バイトから始める?29歳のニートが就職する方法を紹介

バイトから始める?29歳のニートが就職する方法を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・ニート経験のある29歳は、20代という括りに入るので正社員として就職することは可能
    ・就職するには若さが武器になり、さらに人手不足の業界や職種を狙うと成功率は上がりやすくなる
    ・いきなり正社員になるのに抵抗がある人は、アルバイトから初めて正社員登用を狙うのもおすすめ
    ・20代なら公的な就職サポートの対象年齢なので、将来のことが不安なら相談してみよう

就職用語として「29歳の壁」があるように、20代最後の年齢に焦りを感じるニートの方は多いと思います。
また、30歳になる前に就職したいと考える方もいるでしょう。
当コラムでは、29歳のニートは就職できるかどうかを解説しています。
仕事を探すコツやアルバイトから始める場合の注意点、就活に悩んだときの解決法などをまとめたので、該当する方は参考にしてください。

◆29歳から就職を目指したい…

29歳のニートの方の多くは、20代のうちに就職したいと考える一方で、29歳で正社員になれるか不安かもしれません。
ニート経験のある29歳は、就職することはできるのでしょうか。

結論から言うと、29歳のニートが正社員として就職することは可能です。
しかし、そのためには早めに行動を起こすことが重要。
早めに就活を始めたほうが良い理由は以下のとおりです

【スキルや経験が重視されない】

年齢が若ければ働いた経験も少ないので、スキルや経験をあまり重視しない企業は多め。
そのため、未経験からでも採用されやすいようです。

【将来性やポテンシャルを評価される】

経験やスキルで評価できないぶん、応募者の持つポテンシャルや将来性が評価の対象になることも。
仕事に対する熱意や自分なりの将来ビジョンが採用につながる…というケースも多いようです。

【教育しやすい】

年齢が若いほうが素直だったり、仕事の経験が少ないので特定の考えに偏っておらず教育しやすかったりするのもポイント。
新しい環境に対応する柔軟性や仕事覚えの速さ、既存社員とのバランスなどを考慮すると、若年層のほうが教育しやすいと言えるでしょう。

【年齢が上がると相応の給与や経験を求められる】

日本企業の多くは、年齢によって給与額が上がる年功序列制度を導入しています。
そのため、年齢の高い社員には業務経験が少なかったとしてもある程度の給与を支払う必要があり、給与と能力が見合わないことも。
さらに、年齢が高ければ相応の経験やスキルを求められるため、一定の年齢を超えると未経験から採用される可能性は低くなると言えます。

上記の理由から、就職するなら若いほうが有利と言われる理由が明確になったと思います。
30代になると未経験からの就職も厳しくなる傾向があるため、正社員を目指すなら20代のうちに行動を起こすのが良いでしょう。

◆需要が高い職種に注目しよう

ニート経験があっても若ければ就職できる可能性は高まります。
加えて需要の高い職種に注目して就活を進めると、採用される可能性は更に高くなることも。
近年人手が足りていないと言われる業界や職種をまとめたので、参考にしてください。

【建設業界】

大工やとび、鉄筋工といった建築関係の仕事は、近年の建設・再開発ラッシュに伴って人手不足と言われています。
未経験から挑戦できて学歴は不問というケースが多く、手に職をつけて将来的には独立することも可能。
また、インフラ関係をメインで取り扱う土木工事の場合は多くの案件が公共工事のため、安定していると言えるでしょう。

【介護・福祉業界】

高齢化に伴って利用者が増えているにも関わらず、就業希望者が少ない介護職は、未経験から始めることができる仕事の1つです。
働きながら資格取得を目指すことができるほか、将来的には国家資格である介護福祉士を取得することも可能。
高齢者の身体介護や生活支援を担当するので、体力に自信のある方におすすめです。

【運送・運輸業界】

インターネット通販の普及の影響で、配送ドライバーも不足していると言われています。
仕事内容は荷物の運輸や配送で、担当によって遠方に荷物を運ぶ長距離ドライバーと、予め決められた内容に従って納品を行うルートドライバー、個人宅や企業に荷物を運ぶ配送ドライバーなどに分類することが可能。
就業するには普通免許もしくは大型免許が必要です。

【IT業界】

多くの業界でIT化を進めていることから、IT業界だけでなくIT関連の職種も人手が足りていないようです。
就業するにあたって特別な資格は必要なく、中には未経験者を積極的に採用する企業もあるので、興味がある人は挑戦してみると良いでしょう。

上記以外に、飲食サービス業なども人手不足と言われています。
目指す職業や業界が特にない場合は、採用されやすい人手不足の業界を狙ってみるのもおすすめです。

◆知識・スキルに不安があるときは

ニートの方の中には、これまでに1度も働いた経験がない…という人もいると思います。
知識やスキルに不安があるときは、資格を取得したり職業訓練を受けたりすると良いでしょう。

目指す職業がはっきりしている場合は、その仕事に関連する資格の取得がおすすめ。
資格のために仕事内容を勉強する必要があるので、大まかな業務の流れや知識を身につけることができます。
さらに、業務未経験でも関連資格を取得していると、採用のチャンスが増えるかもしれません。
目指す仕事が定まっていなければ、簿記やTOEICといった汎用性の高い資格を取得してみても良いでしょう。

より具体的に仕事内容が知りたい、目指す仕事がはっきりしているという場合は、ハローワークが実施している職業訓練を受けるのもおすすめです。
職業訓練とは、就職を希望する人に対して無料もしくは有料で、就職に必要な知識や技術を学ぶ機会を与えている制度のこと。
各都道府県が主体となって実施しており、パソコンスキルや簿記、電気工事、内装施工などさまざまなコースが用意されています。
コースによって異なるものの、おおむね半年~1年かけて通学し、資格を取得したり就業サポートをうけたりすることが可能。
業務に直結する技術や知識を学べるので、自分のスキルに不安がある方は検討してみると良いでしょう。

◆バイトから始める方法も

いきなり就職するのが不安…という方は、アルバイトから始めるという方法もおすすめです。
バイトは正社員に比べて採用されやすく、仕事に対する責任や仕事の量が少ないのが特徴。
未経験者歓迎のバイトも多いので、これまで全く働いた経験がなかったり、前職から期間が大きく空いていたりする人が「働くことに慣れる」ためには最適な働き方と言えるでしょう。

中には、正社員登用制度を導入している企業もあるようです。
正社員登用制度とは、アルバイトや契約社員といった非正規雇用社員が、試験などを経て正社員に移行できる制度のこと。
多くの場合は、勤務状況や業務成績などの評価や試験を課しており、正社員として登用する基準や実施の有無は企業によって異なります。
もし正社員登用制度を活用したいと考えているなら、年間の正社員登用実績や選考方法などを確認しておきましょう。

ここで注意するのは、正社員登用制度は「一定の期間働いたり、相応の能力を持っている人なら自動的に正社員になれる制度」ではないということ。
企業によって異なるものの、大半の企業では正社員採用試験を受ける必要があり、その試験を受けるためには会社が定めた勤務期間や能力、資格などが必要になるようです。
まれに企業側から正社員に誘われるケースもあるようですが、基本的には自発的に行動する必要があるでしょう。

◆29歳ならサポステやジョブカフェを利用できる

29歳の場合、公的な若年者向けの就職サポートを利用することができます。
若年層向けの就職サポート期間にはサポステとジョブカフェがあり、それぞれの概要は以下のとおりです。

【サポステ】

正式名称を「地域若者サポートステーション」と言い、厚生労働省が管轄している就職支援機関。
利用対象は働くことに対して悩みを抱える15歳から39歳までの方で、全国に約170箇所が設置されています。
専門スタッフによるカウンセリングや相談のほか、ビジネスマナーなどの各種講座の開講、協力企業での就業体験、就職情報の提供などを実施。
気軽に利用できる雰囲気や立地が特徴の支援機関です。

【ジョブカフェ】

正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」。
29歳以下の就職希望者を対象に、専任のスタッフがカウンセリングから内定までをサポートしています。
中にはハローワークを併設しているジョブカフェもあり、各地域の特色を活かした就職セミナーや就業体験を行っているのが特徴です。

公共の支援機関だけでなく、就職支援サービスには民間が運営しているところもあります。
民間企業が運営する就職エージェントは、企業によって得意とする業界が違ったり、サービス対象地域が制限されていたりするのが特徴。
公共サービスにはない、非公開求人や各エージェント限定の求人を持っていることもあるようです。
自分に合った特徴を備えるエージェントを見つけることが、就職成功のカギになり得るでしょう。

若年層に特化している就職エージェントといえばハタラクティブ。
これまでに多くの20代やフリーターの方をサポートしてきた実績があります。
ハタラクティブが若年層に強い理由の1つが、取り扱う求人の種類。
多くの求人が未経験者歓迎なので、職歴やスキルが多くない方でも挑戦できます。
さらに、専任のアドバイサーがカウンセリングから就職後まで一貫してサポート。
あなたの特性やスキルから、ぴったりのお仕事を紹介いたします。
就職したいけど方法が分からない、空白期間の説明方法を知りたいという方は、お気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION