仕事が見つからない時に考えてほしいポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が見つからない時に考えてほしいポイント

公開日:

最終更新日:

仕事が見つからないと悩んでいる人は数多くいると考えられますが、その一方で、現代の社会は慢性的な人手不足に陥っており、求人募集の件数は決して少なくありません。問題は自分に合った仕事が見つかるかどうかです。しかし、それも探し方ひとつではないでしょうか。
そこで、仕事を探す際に適職に巡り合う確率を上げるポイントについて解説をしていきます。

◆可能性を自分で限定しないのが適職を見つけるコツ

「仕事が見つからない、求人サイトを見ても自分に合った仕事がない」という人は、自分の適性をごく狭い範囲に限定している可能性があります。今までやったことのある仕事や興味のある仕事しか自分にはできないと思い込んでいる傾向にあります。そこで大切なのが自己分析です。

入念に自分自身を分析することで今まで気づかなかった新しい可能性が見えてくる場合があります。
そうなると、選択肢は一気に広がってくるでしょう。また、求める条件が多すぎるゆえに、仕事が見つからないという場合もあるでしょう。
「収入が多くて休みも多く、やりがいがあって資格を活かせる仕事」などといった具合です。しかし、何もかも完璧に条件がそろっている仕事など、そう簡単に見つかるものではありません。

条件にこだわるのは悪いことではありませんが、実際に仕事を見つけようと思えば優先順位を決める必要があります。
「1.やりがい、2.会社の将来性、3.収入、4.労働時間」というように順番を決め、優先順位の高い条件を満たす求人からピックアップしていくことがおすすめです。そうすれば、候補はおのずと絞れてくるでしょう。

◆長所と短所を見極めて選択したい!仕事を探す手段

仕事を探す主な手段としては、ハローワーク、求人サイト、転職エージェントなどが挙げられます。それらを選択する際に大切なのは、それぞれの長所と短所を把握しているかです。

まず、行政サービスであるハローワークは無料で求人が出せるため、求人件数が非常に多いのが特徴です。ただ、どうしてもその分、ブラック企業などの求人割合が混ざってくる傾向にあります。お金をかけずに人を募集でき、採用した人間が長続きしなくても何度でも無料で求人が出せるという理由からです。

一方、求人サイトはネットを使って求人情報や就職活動のノウハウなどを見ることができるサービスです。家にいながら気楽に利用できるのが魅力ですが、ハローワークのように就職相談をしたり、職業訓練を受講したりはできず、就職活動自体はすべて独力で行う必要があります。

最後の転職エージェントはハローワークの民間版といった感じですが、最大の違いは転職エージェントを通して採用が決まれば、採用者の年収の30%から35%程度に相当する高額の成功報酬を支払わなければならないという点です。それだけ、企業も真剣である証拠であり、求人の質は必然的に高くなります。
一方、転職エージェント側も採用が決まらないと報酬がもらえないので求職者に対してきめ細かいサポートを行う傾向があります。

ただ、転職エージェントにも扱っている求人数の違いやスタッフの質の差などがあるため、1社だけに頼るのではなく、最初は複数のエージェントに登録し、その中から手ごたえがあるところだけに絞っていくことが賢明です。

◆就活初心者でも安心のハタラクティブ

転職エージェントは全国に数多くありますが、その中でも、ハタラクティブは若年層に特化しているのが特徴です。20代を中心とした求人を常時1,000件以上用意しており、しかも、未経験者歓迎の求人が豊富なため、既卒者やフリーターにも大きなチャンスがあります。

また、経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、相談者にマッチした仕事を紹介しています。
さらに、単に求人を紹介するだけでなく、就活全般をサポートしているため、就職活動に慣れていない人でも安心です。 特に、書類作成のアドバイスや面接対策などには力を入れており、その結果が内定率約80%という高い数字にもつながっています。
なお、サービスはすべて無料ですので仕事が見つからないとお悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ