転職にかかる期間はどのくらい?転職期間と準備方法

転職にかかる期間はどのくらい?転職期間と準備方法の画像

この記事のまとめ

  • 転職の平均期間は3カ月から半年程度
  • 年齢によって転職が長期化する理由は企業のニーズに合っていないから
  • 転職をスムーズに行うには事前準備が大切

転職活動の期間が長期化してしまうと、精神面や金銭面に負担がかかる傾向にあります。
転職をスムーズに行い、求職期間を短縮するためには、どのようにしたら良いのでしょうか。今回は、転職にかかる期間と転職の進め方についてご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動の平均期間とは?

転職の平均期間は、およそ3カ月から半年程度と言われています。
個人の能力や経験はもちろん、転職活動を始めるタイミング、転職活動の進め方によって転職に要する期間は異なります。

在職時から転職活動を行う場合は、働きながら準備を進めるため、転職活動に当てる時間作りや採用面接のスケジュール調整などが上手くいかないと、長期化しやすい傾向があります。
しかしながら仕事や収入があるため、未就業で転職活動を行うよりも金銭面の不安や「仕事がない」というプレッシャーがが掛かりにくく、精神的な負担が少ない傾向にあります。

一方、仕事を辞めてから転職活動を行う場合、転職活動が長期化した時に、金銭面の不安や転職先が決まらないことによる焦りがでるケースもありますが、転職1つに集中して動くことができるため、スムーズに転職活動を進めることができます。

転職にかかる期間は年齢によって違う?

年齢が1つの要因となり転職活動期間が長くなるのは、希望する業種のニーズに合っていないことが考えられます。
販売業やサービス業、営業などでは、実務を通して仕事のノウハウや知識を得ていくことことが求められます。
そのため、採用の際には、若い人材の柔軟性を求める企業が多いため、採用平均年齢が低い傾向にあります。

一方、建設関係や不動産関係、メーカーやITなどでは、中途採用者を即戦力として雇用するケースもあります。
応募者の年齢が高い場合でも、業界に必要な知識やスキル、経験を重視する傾向にあるため、それほど年齢を意識する必要はないでしょう。

転職期間を短くするには?

転職期間を短くするためには、転職活動の事前準備をしっかりと行うことが大切です。
転職期間の長期化による精神的な負担、費用の負担を軽減するためにも、転職活動はスムーズに行うことを心がけましょう。

まず、自己分析で自分が持つスキル、経験を整理し、自分が転職を希望する業種にマッチするのかをよく考えてみましょう。
自己分析をおろそかにしてしまうと、希望する企業に入社することができた場合でも、想像と実際の業務とのギャップを感じることもあるかもしれません。

また、希望する企業の情報を集める際には、求人に記載されている内容だけでなく、広く情報収集を行いましょう。
仕事の内容や企業について幅広い情報を集めるには、その企業に勤める人に話を聞いたり、同業種に勤めている人から話を聞くのが良いでしょう。

なかなか、話を聞ける人がいない、企業の情報収集が進まないという人は、転職エージェントを利用してみるのはいかがでしょうか。

転職エージェントでは、専門のアドバイザーに相談しながら転職活動を進められるほか、希望に沿った求人紹介、企業の詳しい情報の提供など、様々なサービスを行っています。
第二新卒や既卒、フリーター向けの就職・転職支援サービスのハタラクティブには、経験豊富な就活アドバイザーが在籍。面接のスケジュール調整や応募書類の添削など、幅広く転職をサポートしています。転職に不安のある方は、ぜひハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ