転職が難しい業界とは?転職先選びのポイントや成功のコツをご紹介!

転職が難しい業界とは?転職先選びのポイントや成功のコツをご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・未経験からの転職が難しい業界は医療業界や教育業界などである
  • ・転職が難しい業界に行きたいのであれば自己分析や条件の絞り込みが大切
  • ・転職が難しいと考えている人は、会社や業界ごとの選考対策が十分でない可能性がある

転職を検討している方の中には、「人気の職種や未経験の業界に転職したいけど難しそう」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。このコラムでは、未経験からでも可能なおすすめの業界や、転職が難しいと思ったときの就活を成功させるためのコツなどについて詳しく解説していきます。これから転職活動を始める方や、業界選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職が難しい業界

ここでは、転職が難しい業界について紹介します。転職活動を進めていくと、魅力的に見える業界が転職ではどれくらいの難易度なのか気になる方もいるでしょう。以下は、未経験からでは転職が難しい業界であるといわれることが多いです。

1.金融やコンサルティング業界

金融やコンサルティング業界は就職活動の際でも人気の業界である分、転職の難しさもそれなりにあるといえるでしょう。加えて専門学校や短大、大学などの学歴がないと就職が難しいイメージが強く、学歴がない方にとっては転職したくてもできない業界と思われることも。また、該当する分野の資格を取得していないと働けない場合もあり、転職を目指す際は関連する資格を取得していた方が転職に有利です。

2.医療業界

医療業界のほとんどは、資格や免許を取得していないと転職するのが難しいのが実情です。また、医療系大学の卒業や教育・研修課程を修了しなければ資格を得るための受験すらできない場合も多く、転職の難易度は高いでしょう。その反面、専門性のある業界ゆえに資格を取得するところまで進むことができれば、転職できる可能性は大いにあります。

3.教育業界

学校で教師をするには教員教職免許が必須ですが、教育業界は特定の資格や免許がなくても就ける職業もあります。たとえば、塾講師であれば資格は必要ありません。ただし、その場合学歴や塾講師として教えた生徒の合格実績が求められることはあるので、資格や実績のない方が教育業界に転職するのは簡単ではないでしょう。

4.美容業界

美容業界には専門性が異なるさまざまな職業があり、特に美容師や理容師は国家資格が必要なため、異業種から転職するのは難しいでしょう。しかし、ネイリストやエステティシャンなどは必須の資格がないため、勉強次第で未経験でも働くことができます。

5.観光業界

観光業界もさまざまな職種があります。なかには特定の資格が必須の場合がありますが、学歴の方が重視される傾向があるようです。会社によっては未経験者をアルバイトで雇っていることも。まずはアルバイトしながら資格を取得して正社員へ近づくのも一つの方法といえるでしょう。

6.クリエイティブ業界

クリエイティブ業界では、学歴や特別な資格や問われることは多くありません。ポテンシャルや人柄によって評価されることもあるでしょう。会社によっては応募条件を設けている場合もありますが、未経験であっても人材を募集している会社も多くあるため、興味がある人は挑戦するのも良いでしょう。ただし、人気の業界でもあるので、転職の難易度は比較的高めです。

異業種へ転職をしたいと考えている方は、「未経験でも大丈夫?異業種への転職を成功させるには」のコラムも併せてご覧ください。

転職先の業界を選ぶときの7つのポイント

ここでは、転職先の業界を選ぶときのポイントを7つ紹介します。転職する業界に悩んでいる場合、以下の7つを基準に選んでみるのがおすすめです。

1.業績が良く拡大中の業界を選ぶ

業績が良く業務を拡大中の会社を選べば、自身が将来的に成長できるチャンスも多いです。また、未経験から入社した場合も研修などが充実している傾向があるため、安心して業務に取り組むことが可能でしょう。

2.会社としての規模が大きいところを選ぶ

会社の規模も、選ぶ際の一つの指標になるでしょう。会社の安定性や、中途採用でも社員の教育や研修制度のある企業なのかどうかも重要です。ベンチャー企業は経験を積むにはおすすめの環境ですが、労働待遇の面で少しハードになることが多くなります。

3.働きやすい環境かどうかを確認する

転職を希望する企業が自分にとって働きやすい環境かどうかを確認することも大切です。転職を考えている場合、今の職場環境に不満を持っていることが多いでしょう。自身に合った職場かどうかをあらかじめ調べておき、働くうえで譲れないポイントを満たせる企業なのかどうかを確認しておきましょう。

4.離職率を確認する

離職率があまりにも高い場合、入社してもすぐに辞めてしまう人が多い業界であるといえます。業界や会社は、外から見ているだけでは働きやすさは分かりません。しかし、判断材料の一つとして離職率を確認するのは転職先を選ぶうえで有効です。

5.有効求人倍率が高い業界を選ぶ

有効求人倍率が高い業界を選択肢に入れることも、転職先を選ぶうえで重要になります。この有効求人倍率が高いということは、その業界を希望している人数に対して、より多くの求人があることを意味しています。その分転職のハードルが下がり、転職ができる可能性が高くなるのです。

6.未経験者を広く受け入れている業界を選ぶ

未経験者を広く受け入れている業界であれば転職がしやすいでしょう。未経験では転職が難しい業界にチャレンジしたい場合、第二新卒や20代のうちであれば、これから未経験の業界に転職できる可能性は高くなります。有効求人倍率が高い中でも、未経験者を広く受け入れている業界を選ぶことで、転職の成功率はかなり上がるでしょう。

7.長い歴史のある企業や業界を選ぶ

新しいサービスや企業も魅力的ですが、未経験であったりそもそも社会人経験が浅い場合は、長い歴史のある企業や業界を選ぶのもおすすめです。
長い歴史のある会社では、業務内容にも丁寧なマニュアルが作成されていたり、さまざまなノウハウがあったりします。問題の解決力も相応にあるため、未経験で入った場合でもしっかりフォローできる体制が整っていて安心して仕事ができるでしょう。

転職が難しいとされる人の5つの特徴

転職を考えている人のなかには、「業界によっては転職は難しいかもしれない」と判断に迷っている方もいるでしょう。実際には、どのような人が採用されづらいのでしょうか。ここでは、転職が難しいとされている人の特徴を5つ紹介していきます。

1.35歳以上である

多くの会社が早期キャリア形成のため、募集の段階で20代から30代前半と条件を設定していることが多く、35歳以上になると採用ニーズが少なくなります。
どのような理由で募集しているのかによりますが、新規採用の場合は教育コストが発生してしまうため、経験やスキルが足りないと判断されれば、採用は難しいでしょう。

2.30代でマネジメント経験がない人

30代でマネジメント経験がない人も、条件として採用ニーズが少ないでしょう。20代では経験よりもポテンシャルが求められ、30代ではマネジメント経験、つまり即戦力になりえる人材が求められます。企業にとっての利益をより追求できるようなスキルがなければ、転職は難しいでしょう。

3.未経験の職種へ転職したいと考えている

自身の経験とは全く関係のない未経験の職種への転職も、採用の可能性が低くなります。たとえば、営業職からパティシエなど、共通点の見つけづらい職種間で転職を考えている場合は、その職種に転職したい理由を明確に説明できるようにしなくてはならないでしょう。自己分析をして、現職で身につけたスキルがどのように役立つかをしっかり話せないと、採用につなげるのは難しくなります。

4.未経験の業界へ転職したいと考えている

職種と同じく未経験の業界に転職を考えている場合、チャレンジ精神だけでは採用は難しいでしょう。採用する側は、入社後には給与を支払い、会社への利益貢献、そして入社してからの活躍を見込んでいるからです。未経験であっても企業で活かせるメリットを説明できるかが、転職成功につながるカギとなるでしょう。

5.上のポジションへの転職を考えている

転職して前職よりもポジションが上がるのは珍しいことではありませんが、ポジションを上げる目的での転職は採用される可能性が低くなります。現在よりも高いポジションに転職を希望する場合は、現職で実績と信頼を得て、転職するときに証明できることが重要です。

転職が難しいと悩む人におすすめの9の業界

ここでは、未経験でも転職しやすいおすすめの業界を9種類紹介していきます。転職を考えているものの、どのような職種や業界があるのか、自身には何が合っているのかと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.建築業界への転職

近年の建設ラッシュにより、建設業界では人材の確保が急務になっています。さらに、建築に関わる人材の高齢化により、人材不足が加速するでしょう。そのため、これからの建設業界を担っていく人材を育成する目的で、求人が多く出されています。

2.IT業界への転職

IT業界はインターネットの急速拡大によって、慢性的に人材不足です。そのため、未経験でも将来性を期待して、企業は積極的に採用を行っています。これからもIT業界はニーズが拡大していくと予想されており、ニーズは高まっていくでしょう。「未経験でも勉強して頑張りたい」という意欲があれば、採用されやすい業界です。

3.運輸業界への転職

インターネット通販やネットスーパーなどで買い物をする人が増え、商品を運ぶ運輸業でも人材不足が叫ばれています。基本的に商品を運ぶ業務がメインになるため、未経験でも運転免許を保有していれば、採用されやすい業界です。

4.製造業界への転職

製造業界は特殊なスキルが必要とされることがほとんどなく、未経験でも転職しやすいでしょう。また、繊維や輸送機器などの製造業は大手の工場が多く、待遇が良い企業が多いことも魅力の1つです。

5.接客業界への転職

接客業界ではほとんどの場合マニュアルがあり、未経験で入社しても業務に慣れやすいでしょう。また、アルバイトなどで接客経験があれば採用の可能性も上がります。小売業や飲食業は、慢性的に人手不足のため、多くの求人を目にすることができるでしょう。

6.専門商社業界への転職

専門商社の業界では営業職の求人が多いため、営業としての経験や最低限の社会人マナーを身に付けていれば、未経験でも採用につながります。商社と聞くと、専門的な経験や知識が必要でハードルが高いイメージですが、入社後の研修で補い、活躍につなげることができるでしょう。

7.巨大産業メーカー業界への転職

自動車産業の巨大産業メーカーなども、IT搭載車や自動運転などの発展に伴い求人の増加が見られます。これは、自動車産業界が人手不足というよりも、優秀な人材を欲しているということです。自動車産業界が未経験でも、理系の方やIT業界での経験やスキルがある人が採用ニーズに合っているでしょう。

8.外食や小売業界への転職

コンビニエンスストアや飲食店が増えている中、人材不足の不安があるのが外食や小売業界です。食品の安全やサービス、商品の品質などに注目が集まる中、会社側もより良いサービスや品質を提供するため、人材を確保しようとしています。

9.サービス業界への転職

サービス業界は会社によって業務内容に差がありますが、未経験でも活躍の可能性がある業界です。
サービス業界は性質上、人と関わることが多くなります。人と接することが好きな方やコミュニケーション能力に自信がある方は、転職の選択肢に入れてみても良いでしょう。

未経験からでも就職しやすい業界については、「未経験でも転職しやすい業界はある?おすすめの職種や企業選びをご紹介!」のコラムも参考にご覧ください。

転職が難しいと思ったときの成功のコツ

ここでは、転職が難しいとお悩みの方に向けて成功させるためのコツを紹介します。以下の4つのコツを意識して転職活動に臨んでみましょう。

1.自己分析を徹底して転職の目的を明確にする

転職活動を始める前に自己分析で自分を振り返り、何が不満で転職したいのか、転職先で何を実現したいのかを考えましょう。自己分析を行うことで、自分が仕事に求める条件も定まっていきます。自己分析をせず転職活動をやみくもに行うと、本来の目的を見失ってしまったり、合わない会社に転職してしまったりする可能性があるでしょう。

2.転職活動のスケジュールを立てる

転職活動を始める前に、おおよその期間を決めてスケジュールを立てましょう。転職先への仮の入社日を決めると、そこから企業・業界について調べる時期や求人への応募完了の時期が決められます。退職日が見えてくると、退職意思を表明する時期や引継ぎを行う時期、いつから有給を消化すれば良いかといった方針も決まるでしょう。転職活動の期間は人それぞれですが、大体1ヵ月から3ヵ月程度が目安です。

3.譲れない条件と妥協できる条件を決める

転職先に求める条件が複数ある場合は、譲れない条件と妥協できる条件に分けて考え、優先順位を決めましょう。全ての理想を満たす職場を見つけることは困難ですが、自分が本当に重視する条件が分かっていれば、納得のいく転職が叶う可能性が高いです。

4.転職の時期は春や秋を狙う

新規事業がスタートすることが多い春と秋は求人数が増える傾向があり、転職したい方にとって狙い目です。4月と10月で上半期と下半期を区切っている会社が多いため、そのタイミングで新規プロジェクトが始まることは多々あります。即戦力の人材を募集する企業が増える傾向にあり、それに伴って求人数も増えるため、ほかの時期より転職の難易度が下がることもあるでしょう。とはいえ、そのときの情勢や業界の状況により変わるため、転職を考えている方はこまめなチェックがおすすめです。

転職活動でありがちな3つの失敗

ここでは、転職活動でありがちな3つの失敗を紹介します。転職活動のやり方を間違えてしまうと納得のいく転職先が見つからない場合もあるので、「転職活動は難しい、うまくいかない」と考えている方は以下のような失敗をしていないか振り返ってみましょう。

1.ネガティブな退職理由をそのまま伝えている

退職理由がネガティブなものであった場合理由を、そのまま伝えてしまうと採用につながりません。「うちにきてもまた辞めてしまうのでは?」という不安を企業に抱かせてしまうため、前職の退職理由はポジティブに変換することが大切です。

2.退職後に転職活動をする

退職後に転職活動を始めると、収入が途切れてしまう焦りから妥協した転職先を選んでしまう可能性があるため注意が必要です。転職活動がうまくいかなければ、職歴に長期の空白期間ができてしまう心配もあります。
また、転職活動をすることで前職の良さに気づくケースもありますが、一度退職した社員の再雇用を歓迎する会社はそう多くはないでしょう。もし難易度の高い転職をしようとするならば、働きながら転職活動をすると生活を守ることができて安心です。

3.会社ごとに選考対策をしていない

会社ごとに合わせた対策をすることは、転職の難易度を左右する大事な要素です。どの会社でも同じ自己PRや志望動機を使い回していては、入社意欲が伝わりません。
同じ業界であっても風土やビジョンは会社ごとに異なり、求める人物像も違います。その会社だからこそ活かせる能力や入社したい理由を述べなければ、採用担当者に響くアピールにはならないでしょう。

転職の失敗例と対策については、「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」のコラムも参考にご覧ください。

転職活動が難しければ転職エージェントの利用も効果的

求人を見つける方法には自分で仕事を探すほか、転職エージェントの利用も効果的です。転職エージェントではアドバイザーとのカウンセリングや選考対策を行っており、自分では難しいと見送っていた求人や非公開求人などの情報も紹介してもらえることがあります。転職活動では分からないことも多く、悩む方もいるでしょう。転職を成功させるには、自身に合った仕事の探し方を見つけることがポイントです。

転職でお悩みの方は若年層向けの就職エージェント、ハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブでは、就職や転職に関する情報を網羅している専門アドバイザーが相談に乗っり、一人ひとりの適性を見極めたうえで適した企業を紹介。もちろん、面接対策や書類添削も丁寧に実施しています。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION