仕事が嫌いで辛い!対処方法はある?

2016/10/01

【このページのまとめ】

  • ・「仕事内容が嫌」「人間関係が苦手」「評価制度に疑問がある」などの理由から会社が嫌になることが多い
    ・それぞれ、どこが嫌なのかを考え、原因ごとに対策を練ることが必要になる
    ・どうしても今の状況ではうまくいかない…と思う場合は転職という選択肢も

やりたい仕事だったのに、いつの間にか嫌いになっていた。嫌いな仕事を続けるべき?そんな悩みで苦しんでいませんか?
まずは嫌になった根本的な原因と気持ちを整理しましょう。次に、状況を良くするための改善案がないか考えてみてはいかがでしょうか。
自分は何故仕事が嫌いなのか?原因を突き止めて改善案を出し、行動することで今の仕事の良い面を発見でき、やりがいを見いだせるなど状況が良くなるかもしれません。では、どんな行動をすれば改善していけるか、見ていきましょう。 

◆仕事内容が嫌な理由と改善案

仕事内容が合わない…苦手…など色々な理由があるもの。
大まかな原因と対策方法をまとめました。

◇理想と現実のギャップがある

「思い描いていた仕事よりも地味」「やりたくない業務をやらされる」などのギャップから、今の仕事が辛いと感じてしまうことがあるようです。

「自分はもっと華やかな場面で活躍できるのに!」とも思うこともかもしれませんが、会社としては少しづつ経験を積んで着実にスキルアップしてもらうことで、将来安心して仕事を任せられる“一人前の正社員”を育成することを優先します。 
いざ管理職など上の立場になったとき、現場での経験を積んでいると、「的確な判断ができずにトラブルが発生した」という状況を防ぐことができるというメリットもあるようです。 
地味な作業ややりたくない業務でも、コツコツとこなしていくことで「将来の力になる」という意識で取り組んでみてはいかがでしょうか。

◇業務が多い・難しい

やることが多い、難しい仕事をさせられている、と感じることもあるかもしれません。プレッシャーからミスをしてしまい、さらに苦手意識を感じてしまう、という悪循環に陥ることも。
そんなときは、ポジティブな考え方を持ってみましょう。

複数の業務や難しい仕事を任せるのは、その人のことを信頼しているから。信頼されているという自信を持ってください。 
また、人はプレッシャーを感じると必要以上に動作が鈍くなり、ミスをしてしまうことがあります。「逆境を楽しむ」「失敗しても次に活かす」などポジティブな姿勢を保つことで気持ちが楽になり、スムーズにミスなくこなせるようになるかもしれません。 

ポジティブな思考は周りの人への印象や場の雰囲気を良くします。上司から高い評価を得たり、手助けしてくれる人が増えたりするなど、良い結果に繋がることもあるようです。

また、顧客(ユーザー)を意識するのも効果的。 
自分が関わった仕事で喜んでくれる人がいる、と考えるだけでもやりがいを感じませんか?自分の仕事が行き着く先には、必ずそれを必要としてくれる人がいます。
目の前にある業務は誰のためのものなのか、考えてみましょう。 

◇残業が多い

「聞いていたより残業が多い」「いざ残業をしてみると辛い」などの理由があります。
そんなときにまず試していただきたいのが、仕事内容や業務の進め方の見直し。

1つの業務にかかる時間の短縮を目指してみてはいかがでしょうか。現在業務にかかっている平均時間を図り、意識して取り組むことで短縮できそうな時間を推測してみましょう。
目標時間を設定し、無駄な動作を省くことで業務効率はグッと上がるはずです。

また、業務を人に割り振ってしまうのも1つの手。現在の業務の状況(所要時間、業務内容)を鑑みて、できそうにないものは断ったり、得意な人に業務を回したり、自分が得意な分野を引き受けたりと調整することで円滑に進められることもあります。

それでも時間が足りない…という場合は、上司に相談しましょう。自分で工夫した上で相談することで、上司が動いてくれる可能性も高まります。
自分が負担だと思っている点や、問題点に対する改善案を提出するといったアクションをとることで、はじめて現場の状況を理解してもらえることもあるでしょう。

◆人間関係が辛いときには

仕事内容は嫌いじゃない、やりがいがある…と思っていても、職場の人間関係が理由で仕事が嫌になってしまうことも。
自分と他者の関係が上手く築けない、上司と後輩の板挟みにあう、社内の雰囲気が悪いということもあるでしょう。

まずは、自分の態度や雰囲気がまわりを拒絶するものになっていないかを確認してみましょう。
苦手な人に接するとき、表情が固くなる、言葉にトゲがあるなど、自分から相手を拒絶する空気を発してしまうことがあります。自分から「相手に歩み寄る」「相手の立場になって考える」ことを意識し、誠意をもって接してみましょう。柔らかくなった空気を感じ取ってもらえ、相手からも良好な関係を築くためのアクションがあるかもしれません。 

その時に注意したいのは、頑張りすぎないこと。元々原因があって苦手だと感じているはずです。無理をしては、余計にストレスに感じてしまうことも。歩み寄れる部分だけ歩み寄り、「そこは許容できない」という部分は自分の心を一番に優先してバランスをとりましょう。 

人間関係は「人の想いをどれだけ感じ取れ、相手が喜ぶ対応をとれるか」という点が大きく関わります。上司と良好な関係を築ける人はそれだけ「取引先などとの交渉にも役立つ力を持っている、ユーザー目線での仕事ができるかもしれない」という高評価を得ていてもおかしくはありません。「社内で良好な人間関係」を築くことは「仕事の一部」でもあるといえるでしょう。 
たとえ「仕事でミスをしたとしても、相手の気持ちを踏まえた行動ができる」というのは、大きく評価されるのではないでしょうか。 

◆会社の評価制度に疑問があるなら

努力しているのにきちんと評価されていないように感じる、自分より仕事をしていない人が評価されているのが気になる、など会社の評価制度に不満を抱く方もいるようです。 
そんなときには、自分が「適切な場所」で「適切な方向」に向けて「適切な力」を発揮しているのか?ということを確認してください。
どんなに努力をしても、会社が求めている努力や姿勢、結果と食い違っていると、評価されないこともあります。 

例えば、質にこだわりたい商品を作る時に、効率ばかり追い求めてしまい、「低価格での量産はできるけど、質は悪いものができてしまった」というのでは全く方向性が違います。 
「この業務は何を目的に行い、どんな人をターゲットにしているのか?そのために、自分はどんな意識で、どんな活動をすればいいのか?」見直してみましょう。 

そこで、自分が進みたい方向と会社の求める方向性にギャップがある場合、環境が合わないということなのかもしれません。

◆どうしても嫌なら転職も!

自分からアクションを起こすのは、最初は辛いと思うかもしれません。
できることを少しづつ試してみる、期限を決めてできるところまで頑張ってみる、という気軽なスタンスで挑んでみてはいかがでしょうか。 
期限が過ぎても改善されなかったり、今の仕事が嫌いなままと変わらずにいるのであれば、無理をせずに転職を考えてみても良いかもしれません。 

高卒、既卒、フリーター、第二新卒など若年層向けの就職支援を行っているハタラクティブでは、無料で就職・転職活動のカウンセリングができます。就活アドバイザーと一緒に、豊富な募集求人の中からピッタリの仕事を探していきましょう。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ