新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 積極採用される?第二新卒の転職事情と成功のコツとは

積極採用される?第二新卒の転職事情と成功のコツとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・新卒で入社して3年以内の求職者を第二新卒と呼ぶことが多い
  • ・教育コストがかからない、柔軟性や適応力が高いといった理由で、第二新卒を積極採用する企業がある
  • ・第二新卒の転職は、企業とのマッチングを重視することが大切
  • ・退職理由を前向きに伝える、無職期間を作らないなどのポイントを押さえて転職を成功させよう

第二新卒という言葉を聞いたことのある人もいると思いますが、その定義は理解していますか?
また、近年では第二新卒を積極的に採用する企業もあるようですが、一般的な中途採用に比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。
当コラムでは、第二新卒の定義や企業側のメリットを解説。
自分が第二新卒に当てはまるか知りたい方や、第二新卒の強みを把握して転職を成功させたい方に向けた内容となっています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

企業から見た第二新卒のメリット

最初に、第二新卒はどのような人を指すのかを確認しておきましょう。
明確な定義はないものの、第二新卒とは「新卒入社した企業を3年未満で離職した、若手の求職者」を指すことが多いようです。
例えば、4年制大学を卒業した第二新卒であれば概ね25~26歳の転職活動をしている人が当てはまります。

前職を短期で辞めている第二新卒ですが、積極的に採用する企業もあるようです。
企業が第二新卒を採用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

教育コストを抑えられる

先述のように、第二新卒は短期間であっても社会人経験があるので、基本的なビジネスマナーや仕事の基礎を教える教育コストを抑えられます。

教育しやすい

年齢的に若く経験も浅いことから「柔軟」「覚えるのが早い」とされている第二新卒。
仕事に対する知識こだわりや先入観が少なく、教育しやすいことがメリットと考える企業もあるようです。

適応力がある

第二新卒は、複数の企業を経験していたり社歴が長かったりする中途採用に比べて、社会人経験が浅いのが特徴。
そのため、すぐに社風に馴染むなど職場への適応力が高いと言われています。

以上のように、仕事の経験やスキルよりも人柄やポテンシャルを重視されることが多い第二新卒。
企業側にも多くのメリットがあることから、未経験の業界や業種にも挑戦しやすいでしょう。

第二新卒の転職で気をつけるべきポイント

「簡単に転職できそう!」と転職活動を始める方もいると思いますが、第二新卒の転職活動には重視すべきポイントがあります。
第二新卒が転職を成功させるコツは以下のとおりです。

退職理由は前向きに伝える

転職の面接では、退職理由を聞かれる確率が非常に高い傾向にあります。
その際に「残業が多い」「人間関係が良くない」など会社への不満を理由にしてしまうと、「ミスを人のせいにする」「また同じ理由で辞めるかも」などマイナスの印象を与えてしまうでしょう。
企業に好印象を与えるには、「転職で◯◯を成し遂げたい」「キャリア実現のために転職する」のように、将来のビジョンなどを明確にした前向きな理由を伝えることが大切です。

新卒と同じように転職活動をしない

新卒で入社した企業が何らかの理由で「自分に合わない」ことが原因で、転職を検討しているのが第二新卒。
新卒のときと同じように求人を探す人も多いようですが、同じ方法ではまた失敗する可能性も高くなります。
特に、社会人を経験して「なにが自分に合っているか」「なにが合わないか」を理解しているのであれば、自分が重視するポイントを中心にしっかりと企業研究をし、入社後のミスマッチを防ぐべきでしょう。

転職をするなら計画的に!

セクハラやパワハラで精神的に辛いなど、緊急性の高い場合を除いて、転職は計画的に行うのが基本です。
後先考えずに退職してしまうのはリスクに繋がることも。

例えば、転職先を決めずに退職すると収入が途絶えてしまいます。
収入が途絶えると金銭的にも精神的にも余裕を持てず、焦って目先の求人で妥協してしまうかもしれません。
希望を叶えるために退職しても、新しい仕事に満足できなければ転職成功とは言えないでしょう。
また、離職期間が長いと面接時や採用時に企業側が不信感を抱く可能性もあるので、特別な理由がない限りは在職中に転職活動をすることをおすすめします。

「仕事をしながら求人を探すのは大変…」「企業研究の時間がない!」という方は、転職エージェントを活用するのも方法の1つ。
ハタラクティブは若年層に特化した転職エージェントで、多くの第二新卒をサポートしてきた実績があります。
求人サイトでは分からない職場の雰囲気や仕事内容などをお伝えできるので、自分にマッチした求人を見つけやすいのが特徴です。
さらに、面接スケジュールの調整や自己PRの添削、面接対策などは専任のアドバイザーが実施。
チャットアプリを活用して迅速に対応を行うので、業務で忙しい方でもスムーズな転職が可能です!
転職したいけど時間がない、第二新卒の転職事情が知りたいという方はお気軽にお問い合わせください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ