などさまざまな福利厚生があり、企業独自の福利厚生を導入しているところもあるようです。

また、働きやすさを重視した会社はフレックスタイム制やテレワークなどを導入し、多様な働き方ができるように工夫をしています。

給与が高い傾向にある

大企業は会社の規模が大きく安定していることから、中小企業に比べ、給与やボーナスが高い傾向にあります。また、給与やボーナス以外にも手当が充実している会社は、さらに収入が高いことも。

大企業であれば必ずしも給与が良いとは限りませんが、一般的に大企業は会社自体の収入も多い傾向にあるため、給与が高く設定されている企業も多めです。

社会的な信用度が高い傾向にある

大企業は、名前が有名で知っている人が多いことが挙げられるでしょう。有名な企業は、何をしている会社なのかを知っている人が多いため、社会的信用度が高い傾向にあります。

また、社会的信用度が高いと、企業名がステータスになり転職の際に有利になることも考えられます。

転職難易度の高い大企業に就職するデメリット

転職難易度の高い大企業に就職するデメリットとしては、「ライバルが多い」「意見が通りにくい可能性が高い」などが挙げられます。以下で、転職難易度の高い大企業に転職するデメリットを詳しく見ていきましょう。

仕事をするうえでのライバルが多い

大企業は会社の規模が大きいため、従業員の数が多く必然的にライバルの数も多くなります。また、転職となると同世代だけでなく、新卒から働いている年下のライバルもいるでしょう。

中小企業に比べると、ライバルの数が多いため漠然と過ごしていても昇進することが難しい傾向にあります。大企業でキャリアアップや昇進を考えている人は、それなりの努力が必要になるでしょう。

意見が通りにくい傾向がある

大企業は従業員数が多く、意見が通りにくい可能性があります。理由としては、従業員数が多いため何かを決断するときにいろいろな手続きが必要になる場合が多く、手間がかかってしまうためです。

特に、社風や企業理念を大切にしている大企業は、社風に合わない意見や考えは通りにくい可能性もあります。企業や仕事に対する改善策や意見を出しながら働きたい人には、あまり向いていないでしょう。

未経験から転職しやすい業界9選

ここでは、未経験から転職しやすいおすすめの業界を9種類ご紹介します。転職を考えているものの、「どのような職種や業界があるのか」「自身には何が合っているのか」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.建築業界

近年の建設ラッシュにより、建設業界では人材の確保が急務になっている傾向にあります。さらに、建築に関わる人材の高齢化により、人材不足が加速することも考えられます。

これからの建設業界を担っていく人材を育成する目的で、求人数が増える可能性があるのでおすすめです。

建築業界に転職したい方向けの

求人一覧はこちらから

2.IT業界

IT業界は、インターネットの急速拡大によって慢性的に人材不足の傾向にあります。そのため、未経験者の将来性を期待して積極的に採用を行っている企業も。

IT業界は、これからもニーズが拡大していくと予想されています。「未経験だが勉強して頑張りたい」という意欲があれば、採用されやすい業界です。

IT業界に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

3.運輸業界

インターネット通販やネットスーパーなどで買い物をする人が増え、商品を運ぶ運輸業でも人材不足が叫ばれています。基本的に商品を運ぶ業務がメインなので、未経験者も運転免許を保有していれば採用されやすいでしょう。

4.製造業界

製造業界は特殊なスキルが必要とされることが少なく、未経験者も転職しやすいでしょう。また、繊維や輸送機器などの製造業は大手の工場が多く、待遇が良い企業が多いことも魅力の一つです。

工場・製造に関する職種に転職したい方向けの

求人一覧はこちらから

5.接客業界

接客業界では多くの企業でマニュアルがあり、未経験で入社しても業務に慣れやすいでしょう。また、アルバイトなどで接客経験があれば採用される可能性も上がります。

小売業や飲食業は慢性的に人手不足のため、求人数が多い点もメリットです。

6.専門商社業界

専門商社の業界では営業職の求人が多いため、営業の経験や最低限の社会人マナーを身につけていれば、未経験者も採用される可能性があります。商社と聞くと、専門的な経験や知識が必要でハードルが高いイメージですが、入社後の研修で補えば活躍につながるでしょう。

7.巨大産業メーカー

自動車産業の巨大産業メーカーなども、IT搭載車や自動運転などの発展に伴い求人の増加が見られます。これは、自動車産業界が人手不足というよりも、優秀な人材を欲している可能性が高いです。

自動車産業界が未経験でも、理系の人やIT業界での経験やスキルがある人は採用ニーズに合っているでしょう。

8.外食や小売業界

コンビニエンスストアや飲食店が増えているなか、人材不足の不安があるのが外食や小売業界です。食品の安全やサービス、商品の品質などに注目が集まるなか、会社側もより良いサービスや品質を提供するため、人材を確保しようとしている傾向にあります。

9.サービス業界

サービス業界は企業によって業務内容に差がありますが、未経験者も活躍の可能性がある業界です。

サービス業界は性質上、人と関わることが多くなります。人と接することが好きな方やコミュニケーション能力に自信がある方は、転職の選択肢に入れてみても良いでしょう。

未経験から就職しやすい業界については、「未経験者におすすめの業種は?転職成功のコツや内定を得やすい職種も解説」のコラムも参考にご覧ください。

転職活動でありがちな3つの失敗

ここでは、転職活動でありがちな3つの失敗を紹介します。転職活動のやり方を間違えてしまうと、納得のいく転職先がなかなか見つからない場合も。

「転職活動は難しい、うまくいかない」と考えている方は、以下のような失敗をしていないか振り返ってみましょう。

1.ネガティブな退職理由をそのまま伝えている

退職理由がネガティブなものであった場合、理由をそのまま伝えてしまうと採用につながりにくくなります。「うちにきてもまた辞めてしまうのでは?」という不安を企業に抱かせてしまうため、前職の退職理由はポジティブに変換して伝えることが大切です。

2.退職してから転職活動を始める

退職後に転職活動を始めると、収入が途切れたり空白期間ができたりする焦りから、妥協して転職先を選んでしまう可能性があります。また、転職活動をすることで前職の良さに気づく場合もありますが、一度退職した社員の再雇用を歓迎する会社はそう多くはないでしょう。

もし、難易度の高い転職をしようとするならば、働きながらの転職活動をおすすめします。

3.企業ごとに選考対策をしていない

会社ごとに合わせた対策をすることは、転職の成功率を左右する大事な要素です。どの会社でも同じ自己PRや志望動機を使い回していては、入社意欲が伝わりません。

同じ業界であっても風土やビジョンは会社ごとに異なり、求める人物像も違います。その会社だからこそ活かせる能力や入社したい理由を述べなければ、採用担当者に響くアピールにはならないでしょう。

転職の失敗例と対策については、「転職のありがち失敗例を紹介!後悔しない選択と成功のコツとは」のコラムも参考にご覧ください。

転職難易度の高い企業への就職を成功させるコツ

ここでは、転職が難しいとお悩みの方に向けて、成功させるためのコツを紹介します。以下の4つのコツを意識して転職活動に臨んでみましょう。

1.自己分析を徹底して転職の目的を明確にする

転職活動を始める前に自己分析で自分を振り返り、何が不満で転職したいのか、転職先で何を実現したいのかを考えましょう。

自己分析を行うことで、自分が仕事に求める条件が定まっていきます。自己分析をせず転職活動をやみくもに行うと、本来の目的を見失ってしまったり、合わない会社に転職してしまったりする可能性があるでしょう。そうならないためにも、自己分析を行い自分の適性や向いている職業などを見極めることが大切です。

2.転職活動のスケジュールを立てる

転職活動を始める前に、おおよその期間を決めてスケジュールを立てましょう。転職先への仮の入社日を決めると、そこから企業・業界について調べる時期や求人への応募完了の時期が決められます。退職日が見えてくると、退職意思を表明する時期や引継ぎを行う時期、いつから有給を消化すれば良いかといった方針も決まるでしょう。

転職活動の期間は人それぞれですが、大体1~3ヶ月程度が目安です。

3.企業が求める人物像やポジションを理解する

企業の採用試験を受ける前に、その企業が求めている人物像やポジションをよく理解しておきましょう。企業研究を念入りにすることで、自分に合っている会社かを見極められたり、求める人物像に沿って自分の強みをアピールできたりします。

スムーズに転職活動を行うためにも企業研究をしっかりと行い、「どのような人材を求めている企業なのか」「入社後どのように成長してほしいのか」などを深く理解することが重要です。

4.志望動機を明確にする

転職難易度の高い大企業に就職するには、志望動機を明確にする必要があります。大企業に就職したい理由が「安定しているから」「給与を上げたい」「福利厚生が充実している」といった条件面だけでは、内定をもらうのは厳しいでしょう。

志望動機を聞かれたら、「なぜその企業で働きたいのか」「入社して何をしたいのか」を明確に説明することが大切です。また、その企業に入ったら「どのようなことに貢献・活躍したいか」を具体的に話すと、より説得力のある志望動機になります。

転職の時期は春や秋が狙い目

新規事業がスタートすることが多い春と秋は求人数が増える傾向にあり、転職したい方におすすめのタイミングです。4月と10月で上半期と下半期を区切っている会社も多いため、そのタイミングで新規プロジェクトが始まることは多々あります。即戦力の人材を募集する企業が増える傾向にあり、それに伴って求人数も増えるため、ほかの時期と比べて転職の難易度は下がるでしょう。

とはいえ、そのときの情勢や業界の状況により変わることもあるため、転職を考えている方はこまめに求人をチェックしてみてください。

転職の難易度が高ければ転職エージェントの利用も視野に入れよう

求人を見つける方法として、自分で仕事を探すほか、転職エージェントの利用もおすすめです。転職エージェントはアドバイザーとのカウンセリングや選考対策を行っており、自分では難しいと見送っていた求人や非公開求人などを紹介してもらえる場合もあります。転職活動では分からないことも多く、悩む方もいるでしょう。転職を成功させるには、自身に合った仕事の探し方を見つけることがポイントです。

転職でお悩みの方は、若年層向けの就職・転職エージェント、ハタラクティブにご相談ください。就職・転職に関する情報を網羅しているキャリアアドバイザーがマンツーマンで相談に乗り、一人ひとりの適性を見極めたうえで求人をご紹介。面接対策や書類添削も実施しています。サービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次