ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニート期間に関する質問はよく聞かれるため、事前の準備が必要

    ・事実を伝えつつ、ポジティブな言い換えを心がけよう

    ・業務に関連する勉強をしていたのであれば、どのように貢献できるか具体的に伝えよう

    ・受け答えの内容以外にも、ビジネスマナーを守ることやハキハキと話すことが大切

「スキルアップのために短期留学していた」「資格取得のために勉強していた」などニート期間ができる理由は人それぞれですが、「就職に悪影響がないか不安…」と考える方がいるかもしれません。

ここでは、離職期間がある人に向けて、転職活動の際にどのような準備をすべきかご紹介します。

 

◆面接では必ず聞かれる!

「面接時に離職期間について聞かれたらどう答えよう…」と悩む方は多いかもしれません。後ろめたさや自信のなさから曖昧な回答をすると悪印象につながるため、事前の準備が大切です。

企業側からすると、ニート期間が長い場合「労働意欲がない」「何か問題があるのでは」といった不安要素になります。

入社後すぐに辞められると再度採用活動を行う必要が出てしまうため、人材を見極めるためにも、ニート期間に関する質問は企業にとって重要です。
一般的に、3カ月以上のブランクがあると期間中の過ごし方を聞かれることが多いので、該当する人は回答内容をまとめておきましょう。


たとえネガティブな理由でニート期間が生まれたとしても、反省点を述べた上で今後どのように行動していきたいか伝えれば、前向きな印象を与えることが可能です。

 

離職期間中に業務に関連する勉強をしていた場合は、知識をどのように活かせるか伝えることが大切。学んだことや貢献方法を具体的に話せれば、入社後に活躍する姿をイメージしてもらえるでしょう。

◆どうやって伝える?

ブランクについて話す際には、否定的な印象を与えないための工夫が大切です。ただし、実際に取り組んでいないことや事実とは異なることを話すのはやめましょう。面接官は多くの応募者に接しているため、言葉の端々や態度から矛盾や嘘を見抜くことができます。内容に一貫性や信用性がないと面接突破は難しいため、事実を伝えつつもポジティブな言い換えを心がけて話しましょう。

 

たとえば前職の労働環境が過酷で、なかなか次の仕事への意欲がわかずにブランク期間が長くなったとします。 

それをそのまま言うのではなく、「次の職場ではマイナスな気持ちにならないよう、慎重に転職活動を行っていました。御社に出会うことができ、やっと自分らしく働けると思っています」などと伝えれば与える印象が変わるでしょう。 

またニート期間が自分にとって大事な時間であったことを伝えるためにも、その期間に熱心に取り組んでいたことを言うのも重要です。


先述した例のように「一生懸命転職活動をしていた」とアピールするのもその1つであり、自己研鑽のために資格や語学の勉強をしていたのならそのことを積極的に伝えましょう。 
ブランク期間であっても、前向きな気持ちで過ごしていたことを伝えればプラスの評価をもらえることがあるかもしれません。まずは離職期間中の自分の行動を振り返り、肯定的な伝え方ができるか考えてみましょう。

◆事前の対策がポイント

面接では、受け答えの内容だけでなく「話し方」や「態度」も重要です。以下のポイントを押さえ、面接に備えましょう。

 

【ビジネスマナーを守る】

印象的な話をしていても、言葉遣いやマナーが悪いと評価が上がりづらくなります。入退室の流れや挨拶、適切な言葉遣いなどを事前に確認しましょう。

 

【ハキハキと話す】

同じことを話していても、声の大きさや話すスピードによって印象が変わることがあります。 

早口でまくし立てたり、ボソボソと聞きとりづらい話し方をしたりすると魅力が伝わりづらくなってしまうため、落ち着いて話せるように練習しましょう。

 

【アイコンタクトを心がける】

話している最中に床や天井などを見てしまうと、「対人スキルに問題があるのでは」という不安要素を与えてしまいます。

面接中は緊張するかもしれませんが、適度なアイコンタクトを心がけてコミュニケーションをとりましょう。

 

【結論から話す】

質問に答えるときには、結論から話すことが大切です。 

先行きが見えないまま具体的なエピソードを話しても、面接官は「何が言いたいのだろう」と戸惑ってしまいます。わかりやすい内容になるよう、結論を述べてから詳細を伝えるようにしましょう。

面接で好印象を与えるために、上記を踏まえて対策を進めてください。

 

ブランク期間が長いと、久々の面接に緊張し思うようにいかないことがあるかもしれません。
そんな人は、ハタラクティブで事前に面接対策をしてみてはいかがでしょうか。


ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。経験豊富なアドバイザーが適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介します。

当サービスは、応募書類の対策や面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施。企業情報を基にプロの就活アドバイザーが模擬面接を行っていますので、自信を持って本番に臨むことが可能です。

サービスはすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ