サボるのは悪いこと?欠勤する際に使われている言い訳と理解を得るコツ

サボるのは悪いこと?欠勤する際に使われている言い訳と理解を得るコツの画像

この記事のまとめ

  • 会社をサボる言い訳として多いのは、体調不良や身内の病気など
  • サボることを良しとしない人の理由には「周りに迷惑をかけたくない」気持ちなどがある
  • コーヒーブレイクやリフレッシュ休暇を取るのはサボりとまではいえない
  • 仕事の生産性を考えた場合、一時的に休憩を挟むことは効果的な場合もある
  • 仕事の辛さからサボることを考えないためにも、一人で抱え込みすぎないことが大切

働いていると誰でも一度は「会社行きたくないなぁ、サボろうかな」と、思ったことがあるのではないでしょうか?サボることは、決して褒められたことではありません。しかし、心のリフレッシュや仕事の生産性に視点をおいた場合、サボることは必ずしも悪いというわけではなさそうです。このコラムでは、欠勤の際によく使われる言い訳やサボりたいと思っても欠勤しない人の心理、リフレッシュのコツなどについて解説します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事をサボるときの言い訳は?

会社を無断欠勤することほど、無責任なことはありません。サボると決めたのならば、それなりの言い訳が必要でしょう。褒められたことではありませんが、よく使われている言い訳の例を見ていきます。

・自身の体調不良
・身内の看病やお見舞い
・交通機関の事故や遅延
・お悔やみごとへの対応

これらを欠勤の理由にすると、会社側としては何もいえません。ただし、上記のような理由を繰り返し使うのは問題がでてきそうです。また、休む旨を伝える際にもいくつか注意点があります。「仕事を休むのに使える33個の理由をご紹介!伝え方の注意点やマナーも解説」で詳しく解説しているので、併せてチェックしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事をサボらない人の理由

仕事をサボる人がいる一方で、サボりたくても欠勤しないという人もいます。そんな休みたい気持ちをおさえて出勤する人の理由をまとめてみました。

・サボりはいけないことだから
・周りに迷惑をかけるから
・悪い癖になりそうだから
・自分自身がイヤになるから

至極当然のことではありますが、その心がけは大切だといえるでしょう。

サボる時間も必要?

仕事をしていると、思うようにはかどらなかったり、空回りしたりすることがあります。そのようなときの対処方法は人によって違いますが、一般的に以下のパターンに分かれるようです。

・とにかくがむしゃらに努力をする
・一時的に仕事から離れ、クールダウンする
・他の人に相談して助言をもらう

どの対処も間違いではなく、個々人によって向き不向きなものもあるでしょう。しかし、生産性や本人の心的負担を考慮すると、一時的にクールダウンしたり他者にアドバイスをもらったりするほうが良いかもしれません。そのうえで、できるときには一生懸命に取り組む方が効率も上がりそうです。つまり、メリハリをつけるためには、上手に休憩することも必要といえます。休憩をサボりとするか否かは、そのときの過ごし方によるでしょう。たとえば、社内においてコーヒーを飲んで一息いれたり、外の空気を吸ったりすることはサボりとまではいえないと考えられます。生産性の維持・向上につながるリフレッシュ方法を知りたいという人は、「適度に仕事をサボると生産性が上がるって本当?」も一読してみてはいかがでしょう。

サボると批判されるのでは…と不安がらず、上手にリフレッシュしよう

サボること自体は褒められたことではありません。しかし、非効率的な働き方を続けて苦しむくらいならば、前述したような方法が効果的でしょう。一時的に仕事から離れてリフレッシュしたり、他者に頼ったりすることを批判されないか…と心配する人もいると思われます。その不安は、普段の姿勢に気をつけることで払拭できそうです。たとえば以下のような行動が大切だと考えられます。

・できる時に一生懸命働いて余裕をつくる
・自分ひとりで仕事を抱えず、周りを巻き込み理解を得る
・周りを助けることを嫌がらない
・仕事面でも人間性の面でも周囲から尊敬される社会人になる

いざというとき自分が助けてもらえる、休ませてもらえるように、周囲の理解を得ることや互いに助け合うことが必要だといえます。人間関係や業務内容などのストレスから心身に不調をきたしている場合は、こちらの「会社に行きたくないのは甘えではない?原因とすぐできる4つの対処法を解説」も参考にしてみると良いでしょう。

なかには「仕事がつまらないからサボりたい」「会社の雰囲気が性に合わないので休みたい」という人がいるかもしれません。その場合は、転職を検討するのも一つの方法です。ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが、転職や就職に関する心構えから書類の書き方、面接対応、就職後のフォローまで親身になって行います。また、運営側が実際に訪問した企業のみを紹介するのも、安心できる要因です。まずは、お気軽にお尋ねください。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ