1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 人のせいにする人の心理とその対処法

人のせいにする人の心理とその対処法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・人のせいにする人は「自分に自信がない」「評価されたい」「怒られたくない」など、プライドが高く間違いを認められないタイプに多い
    ・人のせいにすることには、「本人が成長しない」「信用をなくす」「周囲がギスギスして仕事がうまく進まなくなる」などのデメリットがあり、本人だけではなく、周囲にも迷惑をかけることになる
    ・対処法は「深く関わらない」「情報を打ち明けない」「割り切って接する」「巻き込まれた際は客観的な証拠を示す」など

「この失敗はあの人がやりました」「上司に言われた通りにやっただけです」。
そんな言い訳をする人は、どうしてすぐに人のせいにしてしまうのでしょうか。
このコラムでは「人のせいにする人の心理」を解説し、その対処法をご紹介します。

◆職場における「人のせいにする人の心理」とは

ミスを人のせいにするというのは職場でよく見かける光景かもしれません。
プライベートでは多少失敗しても謝れば済むことがほとんどですが、仕事では自分の評価が下がる=待遇が下がることにつながりやすいため、保身から人のせいにするという手段を選ぶ人が発生しやすいという現状があります。
特に、下記のようなタイプの人は人のせいにしやすい傾向にあるようです。

◇自分に自信がない

自分の発言や考えに自信がない人は、悪気なく人のせいにしてしまうことがあるようです。
「私は違うと思ったけど、上司がそう言っていたから従った」「みんながしていたので間違っていないと思った」というような考え方や言い訳も、人のせいにしていることに含まれます。

◇人に評価されたい

他人に評価されたいという承認欲求が強い人は、失敗することで評価が下がると思うことから人のせいにすることがあるようです。
ときには、「自分は聞いていなかった」「そのミスは別の人がやった」など、嘘をついてまで人のせいにすることも。

◇謝りたくない、怒られたくない

間違いやミスを認めて謝ることで、自身の立場が悪くなると思っている人もいるようです。また、間違いを認めることで怒られたくないという気持ちから人のせいにすることも。どちらも傷つきやすい人やプライドの高い人に多く見られる傾向です。

どのタイプにも共通しているのが、「完璧でいたい」「否定されたくない」「自分の間違いを認めたくない」というプライドの高さ。
自分の立場を優位にしたい、不利な思いはしたくないという自己中心的な気持ちから失敗を人のせいにしてしまうようです。
また、「会社や上司にやらされている」「上司や部下が変わればうまくいくのに」という、根本的な考えが受動的で環境のせいにしやすい人は、「人のせいにする」という行動を無意識にしていることもあります。

◆「人のせいにする」ことの問題点

仕事でミスが発生した時、会議で発言を求められた時、上司に自分の優位性を示して評価されたい時など、自分の立場を保つ、優位にする手段として人のせいにする人は少なくありません。
しかし、人のせいにするという行為は周囲に迷惑をかけるだけではなく、様々な問題をはらんでいます。
例えば、下記のようなものです。

・受動的で反省がないため成長しない
・信用をなくし、円滑な人間関係が築けない
・仕事でサポートを受けられない
・周囲がギスギスして仕事がうまく進まなくなる

嘘をついたりごまかしたりして一時的な利益を得ても、仕事を続けていればいずれ矛盾がおきてしまうもの。短期的には得をしたように見えても、その後失った信頼を取り戻すことは難しいのです。
自分が当事者でなくても、職場や関係者に人のせいにする人たちがいる場合、巻き込まれて問題を抱えてしまうこともあります。
そんなときには、次項のような対処法を身に着けて対応しましょう。

◆他人のせいにする人への対処法

すぐに人のせいにする人が身近にいる場合、被害を受けないように対処法を身に着けておくことが重要です。
例えば、下記のような方法で対処することができるでしょう。

◇深く関わりすぎない

すぐに人のせいにする人とは、距離感を保つことが大切です。近づきすぎることで自分のせいにされたり、嘘に巻き込まれたりすることも。適度な距離感で付き合うようにしましょう。

◇自身についての情報を打ち明けない

人のせいにしやすいタイプの人間は他人の秘密をすぐに話してしまうことも。ちょっとした愚痴を「あの人は上司の不満ばかり言っている」などと大げさに広められてしまいトラブルになるというケースもあるようです。
特に愚痴や悩みなど、他の人に知られたくない情報は話さないようにしましょう。

◇「物事を短絡的にしか捉えられない人」と割り切る

嘘をついて人のせいにしたところで、長期的に考えると信頼をなくすことになるのは少し考えればわかること。
それを続けているような人は短絡的な人間なのだと割り切ってしまうのも考え方の一つです。反面教師として、自分はそうならないようにすることが重要です。

◇失敗やミスを押し付けてくる場合は、客観的な証拠を示す

失敗を押し付けられると、押し付けられた側が信頼を失い損失が大きくなってしまう場合も。そんなときにはムキになって「相手の失敗だ」と言うよりも、自分ではないということを客観的に示すことが大切です。
そんな相手が身近にいる場合は、証拠となるよう自分の行動をメモしておくのがオススメ。
「その時間は別の業務に携わっていた」「確認されたときにこう答えた」など、冷静に否定することで周囲の誤解が解ける可能性が高くなります。

人のせいにする人はどこにでもいる可能性がありますが、「自分はそうならない」と思うことと、きちんと距離を置いて接することが大切です。
もしも嘘の内容に巻き込まれたときには、冷静に訂正し、周囲の誤解をときましょう。

◆人間関係に疲れたら転職という選択肢も

すぐに嘘をつく人や人のせいにする人を変えることは難しいもの。もしも被害を受けていて改善されない場合は、環境を変えるために動いてみるというのも選択肢の一つです。
転職しようかと悩んだときには、転職エージェントを活用するのがおすすめ。
経験豊富なプロの転職アドバイザーが、あなたの転職を丁寧にサポートします。

中でも20代の方におすすめなのが、就職・転職支援サービスのハタラクティブ。
若年層に特化した就職・転職エージェントで、経歴やスキルに自信がないという方、未経験の分野に挑戦したいという方にもぴったりのサービスを提供しています。
転職を考え始めたけどひとりでは不安…という方は、まずはお気軽にご相談ください!


関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる