嫌いな人がいるときの対処法!一緒に仕事をしなければいけないときは?

嫌いな人がいるときの対処法!一緒に仕事をしなければいけないときは?の画像

この記事のまとめ

  • 職場に嫌いな人がいる場合は、できる限り関わりを避けるのが賢明
  • どうしても一緒に仕事をしないといけないときは、あからさまな態度は避ける
  • 嫌いな人だからと無視をするのは社会人として好ましくない行為
  • 対処しても嫌いな人がいて業務に支障が出る場合は、転職も検討しよう

職場に嫌いな人がいて、仕事がやりづらいと感じたことのある人も少なくないようです。どうしても嫌いな人と関わらなければならず、モチベーションが上がらないこともあるでしょう。このコラムでは、職場に嫌いな人がいるときの対処法や、一緒に仕事をするときに注意すべきことをまとめています。人間関係は業務パフォーマンスや勤務そのものにも影響を及ぼします。気になることがある人は参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

職場に嫌いな人がいるときの対処法

人間である以上、人との相性や好き嫌いはどうしても出てきてしまうもの。
嫌いな人がいても仕方ないとはいえ、仕事である以上成果に影響を及ぼしたり連絡に不備が起こったりする可能性も考えられるため、業務に支障が出るほど影響があるなら何らかの対処が必要です。下記のほか、「職場で合わない人がいる…人間関係で悩んだ時の対処法」のコラムも参考にしてください。

関わりは最低限にする

仕事だからといって、無理に嫌いな人と接する必要はありません。
それで現状が改善するわけではなく、むしろ精神的な負担が増えてしまい、仕事に支障が出る可能性が高くなってしまいます。
相手や周りが不快に感じるような態度さえ取らなければ、業務に影響が出ることは少ないはず。
無理に相手や周囲に合わせず、相手と自分の居心地の良いベストな距離感を保つことを目指しましょう。

客観的な視点から考える

はじめから「嫌い」「苦手」という否定的なイメージで相手を捉えるのではなく、「この人はこういう特徴がある」のように客観的な視点から相手を見てみると、嫌いという気持ちが和らぐことも。周囲に「あの人はどんな人なのか」「何が好きなのか」など聞いてみてもいいでしょう。自分のなかでのイメージや思い込みを無くすだけで、変化が起きる可能性があります。

嫌いになった原因を突き止める

なぜ、「嫌い」と感じているのか、嫌いになった理由や原因を探りましょう。一度嫌いと思うとほかのことさえ不快に感じてしまったり、周りの人が「嫌い」と言ったことに同調していたりするだけというケースも多々あります。
相手の言動・行動・考え方・外見・身だしなみなど、何が嫌いなのか洗い出すことで、「ほかに良いところがたくさんある」と気づけるかもしれません。

相手を変えるより自分が変わる方が早い

「あの人の△△な部分を直したい」など、相手を自分が求めるように変化させるのは多大な労力や時間がかかるうえ、成功する可能性は非常に低いです。特に相手の性格や癖などは長時間をかけて形成されてきたものなので、他人が助言するくらいでは変化は起きないでしょう。相手を変えるよりも、自分の考えや言動を変えるほうが早いといえます。
未経験OK多数!求人を見てみる

嫌いな人と一緒に仕事をするときの対処法

働いている以上、「嫌いだから」という理由でチームから外れることはできません。嫌いな人と一緒に仕事をすることになった場合は、業務に支障が出ないよう下記に注意しましょう。

第三者に入ってもらう

嫌いな人と二人っきりになることで、苦手意識が高まり業務に支障が出る可能性が高まります。そのため、できれば誰かにチームに入ってもらったり、会議のサポートを頼んだりと第三者が介入して「二人っきり」の状況を作らないようにしましょう。

あからさまな態度は控える

「嫌いだから」「苦手だから」という理由だけで極端に連絡を控えたり、会話を避けたりするのは良くありません。できるだけ接触を避けたいと考えていても、業務に支障が出るほどの態度は控えるべき。どうしても話しづらい場合は、メールを使ったり第三者に頼んだりしましょう。

無視は絶対に避ける

どんなに自分と合わない相手でも、無視をするのは社会人、ひいては人としてやってはいけない行為です。周囲に必要以上に気を使わせるだけでなく、「コミュニケーションが取れない」「相手によって態度を変える」などネガティブな評価を受ける可能性もあります。

周囲と変わらない対応をする

苦手な人や嫌いな人に対しても、ほかの人と変わらない態度や対応を取りましょう。明らかに嫌っているような態度では、相手も同じような態度になり職場やチームの雰囲気を悪くしてしまいます。関わりは最低限にとどめたとしても、挨拶や報連相といった基本は周囲と変わらず行いましょう。

どうしても合わない人が職場にいるときは転職も検討しよう

社会人である以上、好き嫌いで人を判断するべきではありません。学生のように「この人とは気が合わないから一緒に仕事はしない」という選択肢を持てないからです。
とはいえ、苦手な人や嫌いな人が出来てしまう状況は仕方ないもの。紹介した対処法を試してできるだけ業務に支障の出ない関係性を築きましょう。

どうしても合わない場合は、転職を検討するのも一つの方法です。企業は先生ではないため、人間関係のトラブルやそれによって引き起こるストレスまで対処はしてくれません。
人間関係が良くないと業務パフォーマンスに影響が出るため、結果的に評価やボーナスに影響が出る可能性も考えられます。なにより、自分にとって働きやすい環境を見つけることが、心身ともに健康に働くポイントといえるでしょう。
仕事の人間関係でトラブルに…辞めたいときの注意点と割り切るコツ」のコラムでも、人間関係が業務に及ぼす影響や対処法をまとめているので、参考にしてください。

自分に合った社風で働きたければ、転職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブでは、事前調査を行った信頼できる求人の紹介を行っています。スタッフが企業を訪問しているため、社風や働いている人の傾向なども分かるのが強み。
仕事内容はもちろん、社風や働く人の雰囲気まで把握したうえで転職先を見つけられるのは大きなメリットといえるでしょう。人間関係を理由に転職を検討しているなら、ぜひハタラクティブをご利用ください。

この記事に関連するタグ