会社や仕事をサボることの言い訳と生産性について

会社や仕事をサボることの言い訳と生産性についての画像

この記事のまとめ

  • 会社をサボる言い訳として多いのは、体調不良や身内の病気、お悔やみごとなど
  • 多くの人はサボることを良しとせず、きちんと出勤している
  • コーヒーブレイクやリフレッシュ休暇を取るのはサボりとまでは言えない
  • 仕事の生産性を考えた場合、一時的に休憩を挟むことは効果的な場合もある
  • いよいよ辛くなりサボってしまうことを避けるには、仕事をひとりで抱え込みすぎないことが大切

「会社行きたくないな~サボろうかな」という考えが頭をよぎったことがある方、その後どうされたでしょうか?思い直して出勤された方、お仕事ははかどりましたか。心のままにお休みされた方、どんな一日を過ごされたでしょう。
サボることは、決して褒められたことではありません。しかし、心のリフレッシュや仕事の生産性に視点をおいた場合、サボることが完全悪というわけではなさそうです。
そうは言えども、サボりはサボり…一般的な認識も含めて、詳しく見ていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆仕事をサボる言い訳、サボらない理由

会社を無断欠勤することほど、無責任なことはありません。サボると決めたのならば、それなりの言い訳が必要でしょう。
褒められたことではありませんが、言い訳に使われがちなことがらを見ていきます。

・自身の体調不良
・身内の看病やお見舞い
・交通機関の事故や遅延
・お悔やみごとへの対応

これらを欠勤の理由にされると、会社側としては何も言えません。若干の罪悪感を抱くか、上手くいったと思うかは人それぞれでしょう。

では、サボりたくても欠勤しなかった方は、なぜ出勤したのでしょうか。その理由を見ていきます。

・サボりはいけないことだから
・周りに迷惑をかけるから
・悪い癖になりそうだから
・自分自身がイヤになるから

至極当然のことではありますが、その心がけは大切だと言えるでしょう。
 

◆仕事にはサボる時間も必要?

仕事をしていると、思うようにはかどらなかったり、空回りしたりすることがあります。そのような時の対処方法は人によって違いますが、一般的に下記のパターンに分かれるようです。

・とにかくがむしゃらに努力をする
・一時的に仕事から離れ、クールダウンする
・他の人に相談して助言をもらう

どの対処も間違いではなく、個々人によって向き不向きなものもあるでしょう。しかし、昨今のビジネス思考をもとにすると、努力型の方は懸念される傾向にあります。
生産性や本人の心的負担を考慮すると、一時的にクールダウンしたり他者にアドバイスをもらったりするほうが良いのかもしれません。そのうえで、できるときには一生懸命に取り組む方法が効率も上がりそうです。

つまり、メリハリをつけるためには、上手に休憩することも必要なのかもしれません。休憩をサボりとするか否かは、その時の過ごし方によるでしょう。
正当な理由なく欠勤する場合はサボりと言われても仕方ありません。しかし、社内においてコーヒーを飲んで一息いれたり、外の空気を吸ったりすることはサボりとまではいえないでしょう。また、リフレッシュ休暇を取れる会社であれば、思いきって休んでしまうのも良い方法です。
 

◆サボれる人になるには?

サボるのは褒められたことではありません。しかし、非効率的な働き方を続けて苦しむくらいならば、前項で考察したような方法が効果的でしょう。
一時的に仕事から離れてリフレッシュしたり、他者に頼ったりすることを批判されないか…と心配する方もいると思われます。その不安は、普段の姿勢に気をつけることで払拭できそうです。具体的に見ていきましょう。

・できる時に一生懸命働いて余裕をつくる
・自分ひとりで仕事を抱えず、周りを巻き込み理解を得る
・周りを助けることを嫌がらない
・仕事面でも人間性の面でも周囲から尊敬される社会人になる

いざという時自分が助けてもらえる、休ませてもらえるように、周囲の理解を得ることや互いに助け合うことが必要だと言えます。

なかには、仕事がつまらないからサボりたい、会社の雰囲気が性に合わないので休みたい、という方がいるかもしれません。その場合は、転職を検討するのもひとつの方法です。
ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが、転職や就職に関する心構えから書類の書き方、面接対応、就職後のフォローまで親身になって行います。また、運営側が実際に訪問した企業のみを紹介するのも、安心できる要因です。
まずは、お気軽にお尋ねください。