新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「仕事をサボりたい…」原因や対処法を紹介!

「仕事をサボりたい…」原因や対処法を紹介!

公開日:

最終更新日:

「仕事をサボりたい…」原因や対処法を紹介!の画像

 

【このページのまとめ】

  • ・仕事をサボりたいと思う理由には、体調不良や職場の環境などさまざまなものがある
  • ・仕事をサボりたいと思ったら、有給を申請するのも一つの手段
  • ・仕事をサボりたいときは、休んでも問題ない日を選ぼう
  • ・仕事中にサボりたい場合は、短時間の休憩を数回に分けて取ると良い

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

働いていると一度は「今日は仕事をサボりたい…」と思うことがあるでしょう。人が仕事をサボりたいと思う理由には、体調や職場の環境などさまざまな理由があります。このコラムでは、仕事を休む前にすべきことやスムーズな休み方を紹介。仕事をサボりたいという気持ちを放置していると、心身の不調に繋がります。休むときは休んで、気持ちを入れ替えて仕事に取り組めるようにしましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事をサボりたいと思う理由とは?

仕事をサボりたいと思う理由は、体調不良や職場の人間関係、仕事でのトラブルなど人によってさまざまです。この項目では、働いている人が「仕事をサボりたい」と思う理由の中でよく挙げられるものを紹介します。

体調が悪い

体調が良くないと感じたときに、仕事をサボりたいと思う人は多くいます。発熱や頭痛といった体調不良で休むのはサボりではなく正当な理由です。しかし、「なんとなく体がだるい」「なんとなく調子が悪い」など、明確な症状はなくても体調が良いとはいえないときに、仕事をサボりたいという気持ちが生まれることもあるでしょう。慢性的な体調不良が続く場合は大きな病気が隠れている場合があります。頻繁に、体調が原因で休みたくなるときは、医師の診察を受けてみましょう。

職場の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪く、仕事をサボりたいと思う人もいます。仕事に行くと仲間はずれにされたり、悪口をいわれたりする環境だと、サボりたくなるのも無理はありません。あまりにも辛いようなら、心身の健康を守るためにゆっくり休養を取るのも大切です。なお、人間関係の悪さが原因で仕事をサボりたい場合、休んでも状況に変化のないことがほとんど。人間関係を改善するのが困難なのであれば、環境を変えることをおすすめします。

仕事が忙しい

仕事があまりにも忙しく、サボりたいという感情が芽生える人はたくさんいます。自分のキャパシティを超えた量の仕事をしていると、すべてを投げ出したくなってしまう人もいるでしょう。しかし、仕事が忙しい人の場合、実際にサボると余計に仕事が増えてしまうケースがほとんどです。そのため、休むより先に仕事量を減らす工夫をしてみましょう。

環境が変わったばかり

転勤や異動、就職などの環境の変化に対応できず、仕事をサボりたいと思う人も多いようです。コミュニケーションが苦手な人からすると、新しい人間関係の構築が負担に感じられることもあるでしょう。また、一から仕事を覚えることは大変なため、サボりたいという気持ちが出てしまう人もいます。環境の変化による仕事への拒否反応は、職場や人間関係に慣れれば和らいでくるケースがほとんどです。最初は億劫に感じるかもしれませんが、初日からサボったりせず、環境に適応する工夫をしてみましょう。

トラブルを抱えている

仕事のトラブルを抱えていると、逃げ出したくなることがあります。特に、上司や取引先に𠮟責されることが分かっている場合は、恐れから仕事をサボりたいという感情になってしまうでしょう。しかし、仕事をサボっても問題は解決できていないため、余計に状況が悪くなってしまう可能性があります。問題としっかり向き合い、解決できてから休養を取った方が仕事を続けやすくなるでしょう。

仕事に行きたくない…そんなときは休むのも1つの手!」には、仕事をサボりたいと思ったときの休み方が載っているので、ぜひ参考にしてください。

仕事をサボりたいと思ったら実践すべきこと

仕事をサボりたいからといって、頻繁に休んでいると業務に支障が出たり、会社からの評価が下がったりします。サボりたいと思ったら、まずは以下の方法を実践してみましょう。

オーバーワークと感じたら仕事の振り分けを検討しよう

仕事の忙しさが原因でキャパオーバーになり、仕事をサボりたいと思ってしまうときは、仕事量を減らせないか検討してみましょう。上司や同僚に、ほかの人に割り振りできる業務がないか相談してみるのも一つの方法です。自分だけが仕事を抱え込み、忙しくなっている場合があります。ほかの人に振り分けることで負担が軽減され、仕事をサボりたいという気持ちを抱く回数が減ることがあるでしょう。

疲れているときは有給休暇を使ってしっかり休もう

仕事をサボりたいという気持ちが疲労感からきている場合は、有給休暇を申請して正式に休みましょう。有給休暇は労働者が取得する権利のある休みです。また、事前に申請をすることで、急に当日欠勤をするより上司や同僚の印象が良くなります。有給休暇を取った日は体をゆっくり休めるようにし、リフレッシュして仕事に取り組めるようにしましょう。

不安なことや悩みを周囲に相談してみる

仕事をサボりたいという気持ちが、不安や悩みからきているときは、周囲の人に相談してみましょう。信頼できる上司や同僚に打ち明けることで気持ちが軽くなり、前向きに仕事に取り組めるようになる可能性があります。また、自分では思いつかなかった問題の解説方法をアドバイスされ一気に悩みが解決することも。不安や悩みが解決すれば、仕事をサボりたいという思いがなくなるかもしれません。

仕事をサボりたい人がスムーズに休む方法

スムーズに休むためには、普段から人間関係を良好に保ち、迷惑をかけないよう計画的に休みを取る必要があります。また、すぐバレてしまいそうな嘘はつかないことも重要でしょう。

罪悪感を持ち過ぎない

仕事をサボったことに対し、罪悪感を持ち過ぎるのは辞めましょう。せっかく休んだのにうも関わらず、罪悪感や自分を責める気持ちを持ってしまうと心が休まりません。余計に仕事に行きたくなくなってしまう可能もあります。休んだときは、仕事のことは考えずに心と体を休めることに集中しましょう。休んだ分は、出勤したときに挽回できれば問題ありません。休むときは休むという割り切りが大切です。

あらかじめ休む日を決めておく

仕事をサボりたい人はあらかじめ休む日を決めておくと、周囲への影響を最小限にできます。会議や商談といった出勤すべき日は避け、不在でも業務に支障がない日に休むのです。その日に休むことを想定して、ほかの人が困らないように仕事を進めておくのも良いでしょう。ただ、あまりに用意周到だと計画的に休んだことが分かってしまうので注意が必要です。

普段から人間関係に気を配っておく

普段から真摯に仕事に取り組み、職場の人間関係を良好にしておくことで、急に仕事をサボりたいと感じて休んでも周囲がサポートしてくれます。普段から仕事の手を抜いたり、トラブルを起こしたりする人が仕事をサボったら、周囲の人は不快に思うでしょう。普段から職場の人間関係に気を配っておくと、いざというときに助けてくれる人が多くなります。

バレそうな嘘はつかない

仕事をサボるときに、すぐバレる嘘をついてしまうのは、後々トラブルに繋がる可能性があるので避けましょう。噓をついて仕事を休んだことが職場に人に知られると、大きく信頼を失い、その後の業務や人間関係に支障をきたす可能性があります。「仕事をサボりたい」と思うのは、心身が不調な状態といえるでしょう。そのため、体調不調と説明するのは嘘ではありません。なお、インフルエンザやノロウイルスなど、出勤停止になりうる病気は、診断書の提示を求められる可能性があるので避けた方が良いでしょう。

詳しくは「仮病を使って会社を休むとどうなる?」のコラムを参考にしてくだだい。

「仕事中だけどサボりたい…」そのようなときは?

仕事をサボりたいという気持ちは、仕事中にも生まれます。そのようなときは短い休憩をこまめに摂りましょう。また、休憩することで仕事の効率が上がるというメリットを周囲の人に知ってもらう必要があります。

定期的に短い休憩を取る

仕事中にサボりたいと思ったら、定期的に短い休憩を取るようにしましょう。仕事中は上司や同僚の目があったり、業務に支障が出たりするため、長い時間休むのは難しいでしょう。しかし、10分程度の休憩を数回取るぐらいであれば、目立ちにくいのでスムーズに休憩できます。職場の状況によって難しい場合もありますが、飲み物を買いに出たりするだけでかなりの気分転換になるでしょう。

休憩で仕事の効率が上がることを周知する

仕事中にサボりたいという気持ちになる人は、こまめな休憩は仕事の効率が上がることを上司や同僚に知ってもらうようにしましょう。一緒に働いている人の中に、こまめに休憩を取ることを良く思わない人がいる可能性があります。「サボっている」と感じてしまうのでしょう。しかし、こまめな休憩を取ることで、逆に仕事が進むと分かれば、理解を得やすくなります。なお、休憩が仕事にもたらす効果を紹介するには、自分が仕事で明確な結果を出す必要があるので注意が必要です。誰もが納得する結果を残したうえで、休憩仕事の効率が上がることを主張する方が説得力があります。

休憩と仕事の効率の関係については、「適度に仕事をサボると生産性が上がるって本当?」の記事も参考にしてください。

仕事をサボりたい気持ちが消えないときは

適度に休んだり、対処法を試したりしても仕事をサボりたい気持ちが消えないときは、転職を視野に入れてみましょう。仕事をサボりたいという気持ちがあまりにも強い場合、仕事内容や環境が自分に合っていない場合があります。転職することで、仕事をサボりたいという気持ちが一気に消えることもあるでしょう。注意点として、次の仕事ではサボらないようにする努力が必要です。サボり癖がついてしまうと勤怠が安定せず、仕事が長く続かないという状態になります。サボらずに続けられそうな仕事を慎重に探しましょう。

自分に合った職場を探したい方はぜひハタラクティブにご相談ください。
約11万人以上のカウンセリング実績を持つハタラクティブのアドバイザーが、仕事に関する悩みから人生相談まで、些細なことでも丁寧にヒアリングいたします。
カウンセリング実施後は、相談いただいた内容からあなたに最適なお仕事をご紹介。
応募先が決定したあとも、書類作成、面接対策、入社後のフォローまで専属のアドバイザーが担当いたします。また、電話やメール、チャットツールを使用したご相談も可能。
あなたのスケジュールに合わせ、面接の日程調整もアドバイザーが代行いたしますので、仕事が忙しくて転職活動を進められないという方もご安心ください。

仕事をサボりたいと思ったときのお悩みQ&A

仕事をサボりたい理由は、体調不良や仕事が忙しいことなどさまざまな理由があることがこのコラムを読んで分かったことでしょう。それ以外で想定される疑問をQ&A方式で解決します。

サボり癖を治したい…どうしたら良い?

まずどうしてサボってしまうのか、原因を探ります。それから改善策を考えるのが無難でしょう。改善策には先延ばしにしないことやご褒美を用意するなどがあります。「サボり癖はきっと治る!自分を改革をする5つの方法」や「大変なことになる前に!サボり癖の克服法」を参考に、サボり癖から抜け出しましょう。
 

たまにサボりたくなったらどうしたら良い?

適度な休息は必要ですが、サボってしまうのは周りの人に迷惑がかかります。サボりたくならないよう、計画的に仕事を進めましょう。「会社をサボるのって悪いこと?適度に休むための5つのポイントを解説!」も読んでみてください。
 

休むわけじゃないけど…合間の小休憩ならOK?

仕事の生産性を上げるために、小休憩を挟むことは大切です。デスクワークの場合は好きな飲み物を飲んだり、時々伸びをしたりするのも良いでしょう。営業職ならアポイントの合間で好きな音楽を聞くのも効果的です。「適度に仕事をサボると生産性が上がるって本当?」でも詳しく解説しています。
 

体調不良で会社を休むときの基準ってある?

流行性の感染症だった場合、周りの人に移してしまって広がってしまうと迷惑がかかるので、医師の指示に従い数日間のお休みをもらいましょう。「体調不良で仕事を休むときは電話する?休む基準や注意点を知ろう」のコラムで紹介していますので、参考にしてみてください。 サボり癖を治したい、やりがいを感じる仕事がしたいと考えているなら、ハタラクティブに相談!専任の就活アドバイザーがあなたの就活をサポートします。仕事探しだけでなく、提出書類の作成方法や面接の受け答え方なども具体的にアドバイス。仕事や転職でお悩みの方はお気軽にご利用ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ