転職回数が多い20代の人が転職する際に意識すべきこと

転職回数が多い20代の人が転職する際に意識すべきことの画像

この記事のまとめ

  • 幅広い仕事に対応できるなど、転職回数の多さを強みにしよう
  • 転職活動とアルバイトを両立させるには、疲れが溜まらず労働時間に自由がある仕事を選ぼう
  • 長く勤めることで伸びる力もある。会社探しでは「長く勤められる」点を重視しよう
  • これまでの退職理由を振り返ることで、長く働ける会社の条件が見えてくる
  • 1人での振り返りに限界を感じているなら、ハタラクティブでプロのアドバイスを受けませんか?



若者が転職活動をする場合、置かれている環境やそれまでの仕事経験、転職経験などによって、転職活動で気を付けるべきポイントは変わってきます。ここでは20代で転職回数が多い人がフリーターをしながら転職活動をする場合、注意すべき3つのポイントについてお伝えします。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

20代で転職回数が多いことを転職活動に活かす

20代で転職回数が多くフリーターをしながら転職活動をしている人がまず気をつけるべきポイントは、20代での転職回数をプラスに活かすことです。
20代に限らず転職回数が多いと、採用担当者は「入社してもまたすぐに辞めるのではないか」と不安になる可能性がありますので、転職回数の多さは転職活動ではマイナスになることもあります。

しかし、20代でさまざまな会社を経験していることで幅広い仕事に対応できるようになった、自分のキャリアプランに沿って着々とキャリアを積み上げてきた、などプラスの面も考えられます。

20代で転職回数が多い人の転職活動においては、いかに転職回数の多さをプラス要素としてアピールできるかがポイントになるということを理解しておく必要があるでしょう。


20代でフリーターをしながら転職活動する場合の時間の確保

2つ目に気をつけるべきポイントとしては、いかに転職活動に必要な時間を生み出すかです。
目的は転職活動にあるにもかかわらず、フリーターとしてのアルバイトが忙しく転職活動の時間がとれなければ本末転倒になってしまいます。
20代がフリーターをする場合、仕事をする上での体力的な制約が少ないため、体力的にハードなアルバイトを選ぶこともあるでしょう。
しかし、体力的にきつい仕事を選ぶと、労働時間以外も体が疲れて転職活動ができないという可能性があります。
そのため、フリーターをしながら転職活動する場合は、労働時間が短いもしくは自由がきくという観点だけでなく、体力的な消耗が少ないという点も考慮して、アルバイトを探すこともポイントでしょう。


20代で転職回数が多い人は長く在籍できる会社を選ぶ

3つ目に気をつけるべきポイントとしては、転職したら転職先の会社でどんなことがやりたいのかについて考えを十分整理しておくことです。
もちろん、転職自体は悪いことではありませんし、転職による利点もあります。
しかし、転職せずにある程度長い期間1つの会社に在籍することで初めて得られるノウハウや知識というものもあるのです。
20代で何度も転職を経験した人は、長く在籍できる会社とはどういう会社だろう、という観点で転職先を探してみることをおすすめします。

長く在籍することで、より深い人間関係が構築しやすくなり助け合いながら仕事を進めることができるようになったり、社内の人望を得て出世したり、大きな仕事や長期的なプロジェクトを任されたりする可能性が広がります。

これまでなぜ就職・転職した企業を退職したのかを振り返ることで長く働ける会社がどのような会社なのか見えてくることがあるかもしれません。

自分一人で考えることに限界を感じたらプロの就活アドバイザーに相談してみてもよいでしょう。あなたにあう企業をハタラクティブでも一緒に探し、紹介することができますので、ぜひご利用してみてください。

関連タグ

  • arrow