職場にいる嫌いな人…どのように対応すれば良い?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職場にいる嫌いな人…どのように対応すれば良い?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・職場で嫌われやすい人には、悪口を言う、意欲や責任感が欠如しているといった傾向がある
    ・嫌いな人との関係を見直すには、相手を客観視し、嫌な態度を取る原因を分析することが大切
    ・仕事本来の目的に集中したり、波長の合う人との関係に焦点を当てたりすることで、嫌悪感から意識をそらすようにする
    ・どうしても苦手意識を払拭できない相手とは、可能な限り接点を少なくするのも手

職場に嫌いな人がいると、どうしても嫌悪感に意識が向きがちになってしまいます。人間関係に悩まされずに仕事をしていくためには、どうすれば良いのでしょうか。本記事では、嫌われやすい人の傾向や関係の見直し方、上手なお付き合い方法などについて解説します。

◆職場で嫌われやすい人の傾向

嫌いな人との関わり方を考える前に、どのような人が職場で嫌われてしまうのかということを確認しておきましょう。

【悪口を言う】

悪口を聞かされると、多くの人は自分も陰では同じように言われているのではないか…と不信を感じます。他者の評価を下げることを口にする人とは、わざわざ仲良くしたいとは思えないもの。悪口に限らず、嫌味を含んだ物言いをする人も同様です。

【意欲が見られない】

無理をして休日出勤や残業をする必要はないものの、やる気のない態度は他の人達に不快感を抱かせることに繋がります。仕事をする場所である職場において、意欲の欠如した人が尊敬される存在になるとは考え難いでしょう。

【責任感が欠如している】

ミスに対して言い訳をする、正当化する、また自分のミスを人のせいにするなど、責任感がないのも嫌われる要因になると考えられます。責任感が欠如した人には大事な仕事も任せにくくなりますし、ミスや責任を押し付けられた人は不愉快な気持ちになるでしょう。

【感情のコントロールができない】

ストレス発散の目的で人に怒りをぶつける、常に不機嫌でイライラした態度を取るなど、感情のコントロールが難しい人も中にはいます。自分の好き嫌いで人に対する態度がコロコロ変わるのも、感情コントロールの問題に含まれると言えそうです。


◆嫌いな人との関係を見直そう

続いて、嫌いな人との関係を見直していきます。

【相手を客観視する】

嫌いだという感情に任せていては、相手との関係性を変えることは難しいでしょう。大切なのは、一度自分の感情を脇に置いて、嫌いな人のことを客観的に見つめ直してみることです。
相手の言葉や態度を改めて観察してみると、実はその人のちょっとした言い方やクセなどが気になるのであり、苦手意識を持つほどのことではかったと気が付くかもしれません。他の人達から聞いた話をもとに、自分が勝手に悪い感情を抱いていたというケースもあり得ます。

【原因を分析する】

嫌いな人が本当に嫌な言動・行動を取っているのだとすれば、なぜ相手はそのような態度を示すのでしょうか?相手が嫌なことを言ったり、したりする原因を冷静に分析してみましょう。元はと言えば、あなたの過去の言動や行動に問題があった可能性もあります。
もし思い当たる点があれば、今後はそれをしないよう注意します。自分自身の行いを改善することにより、相手のあなたに対する態度に変化が見られる場合もあるでしょう。


◆嫌いな人との上手な付き合い方

最後に、嫌いな人との上手な付き合い方についてです。

【仕事の目的に目を向ける】

嫌いな人がいると、どうしても嫌悪感に意識が向いてしまいがち。とはいえ、職場は親しい友人を作る所ではなく、業務を遂行するための場所です。嫌な感情が出てしまう時こそ本来の目的に立ち返り、仕事上の目標達成に焦点を当てるようにします。
仕事に集中して取り組むことでスキルや能率の向上が図れますし、成績・結果を残すことに繋がる場合もあります。嫌いな人よりも優秀な仕事ぶりを発揮できれば、気持ちの面で相手より優位に立てる可能性も考えられるでしょう。

【波長の合う人との関係を重視する】

嫌いな人ではなく、波長の合う人に意識を向けるのもの良い方法です。そのような人には普段から積極的に声かけをし、打ち解けた関係性を築いておくようにします。その上で誠実に仕事を続けることで、自然とあなたの味方になってくれる人達が増えていくでしょう。
自分の持っている知識やアイディアを周囲と共有するのも効果的です。仕事に役立つことを惜しみなく与えることを心がければ、あなたへの信頼度はさらに高まります。たとえ嫌いな人と対立しても、味方が多ければ困難な状況も乗り越えやすくなるでしょう。


【可能な限り関わらないようにする】

苦手意識を払拭できない相手については、その人との接点を可能な限り少なくするのも手。あいさつや報告など必要最低限のコミュニケーションは取るようにして、それ以上は無理に仲良くなろうと努力しなくても良いということです。
嫌いな人が原因で退職を考えている方は、まずは部署の異動を試みてはいかがでしょうか。転職には手間がかかりますし、新しい職場が自分の理想通りとは限らないからです。異動交渉を行う際は嫌いな人について言及することは避け、スキルアップのためなどのポジティブな動機を話すと良いでしょう。

以上を踏まえて、「それでもなお嫌いな人への違和感が拭えない」「今の職場で仕事を続けるメリットが感じられない」と感じるのであれば、転職も選択肢の一つとなります。
ハタラクティブでは、若年層向けの就職支援を実施。未経験の方であっても、プロの就活アドバイザーがカウンセリングや面接対策などを通じて親身にサポートします。就職・転職をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ