第二新卒だからできる転職のやり方とは?

第二新卒だからできる転職のやり方とは?の画像

テストパターン

この記事のまとめ

  • 第二新卒とは、新卒就職後数年以内に退職して転職活動をする人のこと
  • 第二新卒の強みは、ビジネスマナーを習得していることと教育しやすいこと
  • 第二新卒の就活には、転職サイトや就職支援サービスの活用がおすすめ
  • 第二新卒の転職では、職務経歴書が必要になる
  • 第二新卒は、面接で退職理由を聞かれることが多い

就職後数年で退職をした、いわゆる「第二新卒」に該当する人も多いのではないでしょうか。短期間で離職してしまった第二新卒は、良い印象を持たれない可能性があります。一方で、社会人経験があり、会社に染まりきっていない貴重な人材として、企業から注目されているようです。このコラムでは、第二新卒が転職で成功するために大切なポイントを解説しています。これから転職を考えている第二新卒の方は、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

第二新卒の強み

新卒で採用されたあと、数年以内に会社を辞めて転職活動をする人を第二新卒といいます。第二新卒の場合、長期間一つの会社で仕事を続けなかったという点がマイナスになって転職活動に不利になるのではないかと心配している人もいるようです。

しかし、実際には新卒と比較して強みがあります。

一つは、会社員期間が短かいため、退職前の会社の習慣等に染まりきっていない点です。

採用する会社としては、ほぼ一から自社のやり方を吸収させやすく若さもあるため、教育しやすい人材と認識されます。

もう一つは、短いなりにも社会人を経験していることです。

ビジネスマナーや同年代以外の人とのコミュニケーションを経験しているため、ビジネスの初歩を教育する必要がない点が採用する会社側からみると魅力になります。そのため、第二新卒は注目されていて、積極的に採用しようとする会社も比較的多いです。第二新卒だからといって就職に不利になるわけではないのです。

サイト登録とエージェントの活用

第二新卒が転職する場合、強みがあるといっても、楽々と転職先が見つかるというものではないでしょう。就職にあたっては、自分をどのようにアピールするか、人間性や意欲、短いとはいえどんなキャリアを持っているか等、様々な観点からチェックされることになります。

そのため、第二新卒としてどのように転職活動を進めるかが重要になってきます。

代表的な進め方は二つあります。一つが転職サイトに登録する方法、もう一つが第二新卒の転職支援サービスを使うことです。

転職サイトに登録する方法は、一般的な転職者であれば誰でも使えるサービスですが、自力では探し切れない求人情報を多数持っていますので、利用価値はあります。もう一つの第二新卒の転職支援サービスは、社会人経験がある若者の転職に高度なノウハウを持っていますので、積極的に使うことで転職を有利に進めやすくなるでしょう。

第二新卒の職務経歴書と面接対策

第二新卒として応募する場合、職務経歴書を書くことになります。この書類は新卒には関係ありませんので、初めて書くことになるでしょう。
職務経歴書は、これまでどんな仕事をしてきて、採用されたらどのように役立てるのかを示すための書類です。
しかし、数年以内の経歴しかなければ書くことがないと悩むかもしれません。そういった場合は、採用後の研修内容も含め、やってきたこと、学んだスキルをできる限り詳しく書くことで対処するのがポイントです。
たとえ業務範囲が狭かったとしても、詳しく書くことで真摯に仕事と向き合っていたことが示せるでしょう。

第二新卒と新卒のもう一つの違いは、一度会社を辞めているかどうかです。そのため、第二新卒の面接では会社を辞めた理由を詳しく確認されるケースが多いです。
面接官の質問への答え方のポイントは、やめた理由が前向きで面接に来た会社の事業分野や業務を一刻も早くやりたいという点を強調することでしょう。ネガティブな理由にならないように注意する必要があります。

ハタラクティブは、若者の転職に大きな強みを持っている転職支援サービスの会社です。無料で転職活動の進め方のアドバイスをしているので、上手く活用すれば転職成功の一助となります。

関連タグ

  • arrow