中卒からの就活、面接のコツ

中卒で正社員就職を目指す場合、面接ではどんなことに気をつけたらよいでしょうか?

就職活動では中卒という学歴が不利になってしまうことが多いからこそ、面接での態度がとても大切なのです。

企業の採用担当者が見ているのは、服装や態度、言葉遣いに表れる社会人としてのマナーやコミュニケーション力などです。

学歴や経験がなくても将来性を感じさせる人材であることが伝わるようなアピールの方法を知って、就活を成功させましょう。

面接は第一印象!服装と身なり

中卒からの就職活動では、学歴が不利となることが多いからこそ、自分という人材を直接アピールできる面接での印象がとても大切です。

これは就活の前に人としての基本ですが、目の前に、健康的で手入れの行き届いた清潔感のある身なりの人と、だらしなく不潔な感じの人が並んでいたら、誰でも前者に好印象を抱くのではないでしょうか。

就職活動において「ハレ」の場とも言える面接には、やはり整えられた服装と身だしなみで臨むのが鉄則です。
「面接は第一印象」と言う企業の採用担当者も少なくありません。

正社員を募集している企業で仕事をする社員としてふさわしい人材だという印象を残せるかどうかがポイントです。
普段からスーツを着慣れていない人こそ、クリーニングやシワ、汚れ、ネクタイの結び方などに気を配りましょう。

髪型や髭、爪といった身だしなみや、靴、カバンなど持ち物の手入れも同様です。
高い物を持つ必要はありません。
面接当日に慌てることのないように準備し、真剣に就職活動に取り組んでいる姿勢が表れるような身なりを心がけましょう。

挨拶、態度、言葉遣い

面接では、挨拶や態度、言葉遣いも、企業の採用担当者にとっての重要チェックポイントです。

落ち着いた物腰や笑顔、丁寧な言葉遣いやはきはきとした応答を心がければ、好印象を残すことができます。
当たり前のことのようですが、これがなかなかできない人が多いのです。

就職志望者にとって面接は就活の山場ですが、正社員を募集している企業にとっても面接は、将来性のある人材を採用することができるかどうかの山場です。

自分から進んで挨拶ができる、相手と目を合わせて会話ができる、相手の言葉に関心を抱き、共通の話題で話ができるといったことは、社会人としてのマナーというだけではなく、仕事のプロジェクトや職場での人間関係を円滑にするための重要なコミュニケーションスキルなのです。

自分は人見知りで緊張しやすいと自覚している人ほど、以上のことを特に意識して面接の練習を繰り返してください。
最初から緊張しない人などいません。

自信を持って面接に臨むことで、学歴や経験がなくても「適応力のある人材」という高い評価を得ることはできます。
中卒からの就職活動は、面接での受け答えにかかっているのです。

未進学の理由より大事なこと

中卒からの就職活動では、ほとんどの場合、面接時に「高校に進学しなかった理由」を問われます。

この質問への回答に悩む方も多いと思いますが、病気、家庭の事情、経済的な理由など「仕方がなかった理由」がある場合も、ネガティブな内容を長々と述べるのではなく、事情を端的に伝えるにとどめましょう。

中卒フリーターの場合はさらにフリーターを続けてきた理由、なぜ今になって正社員就職を目指すのかなどを問われるので、説明する必要があります。
単に「勉強が嫌いで進学したくなかった」「お金が欲しかった」などの理由では、就活面接での採点は厳しいものになってしまいます。

もし自分に努力が足りなかった点があると自覚している人は「過去は努力不足だったが、その反省を踏まえて今はこうしている、就職して社員になったら、仕事でこんなことを努力していきたい」など、採用に繋がるような前向きな姿勢を心がけましょう。

正社員就職を目ざす中卒のみなさんが面接で良い結果を出すためには幾つかのポイントがあります。

マナーやコミュニケーション力の強化、志望動機など、学歴や経験がなくても社員として採用されるための面接対策はハタラクティブにおまかせ。

あなたの悩みや不安を解決しつつ、就職活動をしっかりサポートします。まずはご相談ください。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

次へすすむ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ