仕事に寝坊した!言い訳はどうする?会社にどう伝えたら良い?

仕事に寝坊した!言い訳はどうする?会社にどう伝えたら良い?の画像

この記事のまとめ

  • 寝坊の言い訳には体調不良やトラブルが使われる
  • 寝坊したら言い訳を述べる前に真っ先に謝罪しよう
  • 寝坊の言い訳を考えるなら予防策を講じたほうが根本的な解決につながる
  • 寝坊を改善したいなら、原因を突き止めることが大切

朝起きたら家を出る時間だった、職場からの電話で起きたなど、仕事のある日に寝坊した経験のある人もいるでしょう。早急に会社に連絡する必要がありますが、寝坊したことを素直に伝えるべきか、言い訳をするべきか悩むことも。コラムでは、寝坊に使える言い訳や、寝坊をしない方法をまとめています。寝坊で会社に遅刻すると、周囲に大きな迷惑をかけてしまいます。社会人として、しっかり自己管理を行いましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事に寝坊したときの言い訳

遅刻の連絡をする際に、理由を「寝坊」と伝えることに抵抗がある方もいるのではないでしょうか。
実際の原因とは異なる理由を遅刻の言い訳とする人も少なからずいるでしょう。寝坊の言い訳としてよく使われるのは、体調不良やトラブルです。

体調不良

体調不良は誰にでも起こり得ることであり、最も自然な遅刻理由といえます。また、日頃の行いなどにもよりますが、会社側から信じてもらえる確率は高いでしょう。しかし、体調不良を理由にしてしまうと遅刻ではなく、休みを取るように言われる可能性が高く、また企業によっては通院証明や検査結果の提出が必要なことも。そうなると、本当は体調には問題がないのに受診をすることになります。受診料や検査代の負担がかかるでしょう。また、体調不良や通院を言い訳にしたとき、出勤後に元気だと不信感を抱かれてしまう可能性もあります。

トラブルがあった

トラブルはいつ発生するか分からないため、寝坊の言い訳として使用しやすいでしょう。具体的には電車遅延や貴重品の紛失、家族の体調不良、自宅内トラブルなどが挙げられます。

電車遅延

電車遅延はよくあることなので、あまり疑われずに済む可能性が高いです。しかし、遅延証明がないとたとえ本当に遅延していても認められないことが多いので、バレるリスクも高いでしょう。

貴重品の紛失

財布には現金のほかに運転免許証や保険証、マイナンバーなどの個人情報が記録されたものやクレジットカード、キャッシュカードなど悪用されると大きな問題に発展するものを入れている人が多くいます。その財布を紛失したのであれば、警察への紛失届提出やカードの利用停止手続きなど行わなければならないことが多くあるので、出勤して仕事をしている場合ではないと判断されるはずです。また。利用停止手続きの対応先が24時間体制ではないことも多いため、対応に時間がかかると上司や企業は予測をしてくれるはずです。

家族の体調不調

家族が怪我や体調不良になってしまったということも使える言い訳の一つです。上司らに事前に同居家族の情報などが伝わって入れば、「子供が怪我をした」「同居している親が体調不良で通院に付き合う」などの理由で問題なく遅れての出勤ができるでしょう。家族の問題に、他人である上司らが介入することは難しいからです。基本的に家族なら受診結果や診断書の提出は必要ないでしょう。

自宅内トラブル

洗濯機の排水トラブルや電気・ガスといったインフラトラブルは、寝坊の言い訳として使いやすいもの。上司といえども自宅内の状況までは把握できないため、信じてもらいやすいようです。

寝坊をした際は言い訳よりも正直に謝る方が良い場合も

体調不良や予期せぬトラブルといった言い訳は、上司や同僚が納得してくれる可能性が高く、寝坊よりも罪悪感や気まずさがなく出社できるため、つい使ってしまうこともあるでしょう。
しかし、何かのきっかけで嘘がバレてしまったときのリスクを考えると、嘘の言い訳はあまりおすすめできません。
仮にうまくいっても、何度もこのような理由で遅刻を繰り返せば、信頼関係にも影響が出ることも考えられ、ひどい場合には懲戒処分を受ける可能性も
たとえ言いづらくても遅刻の理由を正直に伝え、再発防止のためになにができるかを考えて実行することが大切です。

仕事に寝坊した!会社に遅刻するときのマナー

どんなに気をつけていても、真面目に働いている人でも、寝坊をしてしまう可能性はゼロではありません。そんなときは焦ってしまうものですが、まずは落ち着いて、できるだけ会社に迷惑のかからない方法を考えましょう。

寝坊で遅刻がわかった時点で早めに連絡をする

まず、一番にしなければいけないのが、会社への連絡です。
遅刻の連絡をするのは気が引けますが、遅くなればなるほど電話をするのが億劫になってしまいます。また、連絡をしないと仕事上の迷惑だけでなく、通勤途中になにかあったのでは?と上司や同僚に心配をかけてしまうかもしれません。
少し気持ちを落ち着かせたら、できるだけ早く連絡をするようにしましょう。

連絡は電話が基本

電話口で直接話すのが怖いという人もいるかもしれませんが、遅刻の連絡は電話で行うのがマナー。
ですが、会社によっては「電話ではなくメール」など決められていることもありますので、就業規則を確認しましょう。メールで遅刻を伝えるときは「会社に遅刻したとき・しそうなときはどうする?対処方法を詳しく解説!」のコラムを参考にしてください。

できるだけ早く出社する

遅刻が確定していても、できるだけ早く出社するのが社会人としてのマナー。5分の遅刻と1時間の遅刻では、印象が全く異なります。遅刻の事実は消えませんが、できるだけ早く出社することで誠意を示しましょう。

出社後に必ず謝罪する

遅刻をしている時点で大きな迷惑をかけていることを自覚し、出社したら謝罪を最優先してください。上司に謝罪したら、周囲にも同じように伝えます。謝罪がないと「遅刻して当たり前と思っている人」「周囲のことを考えない自己中心的な人」とネガティブな印象を持たれてしまいます。

改善策も合わせて伝えよう

謝罪を伝えるときに、「今後は寝坊しないよう目覚ましを増やします」「通勤経路を複数確認し、遅延したときスムーズに対応できるよう準備しておきます」など改善策を伝えると印象アップ。寝坊や遅刻に対して深く反省していること、同じミスを繰り返さないよう意識を持っていることを伝えられます。

寝坊しないための対策

寝坊の言い訳を考えるよりも、寝坊しないように対処することを優先しましょう。あまりにも寝坊や遅刻が多いと、勤務態度不良として処分される可能性も。自分のためにも、寝坊は改善するべきです。

寝坊の原因を突き止める

朝起きれないから仕事に行けない!ストレスの原因と解決法」のコラムでも紹介しているように、寝坊の原因は夜更かしや飲酒など。悩み事やストレスでなかなか寝付けない方もいるでしょう。寝坊を改善するには、原因を突き止めて適切な対処をすることが第一歩です。

寝る前の刺激を減らす

代表的なのが、寝る前のスマホ。ベッドに入ったあとにスマートフォンやタブレットの明るい画面を見ると、体が寝る体制に入りづらくなるため、寝付きが悪くなってしまいます。パソコンやテレビも同様です。寝る1時間前を目安に電子機器の使用は終わらせ、部屋を暗くして入眠の環境を整えましょう。

目覚ましを多めに用意する

目覚ましを止めて寝てしまうなら、目覚ましの数を増やしたりスヌーズ機能を使ったりして目を覚ます機会を増やします。5分などずらした時間にアラームをセットすれば安心です。

起きたら日光に当たる

寝起きの悪い人は、朝起きてすぐにカーテンを開けましょう。起きたばかりの体に太陽の光を浴びせることで、体が朝を認識してくれます。

休日に寝すぎない

一週間がんばった分だけ週末はたくさん寝たいところですが、昼過ぎや夕方まで寝てしまうと、せっかくできた早起きの習慣を崩してしまいかねません。遅くても平日の起きる時間から1~2時間後には起床しましょう。

どうしても寝坊できないときは誰かに起こしてもらう

大切な会議がある、出張で飛行機の時間が決まっているなど、絶対に寝坊できないときや、日常的に寝坊してしまう方などは、誰かに起こしてもらうのが効果的です。同居人がいれば依頼してみましょう。一人暮らしなら、実家の親や信頼できる友人などにモーニングコールをお願いするのも方法です。

寝坊の原因が働きすぎや不眠など、自分ではどうしようもできないこともあるでしょう。業務や社風と合っていなかったり、オーバーワークだったりすると心身に影響が出て睡眠がうまく取れなくなることもありえます。
仕事に対してストレスを感じているなら、体調を崩す前に転職を検討してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブは20代に特化した転職エージェントです。今の職場に不満や不安があるという方は、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ