新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の書き間違い…どうやって訂正したらいいの?

履歴書の書き間違い…どうやって訂正したらいいの?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の書き間違いは、訂正せずに書き直すのが原則 
    ・訂正した跡があると「志望度が低い」「雑な性格」という印象を与えてしまう可能性がある 
    ・訂正箇所のない履歴書を提出するために、時間と気持ちに余裕を持って仕上げよう 
    ・やむを得ず訂正する場合は、定規で二重線を引きその上から訂正印を押す 
    ・書き間違いを防ぐコツは、下書きをしたり見本を用意したりして静かな環境で書くこと

履歴書の書き間違い…どうやって訂正したらいいの?の画像


履歴書は選考にも影響を及ぼす大事な書類と言えるでしょう。そのため書き間違えてしまったら、訂正するのではなく書き直す必要があります。今回は、なぜ書き直さなければならないのかや、どうしても訂正したい場合の方法、書き間違えないためのコツなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書の書き間違いはどうしたらいい?

履歴書の書き間違いは、原則として書き直しが必要です。少しの間違いであれば修正液や修正テープを使用して訂正したいと考えがちですが、訂正した跡が残ってしまうため修正液や修正テープの使用は避けるべきだと言えるでしょう。また、修正液や修正テープを使用してしまうといつ誰が訂正したかが不明のため、信頼性を担保できなくなる可能性もあります。

 

採用担当者は履歴書に書かれている内容だけでなく、読みすいように工夫されているかや丁寧であるかといったことから応募者の人柄を見極めようとしていると考えられます。判断材料の1つとも言える履歴書において書き間違いや訂正の跡があれば、雑な印象を与えることになり志望度が低いのではとマイナスに受け取られてしまうかもしれません。

 

履歴書を書き間違えてしまった場合、一から書き直すのは時間と手間がかかるため避けたいと考える人も少なくないでしょう。しかしながら、選考に影響する可能性があることを念頭に置いておく必要があると言えます。ミスなく仕上げたり、落ち着いて書き直したりできるよう時間や気持ちに余裕を持って履歴書を作成することが重要です。
 

どうしても訂正したい場合の対処法

「会社指定の履歴書であるため予備がない」「書き直す時間がない」などの理由から、どうしても訂正しなければならない場合は、以下の方法で訂正すると良いでしょう。

 

・二重線で訂正し、訂正印を押す
・正しい内容を訂正箇所の1行上に書く

 

定規を使って二重線を引き、その上に訂正印を押します。訂正印は小さめの小判型のはんこを使用するのが一般的ですが、持っていなければ認印としているはんこを使用しても問題ないでしょう。
訂正箇所があるというだけでも印象は良くないため複数の訂正は控えて最小限の訂正に留めるようにし、訂正は困ったときの最終手段と考えておくことが大切だと言えます。
 

書き間違いを防ぐコツ

書き間違いを防ぐには、以下のことを意識してみると良いでしょう。
 

鉛筆で下書きする

予め履歴書に鉛筆で下書きをしておき、その上からボールペンでなぞることで間違わずに書くことができます。その際に注意すべき点は、強い筆圧をかけずに下書きすることや下書きの跡をきれいに消すことです。また、下書きを消しゴムで消すときに紙がシワにならないように気をつけましょう。
 

見本を見ながら書く

見本として履歴書を1枚書いておき、それを見ながら書くようにすれば書き間違いを防ぐことにつながると考えられます。下書きするのとは違い、文字の大きさや間隔などは書きながら調整しなければならないものの、頭の中で考えながら書くよりはミスなく仕上げることができるでしょう。
 

集中できる環境で書く

雑音のない静かな環境で書くというのも1つの手段です。テレビや音楽などは消し、人から話しかけられることのないような場所で書くようにすると良いかもしれません。落ち着いて慎重にゆっくり書くことを心がけ、履歴書作成に集中して仕上げてみてはいかがでしょうか。

 

履歴書作成に関するお悩みは、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施。応募書類の作成以外にも、面接や企業研究、マナーなど幅広い相談に応じており、就職・転職活動を効率良く進められるようサポートいたします!

 

履歴書の書き間違いに関するQ&A

履歴書の書き間違いはどう対処するのが正しいのか、よく分からなくて悩んでいませんか?履歴書の書き間違いに関する疑問をQ&Aで解消します。
 

たった一文字でも書き直しますか?

一文字であっても書き直すのがおすすめです。履歴書を間違えたまま提出したり、修正液や修正テープで処理したりすると、仕事でも大事な書類を適当に扱うと思われてしまいます。また、「ミスに気づかれたらどうしよう」と不安を抱えるのは自分にとって良いことではありません。自信を持って提出できる履歴書にしましょう。「元号は統一されてる?知って得する履歴書の書き方基本編」に履歴書の基本ルールを掲載していますので、参考にしてください。
 

修正した履歴書だと不採用になりますか?

修正液や修正テープで処理した履歴書を送ったからといって、必ず不採用になるわけではありません。しかし、保険会社や銀行などの書類ミスに厳しい業種や、書類を多く扱う事務職への応募では、選考で不利になる可能性が高いでしょう。「履歴書を下書きするときのメリットと注意点」に記載のチェックポイントを見ながら、履歴書を見直してみてください。
 

提出後に気づいたときはどうしますか?

記載ミスに気づいた時点で、応募先企業に連絡しましょう。連絡先や経歴などの重要な項目であれば、電話で連絡したうえで、正しい履歴書を再提出するのがおすすめです。間違いに気づいたのに申告しないと、詐称になってしまいます。面接の直前に気づいた場合は、直接伝えるのが一般的です。
履歴書の経歴を詐称するとどうなる?」を読んで、経歴詐称にならないように気をつけましょう。
 

特に間違いが多い項目は何ですか?

生年月日や学歴などの西暦・和暦の間違いが多いといわれています。西暦・和暦はどちらでも良いですが、統一するのがマナーです。また、電話番号を一桁間違えるのもよくあるミス。メールアドレスは書き方によっては大文字・小文字が正しく伝わらないことがあります。「読みやすい履歴書はボールペン選びから」を参考に、ボールペンを厳選してみましょう。
履歴書の間違いが不安な人は、第三者に見てもらうのがおすすめ。ハタラクティブの就活アドバイザーは、履歴書や職務経歴書などの書類添削をお手伝いします。ダブルチェックになるだけでなく、アドバイスを受けて、より良い内容にすることが可能です。ぜひ、カウンセリングにお越しください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ