仕事に疲れたら…ストレスへの対処法を実践してみよう!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に疲れたら…ストレスへの対処法を実践してみよう!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事に疲れたときは、肉体的、精神的にストレスを解消するのが一番
    ・自分に合ったストレス解消法を試して仕事の疲れを吹き飛ばそう
    ・疲れやすい原因は、仕事によるものと、自分の性格によるものがある
    ・転職も立派な人生の転機!
    ・仕事に疲れ果ててしまったときこそ、転職を考えてみるのも解決策の一つ

「職場の人との関係に疲れた」「自分に仕事が合わなくて毎日つらい」「残業が多くて体がしんどい」など、仕事に疲れを感じている人も多いことでしょう。
今回の記事では、仕事に疲れたときに効く対処法や、疲れやすい人の特徴を中心にご紹介します。
この機会に、リフレッシュ方法を手に入れて気分転換を図りませんか?

◆仕事に疲れたときの対処法

仕事に疲れたとき、あなたはどんな対処法を試していますか?
肉体的な疲れと、精神的な疲れは人によってさまざまです。
下記では、肉体的、精神的なものも含めた、仕事の疲れを取る方法をご紹介します。

(1)おいしいものや大好物のものを食べる!

甘いもの、おいしいと感じるものを食べるのは、ストレス解消になり、その効果も期待できるとされています。
また、おいしいものを食べることで、自然と笑みが出てきて、知らず知らずの間にストレスが減少していることも。

(2)しっかり休息を取る

肉体的な疲れは、しっかりと体を休めることが最も重要です。
たくさん食べて、よく寝るといった休息日もたまには必要かもしれません。
ぐっすり眠るだけでも、目覚めの気分は気持ちのいいものです。

(3)誰かに話を聞いてもらう

ストレスを抱えたままでは精神的に負担を抱えた状態になってしまいます。ストレスが徐々に積み重なってしまうと、どんどん蓄積されて大きな悩みを抱えることにもなりかねません。
ストレスが大きくなる前に、誰かに悩みを打ち明けて、解消しておくのも一つの方法です。
モヤモヤしたときに愚痴を聞いてくれる相手がいる場合は、ストレスが小さな内に話を聞いてもらって、気分をすっきりリフレッシュするのもよいでしょう。

(4)仕事の合間にこまめに休む

人間が集中できる時間が限られている、という話を聞いたことはありますか?
人間の集中力はもって90分ほど。一般的な平均時間は50分ほどだと言われています。
成長過程によって差はあるものの、小学校高学年あたりから集中力の持続時間は徐々に伸びてくるとされているようです。
持続時間の中にも15分間隔の波があり、3回を過ぎたあたりから徐々に弱くなる傾向に。とすると、30分、45分といった15分間隔でタイミングよく休憩を取ることで、業務の効率化を図ることができるかもしれません。

(5)とにかく「笑う」こと!

笑いは健康をもたらす…という健康法が注目を集めた時期もありました。
笑いがもたらすものは、NK細胞の活性化による免疫力の強化だと言われています。
人間には50億個ものNK細胞があり、その細胞が体内で活発に働くことで健康な体を保つことができる…とのこと。
なぜ笑うことによって細胞が元気になるのでしょうか。

それは、笑うことで生産される情報伝達物質の神経ペプチドが関係しています。これは、免疫のコントロール機能をもった間、脳に笑いの興奮が伝わることで起こる現象です。
笑うと生産される善玉の神経ペプチドは、体中を駆け巡り、弱った部分を撃退して免疫力を高めています。
ストレスが溜まったときには、笑いのある生活を取り入れてみてはいかがでしょうか。


上記に挙げた方法以外に、趣味を活かしたリフレッシュ法もあります。
たとえば、泣ける映画を見たり、好きな作家さんの本を読みふけったり、ヒーリング系の音楽を聞いたり、休日にアウトドアに出掛けてオンオフを切り替えたり…。
仕事のことばかり考えすぎてしまって、身も心も仕事一色になってしまってはなかなか疲れも取れないものです。
そんなときは、好きなことに没頭する時間を作ることも大切。仕事のことは忘れて、思いっきり楽しむ時間も、ときには必要です。

「もう限界!」という窮地に自分自身を追い込んでしまう前に、自分に合った対処法をトライしてみてください。


◆疲れやすい人の特徴とは

疲れやすさを感じやすい人の特徴を下記に挙げてみましょう。

・完璧主義な人
・周りに気を使う人
・真面目で責任感の強い人
・必要以上に考えすぎてしまう人
・仕事にやりがいを感じていない人
・コミュニケーションを取るのが苦手な人
・入社したばかりで業務に慣れていない人
・プライベートで悩みを抱えている人
など

人によって「疲れた」と感じる原因はさまざまです。
仕事に対して疲れを感じているのか、自分の性格が引き起こすストレスで疲れを感じているのか…。疲れやすいと感じる要因を見つけ出すことからはじめることで、原因への対処法にいち早く出会える可能性が高いでしょう。


◆仕事がつらいと感じたら…転職の転機かも?

日々つらさを感じながら仕事をするのは大きな心労を抱えることになるでしょう。
そのままストレスを溜め込み続けてしまうと、心身共に立ち直れない事態にもなりかねません。
そうなる前に、まず行動することが大切です。
すぐに仕事を辞めるわけにはいかない人は、とりあえず自分に合ったストレス解消法を実践してみてください。気分を変えるだけでも、仕事に対する気持ちに変化が現れることもあります。

もし、仕事に疲れた自分とはおさらばしたい!と強い気持ちを抱いている人は、前向きに転職を考えてみるのも解決策の一つです。
とはいっても、また新しい職場で同じようなストレスを抱えたくない気持ちも強いはず。
そこで大切なのは、転職前の情報収集です。
企業研究をしっかり行うことで、入社後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。
一人で突き進むのではなく、就職エージェントのサービスを利用するのもオススメの転職方法です。

当ハタラクティブでは、就活アドバイザーがプロの目線とこれまでの経験から、一人ひとりに合った企業紹介を行っています。
プロのアドバイザーによる転職のアドバイスや面接対策、悩み相談など、さまざまなサービスを提供中です。
勇気ある一歩を踏み出し、自分の力で適職に出会える可能性を高めませんか?




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ