転職活動の正しい手順とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職活動の正しい手順とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・在職中の転職活動と退職後の転職活動には、それぞれのメリットとデメリットがある
    ・在職中の転職活動は経済的な不安がないが、転職活動に割ける時間は少ない
    ・退職後の転職活動は選考に充分な時間を使えるが、ブランクが長引くリスクがある
    ・円満退職するためには、繁忙期を避けて退職日を設定し、仕事の引継ぎを入念に行おう
    ・ハタラクティブは企業とのやり取り代行やスケジュール管理で、在職中の転職を手厚くサポート!

転職を決めたものの、円満退職するためにはどうしたら良いのか、どのような手順で転職活動を進めたら良いのかと悩む方も多いのではないでしょうか。
在職中の転職活動と退職後の転職活動、それぞれのメリット、デメリット、転職エージェントを活用した賢い転職手順について考えていきます。

◆転職活動を始めるタイミングは、退職前、退職後、どっちがいい?

「転職しよう!」という気持ちが自分の中で固まったら、まずは転職活動をいつするのか明確にしましょう。

転職活動を行うタイミングには、「在職中(退職前)」と「退職後」があります。

それぞれのメリットとデメリットを知った上で、自分に合ったタイミングで活動を開始することが大切です。

◆退職前に転職活動を始めるメリット

まずは在職中に転職活動をするメリットを見ていきましょう。

 

・経済的、精神的な不安が少ない

在職中に転職活動を始めると「無収入」という事態は回避できるため、生活が不安定にならずに済むというのが一番のメリットではないでしょうか。 
また、経済的な不安からくる焦りを感じなくて良いという点も大きいでしょう。 

・ブランクが無い、もしくは短い期間で済む

会社を退職する前から転職活動を始めて転職先が見つかれば、ブランクが無いか、短い期間ですぐに次の仕事を始めることができます。

 

・引き止められづらい

転職先が決まってから退職を切り出せば、現職の職場側も引き止めづらいでしょう。

詳しい退職理由についても「転職先が決まったので」というだけで説明しなくて良いので、それもメリットといえるでしょう。

◆退職前に転職活動を始めるデメリット

それでは、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。こちらもひとつずつ解説します。

 

・働きながら転職活動をしなければならないので大変!

在職中の仕事と同時進行では、転職活動のための時間を確保するのが難しいことは想像に難くないでしょう。 
情報収集や企業研究、面接対策、書類作成などに割ける時間数が少なく、面接を受けられる企業の絶対数も少なくなります。 

・面接日程の調整などが難しい

現在働いている会社の仕事と転職活動との兼ね合いが難しく、うまく面接日程を組めないなどの悩みを持つ方は少なくないようです。

◆退職後に転職活動をするメリット

前項までは在職中の転職活動のメリットとデメリットを解説してきました。

ここからは、退職後に転職活動を行うパターンについて説明します。まずはメリットについて挙げていきましょう。

 

・受けられる企業の数が多い

会社を辞めてから転職活動をする場合、転職活動に集中することができるため、受けられる企業数も多くなります。 

・準備に時間をかけられる

時間的に余裕がある分、企業研究や応募書類の作成に時間がかけられるというメリットがあるでしょう。

 

・スケジュールを組みやすい

企業の面接は平日の勤務時間中に行われることが多いのが特徴。働きながらではスケジュールを合わせづらいことも多いですが、退職後であればスケジュール調整がしやすいというメリットがあります。

◆退職後に転職活動をするデメリット

前項ではメリットについて説明しましたが、退職後の転職活動にもデメリットは存在します。

それぞれ見ていきましょう。

 

・経済的に不安定

転職先がスムーズに決まらなかった場合、経済的に苦しい状況になることが予想されます。 

・ブランク期間が長引くと、転職活動にも悪影響が…

一般的に、仕事をしていない期間が長引けば長引くほど、転職活動にマイナスの影響が出てきます。 
会社を辞めた理由や転職を志望する理由などをしっかり固めると同時に、なるべく短い期間内に転職先を決める必要があるでしょう。

◆円満退職するための手順

転職活動の目処がついたら、今働いている職場を退職する必要があります。

円満退職のための手順をひとつずつ見ていきましょう。

 

・転職活動にかける時間を設定

転職活動を始めるタイミングが退職前、退職後のいずれにしても、退職日から3か月以内に内定を取れるのが理想的。
6か月以上経ってしまうと、「ブランク期間に何をしていたのか?」という点も追及されることになる可能性が高いので、注意が必要です。

・退職する時期を決める

業界や職種によって繁忙期は異なります。退職の意向を伝えづらいような忙しい時期を避けることが円満退職をする上では大切です。
また、2月、3月は急募の正社員求人が出やすい時期なので、そこに転職活動の照準を合わせるという方法もあります。

・退職前にすること

会社を辞める前に、残務処理、仕事の引き継ぎ、得意先への挨拶回りやメール報告などはしっかり行いましょう。
また、備品や制服の返却、書類の処分、デスク周りの整理整頓、部署内での挨拶などをしっかり。
特に同じ業界や職種で転職する場合、転職先でも前職の企業や社員と再び繋がることも考えられます。後々、友好的な関係を築けるよう、良い印象を残すことも大切です。

◆退職意思の伝え方

退職を決意したところで、誰にどう伝えていいのかわからない…と悩むこともあるかもしれません。

基本的に退職の意思は、退職予定日の1.5~3か月程度前に直属の上司に伝えます。

いきなり退職願や退職届を渡すのではなく、まずは口頭で報告し、退職日を相談して決まった段階で退職願を作成し、提出しましょう。

具体的な時期や提出書類については就業規則で定められていることが多いので、退職前に確認してみましょう。

 

退職を申し出る際には退職理由を尋ねられることがほとんどですが、その際にネガティブな意見を述べたり愚痴や文句を言うのは避けましょう。

例えば「新しい環境で○○の業務に挑戦したいので」など、できるだけ前向きで、個人的な理由にするのがベターです。

このときに条件面での不満を挙げると「条件を改善するから残ってほしい」と引き止めにあう可能性も。転職の意思が固い場合は、そのような理由も避けたほうが良いでしょう。

◆困った時は転職エージェントを活用!

在職中に転職活動をする場合、転職のための手順は合っているか、スケジュール調整がきちんとできるか、十分な準備ができるかどうかなど、不安になることも多いのではないでしょうか。 
そんな時は、転職エージェントを活用することをおすすめします。 

ハタラクティブの就職アドバイザーは、求人を紹介するだけでなく、面接日程の調整を代行するほか、各企業の傾向に合わせた面接対策や書類作成についてのアドバイスを行っています。 
万が一面接日にどうしても今の仕事を休めないという状況になっても、再設定のために企業に連絡を取るので、在職中の転職がスムーズに進められるでしょう。
また、どのように転職プランを立てたらよいのかわからない、プラン通り実行できるか不安だという方にとっても、転職エージェントは強い味方です。 

高卒、既卒、第二新卒など若年層に特化したハタラクティブでは、約5万件のカウンセリンング経験を持つ就職のプロが、一人ひとりの希望や適性に応じた正社員求人を紹介すると共に、面接、書類、転職後のフォローまでしっかり行っています。 
募集求人はすべて非公開。内定率80.4%(2015年7月)の実力で転職を成功に導くお手伝いをしています。 
まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ