未経験からプログラマーを目指すには

未経験からプログラマーを目指すにはの画像

◆コンピューター関係の学校を卒業すると有利

プログラマーになるのに必ず必要な資格はありませんが、学生の方で将来プログラマーになりたいという志望が固まっているのであれば、関係する学科のある学校がおすすめです。コンピューター言語やネットワークシステムを学べる学校を卒業すると、スキルを強みに就職活動ができ選考が有利になるかもしれません。

例えばゲーム開発に携わりたい方はゲーム分野を専門とする学校があるので、自分の志望に応じた進学先を調べてみてはいかがでしょうか?

◆文系出身でもプログラマーになれる!

「プログラマーは理系の仕事」というイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、実際の現場では文系出身のプログラマーやエンジニアが数多く活躍しています。新卒の求人でも文系・理系を問わない企業は多くあるので、プログラマーに興味がある方は「自分の経歴では無理」と思い込まず、チャレンジできる求人を探してみましょう。

プログラマーを目指したい方が考えたいのは、文系・理系の区分よりもプログラマーという職種への適性があるかどうか。

プログラマーは常に最新の技術を追っていかなければならない仕事なので、新しい知識を吸収するのが苦にならない人に向いているといわれます。また、開発のテスト段階ではさまざまなバグが発生し残業が増えるため、粘り強く責任をもって仕事に取り組める能力が必須です。

文系だからという理由だけで採用が不利になるケースは少ないので、自分の適性を見極め積極的に就職活動を進めてはいかがでしょうか。特に新卒採用では即戦力ではなくポテンシャルが評価対象となるため、スキルが未熟でも研修を受けて働きながら成長することができます。

◆アルバイトから正社員登用を目指す方法

プログラマーには正社員のほかに派遣やアルバイトなどさまざまな雇用形態が見られます。未経験で正社員になるのが難しいと感じている方は、アルバイトやパートといった雇用形態から正社員を目指すのも一つの方法でしょう。

非正規雇用から正社員を目指すには、社登用制度のある職場で働く道と、アルバイトで経験を積んだ後に正社員求人へ応募する道があります。

未経験の方は、みだしなみなどの基本的なマナーやこれから技術を身につけていく向上心をアピールすることが大切です。プログラマーはパソコンに向かって黙々と仕事をするだけではなく、チームのメンバーやシステムの設計を行うシステムエンジニアとやり取りする場面が多くあります。スキルだけではなくコミュニケーション能力が重視される職種なので、面接中は自然な会話のやりとりやはきはきとした挨拶を心がけましょう。

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

食品

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽

物流・運送

衣料・装飾

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事