1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. リモートワークにぴったりの職種は?始め方や注意点も解説!

リモートワークにぴったりの職種は?始め方や注意点も解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・勤務場所が限定されない仕事がリモートワークに向いている職種
  • ・リモートワークに向いている職種は、ライターやプログラマーなど
  • ・リモートワークには最低限PC、Wi-Fii環境が必須
  • ・どんな職種でも、リモートワークでは時間の管理と業務成果の明確化がカギ

リモートワークにぴったりの職種は?始め方や注意点も解説!の画像

リモートワークに向いている職種には、どんなものがあるのでしょうか。出社の必要がない、電子データで業務成果のやり取りができるなど、いくつか条件があります。ここでは、それらの条件を満たす職種をご紹介するとともに、リモートワークの始め方、事前準備についても解説。リモートワークを始めてみたい方は、仕事選びの一助にしてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

リモートワークに向いているのはこんな職種

リモートワークに向いている仕事の条件としては、出社の必要がないなど、いくつかの条件があります。ここでは、リモートワークにどんな条件が向いているのかご紹介します。

リモートワークに向いている5つの条件

1.出社しなくても業務ができる
勤務場所に縛られない業務はリモートワーク向きといえるでしょう。人と話したり、共同で作業したりする必要がある業務は難しいですが、出社しなくても作業ができる業務は、リモートワークできる可能性があります。

2.勤怠など時間管理がしやすい
リモートワークは出勤がないので、勤怠の管理が難しくなる面があります。そのため、比較的時間管理のしやすい業務が向いているでしょう。

3.業務への評価が明確である
リモートワークでは顔を合わせないため、業績は仕事の成果でしか判断されません。顔を合わせている人は、仕事の成果以外に人柄なども評価に影響を与えることもあります。そのような不明瞭な評価ではなく、顔を合わせる合わせないに関わらず、明確な評価がなされる環境である必要があります。

4.業務の進捗が把握しやすい
リモートワークは業務の様子が実際に見られないため、進捗が分かりにくいのが欠点。そのため、成果が目に見える形で分かるなど、管理者側が業務の進捗を把握しやすい職種が向いています。

5.現場でのコミュニケーションがさほど必要ない
単独での業務になりがちなリモートワークは、他の人とコミュニケーションを取るのが難しいところがあります。そのため、現場でのコミュニケーションを重視しない職種に適性があるといえるでしょう。

リモートワーク向き!6つの主な職種

1.システムエンジニア、プログラマー
システムエンジニアやプログラマーは、リモートワーク向きといえます。プログラムや設計書の作成といった業務を集中して行う際には、単独で行う作業が多いのが理由です。また、システムやプログラムの仕様について他の人とのやり取りが必要ですが、チャットやオンライン通話などで対応できる場合もあります。

2.ライター
ライター業務は、単独で行う作業が多く、あまりコミュニケーションを必要としないのが特徴。また、ワードなどのソフトが入っているPCとネット環境があれば、どこでも仕事が可能です。原稿の納品という形で成果や進捗が目に見えやすいのもリモートワーク向きといえるでしょう。

3.イラストレーター、デザイナー
イラストレーターやデザイナーも、単独での作業が多いです。PCやスケッチブック、資料があればどこでも仕事ができます。また、資料は自宅のほうが揃えやすいうえ、納品もデータでやりとりできるので向いているといえるでしょう。

4.マーケター
商品の企画、市場調査やターゲット調査を行う仕事です。企画のプレゼンなどは会社に行く必要がありますが、市場調査やターゲット調査のためにはいろいろな所に行くので、リモートワークに向いているといえます。

5.コンサルタント
コンサルタントは企業の悩みを解決する仕事ですが、場所にとらわれないのが特徴。PCと通信環境があれば、どこでも仕事ができ、複数の企業から仕事を受注できるので仕事を継続しやすく、リモートワーク向きといえるでしょう。

6.Webディレクター
Webディレクターは、クライアントへの提案、ヒアリング等を行うのに必ずしも直接会う必要はありません。仕事仲間とコミュニケーションを密に取りながら仕事を進めるのが求められますが、デザインの勉強を続けてスキルを磨きつづけていれば、リモートワークという形でもずっと続けられる仕事です。

リモートワーク向きの仕事の探し方

リモートワークをしたいと考えたとき、仕事はどのように探したらよいのでしょうか。ここではリモートワーク向きの仕事について解説します。

主婦向けなど柔軟な働き方ができる求人サイトをチェックする

主婦はライフスタイルから、働く時間に制限があることが多いです。そのため、主婦向けの求人サイトには、比較的柔軟な働き方ができる求人が掲載されています。その中で、リモートワークできる職種を探してみてもよいでしょう。

フリーランス向けの求人サイトをチェックする

フリーランス向けの求人サイトもおすすめです。フリーランスは会社に所属しないので、出社する必要のない求人も多くあります。そのため、リモートワーク可の求人を比較的見つけやすいといえるでしょう。

特定の職種に特化した求人サイトをチェックする

スキルがある場合には、IT関連やデザイナーなど特定の職種を扱った求人サイトを見てみるのもよいでしょう。いろいろな案件があり、在宅などリモートワークでできる条件の求人もあります。

リモートワークを始める前の準備

それでは、リモートワークを始めるためにはどんな準備が必要なのでしょうか。順に見ていきましょう。

PCを用意する

リモートワークは電子データで業務成果を挙げられるものに限定されてくるので、PCが必要となります。使用するソフトをそれぞれインストールしておきましょう。

通信環境を整える

Wi-Fiなど、通信環境を整えましょう。通信環境が不安定なところだと、仕事をすることができません。自宅でのネット環境を整えたり、Wi-Fi完備のワーキングスペースを探したりと、仕事できる環境を用意しましょう。

業務報告、日報などで業務を可視化する

その日一日の業務内容を管理者側が把握できるよう、業務報告や日報で業務内容を明らかにします。仕事の進捗状況を数字で表すなどと、どのくらいの時間でどれだけできたのかを分かりやすく報告しましょう。

資料をクラウド化する

紙のデータはスキャンするなどしてペーパーレスにし、皆がWebで最新の情報を得られるようにします。何かを周知したり、データを共有したりする際には、メンバーが見られる場所にアップしておきます。必要なときにすぐに情報を参照できるので便利です。

勤怠管理、時間管理を徹底する

勤怠管理、時間管理は会社にいるよりも徹底して取り組む必要があります。会社にいると業務の様子が見えるうえ、出勤・退勤時間が管理しやすいですが、リモートワークでは見えづらいのが欠点。勤怠、時間管理は専用のソフトなどを使い、管理者にも見えるようにしましょう。

コミュニケーションツールを導入する

チャット、オンライン通話などのコミュニケーションツールを導入します。誰にでも使いやすいものがよいでしょう。会社側から指定されているものがあれば、それを使用します。

リモートワークをする際の注意点

ここでは、リモートワークをする際の注意点について解説。利便性が高く柔軟な働き方のリモートワークですが、成果をあげるためにはいくつか注意点があります。

時間の管理をする

出社しないため、客観的に業務時間の管理をするのが難しく、自分で管理をしなくてはなりません。自宅での仕事など、人の目が届かないところでは、業務の効率が落ちてしまったり、逆に長時間労働になってしまったりと、業務の進め方に影響することも。仕事をするうえで、通常の出勤する勤務よりも厳密に時間の管理をする必要があるでしょう。

頻繁にコミュニケーションをとる

仕事上では頻繁にコミュニケーションを取りましょう。コミュニケーションを密に取ることで、業務の円滑化や孤独感の解消にもつながります。

情報の共有を徹底する

実際に会えない分、業務に関する情報の共有を意識的に行う必要があります。情報が行き届かない人がいると、全体の業務に支障が出るからです。疑問点や連絡事項など、積極的に周知するのを心がけましょう。

リモートワークで働きたい!柔軟な働き方を認めてくれる企業と出会おう

柔軟な働き方を叶えてくれるリモートワーク。そんなリモートワークで働きたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。リモートワークの可能性を探るためには、まず、柔軟な働き方を認めてくれる企業を探す必要があります。自分に合った企業が見つかると、働き方もおのずと自分の希望に近づくでしょう。
自分に合った企業をお探しの方は、ハタラクティブをご活用ください。ハタラクティブは若年層向けの就活エージェント。専任の就活アドバイザーがカウンセリングであなたのご希望を丁寧にうかがい、200社以上の優良求人のなかから、あなたに合った仕事を厳選してご紹介します。全て無料のサービスですので、お気軽にご相談下さい。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    未経験からリモートワークは挑戦できる?正社員を狙いやすい職種とは

  • image

    リモートワークとは?テレワークや在宅ワークの違いと向いている職種

  • image

    リモートワークとは何?テレワークとの違いやメリット・デメリットも解説

  • image

    リモートワークエンジニアになりたい!未経験者が身につけるべきスキルとは

  • image

    テレワークとはなんの略?モバイルワーク・在宅勤務も簡単に説明します

  • image

    テレワークとは?導入のメリットと向いている人の特徴

  • image

    テレワークのメリット・デメリット 成果を上げる働き方とは?

  • image

    正社員未経験から就職する方法!在宅ワークはできる?できない?

  • image

    在宅ワークはニート卒業にピッタリって本当?

  • image

    残業代は出ない?業務を効率化して脱仕事のお持ち帰り

  • image

    Web系とはどんな仕事?SIerとの違いや職種についても解説!

  • image

    メーカーに就職したい!仕事内容や職種はどんな感じ?

  • image

    飲食についてのページ

  • image

    広報の仕事内容とはについてのページ

  • image

    Web面接に適した服装とは?選考の流れやマナーもチェックしよう

  • image

    Web面接に最適な場所は?選び方を解説!

  • image

    30代で転職を成功させるためにできること!

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる