嫌いな上司との上手な付き合い方は?対処法をご紹介

嫌いな上司との上手な付き合い方は?対処法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 嫌いの程度は違うものの、上司を苦手としている人は多い
  • 人によって態度を変える、ミスを人のせいにする嫌いな上司となる
  • 仕事に支障が出ることもあるので、嫌いな上司との付き合いは工夫しよう
  • 嫌いな上司のパワハラがひどい場合は、解決を図ろう

「業務内容は満足しているけど上司が苦手…」と感じている人もいるでしょう。実際に職場に嫌いな上司がいるという人は多いようです。このコラムでは、どのようなことが原因で上司を嫌いになったのか、嫌いな上司に対してどのようにしたら良いのかを良いのかをまとめて紹介をしています。また、嫌いな上司からパワハラにあった場合の対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

職場に嫌いな上司がいるパターンは多い!その理由は?

「なんとなく合わない…」から「一緒に仕事をするのも嫌!」まで、嫌いの程度は人によって違うものの、職場の上司を苦手としている人は多いようです。上司を嫌う代表的な理由は以下のとおりです。

理不尽な物言いをする

自分に全く関係ないことで怒られる、スケジュールを無視して次の仕事を振ってくる、言っていることが矛盾しているなど、理不尽な物言いをする上司は苦手と認識されます。

パワハラがある

暴言を吐く、手を上げる、仕事を与えない、できないほどの仕事を与えるなど、上司という立場を利用して身体的、精神的に苦痛を与える行為を行う上司も嫌われる傾向にあります。

出世しか気にしない

自分の昇進のために部下を使う、部下の成長を考えないなど自分本位な働き方をする人は、部下に信頼されない上司といえるでしょう。

人によって態度を変える

能力の高い部下には優しいのに、成績が振るわない部下には厳しく当たる、男性には冷たい態度を取り女性には優しいなど、人によって態度を変えるのも嫌われる原因となります。

上記以外にも、突然キレたり言うことがコロコロ変わったりするなど、部下が上司を嫌う原因はさまざまです。いずれにしても、業務に支障が出てしまうのであれば早めに対処したほうが良いでしょう。
嫌いな上司の特徴については「嫌いな上司の特徴とは?接するコツや限界を感じたときの対処法を紹介」のコラムでもご紹介しています。

嫌いな上司がいるときに試したいこと

ここでは、職場に嫌いな上司がいる際の対処法をご紹介します。

必要以上に関わらない

「仕事は仕事」と割り切って業務に集中しましょう。上司と接する時間をできる限り減らす、プライベートのことは話さないなども有効的です。

割り切る

「世の中に完璧な人間はいない」と考え、上司の欠点を認めることも大切。同時に自分の欠点も認めると気持ちが楽になることもあるようです。

適度にリフレッシュする

定期的に趣味の時間を設ける、家に仕事を持ち帰らない、週に1日はランチに出かけるなど、適度にリフレッシュしましょう。ストレスを溜め込まないことで、間接的に上司への苦手意識を減らすことができるはずです。

信頼できる友人に相談する

相談すると気持ちが楽になることが多いので、信頼できる友人に相談に乗ってもらうのも良い方法です。

嫌いな上司がいて困っている方は「職場に嫌いな上司がいたらどうする?」や「ダメな上司に対するストレスを溜めないための対処方法」のコラムもあわせてご覧ください。

パワハラがひどいときは?

上司の横柄な態度やパワハラがあまりにもひどい場合は、上司の上司(課長なら部長、部長なら専務など)に相談したり異動願いを出したりして対処しましょう
しかし、何をしても解決しない、相談したことによってさらに業務に支障が出てしまうという場合は会社の社風や価値観が合っていない可能性も。価値観の合わない企業で頑張ってもストレスが溜まるだけ…と感じるなら、転職を検討するのも方法の一つです。

どんな職場が自分に合っているか分からない、適している職業に転職したいという方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブではアドバイザーによるカウンセリングを実施。あなたの経歴や性格から、適している社風や職種を判断し、希望に沿った条件の求人を紹介しています。
取り扱っている求人は、スタッフが実際に足を運んで確認した企業のみ。求人サイトでは分かりにくい社内の雰囲気なども把握しているので、入社後のミスマッチを防げるのがポイントです。
業務環境を改善したい方、適正に合わせた仕事をしたい方はお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ