アルバイトから正社員に!目指し方をご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. アルバイトから正社員に!目指し方をご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターと正社員では生涯稼げる給与や働きやすさに違いがある

    ・安定して働きたいのなら正社員を目指すのがおすすめ

    ・正社員登用制度の多い業界は、飲食、レジャー、アパレルなど

    ・アルバイト先に正社員登用制度がない場合は就職活動をしよう

フリーターを長期間続けていると、頭によぎるのが「アルバイトから社員を目指す」という選択肢。業務を一通り覚え、臨機応変な対応ができるようになってくると、そろそろ正社員に…と考える人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は「アルバイトから正社員になるにはどうしたら良いのか」にいて、アルバイトと正社員の違いに触れながら解説します。

 

◆アルバイトと正社員では何が違う?

アルバイトと正社員では、生涯に稼げる賃金や働きやすさが違います。

アルバイトは、勤続年数や年齢に関わらず給与がほとんど上がらないのに対して、正社員は勤続年数やキャリアアップにより、年齢が上がるほど収入が増える傾向があります。

 

また、企業によって違いはありますが、各種手当や退職金制度、年金制度、社会保障など、サポート体制が整っているのが正社員の特徴です。

出産育児休暇や研修制度などの福利厚生が充実し、働きやすい職場環境があれば、長期的に安定して働くことができるでしょう。

 

近年はさまざまな働き方や生き方が許容されているため、あえて正社員にならずにフリーターという道を選ぶ人も少なくありません。

 

一見すると、アルバイトは正社員に比べてライフスタイルに合わせた働き方ができ、自由度が高いイメージがありますが、それは年齢が若いうちだけと言っても良いかもしれません。

年齢を重ねると、求人数自体が減少傾向があるほか、体力面、健康面などの懸念材料が増えていくため、将来に不安を感じるフリーターの方は多いようです。

 

将来安定した生活を送りたいのであれば、できるだけ若いうちに正社員を目指すと良いでしょう。

◆アルバイトから正社員になる方法

フリーターの方が正社員を目指す場合、アルバイト先の正社員登用制度を利用するのも一つの方法です。

一般的に、サービス業界などでは、アルバイトから正社員へステップアップできるチャンスが多いと言われています。

以下に、正社員登用制度を設けている代表的な業界を挙げましたので、参考にしてみてください。

 

【飲食業界】

フランチャイズなど、店舗をたくさん構える業態ではアルバイトが業務の中心となることが多いようです。店長やエリアマネージャーなどの管理業務は正社員が、接客・調理などの店舗運営はアルバイトが行い、サービスを提供しています。

実際にアルバイトとして現場を知ってから、正社員登用で管理業務にあたるというケースもあるようです。

 

【レジャー、サービス業界】

ホテルやアミューズメント施設などでは、アルバイトや契約社員として働いているスタッフが多く、業務経験を積むに従って正社員雇用の話も出るようです。

商品を売るのではなく、対応やサービスを提供するため、アルバイトを続けることで対応力が磨かれます。

 

【アパレル、小売業界】

アパレル業界は売上にトレンドの影響が強く出るため、常に顧客の要望や市場動向を掴む必要があります。現場主義の企業が多く、アパレルであれば店舗で販売業務を経てから、試験や面接を受けて正社員になる…というケースも珍しくないようです。

 

上記はほんの一例です。

今のアルバイト先で正社員になりたいという人は、アルバイト先に正社員登用制度があるかどうかを確認してみると良いでしょう。

◆正社員登用制度がないときはどうする?

アルバイト先に正社員登用制度がないということもあるでしょう。

「アルバイト先や関連する業界で仕事がしたい」「業界関係なく正社員として働いてみたい」というときは、できるだけ早く就職活動を行うのがおすすめです。

 

就職活動をする場合、自分にはどのような仕事が向いているのか、自分はどのような能力があるのかなど、自分自身をしっかりと見つめ直すために、自己分析をする必要があります。

まずは、今までの経験を振り返り、得意なことや好きなことを探してみましょう。人に褒められた、感謝されたことなどから連想するとイメージしやすいようです。

 

また、中途採用では新卒採用と異なり、経験やスキルが求められることがあります。 


アルバイトと同じ職種で正社員を目指す場合は、自分が取り組んだ業務や成果について洗い出しておきましょう。自己PRや志望動機を考える際に役立ちます。

アルバイトの職種とは異なる仕事に就きたい場合は、経験不足を補うために、応募する企業にとって役立ちそうな資格や免許を取得しておくのも良いでしょう。

資格は一定の知識や能力を証明するだけでなく、取得するまでの努力をアピールする材料にもなります。 

 

就職活動で大切なのは自己分析だけでなく、企業研究や応募書類の作成、面接対策、選考のスケジュール調整など、さまざまあります。

一人ではどのように就活を進めたら良いか分からない、不安だという人は、就活のプロに相談してみませんか?

ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒などの若年層に特化した就職・転職支援サービスです。

専任の就活アドバイザーが、一人ひとりに合った就活方法をご提案いたします。

就職活動にお困りの際は、ぜひハタラクティブへお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ