エントリーシートとは何?履歴書との違いと魅力的な内容に仕上げるポイント

エントリーシートとは何?履歴書との違いと魅力的な内容に仕上げるポイントの画像

【このページのまとめ】

  • ・エントリーシートとは、会社が一次選考の応募者を絞るために使用する書類のこと
    ・エントリーシートとは会社側が用意するもので、履歴書は市販で買える
    ・エントリーシートの作成時には、自己分析や業界研究を怠らないことが大切
    ・魅力的なエントリーシートとは、読み手が分かりやすく簡潔な内容になっている

エントリーシートとは、一次選考で提出する書類です。志望動機や自己PRといった履歴書と重複する内容を求められる場合が多いため、違いがよく分からない人も多いそう。このコラムでは、エントリーシートと履歴書の違いや転職でも使われるのかといった疑問を解消していきます。作成時に欠かせないポイントもまとめているので、転職活動中の方はぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

エントリーシートとは

エントリーシートとは、採用活動において会社側が提出を求める書類で、一次選考の応募者を絞り込むために使われます。「Entry Sheet」の頭文字をとって、「ES(イーエス)」と略されることもあるため、「別の書類かもしれない」と混乱しないよう注意しましょう。

エントリーシートは転職でも使われる

エントリーシートの提出対象は、これまで大学生や専門学校生といった新卒向けばかりでしたが、近年は中途採用でも提出を求める会社が増えてきました。特に卒業して間もない既卒や第二新卒であれば、新卒枠での採用として扱う会社もあるため、エントリーシートが必要になる可能性は高いでしょう。

エントリーシートに意味はあるの?

多数の応募者のエントリーシートを見る採用担当者と、複数の会社に別の内容を書いて送らなければならない求職者。会社側・求職者側のどちらにとっても、エントリーシートは負担があるといわれています。インターネット上に例文も出回りはじめたこともあり、応募者の本質を見抜くことも難しくなっているようです。
しかしながら、その負担の大きさや判断基準が難しくなった分、意欲を図るのには重宝するツールであることも明確になったといえるでしょう。特に転職活動中であれば、エントリーシートの提出がない会社に志望する方が楽で効率も良くなるはず。「エントリーシートを用意してでも入社したい会社」と準備を厭わないほどの意欲が評価される可能性は高いでしょう。
このようにエントリーシートには意味があり、応募者にとっては、志望する企業に対して自分をアピールするための重要な書類。意図を履き違えての回答記入や小さなミスなどにも気をつけながら、書いていきましょう。

エントリーシートと履歴書は何が違うの?

履歴書とエントリーシートの大きな違いは、入手方法と記載内容です。

エントリーシートと履歴書の入手方法の違い

基本的に履歴書は市販のものを使いますが、エントリーシートは企業が用意した書類に記載します。つまり、エントリーシートは会社を通さなければ入手できないということ。入手方法は会社によって異なりますが、「会社のWebサイトからダウンロードする」「エントリー後に自宅に郵送される」「説明会で配布する」の3つが代表的です。提出方法や期限についても会社によって違うので、気になる会社がある方は、早めに求人情報や会社の採用ページをチェックしましょう。

記載内容の違い

履歴書は学歴や職歴、資格、免許など「これまでの経歴」をメインに記載します。一方、エントリーシートは応募者の「人柄」「個性」「ポテンシャル」「入社後にしたいこと」といった質問に答える形式が多めです。
エントリーシートは、履歴書よりも深く応募者の人柄を探れるツールといえるでしょう。面接でも、エントリーシートでのアピール内容をもとに質問がされます。企業側が応募者に求めるもののうち、「人柄」は年齢や経歴に関わらず重視されているため、履歴書よりも内面をアピールできるエントリーシートは、内定を獲得するためには欠かせないポイントです。
書類選考の突破を目指すべく、しっかりと対策を立てておく必要があるでしょう。

履歴書と内容や写真が重複しても良い?

基本的に、履歴書とエントリーシートの記載内容が重複することは問題ないとされています。
エントリーシートと履歴書には前項で説明した違いがあるものの、どちらも写真の添付や志望動機・自己PRといった重複した項目が設けられているのが一般的です。

重複項目がある場合は違う内容にするべき?

アピール材料を増やすために、別に撮影した写真を使ったり、志望動機・自己PRでまったく違う内容を書いたりする人もいますが、重複しても大丈夫。大切なことは、エントリーシートと履歴書で一貫性のあるアピールができているかどうかです。

重複内容はどう書くのが効果的?

履歴書は、自己PR欄や志望動機欄がエントリーシートよりも小さめ。そのため同じ内容を書くのであれば、履歴書には概要としてまとめ、エントリーシートで詳細を補足するというスタイルがおすすめです。

エントリーシートで問われることが多い項目

エントリーシートで問われる内容は会社によって違いますが、共通する質問もあります。よくある質問の例と、それを問う理由についても解説するので、参考にしてください。

志望動機

競合他社が数多くある中で、なぜその会社を選んだのかが問われています。しっかり企業や業界について研究して比較したうえで選定したのであれば、当然会社の行っている事業やビジョンについても把握しているはず。「競合他社でもできるのでは?」と思われる内容では熱意が伝わりません。「その会社だからこそできる内容を示している=意欲が期待できる」といえます。
逆にいえば、その会社がやっていないことやビジョンと方向性が違う内容を記載した場合、「企業・業界研究を行っていない」「自分の夢を叶える意欲がない」と判断されるでしょう。

自己PR

会社にとってどれほど有益な人材なのかをアピールする項目です。企業・業界研究を行っていれば、志望企業がどんな力を持った人物が欲しいのかが分かります。このような情報収集力・精査力に長けていることに加え、「自分が会社に必要な力を持っている」と証明できれば、会社側に好印象を残せるでしょう。
一方で志望動機と同様に、求める人物像とかけ離れたアピールをすれば、イメージダウンにつながります。

入社後にやりたいこと

意欲を図る面で志望動機と一部重なる部分もあるものの、こちらはより一層「将来への展望」を深堀りする質問です。「数年後のキャリアビジョンについて教えてください」というような問いで展開されていることもあります。具体的な業務内容、どんなチームで、自分がどのようなポジションで活躍していきたいのかなど描いているイメージを伝えられると、熱意が届くでしょう。
そのため、応募先企業で実現できるキャリアプランにするのが前提です。企業のWebサイトに先輩のインタビュー特集があれば、それを参考にするといいでしょう。余裕があればOB訪問をするのもおすすめです。

エントリーシート作成の基本

エントリーシートの目的や質問内容について把握できたら、次は作成方法の基本について見ていきましょう。
エントリーシートを作成するためには、「自己分析」「業界研究」「企業研究」を、正しい方法でじっくり時間をかけて進めるのが重要です。ここが正確でないと、アピール内容に説得力がなかったり矛盾が生じたりする恐れがあります。エントリーシートはもちろん、履歴書や面接などで自分をしっかりアピールすることはできないでしょう。
具体的なやり方は、下記を参考にしてください。

自己分析

自己分析とは、自分の長所や短所、得意なこと、興味のあること、嫌いなこと、やりたくないことなどを明確にする作業です。過去の印象的な経験を書き出し、そのときに感じた思いや自分がどのように立ち回ったかなどを書き連ねます。それをもとにデータをまとめると、自分がどんな場所で、どう活躍していきたいかが鮮明になるという具合です。

業界研究

自己分析で分かった、「自分が興味のある分野=業界」について調べる作業です。まずは興味のある業界の、代表的な企業や市場規模、業界全体の需要などを調べましょう。調べていくうちにイメージとの相違が出てくる業界もあるため、ふるいに掛けていきます。残った業界について、さらに代表的な企業の相互関係や業績、将来性などを調べ、最も気になる業界を選んでください。

企業研究

選んだ業界の中から、気になる会社を選定していきます。業界内でどんな位置づけにある会社なのかや、企業規模、展開している事業、サービス対象などが参考になるでしょう。社員数や企業理念、今後の事業展開、関連会社、雇用条件といった内容もチェックポイントです。似たようなサービスを行っている会社でも、必ず違いはあります。その違いから、先述した「志望動機」につなげていきましょう。
ただし、求人募集をしている会社なのかは真っ先に調べておいてください。志望企業が見つかっても、そもそも求人が出ていなければすぐに転職することは難しいからです。

魅力的なエントリーシートに仕上げる4つのコツ

企業にもよりますが、面接と違って、採用担当者が書類選考にじっくり時間をかけることは一般的には少ない傾向にあります。たくさんの書類に目を通すため、無駄のないペースで見ていかなければならないからです。洗練された作業の中で、採用担当者の目に留まる内容を作成できるかがカギとなります。
魅力的なESを仕上げるために、以下の4つのポイントを意識してみましょう。

1.分かりやすく簡潔に書く
「読み返さないと分からない」「何が言いたいのか分からない」と、読み手を悩ませる文章は、意欲を図る前に「ビジネススキルが足りない」と判断されることも。ビジネスで求められるのは、伝えたい内容を分かりやすく人に伝達することです。
「最初に結論を述べる」「結論に至った理由を添える」「具体例を紹介する」「その経験を今後どう活かすかまとめる」という順で伝えると、分かりやすくなります。
分かりやすい言葉を使い、見た目も読みやすいよう、改行や空行なども適宜使用しましょう。

2.設問の意図を考えて回答する
的外れな回答も、ビジネススキルへの不安を抱かせる要因です。ビジネスの場で、問われていることに対してピントがずれた回答をすれば、契約に結びつかなかったりトラブルが発生したりするため。なぜそれを聞きたいのか、企業側の立場になってから回答を考えるようにしましょう。

3.嘘は書かない
嘘は信頼関係を崩すもの。企業側の求める人材とマッチするために誇張して書く方もいますが、事実でなければ面接で質問された場合に回答に詰まることもあります。入社後に「実はできない」と判明すればトラブルになることもあるでしょう。

4.提出前に添削をしてもらう
できあがったエントリーシートは、第三者に添削してもらいましょう。大学や専門学校であれば就職キャリア支援センターで見てもらえますが、転職活動では家族や友人、先輩などに頼る方が多いようです。
しかし、身内からの添削は甘くなりがちなうえ、プロ目線での評価には届かない場合も。
転職エージェントを使えば、自分や身内では気づかなかったアドバイスをもらえます。

ハタラクティブでは、第二新卒や既卒など、さまざまな方の就職活動を支援しています。エントリーシートの作成方法はもちろん、好印象を与えられる履歴書の書き方や面接対策など、就活において出てくるさまざまな悩みや疑問をしっかりサポート。担当するのは、経験豊富なプロであるアドバイザーです。賢く効率的に進めるための就活は、ぜひハタラクティブにお任せください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION