新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒仕事探し
  6. >
  7. 安定した仕事を目指す高卒の方へ!おすすめの職業や就活のポイントを紹介

安定した仕事を目指す高卒の方へ!おすすめの職業や就活のポイントを紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

【このページのまとめ】
・高卒でも安定した仕事に就ける
・安定した仕事には高収入や離職率の低さなど、さまざまな要素が含まれている
・将来性を考えるなら、専門的な知識が身に付く安定した仕事がおすすめ
・高卒で就職する理由を面接で聞かれることがある
・高卒で安定した仕事を探すなら、就職支援サービスを活用しよう

高卒のフリーターだけど正社員を目指したい方も、進路に就職を選んだ現役高校生も、できれば安定した仕事に就きたいと考えるでしょう。しかし、「安定」という言葉にはさまざまな要素が含まれており、人によって異なる意味を持ちます。自分の希望や適性と照らし合わせながら考えることで、あなたにとっての「安定した仕事」を見つけられるでしょう。このコラムでは、安定した仕事の条件や職種、就活の進め方について解説します。

「安定した仕事」とは?

「安定した仕事」とは、一般的には景気に左右されず、常に一定の収入をキープできる仕事や、経営基盤がしっかりしていて解雇の可能性が低い会社での仕事が当てはまります。 しかし、「安定した仕事」といわれても、人によって「安定」の意味は異なるもの。具体的に、どのような要素があれば安定した仕事に該当するのか、詳しく見ていきましょう。

高収入

収入が多い仕事は生活の安定に繋がり、質の高い暮らしがしやすくなります。収入を比較するときは、基本給以外にも各種手当やインセンティブ、ボーナスがあるかも重要です。年収で見たときにどれくらい稼いでいるかが大切なので、事前にチェックしてみましょう。

リストラが少ない

職を失いやすい状況は安定しているとはいえません。リストラの可能性をできるだけ回避したいなら、景気に左右されない業種で働くか、雇い主が国である公務員を目指すのも一つの手段です。経営が安定した大企業も、職を失う可能性は低いといえるでしょう。

離職率が低い

離職率の低さは、社員の満足度の高さを表します。離職率が低い企業は職場の雰囲気が良く、働きやすい環境が整っていることでしょう。産休や育休のほかにも時短勤務といった福利厚生が充実しており、ライフイベントによる変化があっても、キャリアを中断せずに長く働ける会社である可能性が高いです。

ワークライフバランスが良い

家族手当や社員食堂、寮完備といった仕事以外の待遇が良い企業は、社員のことを考えている企業だといえます。また、一人当たりの仕事量が適切な企業は残業や休日出勤を少なくできるため、ワークライフバランスが取りやすく、長く働きやすい職場でしょう。

転職に強い

専門的なスキルを身に付けられる仕事は、転職しても安定したニーズがあります。キャリアアップやライフスタイルの変化を理由に、転職することは珍しくありません。一般職と比べて働き口を見つけやすいので、安定した働き方ができるでしょう。また、業種によってはフリーランスの個人事業主として働くこともできます。

需要が大きい業種

建設関係や電気系統、ガス設備などのインフラ関係は日々の生活に欠かせない職業なので、仕事を失う可能性は低いといえます。常に需要があるため業績も安定しており、ほかの職業と比べて雇用が安定した仕事だといえるでしょう。

▼関連記事 安定した仕事の特徴は?必要な資格や企業選びのコツをご紹介

高卒で就ける安定した仕事3選

高卒から安定した仕事への就職を目指すなら、採用選考で学歴が重視されない公務員やインフラ系がおすすめです。どのような仕事か簡単な説明を添えているので、参考にしてみてください。

1.国家公務員

公務員は雇用も収入も安定した仕事で、高い人気を誇っています。中でも国家公務員は司法や立法、行政といった国の根幹に携わる職業です。採用試験によっては、体力や身体能力を求められるものもありますが、年齢制限にかからない限り受験できます。 国家一般職(高卒程度)や刑務官、税務職員や入国警備官が国家公務員にあたり、どれも試験内容の難易度は高めです。まだまだ学歴社会の傾向が強い職業のため、国家一般職として働く高卒公務員はキャリアアップが難しい部分がありますが、年収と雇用は安定しているといえます。

2.地方公務員

地方公務員の受験は学歴による制限がないため、年齢要件を満たしていればチャレンジしやすいといえるでしょう。就職先にはさまざまなカテゴリーがあり、役所や市民センターで働く職員は行政職、警察官や消防士は公安職に分類されます。 地方公務員になるには、初級から上級に分かれている試験に合格する必要があり、階級によって担当業務や昇進速度などの違いがあります。初級は高卒レベルの内容のため、チャレンジしやすい内容といえるでしょう。ただし、地方公務員の初級試験は人気が高いぶん、倍率も高くなっています。

3.インフラ関連企業

電気やガス、インターネット回線といったインフラ関連の企業は、需要が高く業績が安定しやすい仕事です。鉄道会社や運送会社もニーズがあり、現代社会に欠かせない職業といえます。ただし、公務員と違って民間企業のため、大手企業では学歴の時点で選考落ちしてしまう可能性も。 そんなときは、従来の運営体制からの転換や、成果主義への切り替えを実施している企業にチャレンジしてみましょう。

▼関連記事 高卒でも国家公務員になれる?

民間と公務員の違いとは?!働き方の違いを解説

将来役立つスキルが身につく仕事6選

公務員以外の安定した職業に就きたい方は、将来性が高く役立つスキルを身につけられる仕事がおすすめ。公務員は確かに収入も雇用も安定した仕事ですが、専門性の高さには欠けます。近年ではAIの発展により、さまざまな職業で失職のリスクが高まっている状態のため、いざというときのために備えておく必要があるでしょう。 そこで、自分の市場価値を高められて転職にも強い、専門的なスキルが身につく仕事を6つご紹介します。

1.IT業界

IT業界は間口が広く、未経験からでも挑戦できる仕事です。働きながらプログラミングスキルやIT関連の専門知識を身につけられます。IT業界では高いスキルを持つ人材が重宝されるほか、フリーランスとして働く道もあるので転職先にも困りません。 AIを開発する側かつ需要があることから職を失う可能性も低く、スキルを身につけた分だけ収入が上がるため、安定した仕事といえます。システムの開発や設計、インフラ整備に興味がある方にはおすすめの仕事です。

2.建設業界(施工管理)

建設業界も、未経験や高卒から働ける仕事です。ガテン系と呼ばれるような肉体労働にイメージが強いかもしれませんが、現場のスケジュールや安全の管理を行う、施工管理という現場監督の仕事もあります。必須資格は特にありませんが、建設業界に就職してから、「施工管理技士」の資格を取得するとスキルアップに繋がるのでおすすめです。 建設業は利用する人間がいる限り、需要がなくなることはありません。頭脳労働や単純作業ではないため、AIに仕事を取って代わられる心配もないでしょう。

3.不動産業界

不動産業界の中でも、営業職は学歴や経験に関わらず就職しやすいといえます。高卒の場合は個人向けの物件営業が主な仕事です。不動産の契約業務を行うには宅建(宅地建物取引主任者)の資格が必須ですが、未経験の場合は入社してからの取得もできます。 営業ノルマを達成すればインセンティブが入るケースもあり、収入が安定した仕事といえます。対人職なので、コミュニケーション能力に自信がある方におすすめです。

4.保険業界

保険の営業が主な仕事で、会社によっては営業経験がなくても入社できます。損害保険や生命保険の販売には資格が必須ですが、採用後に取得可能なので持っていなくても構いません。ノルマが設定されているため楽な仕事ではありませんが、営業成績が良ければ学歴に関係なく高収入を目指せます。 プレゼンテーションが上手な方や、相手の要望を引き出すのが得意な聞き上手な方におすすめの仕事です。

5.介護業界

介護業界は未経験の高卒でも、正社員として就職できます。日本は少子高齢化社会が年々進んでおり、介護の需要が増え続ける一方、人材が常に不足しているのが現状です。一見ネガティブな印象ですが、裏を返せば就職しやすく、長く働ける安定した仕事だという証明になります。 介護従事者は学歴よりも実務経験が重視され、働きながら介護福祉士などの資格取得も可能です。体力に自信がある方や、人の役に立つのが好きな方におすすめな仕事といえます。

6.運送業界

運送業は、運転免許があれば高卒でも就職可能な職業です。トラックやバスを運転するのであれば、大型免許を取得しておくと良いでしょう。タクシー運転手の場合は、入社後に費用を会社が負担して免許を取得できることもあります。 特にインターネット通販が広まったことによって、トラックのドライバーは需要が高まりつつあります。人やモノを運ぶ運送業は需要が高く、雇用が安定した仕事であり、車の運転が好きな方や体力がある方におすすめです。

高卒で稼げる職種は?

高卒でも稼げる職業として、営業職が挙げられます。ここでご紹介したように、保険業界や不動産業界では営業が主な仕事で、契約を結ぶほど収入が増えるケースが多いです。営業ノルマが課せられ、コミュニケーション能力や地道な努力が求められる職業ですが、自分が努力した分だけ給与に反映されるため、やりがいがある仕事だといえます。

▼関連記事 高卒で就職ってどうなの?おすすめの職種をチェック!

高卒で就職を目指す女性へ就職率やおすすめの仕事を徹底解説!

企業が高卒に求める能力3選

高卒から正社員を目指す場合、フリーター経験を積んでいても年齢が比較的若いため、可能性を秘めたポテンシャルに期待されています。具体的にどのような能力が期待されているのか、特に重視されている3つを見ていきましょう。

1.柔軟性

まだ社会経験が浅い高卒の場合、企業のやり方に柔軟に対応することが期待されています。年齢を重ねていくと自分の考え方ややり方が確立されてしまい、新しいやり方に対応しづらいところがあります。そのため、まだまだ伸びしろが大きい高卒であれば、企業にとって良い成長をしてくれるのではないかと期待されるのです。

2.コミュニケーション能力

分からないところを聞いたり、連携して作業を進めたりと、業務上ある程度のコミュニケーションは必要不可欠です。自分の殻にこもってしまったり、人との会話が苦手だったりすると、コミュニケーション能力を疑問視されてしまうことも。 無理に会話する必要はありませんが、はっきりとした挨拶や受け答えを心掛けましょう。

3.チャレンジ精神

経験が少ない分、さまざまな分野にチャレンジする精神に期待している企業もあります。自分がどんな仕事がしたいか、仕事を通じてどのような成長を遂げたいのかといった、熱意の高さを見られることは多いです。フットワークが軽くチャレンジ精神にあふれる人は、企業内でも頼れる有能な人材になる可能性が高く、採用したいと思われる傾向にあります。

高卒で安定した仕事に就くためのポイント

安定した仕事に就くために押さえておきたいポイントは、「自己分析の徹底」と「企業選び」、「面接での受け答え」です。高卒でも安定した仕事に就くために、以下のことに注意してみてください。

自己分析を徹底する

学歴にコンプレックスを抱えていると、無意識に選択肢を狭めている可能性があります。自分の適性とやりたい仕事を照らし合わせるためにも、しっかりと自己分析を行いましょう。 まずは好きなことや嫌いなこと、やりたいことなどを書いてみて、共通している考え方や自分の根底にあるものを洗い出します。自分でも気づかなかったような適性や目標が見つかるので、一度試してみてください。

自己分析を始めてみて欠点しか見つからないという方でも、心配することはありません。長所と短所は表裏一体の関係であるため、実は長所になることがたくさんあります。たとえば、仕事が遅いのは丁寧に確認をしているから、短気なのは時間を大切に行動しているから、というような考え方が出来るのです。 自己分析が上手にできれば、自分に適した仕事を見つけられるうえ、堂々と自己アピールできるようになります。

企業選びは慎重に

応募先を決めるときは内容をよく調べましょう。安定を考えるあまり、漠然としたイメージで大企業や条件が良い求人ばかり応募していると、就職活動が成功しにくい可能性があります。高倍率で不採用続きになって自信を失くしてしまったり、入社後にイメージと違って悩んだりすることも。 一部の待遇や条件だけで判断すると後悔してしまう部分があるので、企業研究を徹底して対策を講じてから、企業に応募するのが良いでしょう。

ブラック企業の見分け方
安定した仕事を探す中で、過剰労働を強いられたり、ハラスメントが横行したりするブラック企業に誤って入社してしまうのは避けたいところ。しかし、初めての就職・転職で何も知らずに見分けるのは難しいため、ブラック企業かどうか見極めるための方法をお伝えします。 まず、求人情報を見た時に抽象的な言葉でポジティブな内容に見せている場合、ブラック企業の可能性が高いといえます。ほかにも常に求人が出ている企業や、不自然なほど給与が高い場合は、離職率が高い職場かもしれないので注意が必要です。 求人がまともでも、面接に行ってみたら違和感をおぼえるケースも存在します。分かりやすいのは、面接官が高圧的な態度や口調で接してきたり、明らかにやつれているときです。入社後に意見が許されず、過酷な労働環境で働くことになるのは想像がつくでしょう。 ほかにも業務内容に関する説明が曖昧、社内の清掃が行き届いていないといった特徴に当てはまる企業はブラック企業の可能性が高いです。やましいことがあるから説明できず、コストカットのために清掃を頼まないという証明になるため、仮に内定をもらっても事態を視野の入れたほうが良いといえます。

進学しなかった理由をしっかり述べられるようにする

近年、大学進学率が増加傾向にあるためか、面接において「なぜ進学しなかったのか」を聞かれることがあります。言葉に詰まってしまったり、明確な理由が出てこなかったりすると、マイナスイメージを持たれてしまうことがあるので回答を考えておきましょう。「勉強したくない」「面倒くさい」というのが本音でも、面接で言ってしまうと不採用になる可能性も。ほかに、「業界に興味がある」 「早く社会に出て人の役に立ちたい」などの理由があればそれらをアピールしましょう。正直に本音を伝えたいのであれば、改善策を添えて話すと相手からの印象が良くなる可能性があります。

▼関連記事 高卒からの就活!成功のコツ

安定した仕事を探すためには

探し方ひとつで、高卒でも就ける安定した仕事は見つかります。 安定した企業=大企業というイメージに結びつきやすいですが、基本的に大卒を採用することが多いため、高卒で内定をもらうのはハードルが高いでしょう。 知名度が高い大企業は応募者が多いため、「学歴フィルター」を通して選考することがあり、高卒というだけで選考落ちすることがあります。企業も高卒でも優秀な人材がいることは知っていますが、採用業務が追いつかなくなってしまうため、仕方ないと割り切るしかありません。 ここでは、視野を広く持って安定した仕事を探すために、おすすめのサービスをご紹介します。

求人サイトで見つかる仕事はブルーカラーが多め

一般的な求人サイトで高卒が就ける仕事を探すと、ブルーカラーの仕事が多い傾向にあります。 ブルーカラーとは、製造業や建設業といったものづくりに携わる労働者全般のことです。肉体労働の仕事が多いのが特徴で、対義語として事務職や営業職といった精神労働が多い、ホワイトカラーと呼ばれる労働者もいます。 工場で働く技術職や現場を転々とする建設業を探すには、求人サイトは適しているでしょう。

就活支援サービスで選択肢を広げよう

求人サイトはお手軽に仕事を探す方法として浸透していますが、幅広く求人を見たいなら以下のサービスを利用するのもおすすめです。

ハローワーク
ハローワークは担当地域の求人に詳しく、地元で就職を考える人におすすめです。またハローワークの情報は全国共通なので、県外での就職を考える人も一度目を通してみると良いでしょう。ただし、求職者も企業も無料で利用できるため、ブラック企業に出くわす可能性も高いといえます。就職相談会まども開催しているので、不安な方は相談してみると良いでしょう。

わかものハローワーク
わかものハローワークは、34歳以下の若年層を対象にしたハローワークです。若者の就労促進を目的としており、求人も若い人を積極的に採用したい企業が多いので、相談してみると良いでしょう。 各種セミナーの開催や、就職後の相談も行っているのでおすすめです。

ジョブカフェ
各都道府県が管轄している、ジョブカフェという若者向けのサービスもあります。 求人情報の掲載をはじめ、企業交流イベントやセミナーを行っているのが特徴です。電話や対面での相談もできるので、就職活動に悩みを抱えている方は利用してみると良いでしょう。

人材紹介サービス
「就職エージェント」や「キャリアアドバイザー」とも呼ばれる、民間企業の就職支援サービスです。面談を行って休職者の希望を聞き、自社の抱える求人から適したものを紹介してくれます。就職までのフォロー体制も整っているため、安心して就職活動を進められるでしょう。

一人での就職活動に不安がある方や、自分の希望に合った求人を知りたい方は、ハタラクティブを利用してみませんか? ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援サービスです。経験豊富な就活アドバイザーがあなたの希望をヒアリングして、条件に合った求人をご紹介。正社員就職が決まるまで、応募書類の添削や面接練習もマンツーマンでサポートします。 サービスのご利用はすべて無料となっているので、ぜひこの機会にご相談ください。

安定した仕事を目指す高卒の方へ!就職に関するお悩みQ&A

Q.安定した仕事に就くメリットは何ですか?

A.安定した仕事に就くことで、社会保険に加入でき、福利厚生を利用することが可能です。ほかにも、賞与や退職金も支給されるため、安定した生活を送れるというメリットがあります。「失敗しても諦めない!安定した仕事をゲットするには」でも詳しく解説しているのでご覧ください。

Q.高卒でも安定した仕事に就くことは可能ですか?

A.高卒でも安定した仕事に就くことはできます。高卒で安定した仕事に就くには、自己分析と企業選び、面接での受け答えが重要です。詳しい内容は「高卒で入れる優良企業はある?おすすめの就職先や探し方のポイントを紹介!」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Q.高卒でも公務員になれますか?

A.高卒でも公務員を目指すことは可能です。公務員試験を受ける年齢には制限がありますが、学歴は問われません。そのため、高卒者でも試験に参加することができます。高卒で公務員を目指している方は「高卒でも国家公務員になれる?」でより詳しく解説しているので、合わせてご一読ください。

Q.高卒でも安定した仕事で高収入を得られますか?

A.高卒でも職種によっては、高収入を得ることはできます。高収入を狙える職種は、営業職やエンジニアなどです。高卒で稼げる職種には実力重視という特徴があります。高卒で高収入を目指すなら、成果を出した分だけ評価を上げてくれる職種を狙いましょう。「高卒で稼げる職業ってどんな仕事?」でも、詳しく解説しています。

Q.安定した仕事に就くにはどうしたら良いですか?

A.安定した仕事を就くには、ハローワークや就職エージェントといった支援機関を活用すると良いでしょう。就職エージェントのハタラクティブでは、プロのアドバイザーがあなたの仕事探しを手厚くサポート。求人の紹介だけでなく、書類の添削や面接対策なども行っています。高卒者を歓迎している求人も多数取り扱っているので、まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ