円満退社を目指そう。好印象を与える退職理由の伝え方

円満退社を目指そう。好印象を与える退職理由の伝え方の画像

【このページのまとめ】

  • ・寿退社や人間関係、仕事内容、給料など、退職を決意する理由は人によってさまざま
    ・ポジティブな退職理由であればそのまま正直に伝えていいが、ネガティブな内容に関しては前向きで自分都合の理由に変換して伝える
    ・退職の意思を伝える際、いつまでに話すかは会社の就業規則に従い、伝える相手は直属の上司へ
    ・面接時に転職理由について聞かれた場合、退職理由と同じく前向きかつ自分都合の内容であることに加え、志望動機に紐付けると良い
あなたが退職に踏み出す理由は何ですか?ポジティブな理由にせよネガティブな理由にせよ、会社に迷惑がかからないようトラブル無く辞めたいと考える人は多いようです。今回は、多かった退職理由と、伝える際の注意点についてまとめてみました。
会社へ退職を伝えるその前に、ぜひチェックして円満退社を目指しましょう。

◆会社を辞めたいと思った理由

どのようなきっかけ&理由で、退職の2文字が頭をよぎるのでしょう?多かった退職理由については以下の通りです。ここでは、正直に伝えても問題のない理由をポジティブ、会社側に原因があり正直に話すべきではない理由をネガティブとしてご紹介いたします。

【ポジティブ】

・違う分野にチャレンジしたい
・結婚(寿退社)
・家業を継ぐ
・自身の病気
・家族の介護

【ネガティブ】

・人間関係が悪い
・給与が低い
・社風が合わない
・キャリアアップしたい
・労働時間が長い
・仕事内容が合わない
・正当に評価してもらえない
・仕事にやりがいを感じない
・勤務地が遠い…, etc.

あなたの退職理由は上記の中にありましたか?ポジティブな理由に該当すれば、退職理由を正直に話しても問題ないでしょう。注意したいのはネガティブな理由の場合。正直に話してしまっては、トラブルは避けられません。
次項で、ネガティブな理由でも円満退社する方法について見ていきましょう。

◆上司に退職理由を伝えるときのポイント

トラブル無く気持ちよく退職するため、伝えるときに注意していただきたいポイントは2つあります。1つ目は、《前向きな理由であること》。2つ目は、《自分都合の理由にすること》。この2つを守れば、トラブルを避けることができますし、引き止めに合う可能性も低くなります。
ネガティブな理由の場合は本音で伝えることは避けましょう。ときには建前も大切です。

【回答例】

・◯◯の分野に興味があり、それに関わる職種で活躍したい
・◯◯の職業に就きたいため、資格取得に専念したい
・これまで培った経験を活かして、新たな環境で自分の力を試してみたい

◆退職の意思はいつまでに伝えるべき?

円満退社に持っていける退職理由を考えたら、次は上司にあなたの意思を伝えるステップへ。ツッコミどころの無い完璧な理由を用意するだけでなく、”伝えるまで”と”伝えた後”にも気を配る必要があります。ここを疎かにしてしまうと、社会人マナーが欠けているとマイナスイメージを持たれてしまい、実際に辞めるまでの期間居心地の悪さを感じる恐れがあるので注意しましょう。

【いつまでに?】

退職の意思は、「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」と、民法で定められています。
(参照元:民法 -第8節第627条 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089_20180401_429AC0000000044&openerCode=1#CS
法的には2週間前までに申し込めば辞めることができますが、会社の就業規則に「1ヶ月前までに申し出ること」などの明記があればそれに従っておきましょう。原則、民法よりも会社の就業規則が優先されるケースはありません。しかし、会社に迷惑がかからないように努めている姿勢を見せることは円満退社へ一歩近づくのも事実。繁忙期に伝えるのを避け、自身が抱える業務を余裕を持って第三者に引き継げるよう配慮しましょう。

※年俸制の場合や、雇用期間に定めがある場合は上記のとおりではありません

【誰に】

いきなり社長や人事に伝えるのではなく、最初に伝えるべきは直属の上司です。メールや社内チャットなどではなく、時間を取っていただき直接話すようにしましょう。(アポを取る分にはメールやチャットでも可)
できれば、仕事が一段落ついていそうな時間帯やお昼休みなどを見計らって伝えるのが望ましいです。「今言う?」と言われてしまうような、配慮のない行動は避けてください。

【伝え方のポイント】

深刻な表情で申し訳なさそうに伝えましょう。「お忙しいところ、お時間を取っていただきありがとうございます。今後のことでご報告させていただきたいことがあります。◯◯部長にはお世話になり、大変申し上げにくいのですが、退職させていただきたいと思っています」というように切り出し、理由を伝えてください。
正当な退職理由と意思の固さが大切です。上司を納得させられる理由を伝えることができれば、引き止められる可能性は減り、上司との退職交渉がスムーズに進むことでしょう。

退職交渉が成立できれば、最終出勤日を上司と相談します。「いつでもいい」と言ってしまうと新たな業務を任されてしまい、だらだらと働くことになりかねません。会社の都合や引き継ぎに要する時間などを考慮した上で、「◯月いっぱいで」という意思を固めておきましょう。

退職願を提出する際に注意したいのは、退職届や辞表ではなく退職願だということ。会社にテンプレートがあればそれを使用してください。自身で作成する場合には、縦書き用の無地の便箋を用意します。この紙面条では退職理由について深く言及する必要はありません。「一身上の都合」という理由と上司と相談して決めた「退職日」を記載しておきましょう。

◯豆知識~《退職願》と《退職届》の違い~

両者には以下のような性質の違いがあります。

・退職願
退職願、「退職させてほしい」と願い出るもの。提出後の撤回ができます。自己都合での退職の際に使われることが多いです。

・退職届
退職届は、「仕事を辞めます」と一方的に伝えるもの。原則、提出後の撤回はできず、強い退職の意思を示します。会社都合での退職の際に使われることが多いです。

受理されれば同じ効力を持つ両者。退職願が受理されたからと言って、次に退職届を出さなければならないということはありません。ちなみに、辞表を提出するのは企業の役員などの運営に関わる人や公務員向けのもので、一般社員は使用しないものです。

◆転職の面接時に退職理由を聞かれたら

辞める会社への配慮はもちろん、これから入社したいと考える会社への配慮も必要です。注意すべきシーンは、転職活動中の面接。ほとんどの場合に、前職の退職理由を聞かれます。
なぜ面接官は退職理由を聞くのか、まずはその意図を考えてみましょう。それは、自社でも起こりうるケースか否かという判断をしたいためです。「人間関係が悪かった」「給与や福利厚生に魅力を感じなかった」「仕事にやりがいを得られなかった」など、本音を話してしまうと、「またすぐに辞めてしまうのでは?」と悪い印象を与えかねません。
面接官に不安要素を与えないためにも、ここでも前向きかつ自分都合の理由を話すようにしましょう。さらに、転職理由と志望動機を結びつけてアピールできれば、具体的で説得力が増し、採用後に生き生きと仕事してもらえるような良いイメージを与えることができます。

◆転職の相談はハタラクティブへ

転職の意思を伝えたあとの残りの勤務期間も快適に働くため、転職先でクライアントの関係性があるかもしれないため、会社への不満があって退職することになったとしても、円満退社を目指したいものです。

「そうは言っても伝え方が難しい」など、退職理由に悩んでいるなら就活エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブでは、経験豊富なプロのアドバイザーが多数活躍中。あなたのニーズやお悩みに合わせてサポートさせていただきます。退職理由を一緒に考えることはもちろん、求人情報の紹介や面接対策など、あらゆる面からサービスを提供。心強い味方として、二人三脚で理想の職場探しをお手伝いいたします。
お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION