仕事を教えてくれないのは理由がある?放置が当たり前の環境を脱する方法

仕事を教えてくれないのは理由がある?放置が当たり前の環境を脱する方法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を教えてくれないのは、人手不足や不十分な教育体制などが考えられる
  • 仕事を教えてくれないときは積極的な行動、質問内容を整理してからの問い合わせが良い
  • 仕事を教えてくれない職場は将来のデメリットが考えられるため転職も検討しよう

せっかく就職できたのに、配属先が仕事を教えてくれない職場で、毎日悩んでいませんか?仕事を教えてくれないのは職場や業務の状況、個人の考え方によるところが大きいといえるでしょう。仕事を教わらないままだと、成果が挙げられないという弊害が出ることも。このコラムでは、仕事を気兼ねなく教えてもらえるようになるための対処法を紹介しているので、ぜひお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を教えてくれない5つの理由

仕事を教えてくれない主な理由には、以下の5つが挙げられます。

1.教わる姿勢が整っていないと感じている

仕事における教育は、教える側の意識だけでなく、教わる側の姿勢も関わってきます。たとえば、メモを持ってきていない、以前教えたことを覚えていない、同じ質問を繰り返す、反応が薄く聞いているか分からないといった状況を見て、「教育は無意味」と感じ教えてくれない人もいるでしょう。

2.仕事を教える自信がない

人は得手不得手があるため、仕事自体はできても教育に関して苦手意識を感じ、教えてくれない場合もあるでしょう。積極的に教えてくれることはなくても、質問や相談をすれば答えてくれるという人もいますので、自分から教わりにいってみると良いでしょう。

3.人手が足りておらず手が回らない

新人教育をしたほうが後々の仕事が楽になると分かっていても、現在受け持っている業務が忙しく教育の時間を捻出できない場合もあります。こうした教育意欲はあるのに時間が取れない職場では、マニュアルは渡されるものの長時間放置され、なかなか実務を教えてもらえないこともあるようです。

4.社員教育の体制が整っていない

教育体制が整っていない職場では、仕事を教えるのに手間取ることもあるようです。「自分が教わらなかったために他人への教育の仕方が分からない」ということもあれば、「教育担当者のみに任せておりなかなか教育が進まない」といったケースも。ほかにも、教育担当者がいないような職場では、誰が何を教えたのか分からず、教育が進まないこともあるようです。

5.仕事は自分で見て学び取るべきと思っている

「仕事は見て覚えるもの」という考えが根付いている人は、教えてくれないことも多いようです。また、「仕事を教わるのは甘え」「仕事は苦労するのが当たり前」という意識もあり、簡単に教えてしまうことに抵抗を覚える人もいるでしょう。あるいは、「自分もそうして学んできた」「責任感を養って欲しい」という思いから、仕事を教えてくれない場合もあるのです。
ほかにも、「職場で嫌がらせを受けたときの対応は?具体的な対処法をご紹介」で紹介しているように、わざと仕事を与えないようにしていることも考えられます。こうした職場では、早めに上司に相談するか転職を検討したほうが良いでしょう。

仕事を教えてもらえないことによる3つの弊害

仕事を教えてもらえないことで、以下のような弊害が生じると考えられます。

1.仕事で達成感を得にくい

仕事を教えてもらえないと、自分のやり方が正しいかどうかの判断がつかず、達成感を得にくいでしょう。マニュアルを読んでできるような業務の場合でも、最終チェックをしてもらうことで、やり方が合っているかを確認できるので、それが達成感へとつながります。達成感を得られないままでは、業務に対する熱意や成長意欲が上がりにくく、達成できるはずの目標にも届かなくなってしまうこともあるでしょう。「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」では、目標を立てる意味とポイントを解説しています。目標の達成度合いによってモチベーションは変わるので、達成感は仕事において重要であるといえるでしょう。

2.時間の無駄遣いになる

仕事を教えてもらえない場合、「何もしない時間が発生する」「やり方を試行錯誤しなければならない」など、無駄な時間を過ごすことになります。会社側は人件費が嵩み、労働者側はスキルアップや経験を積むことも期待できないと感じる、といった弊害が生じるでしょう。

3.ストレスを感じる

仕事を教えてもらえないまま日々を過ごすと、何をすれば良いのか分からず、ストレスが溜まってしまうでしょう。マニュアルをもらっていたとしても連日読み込んでいれば、ある程度は覚えてしまうもの。仕事に行っても何もしない時間が増えたり、業務に貢献している実感を得られなかったりすることで、ストレスを感じてしまいます。

仕事を教えてくれないときの5つの対処法

仕事を教えてもらえないときは、こちらから以下のような方法で対応してみると良いでしょう。

1.分からないところは積極的に聞きに行く

先述したように、教わる側の姿勢によって、指導者は教育に対する意欲が変わることがあります。同じことを繰り返し聞くのは避けるべきですが、分からないことがあれば積極的に聞きに行き、仕事を身につけたいという意欲があることを証明すると良いでしょう。

2.分からないことを整理してまとめて質問する

仕事が忙しくて教育に手が回らないような職場では、その都度質問をしに行くよりも、まとめて分からない点を問い合わせるほうが良い場合もあります。メモをして聞きたいことを整理しておけば、より効率的に時間を使って教わることができるでしょう。
なお、「メモ魔になって仕事の効率UP?メモを取る際のポイント」で解説しているように、疑問点がなくてもメモを取ることを習慣づけておくことをおすすめします。

3.どのようなアドバイスでも感謝をする

ときには仕事を教えてもらえても、「分かりにくい」「ほかの人に聞いた内容と違う」などでモヤモヤを抱えてしまうこともあるでしょう。しかし、自分の時間を費やして仕事を教えてくれたことに変わりはありません。教わったあとは、必ず感謝の気持ちを伝えることで、相手との関係性を良好に保ちやすくなり、以降も相談に乗ってもらいやすくなるでしょう。

4.仕事時間外で話す時間を作る

業務外の時間での会話を通し、信頼関係を作っていくのも有効です。ラフな状態で会話することで、今の仕事の状態や悩んでいること、考えていることなどをお互いが把握できます。特に、教育することに苦手意識があるような方や、仕事を教わるのは甘えと考えているような方は、コミュニケーションを通して信頼関係を構築することで、「気持ちを楽にして教えられる」「育てていきたい」といった気持ちが芽生える場合もあるでしょう。

5.仕事を教えてくれない理由を直接聞いてみる

仕事を教えてくれない理由は、職場や教育担当者によるところが大きく、「仕事を教えてくれない5つの理由」で紹介した内容に該当しない場合も考えられます。実際の状況が把握できれば、具体的に対処をしやすくなるため、問い合わせてみるのも良いでしょう。

仕事を教えてもらうための5つのコツ

お互いが気持ち良い関係を築き、仕事を教えてもらうためには、以下の要点をおさえておくことが大切です。

1.要件を明確にする

仕事を教えてもらうときは、「○をするため、○○の業務の○○○の部分で質問があるのですが」と、何について聞きたいのか要件を明確にしたうえで話しかけましょう。要件が具体的だと、教育する側は「簡単な仕事だからすぐに教えられる」「その業務よりも優先してほしいものがある」と、状況に応じて教育内容・スケジュールを調整することができ、教えやすくなります。

2.質問の要点を絞る

仕事で質問をするときは、要点を絞って端的に聞くことが大切です。「何が理解できないのか自分でもよく分からない」といった要点を得ない質問は、回答しにくく混乱や間違いを招くこともあります。また、教えてもらったあとにさらに疑問が生じて、何度も質問を重ねてしてしまうことも。そうした事態を避けるためにも、まずは自分のなかで疑問点をまとめてから問い合わせましょう。
要点のまとめ方は「仕事がわからないときの原因や対処法を紹介!周囲への質問の仕方も覚えよう」でも紹介しているので、お役立てください。

3.相手の時間を意識する

自分に仕事を教えてくれる相手も、業務を進めながら対応しているので、時間を意識することが大切です。話し掛けるタイミングによっては、すぐに対応できないこともあるでしょう。問い合わせる際は、「いつ頃でしたらお時間空いていますでしょうか」「○時から着手したいため、○○時までに教えていただけると助かりますが、いつ頃でしたらご都合が良いでしょうか」など、相手のスケジュールを確認することが大切です。

4.ほかの人に聞いてみる

教育担当者からの指導が期待できないときは、ほかの人に質問してみるのも良いでしょう。教育担当者から指導を受けるのが無難ではありますが、優先すべきなのは仕事で求められている成果をあげることです。周囲の人の状況を観察し、臨機応変に質問をしましょう。

5.やることがあるように見せかけない

仕事を教えてもらえないと暇な時間ができてしまいます。このようなとき、暇であることを周囲に悟らせないため、業務をしているように見せかけてしまう人もいるようです。しかし、教育担当者をはじめ、周囲の人が「新入社員も業務をしている」と判断してしまうと、一向に業務を教わる機会は訪れません。仕事がないときは、その旨を伝える、教えを請うなど自分からアピールしていきましょう。

仕事を教えてもらえないなら転職するべき4つの理由

前述した対処法を試しても仕事を教えてくれないときは、退職・転職を検討してみるのも良いでしょう。

1.職場への不満が大きくなっていくから

仕事であるか否かを問わず、「最初の頃に覚えた違和感」や「蓄積された不満」は後になっても払拭しにくいものといえるでしょう。状況次第では、入社時だけでなく継続して職場への不満が募ってしまう恐れがあります。

2.仕事ができないと自分の責任にされるから

「成果を出せないのはすべて個人の責任」と判断する会社もあります。求められている成果を出せないのは、入社後に仕事を教えてもらえなかったのも一つの要因です。ところが、会社から見ると、仕事を教わらなかったことも含め「成果を出せていない=自己責任」とみなされることもあるでしょう。

3.自分が教育係になったときの状況が想像できるから

仕事を教えてくれない職場にいると、自分が教育担当者になったときに、十分な指導をできないことが考えられます。教育担当者としての責務を全うできないうえ、自分が入社当時に教育を受けられなかった不安を、新入社員にも与えかねないといった悩みが生じる恐れがあるでしょう。

4.企業の将来性に不安があるから

仕事を新入社員に教えない状態が慢性化している企業は、教育体制を整えられない、人員不足が解決されない、人間関係に問題があるといった課題を、将来的にも解決できないことも考えられます。これらが解決されなければ、人材は育たず離職率は高くなっていき、生産性が下がっていくリスクもあるでしょう。企業・事業としての成長も見込めない可能性もあります。

5.転職のチャンスを逃すかもしれないから

転職は年齢が若いほうがポテンシャル採用が見込め、選考で有利になりやすいといわれています。もちろん一定以上の経験を求める企業・職種では、年齢が高い人材の採用も積極的に行われているようですが、それでも少しでも年齢が低いうちに活動したほうが有利といえるでしょう。
仕事を教えてもらえないまま、暇を持て余してただ日々を過ごしていればスキルを磨けず経験も積めません。早いうちに決断して転職し、少しでも多くの経験を積んだほうが無難といえます。
年齢がどう就活に影響するか気になる方は「20代でも転職できる?採用のポイントと若さのメリット」もご一読ください。

仕事を教えてくれる職場を見つける方法

仕事を教えてくれない企業・職場に見切りをつけ、転職活動をするのであれば、就職エージェントを利用するのがおすすめです。就職エージェントは求人票だけでは分かりにくい、具体的な教育体制の情報を持っている可能性があるからです。実務に関する教育は、現場で教育担当者が行うのか?現場に配属される前に研修施設である程度覚えられるようにしているのか?周囲のメンバーはどうフォローしてくれるのか?など、気になる情報を得られる可能性は高いでしょう。

就職・転職サービスのハタラクティブは、優良企業の求人を取り扱っているほか、このような社内体制も企業の採用担当者から直接情報を得ているため、安心感のある転職活動が実現します。これまで仕事を教えてくれない職場で悩んでいた方は、ぜひご活用ください。

仕事を教えてくれない状況に関するFAQ

ここでは、仕事を教えてくれない状況に関するよくある質問に対して回答していきます。

自分だけ仕事を教えてもらえていない気がします

教育担当者から見ると「教えなくても大丈夫」と判断されていることがあるようです。現状を教育担当者に伝え、それでも解決しないときは上司に相談しましょう。なお、「仕事ができる人にはこんな特徴が!効率的な仕事術とは」で解説しているように、レスポンスが早くコミュニケーション力が高いと、仕事ができると判断されやすいようです。

中途採用は仕事を教えてもらえないのは当たり前ですか

当たり前ではありません。ただし、中途採用は社会人経験があることから、「この程度ならできるだろう」と判断され、教えてもらえない場合もあります。「仕事を教えてもらえない」と悩むだけでなく、自分からやることはあるか、進め方は問題ないかなどを確認していきましょう。中途採用については「キャリア採用とは?中途採用との違いを詳しく解説」もご一読いただくと、より理解が深まります。

仕事を教えてくれないから退職したいのは甘えですか

一概に甘えとはいえません。職場の教育体制や人間関係に問題がある可能性も考えられます。自分でどう頑張っても改善されないことは十分ありますので、そのようなときは転職を検討しましょう。「仕事を辞めたい方必読!状況の改善方法」では退職を考えたときの注意点をまとめていますので、参考にしてください。

仕事を教えてもらえず放置されたらどうすべきですか

自分から仕事を教えてもらえないか声をかけたり、なぜ教育されないのか聞いてみたりしましょう。忙しさが理由なら、今後の大まかなスケジュールを教えてもらえたり、マニュアルや資料などを渡されたりしてもらえるはずです。転職活動の進め方に悩んでいる方は、ハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ