放置は危険!「仕事に疲れた…」その原因と改善策

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 放置は危険!「仕事に疲れた…」その原因と改善策

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事に疲れてしまう原因には、真面目さや責任感の強さなど性格によるものや、人間関係、仕事や会社への不満からくるものなどがある
    ・疲れをとるためには、リフレッシュできる趣味を持つ、きちんと睡眠をとる、自分にご褒美を与えるなど、ストレス発散をすることが大切
    ・一時的な疲れの場合や、改善策を試していない場合は、すぐに仕事を辞めるのは早計
    ・改善を試みて、それでも限界を感じている場合も、計画的に転職活動をしよう
    ・仕事の疲れやストレスで限界を感じている場合、1年以上働いた上で「向いていない」と感じる場合は、転職を考えてもいい

「仕事に疲れた…」そう思う原因は人それぞれ。休めばすぐにとれる疲れならば問題ありませんが、疲れが溜まってしまうとネガティブな思考ばかりになり、心身ともに影響が出てしまいます。
まずは疲れの原因を知り、改善策を探っていきましょう。

◆仕事に疲れてしまう理由

「疲れ」と一言でいっても、体力的な疲れや精神的な疲れ、休めばとれる疲れもあれば、少し休んだくらいではとれない疲れもあります。
特に仕事上の疲れは、仕事内容によるものから人間関係まで、さまざまな原因で起こるため、まずは何が原因で疲れているのかを知ることが大切です。

【性格によるストレス】

真面目で責任感の強い人は、頼まれた仕事を断ることができず、自分がやらなければと背負い込んでしまう傾向があり、残業や休日出勤、仕事を家に持ち帰るなど、限界まで頑張ってしまいます。
また、完璧主義の人は、与えられた仕事を自分ひとりで抱え込んでしまったり、適当に息抜きや楽ができなかったりして疲れてしまうようです。

しかし、あまりにも頑張りすぎてしまうと、自分で自分を追い詰めてしまうことにもなりかねません。
ほかの人が適当なところで仕事を切り上げていたり、プライベートを楽しんだりする姿を見て、「自分だけ頑張っている」とストレスを溜め込んでしまうのではないでしょうか。

【人間関係】

職場の人間関係は、転職理由の上位に上がるほど多くの人が悩んでいるようです。
上司や同僚と仲良くなれないという悩みであれば、友達ではなく仕事仲間だと割り切れるかもしれませんが、パワハラや嫌がらせをされ、仕事をする上での信頼関係が築けないというのであれば、大きな問題です。
毎日顔を合わせるからこそ、ストレスで疲れてしまうでしょう。

【仕事・会社への不満】

・仕事への不満

仕事がつまらない、退屈、やりがいがないなど、働いている時間を長く感じてしまうような職場ではストレスも溜まりやすいでしょう。
また、人と接する仕事、特にクレーム対応の仕事などは、精神的につらくなることが多いようです。
経験を積み、対応スキルを上げることで上手くクレームを処理できるようになる人もいますが、ときには怒鳴られることもあり、職場へ行くことすら怖くなるという人も。
そのほか、仕事の業務量が多すぎるのも疲れの原因となります。残業やハードな仕事が続くことで慢性的な疲れが溜まってしまうと、ネガティブな思考になりやすく、更にストレスが溜まりやすくなるので、早めに対処したほうがいいでしょう。

・会社への不満

自分の仕事をきちんと評価されていないと感じるとき、給料アップやスキルアップを期待できないときなど、自分や会社の未来に不安を感じると仕事をしていてもつらくなる一方でしょう。
仕事が大変でも、相応の評価や、自分、会社の成長が感じられる環境で働けていれば、精神的につらくなるほどの疲れは感じないのかもしれません。



◆疲れたときのストレス発散法

仕事での疲れを癒やすためには、リフレッシュできる趣味を持ちましょう。
例えば、好きな音楽を聴いたり、コンサートに行ったり。休日に好きな映画を借りてきて観てもいいですし、映画館まで足を運ぶのもリフレッシュになります。
また、身体を動かすのが好きな方であれば、週末にジムに行ったり、仲間と運動をしたりするのもストレス発散になります。

もしも、生活リズムが崩れている場合は、整えることも大切です。
寝る時間が遅くなってしまいがちな人は、できるだけ早く寝るよう心がけ、たくさん睡眠をとりましょう。

また、暴飲暴食は良くありませんが、たまには美味しいものや好きなものをお腹いっぱい食べるなど、自分へのご褒美も忘れずに。



◆仕事を辞めない方が良い人

仕事で疲れているからといって、すぐに仕事を辞めてしまうのはおすすめできません。
もしも、今感じている疲れが一時的なものである場合は、会社を辞める前に少し休む時間をつくってみましょう。

また、疲れが溜まってしまう原因を知り、仕事を辞めるしか改善方法がないか考えてみることも大切です
仕事が多すぎることが原因であれば、上司や同僚に相談してみましょう。業務を助けてもらえたり、新たな業務を断れたりできるかもしれません。
人間関係が悩みであれば、部署異動を願い出るのも一つの手。苦手な人と関わる機会が減ればストレスも少なくなるはずです。

自分の性格が原因でストレスを感じているとしたら、考え方を変えてみる努力をしてみましょう。
完璧主義な人であれば、知らないうちに自分を追い詰めているかもしれません。小さなことで自分を褒めるようにしたり、他人に頼る、妥協点を作るなど、自分を許すことも大切です。

もう限界だと感じている場合も、闇雲に辞めてしまうのではなく、転職先を決める、もしくは転職のめどを立ててから計画的に辞めましょう。



◆限界がきていると感じたら?

前項のように、改善を試みても状況が変わらず、仕事が原因で心身に限界がきているのであれば、転職を考えてみてはいかがでしょうか。
ストレスというと軽い印象を受ける人もいるかも知れませんが、精神的な不調は身体にも影響し、蓄積してしまうと心身ともに疲れ、長期の休養が必要になってしまうこともあります。
自分を守れるのは自分だけです。「こんなことで負けるのは弱いのかもしれない」とは思わず、手遅れになる前に自分の声に耳を傾けてあげましょう。

限界とまでは言えない人も、1年以上今の仕事をして、「向いていない」と感じるのなら違う仕事を考えた方がいいかもしれません。
働き始めたばかりの頃に「向いていない」と感じるのは、業務に慣れていないからという場合もありますが、ある程度の時間が経ち、それでも気持ちが変わらないのであれば、転職をすることでやりがいのある仕事に出会える可能性もあるでしょう。

より良い職場環境への転職を希望する方は、ハタラクティブをご利用ください。
転職支援サービスのハタラクティブは、マンツーマンでのカウンセリングで、一人ひとりのスキルや希望をヒアリングします。
ご紹介する企業も、直接訪問、取材し納得した優良企業ばかり。入社後のミスマッチが起きないよう、応募前に、企業についてきちんとお伝えします。
ご利用はすべて無料です。ぜひご相談ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ