新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接用のシャツは白が基本!襟の形にも気をつけましょう

面接用のシャツは白が基本!襟の形にも気をつけましょう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接に着て行くシャツは白色無地が基本
    ・クレリックシャツやカッタウェイなどは面接の場にふさわしくない
    ・シャツ選びの際は、首周りや肩幅、着丈などのサイズにも気をくばろう
    ・襟や袖口の黄ばみに注意!見落としがちな足元の汚れにも気をつけて

今回のコラムでは、男性のシャツ選びを中心に面接時の服装の注意点をご紹介していきます。
シャツの型にはさまざまなタイプがあり、なかにはビジネスシーンにふさわしくないものがあるのをご存知ですか?
お店に行ってシャツ選びをする前に、面接に着ていく正しい服装を知っておきましょう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

白色無地が基本。襟にボタンがついているシャツはNG

面接に着ていくシャツの色は白が基本。淡い色であれば色つきもOKですが、新卒の就職活動だと浮いてしまう可能性があるので避けたほうが無難です。また、柄のあるシャツは原則としてNG。清潔感のある無地を選ぶようにしましょう。
シャツを選ぶときに気をつけたいのが、襟の形です。襟型にはさまざまなタイプがあり、ものによってはカジュアルな印象となってしまうので注意しましょう。
面接に着ていく襟型は、どんなスーツにも合うオーソドックスな「レギュラーカラー」がおすすめ。体格が良く首周りに太さのある人は、襟の開きが大きい「ワイドカラー」を選んでも良いでしょう。どちらも量販店で手に入れることができるので、違いがよくわからない方はお店の人に聞いて試着してみてはいかがでしょう。

以下の襟型やシャツは面接にはふさわしくないので、購入の前にぜひチェックしてください!

クレリックシャツ

襟と袖部分が白く、それ以外がストライプや無地の色つきとなっているシャツ。洒落っ気のあるデザインなので、面接の場には着て行かないほうが良いでしょう。

ボタンダウンシャツ

襟がボタンで留められているタイプのシャツ。乗馬競技で使われていたシャツをもとにデザインされた歴史があり、スーツに詳しい人にはスポーティーでカジュアルな印象を持たれる可能性があります。ビジネスシーンでの着用には、「別に構わない」「重要なシーンでは駄目」と賛否両論がありますが、面接では避けたほうが無難です。

カッタウェイ

襟の先が大きく開いたスタイル。涼しげに見えるのでクールビズで着用している人も多いシャツですが、きちんとした着こなしが求められる面接の場にはふさわしくありません。

半袖

いくら暑い夏場とはいっても、半袖のシャツはマナー違反なので着用を避けましょう。

サイズ感が大事!シャツの選び方

白色無地の清潔感が大切な面接時のシャツ選びですが、サイズが合っているかどうかもぱっと見の印象を左右します。ここで部位ごとに正しいサイズ選びの方法を解説するので、参考にしてください。

首周り

シャツと肌の間に指1本が入るくらいがちょうど良いサイズです。首もとが緩いとだらしがない見た目になってしまうので気をつけましょう。

肩幅

シャツの肩線と肩幅が合っているかを確かめます。

袖丈

腕を下ろした状態で、袖丈が手首の骨あたりにくるのがベストです。ジャケットを着たとき、袖が1センチほど見えると格好良く決まります。

着丈

ズボンから出したときに、チャックの半分くらいが隠れる着丈が良いとされています。

見落としはない?身だしなみ、こんなところにも気をつけよう

「リクルートスーツを着ていれば間違いないでしょ?」と思う方がいるかもしれませんが、細かなところまで身だしなみをチェックしている面接官は少なくありません。
就活に必要な衣類やアイテムを一通り揃えたら、以下の項目をチェックしてみてください。

ワイシャツ

白いワイシャツは汚れが目立ちやすいので、特に襟や袖口の黄ばみに気をつけましょう。皮脂がつきやすい箇所は専用の洗剤で手洗いすると、長い間新品と変わらない白さを保てます。

自分でも気がつきにくい足元の汚れですが、足元は意外と見られています。
1日歩いたあとは革靴用のブラシでほこりを払い、汚れが目立つ場合はクリームを使って布で磨くと良いでしょう。あらかじめ防水スプレーをかけておくと、汚れが落ちやすくなるので手入れが楽になります。

バッグ

面接に持っていくバッグは、必ずビジネスバックにしましょう。デザインは黒色の無地タイプを選び、A4ファイルが入り自立することがポイントです。


以上、面接でのシャツ選びを中心に身だしなみのポイントを説明してきましたが、いかがだったでしょうか?
ほとんどの企業が面接時の服装で重視するのは「清潔感」です。第三者から見て違和感のある格好になっていないか、ビジネスの場の常識にふさわしくない服装をしていないか、面接前に鏡の前で最終確認を行いましょう。
面接に行くときの服装がわからない、面接対策に不安があるという方はハタラクティブにご登録ください。
就職・転職支援のハタラクティブでは、20代の方を主な利用者として面接対策やカウンセリング、求人提案などのサービスをご提供しています。サービス内容は若年層に特化しているため、「社会人経験がなくて不安」「職歴が浅くて転職できるかわからない」という方の相談も大歓迎。
実際に取材した信頼できる企業の求人のみを扱っているため、1人での仕事探しに不安がある方も安心してご利用いただけます!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ