その転職、後悔しない?仕事を辞めたい理由を考えよう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 退職コラムTOP
  4. >
  5. その転職、後悔しない?仕事を辞めたい理由を考えよう

2017/10/03

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたいと思う理由は、人間関係が上手くいかない、給与に不満がある、業務が多くプライベートな時間が取れないなど
    ・仕事を辞めたいと思ったら、転職後に後悔しないために、辞めたい理由が改善されるよう努力をしてみる
    ・改善策としては、人間関係が上手くいくよう考え方を変える、部署の移動を申請する、給与を上げるために会社の評価基準を知る、スキルアップの努力する、業務の効率化を図り残業を減らすなど
    ・努力をしても改善しない場合、会社がブラック企業の場合、仕事内容が合っていない場合は、転職を考えてみる
    ・転職活動を焦らないためにも、仕事を辞めるのは転職先が決まってから
    ・転職は、企業とのやり取りを代行してくれる転職エージェントを活用するのがおすすめ

「仕事辞めたいなぁ」多くの人が一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。
しかし、そう思うことはあっても、せっかく入社した会社を退職すると決めるのは簡単なことではありません。
本当に辞めても良いのだろうか、改善策があるのでは?そう悩んでいる方は、このコラムで気持ちを確かめてみましょう。

◆仕事を辞めたいと思う理由

ミスをした、怒られた、寝坊した・・・小さなものから大きなものまで、日々働く中で仕事を辞めたくなる理由は様々。
しかし、本当に仕事を辞めたくなる時、多くは以下のような理由が挙げられるようです。

【職場の人間関係】

睡眠時間以外の1日の大半を過ごすことになる職場。
上司や同期、後輩との人間関係が上手くいかなければ辞めたくなるのも頷けます。
職場は友達をつくる場所ではないといいますが、働く上で苦難を共に越え喜び合える仲間がいるかどうかで、仕事の楽しさも変わってくるはず。
よりよい人間関係の職場で働きたいという理想は誰しも抱くものではないでしょうか。

【給与、待遇に不満がある】

「給与が自分の働きに見合っていない。大学の同期が、高待遇で働いている。」
というように、給与や待遇に不満を持つ人は少なくないのではないでしょうか。
特に、結婚を意識する年代になってくれば、独身時代よりも出費がかさむため、より良い条件の会社で働きたいと思うのは当然のことです。

【会社の将来性が不安】

会社の業績が悪い年が続いたり、給料の支払いが滞ったり、明らかに会社の将来に不安を感じるようになったら、誰しも会社を辞めたくなるのではないでしょうか。
また、給与アップやキャリアアップが期待できない会社では、働くモチベーションが低下してしまうもの。
不安の中で働くのであれば、思い切って転職をしようと思う人も少なくないようです。

【残業、休日出勤が多い】

いつも帰りは終電。土日返上で仕事へ。
プライベートな時間がとれないほどの業務量では、精神的にも体力的にも疲れてしまいます。
友達や恋人との時間が取れない日々に虚しさを感じて、仕事を辞めたくなってしまう人も多いのではないでしょうか。


◆仕事を辞める前に

それぞれの理由で仕事を辞めたいと思った時、本当に辞めてしまう前に、仕事を続けるためにできることはないかを考えてみましょう。
できるだけのことをして辞める決意をしたのであれば、後ろ髪を引かれることなく転職活動を始めることができます。

【人間関係が改善するよう努力する】

言うことがコロコロ変わる上司、怠けているように見える同期、言うことを聞かない後輩。
人間関係の悩みは尽きないかもしれません。
しかし、もしも辞めたい理由が人間関係だけなのであれば、それさえ改善すれば理想の職場となる可能性も。
例えば、その時その時で考えが変わる上司は、メモを取って共有しておく、上司の意見が変わりそうだなと予感したら先に最善策を提案してみる、何度もやり直しをさせられることもスキルアップと考える、など。
怠けているように見える同期は、もしかしたら自分の知らないところで仕事や努力をしているかもしれません。
自分が見えているものが全てではないはずです。相手が見えないところで努力をしているとしたら、負けていられないと頑張れるのではないでしょうか。
また、実際に怠けていたとしても、自分ばかり働いていると思わずに、自分に与えられた仕事をこなし評価を上げることを考えましょう。
言うことを聞かない後輩がいれば、自分が新入社員だった頃を思い出し、育ててくれた上司や先輩社員に感謝できるかもしれません。
誰かを叱ったり指導したりするのは大変です。後輩を育てることもスキルアップと捉えましょう。愚痴にならないよう周りの人に相談するのも大切です。

全てに共通していることは、人間関係において相手を変えることは難しいということです。
まずは自分が相手との関係性を変えるよう努力することで、改善されることもあるのではないでしょうか。
他人のためではなく、自分のための努力だと思いましょう。

【部署の異動を申請する】

上記のような努力をしても人間関係が改善しない場合は、部署異動の申請をしてみるのも一つの手段です。
仕事を辞めるまでの決意が固まらないという人は、まずは部署を異動して新たな人間関係を築いてみるのもいいのではないでしょうか。

【会社の評価基準を知る】

給与や待遇に不満がある方は、まずは自分のスキルを見直してみましょう。
自分の会社がどのような評価基準を設けているのかを知ることも大切です。
自分では一生懸命仕事をしているつもりでも、会社の評価基準とズレてしまっている可能性もあります。
そして、その評価基準で評価されるような努力をしてみます。
また、明確なキャリア目標を持ち、資格取得やキャリアアップを図るのも有効です。

【業務の効率化を図る】

就業時間内に業務が終わらない場合、仕事の進め方を見直してみましょう。
苦手な仕事、時間のかかる仕事を自分で把握する、時間を区切って集中力を高めるなど、効率よく仕事を進められるようできることから始めます。
残業がゼロにならなかったとしても、少しでも帰宅時間が早くなるように工夫してみることが大切です。


◆転職を考えた方がよいケース

上記のような改善策を講じても状況が変わらない場合、思い切って転職をしてみるのも一つの手です。

また、「仕事を辞めたい」と思っている人の中には、努力をして改善するよりも先に、転職を考えた方が良い場合もあります。
例えば、パワハラやセクハラを受けているなどの改善できない人間関係や、業務過多、入社した会社がブラック企業だったなど、精神的にも体力的にも限界を感じている場合は、無理をせずに転職をした方がいい良いでしょう。
せっかく入社した会社を辞めるのは簡単なことではないですが、自分自身よりも大切なものはありません。無理を続けて体調を崩す前に退職することをおすすめします。

そのほか、仕事内容が合っていないことが理由で仕事を辞めたいと思っている場合も、転職を考えた方が良いでしょう。
仕事内容が合っていない会社で結果を残せないでいるのであれば、自分に合っている仕事を見つけて転職することで、今までよりも仕事にやりがいを持てることもあるからです。


◆転職はエージェントを活用するのがおすすめ

「仕事辞めたい」から「仕事辞めよう」に変わったら、転職活動を始めましょう。
その際、転職活動は仕事を辞める前に行うことをおすすめします。
次の仕事が決まる前に仕事を辞めてしまうと、収入がなくなることから転職に焦りが出てしまい、満足のいく転職ができなくなってしまう可能性があるためです。
しかし、仕事を続けながらの転職活動は思っている以上に大変です。そんな時に活用してほしいのが転職エージェント。
転職エージェントを利用するメリットは、面接日のすり合わせや自分では聞きにくい質問など、働きながらでは大変な企業とのやりとりを全て代行してくれるところではないでしょうか。

ハタラクティブは若年層に特化した転職エージェントです。
仕事を辞めて良いのだろうかという悩みから、どんな仕事が合うだろうかという漠然とした相談まで、マンツーマンのカウンセリングでお応えします。
履歴書などの書類作成や面接対策、内定後のフォローまで、安心して転職活動を行えるよう完全サポート。サービスは全て無料です。
仕事を辞めるという大きな決断をした皆さんの転職が、納得できるものになるようお手伝いします。
ぜひ一度ご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ