新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で失敗…そんなとき、考えるべきこととは

仕事で失敗…そんなとき、考えるべきこととは

公開日:

最終更新日:

仕事で失敗…そんなとき、考えるべきこととはの画像

【このページのまとめ】

  • ・発注ミスや寝坊、機械の操作ミスでなど、仕事で失敗してしまうことは多い
  • ・失敗したときに大切なのは、その後の対応。失敗した理由を考え、迅速に対応する
  • ・職場内での報告、連絡、相談やミスが起こりづらいシステムづくりなど、今後失敗を起こさない工夫も大切
  • ・失敗を隠したいと思っても、もみ消しや責任転嫁は絶対NG。信頼を失わないためには正直に謝罪、相談を
  • ・ミスが続く、失敗ばかりで仕事がつらい…向いていないと思ったら、転職という選択肢も

毎日仕事に追われ、忙しく過ごしていると時には思わぬミスをしてしまうこともあるでしょう。
挽回できるようなささいなミスならいいですが、取り返しのつかないような大失態をしてしまうと、あなたの評価が下がるだけでなく、周囲の人に迷惑をかけてしまうこともあります。そうならないためにも、失敗を避けるためのポイントを学んでおきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

あるある…?仕事での失敗エピソード

仕事で失敗してしまった経験は、人によっていろいろとあるでしょう。
あのときに戻れたら…と激しく後悔するような大失敗をやってしまったことのある人もいるのではないでしょうか。
たとえば、下記のような失敗です。

・パソコンの操作ミスでデータを消してしまった
・請求金額を一桁間違えた
・発注ミスで不要な事務用品を大量に仕入れてしまった
・請求書などの重要書類をシュレッダーにかけてしまった
・大切な会議に寝坊してしまった …など

仕事での失敗は、周囲に迷惑をかけるだけでなく、会社に多大な損害を発生させてしまうこともあるので恐ろしいものです。
そうなると当然上司からは怒られ、始末書を書き、取引先やお客様の元へ謝罪に…と大変な処理作業が待っています。
そうならないためにも、失敗を防ぐためにできるだけのことをしておくべきではないでしょうか。

失敗の原因を考えてみよう

失敗した際に大切なのは、その後のリカバリー。失敗を次への教訓にして、そこから学び成長することが重要です。
そのためにも、事の経緯を振り返り、どこに失敗の原因があったのか考えてみましょう。

たとえば上司や同僚とホウレンソウ(報告・連絡・相談)はきちんと行っていたでしょうか。上司に相談しようと思ったけど、忙しそうだから…などと不安なことをそのままにして業務を遂行し、結果ミスにつながってしまったということはありませんか。
ホウレンソウはビジネスマナーの基本ですが、徹底して行うことで防げるミスもあるかもしれません。
またホウレンソウをやっている“つもり”になっていないかどうかも確認した方がいいでしょう。
相談したものの「上司の話をちゃんと聞いていない」「大事な部分を忘れてしまう」これではやっていないのと変わりません。周囲の話にきちんと耳を傾け、ポイントはしっかりメモに書き留めておきましょう。

そしてどれだけ急いでいても、処理を終える前には見直しをするのが賢明です。
たとえ大きな損失につながるミスでなくても、自分で防げるものを防げなかったとなれば周りからはマイナスの評価を受けてしまうこともあるでしょう。急ぎの案件でも、丁寧さを心がけることがミスを防ぐことにつながります。
加えて、上司にダブルチェックを頼んでおくことで自分では気付かない抜けや漏れに気付けることもあります。ミスを予防する仕組みを事前に作っておけば、大きな失敗は避けやすくなるのではないでしょうか。

失敗時のNG行動とは

怒られたくない、評価が下がるのが嫌だ…という気持ちはあるかもしれませんが、失敗をもみ消したり、自分のミスを人のせいにしたりするのはやめましょう。
もしもその時うまく誤魔化せたと思っていても、気づいた人から信頼を失ってしまうことになるからです。
一度失った信頼を取り戻すのは難しいですし、ただ失敗した人よりも、失敗を隠そうとしたり、誤魔化そうとする人のほうが社会では評価されません。

また、失敗による影響が大きかった場合、ひとりでリカバリーしたつもりができていなかったということも。
早く報告していれば些細なミスだったのに、報告が遅れたことで被害が深刻になるという可能性もあります。
そんなことが起きないようにするためにも、問題が起きたら早めに相談する、失敗したと思ったら素直に謝罪する、という姿勢を持つようにしましょう。

失敗を乗り越えるためには

いろいろと予防策を考えていたのにそれでも仕事で失敗をしてしまったら、しっかり誠意を持って対応することが重要です。
ごまかしたり責任転嫁したりすればさらに状況が悪化してしまうこともありえますから、まずはミスをきちんと認め、迷惑をかけた相手に謝罪をしましょう。この対応がしっかりしていれば、信頼を失わずに済むこともあるかもしれません。
そして事後処理をしっかり終えたら過度に自分を責めず、目の前の仕事に一生懸命取り組むことがミスの挽回につながるのではないでしょうか。

しかし中には、どれだけ気を付けていてもミスをしてしまう、業務に一生懸命取り組んでいるのになかなか成果につながらない…という人もいるでしょう。
そんな人は1度自分を見つめ直し、現状の仕事が合っているのか、やりたいことができているのかと考えてみてもいいかもしれません。

もし自分の仕事に迷いや悩みがあるなら、ぜひハタラクティブに相談してみてください。ハタラクティブでは4万人以上のカウンセリング実績を持つ就活アドバイザーが、働くことに関するさまざまな相談に応じています。
第三者の客観的な意見を聞いてみることで、仕事に対する考え方を改めることができたり、新たに転職という選択肢がでてきたりということも考えられます。登録は無料ですので、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ