無職期間を挽回!転職面接でのベストな答え方とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 無職期間を挽回!転職面接でのベストな答え方とは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・無職期間が長いと、「何か問題がある人材」というイメージになってしまう
    ・無職期間中も今後に向けて行動していた点を伝えよう
    ・面接では主体的で前向きな姿勢を示すことが大切

ブランクが長いと、面接でほぼ必ずその理由を聞かれますが、どのように答えるとマイナス評価を避けられるのでしょうか?

今回のコラムでは、「怠け癖があるのでは?」という面接官の疑いを払拭し、マイナスをプラスに変える回答法をお教えします!

◆無職期間は転職にどう影響する?

退職後の転職活動では、転職先が決まるまで無職で過ごすことになりますが、この無職期間には注意が必要。というのも、一定以上のブランクは転職活動にマイナスに働く可能性があるからです。

経済的に余裕があるから無職状態が長引いても問題ないという人がいますが、ブランクが長いと「怠け癖がありそう」「働く意欲がない」「何か問題があるのでは」と思われ、採用のハードルが上がるかもしれません。

転職活動のやり方は人それぞれなので一概にはいえませんが、転職にかかる平均的な期間はおよそ3ヶ月。そのため無職期間が3ヶ月以内であれば「転職活動をしているのだな」と理解してもらえますが、半年以上もブランクが続くと上記のように思われる可能性が出てきます。

このようなことから、退職後は3ヶ月以内を目標に転職先を決めた方が良いでしょう。ただ、状況によっては転職期間が長引くことも考えられるので、次項からはブランクが長い人が評価を下げられない方法をお教えします。


◆無職期間を挽回する回答のコツ

無職期間が長くなると必ずといって良いほど面接で理由が問われるので、回答を準備しておく必要があります。回答内容は個人の状況によって異なりますが、共通するポイントは「ネガティブな要素を入れず、前向きな姿勢を示す」こと。内定が出ずに転職活動が長引いていたとしても、「納得がいく転職先を見つけたいと思い、妥協せずに転職活動している」と説明すれば、強い意思を持って行動していると伝わります。

転職活動をしていなかった場合でも、「自分を見つめな直す時間として、自己分析をやり直したり、人に話を聞いたりして業界や仕事について調べていた」と答えれば、「何もせずに怠けていた」という印象にはなりません。留学や資格取得の勉強など、スキルアップのための活動をしていた人は、何のために勉強したのかという動機や活動の成果を説明すると、目的意識をもって行動できる人材と評価されるのではないでしょうか。

ブランクを問われた時の回答に限らず、面接では前向きで主体的な姿勢を示すことが大切です。無職期間が長いからと自信なくぼそぼそと話す姿は魅力的に見えません。もし自分の計画不足でブランクが長引いている場合は、何がいけなかったのか、これからどうすべきなのか反省し、その後は気持ちを切り替えて面接に臨みましょう。


◆ハタラクティブなら在職中の転職活動でも負担が少ない!

無職期間が長引くリスクを避けるためには、やはり在職中の転職活動がおすすめです。在職中に転職活動をすると、収入のない焦りから不本意な転職先に決めてしまう事態も避けられます。

とはいっても、在職中はスケジュール調整が難しく、「仕事と並行しながら転職活動するのは無理」という人もいるでしょう。

そんな時は、一度転職支援のハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは求職者一人ひとりに担当者がつき、面接日程や入社日の調整を代行するので、忙しくて企業とのやり取りができないという方も安心
希望や適性に合った求人提案や書類・面接対策で、効率的に内定獲得を目指せます!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ