高卒フリーターが面接を受ける時のコツ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒仕事探し
  6. >
  7. 高卒フリーターが面接を受ける時のコツ

高卒から正社員就職を目指す皆さんが、面接で気をつけたいのはどんなことでしょうか?

「何故進学しなかったのか?」「たくさんの求人の中からこの仕事を選んだ理由は?」「フリーターから転職を目指す理由は?」などの問いに、あなたは自分の言葉で的確に答えられますか?

ほかにも、仕事に対する前向きな姿勢をアピールする方法、企業の採用担当者が見ているポイントなど、高卒からの就職活動ならではの面接のコツについて考えてみましょう。

未進学の理由、ポイントは「努力」

高卒から正社員就職を目指す場合、面接で必ず聞かれるのが「なぜ進学しなかったのか?」という質問です。

経済的な理由や家族の事情などで、高校卒業後すぐに就職して働きたい、早く専門職に就きたい、大学受験に失敗して進学をあきらめた、進学できないまま浪人からフリーターやニートになったなど、進学しなかった理由は人それぞれだと思います。

ですが、就活の面接で単に「勉強するのが嫌だったから」と答えたり、本当に勉強するのが嫌だっただけなのに「経済的な事情で」などと明らかに言い訳と見て取れるような受け答えをしていては、採用されるはずもありません。

高卒からの就活面接でのキーワードはずばり「努力」です。
「過去、努力不足だった点を自覚してよく反省していること」と「これまでの反省を生かして、今後、仕事で努力したいと思っていること」という前向きな流れ、積極的な姿勢を、企業の採用担当者に伝えることが大切なのです。

この積極的な姿勢、具体的にはどのように伝えることができるでしょうか?

ポイントは「前向きな姿勢」

正社員就職を目指す高卒のみなさんが面接で心がけたいこと、それは「前向きで積極的な姿勢」です。なぜでしょうか?

企業の採用担当者は、みなさんがどういう心づもりで就職活動に取り組んでいるかということから、もし採用が決まって就職したら、どういう態度で仕事に取り組む社員になるだろうかと推察しています。

特に高卒からの就活では、進学をあきらめたり、フリーターやニートになった過去に対して、粘り強さや努力が不足していたのではと厳しく指摘されることがあります。
過去を反省せず、同じような態度で就職活動をしているとしたら、たとえ就職しても、仕事で大変なことがあった時にすぐにあきらめてしまうかもしれないからです。

ですから、面接の時には「正社員として経験を積みたい」と本気で思っていることや、そのために真剣に就職活動に臨んでいること、「過去の反省を肝に銘じているからこそ、正社員として、この会社のために努力を続けたい」と思っていることなどを、熱意を込めて伝える必要があるのです。

志望動機は明確に

「志望動機を明確にすること」も、高卒から正社員として就職を目指す時に、就活面接で気をつけたいポイントのひとつです。
企業の採用担当者に「なぜこの仕事を選んだのか?」「なぜこの会社を受けたのか?」と尋ねられたら、あなたは何と答えますか?
まさか「何となく」「何でもよかった」と答える人はいないと思いますが、相手に伝わるように明確な返答ができなければ、結局そう言っているのと同じなのです。

製造業や接客業、専門職などでは「その職種に小さい頃から興味があった」「将来はその仕事に就きたいと思っていた」など、その職種や業界に対する興味、感じている魅力や好意をはっきり伝えましょう。
事務職や営業職など、好き嫌い以前に未経験で業務内容もよくわからないという場合は、「几帳面で緻密な性格なので、丁寧さが要求される仕事に向いていると思った」「人と話すことが好きで、相談されることも多いので、人の心を捉えるような営業マンになりたいと思った」など、自分の長所や適性について伝えることができるでしょう。

また、何年かフリーターを続けてきた人であれば、アルバイト経験から学んだことで、今後の仕事に生かせることは何なのかということを考えてまとめましょう。

基本的なマナーを忘れずに!

正社員就職を目指す高卒のみなさんが面接を受ける際は、当然ながら基本的な面接のマナーも忘れてはいけません。

これからは自由気ままなフリーターではなく、企業の社員として仕事をする社会人になるという自覚を持ちましょう。
スーツのシワや汚れは大丈夫ですか?靴やかばんはくたびれていませんか?
金髪や無精ひげで何が悪い?なんて思っていませんか?普段スーツを着慣れていない人こそ、面接当日に慌てないで済むように、しっかり準備しておきましょう。

同様に自分から進んで挨拶をする、相手と目を合わせて会話ができる、落ち着いた物腰、丁寧な言葉遣いやはきはきとした態度なども、面接での重要なチェックポイントです。
真剣に就職活動をしていることが伝わる身なり、社会や職場環境への適応力の高さ、人間関係の円滑さなどで高い評価を得られれば、学歴や経験がなくても採用内定を取れる確率はかなり上がります。
面接の基本を押さえて、就活を成功させましょう。

正社員就職を目指す高卒のみなさんが面接を受ける際に気をつけると、結果に差が付く「面接のコツ」「キーワード」「チェックポイント」をご存知ですか?答えは就職支援サービスのハタラクティブにおまかせください。

高卒ならではの悩みや疑問を解決しつつ、豊富な求人の中からあなたにぴったりのお仕事をご紹介します。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

「高校卒業後、すぐに働きたい」「進学せずにフリーターになったけど、やっぱりちゃんと就職したい」など、正社員就職を目指す高卒のみなさんの就活での面接のコツとは?

進学しなかった理由、志望動機、前向きな姿勢、基本的な面接のマナーなどの採用ポイントは、ハタラクティブにおまかせください。
豊富な求人の中からあなたにぴったり合ったお仕事をご紹介すると共に、就職活動の成功をぐんと引き寄せます。

ページトップへ