既卒ニートから就職するには?公務員も目指せる?就活方法とコツを解説

既卒ニートから就職するには?公務員も目指せる?就活方法とコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 既卒ニートとは、学校卒業後の就業経験がなく非正規職にも就いていない人のこと
  • 既卒ニートは、若いうちはポテンシャル採用や新卒枠採用の可能性がある
  • 既卒ニートが就活のためにやるべきなのは、生活リズムを正すこと
  • 既卒ニートの就活では、就職エージェントやハローワークの利用がおすすめ

既卒ニートから正社員を目指したいと思いつつ、実現できるのか不安に思っている人は多いでしょう。ポテンシャル採用や新卒枠採用の可能性がある若いうちであれば、既卒ニートが就職するチャンスは十分にあります。このコラムでは、既卒ニートが正社員採用される可能性を解説。行なっておくべき準備や、おすすめの就活方法についてもまとめました。正社員を目指して一歩踏み出すための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒ニートとは?

既卒ニートとは、学校卒業後に一度も正社員として就職したことがない人のうち、通学も就労もしていない人のことを指します。混同されやすい言葉として挙げられるのは、「第二新卒」や「フリーター」など。第二新卒は新卒として就職したものの、3年以内に離職した人のことで、社会人経験があるという点で既卒ニートとは違います。また、フリーターはパートやアルバイトで生計を立てている人を指すため、就業していない既卒ニートとは区別されるのです。

既卒ニートから正社員を目指すことは可能?

既卒ニートからでも、正社員を目指せます。年齢が若いうちはポテンシャルが評価されやすく、新卒採用枠を狙えるチャンスもあるからです。以下で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

若いうちはポテンシャル採用の可能性がある

若い既卒ニートは、ポテンシャルを見込んで採用される可能性があります。ポテンシャル採用とは、すでに備えているスキルよりも、将来の成長に期待して評価を行う選考方法のこと。経歴よりも熱意や人柄を重視してもらえるため、社会人経験がない既卒ニートは、ポテンシャル採用が狙える若い年齢のうちに正社員を目指したほうが良いといえるでしょう。

既卒ニートは公務員も目指せる

公務員試験に合格すれば、既卒ニートから公務員になることも可能です。ただし、公務員試験は年齢制限が設けられていることが多く、上限は自治体や職種によって異なります。受けたい公務員試験の受験資格を調べたうえで、早めに行動する必要があるでしょう。既卒ニートから公務員を目指す方法を詳しく知りたい方は、「ニートから公務員になれる?試験の内容や面接のコツ、注意点を徹底網羅!」をご一読ください。

既卒ニートは新卒枠採用のチャンスもある

既卒ニートは、新卒採用枠に応募できる場合もあります。特に学校卒業後3年以内なら新卒扱いとする企業は多いようです。新卒枠は中途採用枠に比べて採用人数も多く、大学在学中の学生を対象としているため経歴も重視されません。入社後は社会人としてのマナーや仕事のノウハウを基礎から教えてもらえるため、既卒ニートも着実にスキルを身につけられるでしょう。
また、企業によっては新卒採用枠でしか社員を募集していない場合もあるので、既卒ニートの就職先の選択肢も広がります。「既卒は新卒枠と中途採用枠どっちに応募?内定獲得に有効なポイントをご紹介」では新卒枠に応募するメリットとデメリットを解説していますので、参考にしてみてください。

既卒ニートが早めに就活を始めたほうが良い理由

既卒ニートの期間が長引くと企業側に不安を抱かれやすくなり、就職も難しくなるため、早めに就活を始めたほうが良いといえます。既卒ニートにも就職のチャンスはあるからと安心せず、すぐに行動を起こしましょう。

既卒ニート期間が長いと不安を抱かれやすい

既卒ニートの期間が長引くほど、企業側の不安は大きくなる傾向にあります。就活もアルバイトもしていない空白期間の長さから、「なぜ働こうとしなかったのか」「何か問題を抱えているのでは」と懸念を抱かれやすくなってしまうのです。また、「そもそも就業意欲が低いのでは」とマイナスのイメージを与えてしまうことも。意欲の低い人材は入社後の成長が見込めないため、不安が払拭できなければ採用が見送られてしまうこともあるでしょう。

年齢が上がるほど就職は難しくなる

既卒ニートのまま年齢を重ねるほど、就職は難しくなります。若いうちであれば将来性や意欲を重視されるのに対して、年齢を重ねた人材は経験に見合うスキルを期待されるからです。また、年齢が高い人材に、マナーやスキルを一から教える手間はかけられないと判断されてしまうことも。就業経験のない既卒ニートの採用ハードルは、年齢が上がるほど高くなってしまうでしょう。

就職を目指す既卒ニートが行うべき3つの準備

ここでは、既卒ニートが本格的に就活を始める前に行うべき3つの準備を紹介します。

1.生活リズムを整える

何から始めれば良いか分からない既卒ニートは、自身の生活リズムを見直し、整えることから始めましょう。時間に縛りがないニート生活は、就寝時間や食事が不規則になりがち。中には昼夜逆転の生活を送っている人もいるでしょう。就活は基本的に日中行われるため、生活が不規則なままだと集中力の低下や体調不良につながる恐れがあります。
生活リズムを整えるには、1日のスケジュールを決めて行動するのがおすすめです。設定した時間どおりに毎日行動することで、徐々に正しい生活リズムに慣れるでしょう。

2.他者と会話する機会を増やす

既卒ニートが就職するには、他者と会話する機会を増やすことが大切です。他者と触れ合う機会が少ない既卒ニートの中には、コミュニケーション能力に苦手意識を持っている人も少なくありません。円滑なコミュニケーションができないと、面接で自分の考えを伝えることも難しくなるため、準備期間中に克服しておく必要があります。
克服するには、「家族との会話を毎日交わす」といった小さな目標から始めてみましょう。身近な人とのコミュニケーションに慣れてきたら、外出して店員や近所の人と言葉を交わす機会を作ります。他者と交流することで気分転換もできるので、おすすめの方法です。

3.就職までのToDoリストを作成する

就活を始める前に、就職のためにやるべきことを期限付きでリスト化しましょう。既卒ニートが就職するためには、入念な計画と目標設定が大切です。「就職する」という大きな目標を達成するために、「やるべきこと」を考えてToDoリストとしてまとめます。目標達成までの道筋を明確にすることで、資格取得の勉強や職業訓練を受講するモチベーションにもつながるでしょう。

既卒ニートにおすすめの3つの就活方法

既卒ニートにおすすめの就活方法としては、「求人サイト」「ハローワーク」「就職エージェント」の3つが挙げられます。それぞれの特徴を理解して、自分に合った方法を選びましょう。

1.求人サイトで情報収集する

求人サイトには幅広い職種の求人情報が掲載されているため、情報収集から始めたい既卒ニートにおすすめの方法です。求人サイトは、スマートフォンやパソコンを使って気軽にアクセスできるメリットがあります。さらに、「未経験歓迎」や「職歴不問」など、自身の希望に合わせた条件で検索すれば、仕事を探しやすいでしょう。
ただし、求人サイトから選考に申し込んだ場合、面接の日程調整や応募書類の準備などはすべて一人で行う必要があります。就活に慣れていない既卒ニートは、準備が滞ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

2.ハローワークを利用する

第三者のアドバイスを受けながら就活を進めたい既卒ニートは、ハローワークを利用してみるのも良いでしょう。ハローワークは、国が運営する公共職業安定所で、求人紹介だけでなく職業相談や就職支援セミナー、職業訓練などを実施しています。全都道府県に設置されており、地元企業の求人を多く取り扱っているのが特徴です。

ジョブカフェの利用も検討してみよう

既卒ニートは、ハローワークだけでなくジョブカフェの利用も検討してみましょう。ジョブカフェは若者の就職を支援するための施設。キャリアカウンセラーによるマンツーマンのカウンセリングや、就職に役立つセミナーなどを受けられます。ジョブカフェの支援内容は、「ジョブカフェはニートでも利用することができる?」で解説していますので、ご一読ください。

3.既卒ニート向けの就職エージェントに相談する

よりきめ細かいサポートを受けながら就活を進めたい既卒ニートは、就職エージェントの利用がおすすめです。就職エージェントとは、民間企業が提供する就職支援サービスのこと。面談にもとづく求人紹介や選考対策、企業とのやり取りの代行などのサービスを、専任のアドバイザーが一貫して行ってくれます。充実したサポート体制で、既卒ニートも安心して就活を進められるでしょう。
就職エージェントの対象者や求人情報は運営する企業によって違うため、自分に合ったサービスを選ぶ必要があります。既卒ニートの場合、「既卒向け」と明記してあったり「未経験可」の求人を多く扱っていたりするサービスを選ぶと良いでしょう。

既卒ニートが就職を成功させるためのコツ

ここでは、既卒ニートが就職を成功させるための3つのコツを解説します。事前に内容を理解し、就活に役立ててみてください。

1.まずはアルバイトから始めてみる

正社員を目指す前に、まずはアルバイトを経験してみるのも一つの手です。アルバイトの業務は正社員よりも責任が軽いものが多いため、既卒ニートが働くことに慣れるための環境としては最適といえます。アルバイトとして働くことが特定の業界や職種への興味につながり、正社員を目指すモチベーションにつながる効果も期待できるでしょう。

アルバイトは期間を決めて取り組もう

既卒ニートがアルバイトを始める際は、取り組む期間をあらかじめ決めておくことが大切です。期間を設けないままだとダラダラとフリーター生活を続けてしまい、就職のタイミングを逃してしまう恐れがあります。「1年後には正社員として就職する」というように、最初に具体的な目標を定めてからアルバイトに取り組むようにしましょう。

2.未経験歓迎の求人に積極的に目を向ける

既卒ニートが仕事を探す際は、「未経験歓迎」の求人を重点的にチェックする必要があります。未経験者の採用を積極的に行なっている企業ほど、入社後のサポート体制が整っている場合が多いからです。具体例として挙げられるのは介護業界やIT業界など。ニーズの高まりによって人手不足が続いている業界ほど、未経験者を採用する傾向にあります。研修や資格取得支援制度などを利用できる職場環境であれば、既卒ニートも仕事を続けながらスキルや実績を積み重ねていけるでしょう。

3.面接対策は徹底して行う

既卒ニートは面接対策を徹底して行うことも大切です。特に「既卒ニートになった理由」や「既卒ニート期間の過ごし方」は面接でよく聞かれる質問なので、自信をもって回答できるように準備しておきましょう。

既卒ニートになった理由を説明できるようにしておく

既卒ニートになった理由を聞かれた際は、嘘をつかずに正直に伝えましょう。後ろめたい理由を隠そうとしても、話していくうちにつじつまが合わず、面接官に嘘を見破られる可能性が高いからです。面接で嘘をついたことで、信用を失ってしまう恐れもあるでしょう。「就活に失敗したから」「就職する気が起きなかったから」といった理由も正直に伝え、現在は反省して働く意欲があることをアピールすれば、面接官にも納得してもらいやすくなります。

既卒ニート期間の過ごし方を整理しておく

「既卒ニート期間に何をしていたのか」という質問は、面接でよく聞かれるので、事前に整理しておきましょう。面接官は既卒ニート期間中の行動を知ることで、「長く働いてくれる人材か」を見極めたいと考えています。そのため、既卒ニートになった理由と同様に正直に話せば、不安を払拭することは十分に可能です。「興味の幅を広げるために読書量を増やした」「自分と向き合って仕事への思いを再確認した」など、実際の経験を盛り込みながらやる気をアピールしましょう。

「一人で就活を進めるのが不安」「面接で何を答えたら良いか分からない」という既卒ニートの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、ニートやフリーター、既卒者などの若年層に特化した就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーが仕事探しから面接対策、企業とのやり取りなどを全面的にサポートするので、安心して就活を進められます。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

既卒ニートに関するお悩みQ&A

ここでは、既卒ニートに関する疑問や不安を解決します。

既卒ニートに当てはまるのはどんな人?

既卒ニートとは、高校や大学、専門学校を卒業後一度も正社員就職した経験がなく、現在も就学や就業をしていない人のことを指します。既卒ニートは学校卒業後に就業経験がある第二新卒や、非正規の仕事で生計を立てているフリーターと混同しやすい言葉なので、注意が必要です。詳しくは、このコラムの「既卒ニートとは?」をご一読ください。

既卒ニートから正社員を目指せる?

既卒ニートから正社員を目指すことは可能です。特に、ポテンシャル採用や新卒枠に応募できる可能性がある若いうちであれば、採用のハードルは低めであるといえるでしょう。ただし、年齢が上がるほど既卒ニートからの就職は難しくなるため、早めに行動することが大切です。既卒ニートが早めに就活したほうが良い理由は、「ニートって何歳まで?20代のうちに就活すべき理由や注意点を解説!」でも解説しているので、参考にしてみてください。

既卒ニートから就職するにはまず何をしたら良い?

既卒ニートから就職を目指すためには、まず生活リズムを整えることから始めましょう。不規則な生活リズムのままだと集中力が低下しやすく、選考で十分な力を発揮できない恐れがあります。毎日決まった時間に起きたり食事をとったりすることを心掛けて、正しい生活リズムに慣れましょう。生活リズムを整える具体的な方法は、このコラムの「就職を目指す既卒ニートが行うべき3つの準備」をご覧ください。

既卒ニート向けの就活方法にはどんなものがある?

既卒ニートの就活方法としておすすめなのは、サポート体制が充実している就職エージェントです。専任のアドバイザーが一貫してサポートしてくれるので、不安や疑問を解消しながら就活を進められます。既卒者を対象とした就職エージェントを利用すれば、自分に合った仕事を見つけやすくなるでしょう。ハタラクティブは既卒者やニートなどの若年層を対象とする就職エージェントです。ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ