コミュ障の就職活動は辛い?向いてる仕事や就活のコツを解説

コミュ障の就職活動は辛い?向いてる仕事や就活のコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • コミュ障の人は、就職活動の面接選考で不利だと感じやすい
  • 就職活動では、面接やグループディスカッションでコミュニケーションが必要
  • 家庭や学校、職場環境のほかコンプレックスによる影響もコミュ障の原因
  • コミュ障だと感じても、適職を見つけることが就職活動成功への近道

「コミュ障が原因で就職活動がうまくいかないのでは?」と不安を感じている人は、自分に合う職業選びや面接の練習を入念に行うことで、内定を獲得できるでしょう。このコラムでは、コミュ障の人の就職活動における対処法や注意点、活躍しやすい仕事をご紹介。また、コミュ障の人が職場の人間関係を円滑にさせるコツも解説しているので参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

コミュ障の就職は難しい?

コミュ障の就職は難しい?の画像

コミュ障の人は、他人とのコミュニケーションがうまくいかないことが多く、就職活動を難しいと感じることもあるでしょう。コミュ障の人のなかには、書類選考を問題なく突破できても、面接選考の段階でつまづいてしまう人も多いようです。
面接は、面接官と就活生のコミュニケーションの場。面接官は、候補者と会話を交わすことで、適性や志望度を図ります。そのため、コミュ障で面接官とうまく話せないと、「コミュニケーションが取れず職場に馴染めなさそうだ」とマイナスの印象を与えてしまうこともあるでしょう。また、集団面接やグループディスカッションが選考に含まれる場合、自分の話をするだけでなく、ほかの候補者の話を聞くことも重要です。
自分がコミュ障であると認識している人は、どのようにコミュニケーションを取れば、就職活動の面接選考を有利に進められ内定に近けるのかを事前に確認しておくと良いでしょう。

面接が苦手と感じる人は、「面接への苦手意識を克服したい!」で克服法をチェックしてみてください。

コミュ障の人には強みもある

コミュ障を弱点と考えず、「強みもある」と考えてみましょう。実際、コミュ障の人は、自分の行動を反省することや人の気持ちを汲み取り、空気を読む力がある人が多いといわれています。コミュ障であることを引け目に感じず、強みとして活かせる仕事を探すことが重要です。

コミュ障とは

コミュ障という言葉は、ネットスラングが発祥とされています。 コミュ障とは、男女や年齢に関係なく「会話が苦手」「人と話すのが苦痛」といった人とのコミュニケーションが苦手な場合を指すのが一般的です。

ここでは、コミュ障のなかでも、ダウナー系とアッパー系という2つのタイプを解説します。就活をしたいけど「コミュ障だから就職できないかも…」と心配な方は、まずは自分がどのコミュ障に分類されるのかを知り、対策を立てることで就活を有利に進めましょう。

ダウナー系コミュ障

ネガティブ思考のコミュ障のことです。主に以下のような特徴があります。

・自信がない
・消極的
・物静か
・声が小さい
・緊張しやすい
・決断力が乏しい
・自己アピールが苦手
・目立ちたくない
・責任を感じやすい

特に、コミュ障の自覚が強いのも特徴的です。自分自身のことよりも他人を意識しやすく、人に構ってもらうことを極端に嫌う傾向にあります。そのため、就職活動においては面接選考で自分をアピールできなかったり、仕事に就いても大勢の人がいる場所から離れて孤立する行動をとったりすることが多いようです。

アッパー系コミュ障

ダウナー系とは真逆ともいえるのが、ポジティブ思考のアッパー系コミュ障です。以下のような特徴がみられます。

・自信過剰
・積極的
・騒がしい
・声が大きい
・自慢や自分の話が多い
・自己中心的
・人の話を聞かない
・周りの空気が読めない
・目立ちたがり屋
・責任転嫁しやすい

自分がコミュ障に当てはまるという自覚がなく過ごしている可能性があるのも特徴の一つ。就職活動の面接時や就職後も、自分の話ばかりしたがったり、人の話を聞かなかったりするなど、周りの人が嫌がりそうな行動をとってしまいがちなため、自ずと人が遠ざかってしまうこともあるようです。
一見コミュ力が高そうな社交的タイプに見えますが、実際はコミュニケーションが取りづらい相手として認識され、コミュ障の一種として分類されます。

上記のように、コミュ障は「人との心の距離感」が遠すぎる人にも近すぎる人にも使用されます。企業の多くは、社内外関わらず人とのコミュニケーションが必要となる場面があり、コミュニケーション能力を重視する企業への就職は、コミュ障の人にとってはハードルが高く感じるようです。しかし、自分のコミュ障のタイプを把握し活躍できそうな職種や職場を選択することで、就活をうまく進められ、就職後も適職として長く働き続けられるでしょう。

コミュ障の人に向いてる就職先一覧

コミュ障の人に向いてる就職先一覧の画像

コミュ障だと考える人は、人と関わることが少ない仕事を選び、就職活動を進めることがおすすめです。ここでは、コミュ障の人に向いてる職種を紹介しますので、適職探しの参考にしてください。

1.工場作業員

製造の仕事は、自分の業務をひたすら処理していくという面があり、高いコミュニケーション能力は必要ありません。特に、工場のライン作業は1人でコツコツできるルーティンワークが多いのが特徴。職場環境次第ではあまり会話をせずに済むので、コミュ障の人に向いてるでしょう。また、特殊な機械を扱う製造の仕事には、手に職を付けられることや給料が高い傾向にあるというメリットもあります。

2.清掃員

工場勤務と同じく、一人で作業を進めていく職種に清掃業があります。大きな施設など、複数人が必要な作業内容の場合は、チームで清掃に当たる場合もありますが、基本的には個人で動くことが多い仕事です。一人で広いフロアをピカピカにしたときには、大きな達成感を得られることでしょう。

3.警備員

働く場所や時間帯にもよりますが、警備員も多くのコミュニケーションを必要としない職種の1つです。多くの場合、拘束時間が長いという点はデメリットであるものの、ルート巡回やモニターチェック、監視などの業務では、人と話すことはありません。入館者の管理や鍵の開閉を依頼されたときなどは、多少の会話が発生しますが、コミュ障の人が活躍できる就職先です。

4.プログラマー

プログラマーやWebデザイナーなどは、知識や技術、経験など専門性を活かして黙々と働けます。
SE(システムエンジニア)がまとめた資料を基にプログラミングを行う場合やチームで作業を進める場合は、疑問点や課題点について話し合いが必要になることも。工場勤務や警備員などと比べると他人と関わるシーンが多いものの、作業に集中できる就職先です。また、近年、IT業界のニーズが高まっている社会背景もあり、理系・文系に関係なく求人数が多いのが特徴。コミュ障の人でもスキルや実績を積むことにより、フリーランスとして独立する人もいます。

5.ドライバー

ドライバーは、一人で運転している時間が長く、人との関わり合いをあまり持たずに済む仕事です。
同じドライバーでも、近距離の配送や食品などの宅配ドライバーはお客さまと話す機会が多いでしょう。ただ、運転時間を挟むことでこまめに一人の時間が持てるため、気持ちの切り替えがしやすいというメリットがあり、コミュ障の人におすすめの就職先として挙げられます。荷物の積み下ろしや長時間の運転で体を使うので、体力に自信がある人におすすめです。

6.Webライター

書籍や雑誌、フリーペーパー、Webなどに載せる文章を書くライターの仕事もおすすめです。執筆作業中は人と話す必要はありません。取材や編集プロダクションとの打ち合わせなどでコミュニケーションを取ることもありますが、在宅のWebライターなら打ち合わせをチャットなどで行い、あまり対面でのコミュニケーションを取らずに業務を進められます。記事によって原稿料に差があるものの、自分のペースで仕事を進められるので、基本的なPCスキルを持つコミュ障の人におすすめの就職先です。

7.ビルメンテナンス

「ビルメン」「ビル管理」とも呼ばれるビルメンテナンス。電気や水道、空調といったビルの設備を定期的に点検し、トラブルがあれば対処する設備管理が主な仕事です。「水が漏れた」「空調の効きが悪い」など、ビルのテナントからの要望を聞いたり、オーナーからの依頼に応じたりする場面では、多少の交渉力やコミュニケーションが必要となります。設備管理に関しては、人と接する機会はあまりないので、コミュ障の人にとって適した就職先といえるでしょう。

8.一般事務

事務には、社外との関わりがほとんどない企業もあります。ただ、事務は企業内の他職種をフォローする仕事なので、他部署とのやり取りやほかの事務員と作業を分担していることも多く、仕事の進捗や仕様などを共有する必要もあるでしょう。他社とのやり取りが少ない業務の一般事務は、コミュ障の人が就職先として選びやすい職種です。

人と接することが少ない仕事に関しては、「人と関わらない仕事を紹介!メリット・デメリットや仕事の探し方を解説!」でも紹介していますので、参考にしてみてください。

コミュ障の人が就職後に好印象を与える8つのコツ

コミュ障の人が就職後に好印象を与える8つのコツの画像

コミュ障であるかどうかに関わらず、自分自身の対応次第で人間関係が改善される場合もあります。まずは、仕事において重要な要素でもある、円滑な人間関係構築のために以下のようなことを心がけてみましょう。

1.挨拶をする

基本的なことですが、まずは誰にでも必ず挨拶することを意識しましょう。就活時に企業を訪問する際はもちろん、採用後も職場での挨拶は重要です。その際は、相手に伝わらないと意味がないので、少し勇気を出してハッキリと伝わる声を意識して挨拶するようにします。相手に好印象を与えるだけでなく、その場の雰囲気も明るく話しやすくなるでしょう。

2.笑顔で過ごす

人から「コミュニケーションを取りづらい」と思われているタイプのコミュ障の人は、無意識に近寄り難い雰囲気を醸し出していることも。普段から笑顔でいることを心がけ、周りの人が話しかけやすい雰囲気を出せると、就職先での業務が円滑になるでしょう。面接時も、笑顔で受け答えできると良い印象を残せます。

3.傾聴力を鍛える

聞き上手を目指すことで傾聴力を鍛えることが可能です。コミュニケーションをとるのが苦手な人は、「会話を保たせなければ」と焦り、一方的なトークや相手が不快に思う発言をしてしまい、印象を悪くすることも。それが原因で人から避けられていると思い、会話への苦手意識が強まってしまうでしょう。自分がコミュ障だと感じている人は、最初は相手の話を笑顔でよく聞くことからスタート。就職後も聞き上手でいれば、上司や同僚、取引先の人に良い印象を持たれやすいはずです。

4.共感力を高める

コミュニケーションをとろうという気持ちから、相手の話に対して自分の意見を述べる人が多くいます。しかし、「ただ話を聞いてほしかった」という人に対しては、善意のアドバイスであっても印象が悪くなってしまうため要注意。「大変だったね」「頑張ったね」など、共感的な発言をすると相手との距離感が縮まるので、就職後は意識してみましょう。

5.話すスピードとトーンを意識する

トークのスピードや声の高さを工夫することで、相手に与える印象が変わります。コミュ障の人は、就活の面接時や就職後も相手に伝わりやすいスピードと発声を心掛けることで、好印象を与えたり、業務上の相談や報告なども伝わりやすくなったりするでしょう。

6.職場に問題がないか考えてみる

「人間関係が合わない」などの原因でコミュ障になっている人は、まず上司に相談してみましょう。配置を見直してもらうことで、コミュ障の人が働きやすい職場環境となることも。それでも改善しなかった場合、転職し環境を変えることで上手くコミュニケーションがとれるようになることもあります。

7.誘いに乗る

コミュ障の方のなかには、歓送迎会など必要最低限の飲み会にしか参加してこなかったという人もいるでしょう。近年では、プライベートタイムを使った交流は不要と考える人が増えていることも影響して、断る人が多いようです。しかし、ランチや飲み会などでは、仕事中には見られない相手の一面を知ることができ、新たな関係性を築ける可能性があります。信頼関係が築けると、仕事も円滑に進められることもあるでしょう。

8.自分から話しかけてみる

コミュ障が少しでも改善したと感じたら、話しかけやすい人に自分から声をかけてみるのもおすすめです。ハードルが高く感じるかもしれませんが、相手との信頼関係を築くには、自分から相手を信じる姿勢を持つことも大切。最初は会話が長く続かなかったとしても、毎日少しずつ継続することで徐々に親しくなり、やがて自然と会話ができるようになるでしょう。

仕事上のコミュニケーションに関する対策については、「コミュニケーションが嫌い…苦手な人の特徴や仕事での対処法を解説!」でも詳しく解説しているので、参考にしてみましょう。

コミュ障の人が就職・転職活動をするときの注意点

「コミュ障だから正社員として就職できるか心配」「仕事を辞めたいけど、コミュ障だから転職が上手くいかないかも」と思っている人は、下記で挙げる就活時の注意点を気に留めながら就職・転職活動を行ってみましょう。

面接では口先だけの言葉よりも熱意を伝える

面接選考において、話上手な人が内定をもらえるわけではありません。コミュ障でも、就職意欲や人柄、誠実さが伝われば採用される可能性はあります。自分の熱意や誠実さを伝えるためには、充分な企業研究や業界研究を徹底するのはもちろん、時間を守る、服装の乱れを正す、などのビジネスマナーを守ることが大切です。コミュ障の人でも、面接選考の際に、態度で誠意を表現できれば、面接官の印象に残り内定に近づけるでしょう。

不採用でも自分に原因があると思い込まない

コミュニケーションに自信がないと、採用に至らなかったとき「面接官と上手に話せなかったから」と自分を責めてしまう人もいるでしょう。しかし、採用・不採用の基準は1つではありません。就職活動で内定がもらえなかったときは、自分が悪いわけではなく、「企業との相性が悪かっただけ」と気持ちを切り替えて、次の面接選考に挑みましょう。

実はコミュ障ではないケースもあるので自信をもって就職しよう

自分でコミュ障だと思っていても、他人から見るとその特徴に当てはまらないと判断されるケースもあります。以下に挙げた項目をチェックしてみましょう。

人見知りと思い込んでいる

「自分は人見知りだから」と言う人の中にも、他人から見るとムードメーカーとして認識されていることがあります。「著しく会話が続かない」「相手を怒らせたり喧嘩になってしまったりする」「相手から何度も似たような質問をされる」などが、コミュ障の人の特徴です。自分で人見知りやコミュ障だと思っていても、「発言や会話はできている」「トラブルなく人とやりとりできている」という人は、他人はコミュ障だとは思っていないことが多いでしょう。

経験不足が原因でコミュニケーションができない

「上手く話せない」「人と接する時に緊張してしまう」のは、経験不足によるものかもしれません。人との会話や触れ合いも含め、慣れていない事柄への対応方法が分からなければ、動揺したり失敗やリスクを恐れて緊張したりするのは当然です。職場や取引先の人との会話や職場での電話対応など、経験を重ねることで緊張感が解け、普通にこなせるようになる例も。就職活動においては、コミュ障の人でも面接の練習を重ねることで、本番で上手に話せることもあります。

業務フローがコミュニケーションの妨げになっている

「今の職場は人間関係が悪い…」と思っていても、なぜ人間関係が悪くなったのか追求すると、コミュニケーション以外が原因になっていることもあるでしょう。たとえば、作業工程に滞る点が多いと上手く情報共有ができず、結果的に人間関係が悪くなってしまうケースです。これは、業務工程・内容を見直すことで人間関係も改善される見込みがあります。

コミュ障の人は「自分に合う仕事」が就職成功のカギ

コミュ障の人は「自分に合う仕事」が就職成功のカギの画像

人と関わらずに済む仕事を選ぶ場合も、あえて人付き合いが多い職種にチャレンジする場合も、自分にとって適職かどうかを見極めることが大切です。 幼少期から大学時代までを含め、経験ややりたいことなどから自己分析を進め、本当に自分が求めている仕事は何なのかを深掘りしていくと適職が見つかるでしょう。その中で、「自分はどのタイプのコミュ障なのか」「そもそも本当にコミュ障なのか」も分析していけば、苦手意識とどう付き合っていくかもきっと見えてくるはずです。

「人間関係が原因で現在の職場が合わない」という方は、転職エージェントへ相談してみることをおすすめします。転職エージェントは「今の職場に居づらいけど、転職できるか心配…」という方に対して、就職・転職のプロが丁寧にアドバイス。人と話すのが苦手な人も安心して相談できます。

ハタラクティブでは、黙々と打ち込める仕事や人と関わることが少ない職種など希望にあった求人をご紹介。少しずつコミュニケーションをとれるようになりたい…という方にもぴったりの求人を見つけます。専任の就職アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを実施し、正社員経験がない方や若年層に特化した就活サービスを提供。コミュ障だと感じているから就活をしたことがない方も、ご安心ください。そのほか、企業研究・自己分析のサポートをはじめ、面接対策や選考スケジュールの調整も実施していますので、「就職しようか迷っている」「働きながら転職活動ができるか不安」という方もお気軽にご相談ください。

コミュニケーション能力に自信がない人へ!転職に関するお悩みQ&A

コミュニケーション能力に自信がないと、就職・転職においても不安があるでしょう。ここでは、人とのコミュニケーションが苦手な方向けに、就職・転職活動に関する悩みや疑問をQ&A方式で解決していきます。

コミュニケーション能力が低くても転職できる?

コミュニケーションが苦手でも転職に成功し、活躍している人は大勢います。
就職後、無理なく勤務を続けるためには、何よりもまず自分に適した仕事選びが大切です。自分の強みや弱みを理解したうえで適職を見つけたい方は、こちらの「適職を見つけて転職を成功させよう!」をぜひご一読ください。

面接でコミュニケーション能力について聞かれた…

面接官にコミュニケーション能力について質問されたときは、自分がとれるコミュニケーションについて、できるだけ詳細に説明しましょう。会話力だけではなく、笑顔やジェスチャーを含めた傾聴力も立派なコミュニケーションスキルの一つです。「既卒や第二新卒で求められるコミュニケーション能力って何?」でも、さらに掘り下げて解説しています。

人前で話すことが苦手だと、面接でマイナスになる?

面接中、緊張で会話がスムーズに続かなくても、面接官に熱意や意欲が伝われば評価に繋がるのでご安心ください。 「面接への苦手意識を克服したい!」では、人と話すのが苦手な方に向けて、自信を持って面接に臨める情報をまとめているので、ぜひご覧ください。

転職先の職場で上手く馴染めるか不安…

人の輪の中に入っていくのが苦手でも、挨拶やお礼がしっかりと言える、素直にアドバイスを受け入れる人は、どの職場でも好印象を持たれます。また、相手の目を見て笑顔で話すように意識しましょう。「ハタラクティブ」ではこうしたお悩みに対し、一人ひとりに合わせた解決法をご提案していますので、いつでもご相談ください。

コミュニケーション能力を向上させるには?

他人とコミュニケーションをとる際には、話すスピードや声のトーン、表情などにも気を配り、自分の意見をわかりやすく相手に伝えることが大切です。また、相手の意見を聞くときは、相槌を打ったり同じ言葉を反復したりしながらじっくりと耳を傾けることもポイント。「今から高められる?コミュニケーション能力とは何か」でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

この記事に関連するタグ