新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 中途採用の志望動機…伝え方のポイントを徹底解析!

中途採用の志望動機…伝え方のポイントを徹底解析!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・中途採用は即戦力として社会経験やスキルが求められるので、新卒とは異なる志望動機が必要
    ・企業研究を念入りにした上で、他社ではなく「この企業だからこそ」の志望動機を伝えよう
    ・長所やスキルの裏付けとなる具体的なエピソードを盛り込んで、入社後に貢献できることをアピールしよう
    ・前職の不満や待遇面などの勤務条件ばかりを述べるのは避けたほうが良い

転職活動中、面接や履歴書で問われることが多い「志望動機」。中途採用の場合は社会経験があるため、新卒とは重視される点が異なるでしょう。
こちらのコラムでは、志望動機を考える際の注意点や伝え方のコツを、例文を交えながら解説しています。

◆転職活動での志望動機…伝えるべきポイントは?

志望動機とは、応募先への入社意欲や仕事への熱意を伝えられる、重要な項目と言えるでしょう。企業にとっても、応募者の人柄やスキルなどを知ることができる、重視している内容の1つ。履歴書や面接での「志望動機」は、好印象を残しておきたいポイントです。
しかし、中途採用は不定期で行われるため、応募者へ求めるレベルが「即戦力になる」「社会人としてのスキルや実績がある」など、新卒者の就活よりも異なります。
そのため、企業側が特に「知りたい」と思うポイントを押さえることが重要です。下記に志望動機作成のコツをまとめているので、チェックしましょう。

【なぜ前職を辞めたいと思ったのか】

転職しようと思ったきっかけを振り返ると、志望動機作成がよりスムーズになります。 仕事を辞める理由には、給与や人間関係、業務内容などの不満が多いでしょう。それらが原因であっても、その不満のみを伝えるのはマイナスなイメージがついてしまいます。
前職の経験で得たことや感じたこと、今後どのように成長していきたいのかを整理しましょう。そうすると、「前職で身につけたスキルを活かして、よりお客様を近くに感じられる仕事がしたい思った」など、前向きな転職理由が明確になります。

【同業他社が多い中、なぜその企業や仕事を選んだのか】

応募先の企業に自分をアピールするには、「この会社だからこそ入社したい」という思いを伝えることです。
ただ単に「企業理念に共感した」「商品が魅力的なので」という内容では、「他社でも同じことを言っているのでは」と捉えられることも。
効果的に伝えるには、応募先企業の商品やサービス、社風や事業戦略などあらゆる情報を調べ、企業への理解を深めることです。
その上で、「なぜ共感したのか」「その企業で何を成し遂げたいのか」などをアピールすると良いでしょう。

【入社後はどのように貢献できるか】

企業側は、応募者が「入社後に活躍できる人材か」「求める人物像に合っているか」などを重視しています。
まずは企業が求める人材を理解した上で、自身の長所や持っているスキル、実績などを企業でどのように活かせるかをアピールすることが重要です。しかし、ただ自分のやりたい仕事や長所を述べるだけでは、「どのように活躍してくれるのか」という点は伝わりにくいでしょう。
自分の強みを効果的にアピールするには、根拠となる具体的なエピソードを交えることがポイントです。「○○の経験で得た自分の○○というスキルを活かし、仕事で貢献したいと思います」など実際の経験談を述べると、内容に説得力が増して将来性をアピールできるでしょう。


◆避けたほうが良い内容

仕事を辞めた理由を全て正直に話そうとすると、前職への不満点がいくつか挙がるかもしれません。しかし、以前の職場の不満ばかりを述べると、「愚痴っぽい人」「入社後も文句が多いのでは」とネガティブなイメージを持たれる可能性も。前職での経験を通して、「今後はこのようになっていきたい」というプラスの言葉で伝えると好印象です。
勤務時間や待遇面など、働く上での条件ばかりを述べるのも避けた方が良いでしょう。
また、「顧客第一主義の理念に共感した」「アットホームな社風に惹かれた」など、他の企業にも当てはまる内容だと、「企業研究をしていない」「入社意欲を感じられない」というイメージを持たれてしまいます。前項で解説したように、その企業ならではの魅力をアピールしましょう。


◆志望動機例

中途採用の志望動機作成のポイントをお伝えしましたが、実際に言葉にしてみるのは難しいもの。ここでは、例文を紹介しているので参考にしてみてください。

前職では、広告代理店の営業をしていました。担当する顧客数が多く、さまざまな意見を聞けることにやりがいを感じながらも、それぞれのニーズに十分に対応できないことをもどかしく感じていました。貴社の、お客様一人ひとりとじっくり向き合う営業スタイルに共感しました。前職で培った知識やスキルを活かし、貴社ではお客様との対話をより大切に、仕事をしていきたいと思っています。

中途採用では、自分の強みを効果的にアピールすることが成功への第一歩。
ハタラクティブでは、プロの専任アドバイザーが企業選びや履歴書の添削、面接対策などを行い幅広く転職活動をサポートします。
ぜひお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ