新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. コミュ障向けの仕事&就職方法とは?

コミュ障向けの仕事&就職方法とは?

公開日:

最終更新日:

コミュ障向けの仕事&就職方法とは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・コミュ障にはダウナー系とアッパー系の2タイプがある
  • ・コミュ障だと感じる人は、人との距離感や伝え方がわからない、責任感が強いといったケースが多い
  • ・自分で人見知りだと思っていても、会話が成立していればコミュ障ではない
  • ・家庭、学校、職場環境やコンプレックスによる影響もコミュ障の原因の一つ
  • ・人前や仕事での緊張は、経験不足からくることもある
  • ・コミュ障の場合でも、自分に合う仕事を見つけることが就職への近道

会社の人と上手くコミュニケーションが取れていない気がする、自分はコミュ障かもしれないと1人で悩んでいませんか?ここでは人間関係に不安を感じている方に向けて、コミュ障と感じる時の例や、人と接する機会の少ない仕事、転職する際の注意点などについてまとめています。

 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

コミュ障とは

コミュ障という言葉は、ネットスラングが発祥とされています。
コミュニケーション障害の略語のようにネット上では使われていますが、医学的に診断されるコミュニケーション障害とは異なるものです。
医学的には、視覚障害や聴覚障害、身体的障害に起因する症状としてコミュニケーション障害と位置づけられています。

 

コミュ障は、「会話が苦手」「人と話すのが苦痛」といった人とのコミュニケーションが苦手な場合を指すのが一般的です。さらに、コミュ障には、陰性のダウナー系と陽性のアッパー系という2つのタイプが存在しています。

 

【ダウナー系コミュ障】

ネガティブ思考と言われているダウナー系コミュ障。
他人本位の本質を持ち、以下のような特徴があります。

 

・自信がない
・消極的
・物静か
・声が小さい
・緊張しやすい
・決断力が乏しい
・自己アピールが苦手
・目立ちたくない
・責任を感じやすい

 

ダウナー系は特に、コミュ障の自覚が強いのも特徴的です。自分自身のことよりも他人を意識しやすく、人に構ってもらうことを極端に嫌う傾向にあります。そのため、大勢の人がいる場所から離れたり、孤独を求めたりといった行動をとることが多いです。

 

【アッパー系コミュ障】

ダウナー系とは真逆とも言えるのが、ポジティブ思考のアッパー系コミュ障です。
自分本位の行動が見られ、以下のような特徴がみられます。

 

・自信過剰
・積極的
・騒がしい
・声が大きい
・自慢や自分の話が多い
・自己中心的
・人の話を聞かない
・周りの空気が読めない
・目立ちたがり屋
・責任転嫁しやすい

 

自分がコミュ障に当てはまるという自覚がなく過ごしているのがアッパー系です。自分の話ばかりしたがったり、人の話を聞かなかったりするなど、周りの人が嫌がりそうな行動をとってしまいがちなため、自ずと人が去ってしまう傾向が見られます。
特徴からはコミュ力がありそうな社交的タイプに見えますが、実際はコミュニケーションがとりづらい相手として認識されることが多いです。そのため、アッパー系の特徴を持つ人も、コミュ障の一種として分類されます。

仕事で「自分はコミュ障かも…」と感じるとき

社会人になっても人との会話が苦手、社内外問わず人と接すると緊張してしまうなど、自分がいわゆる「コミュ障」である可能性について考える方は意外と多いのではないでしょうか。
ここではどのようなケースから「コミュ障かもしれない」と感じるのかについてまとめてみました。

 

【上司や同僚と上手くコミュニケーションが取れない】

職場の人とどんな会話をしたらいいか分からない、自分から話しかけられない、質問しても別のニュアンスで捉えられ欲しい回答が得られない、という経験はないでしょうか?
逆に、自分は仕事に集中したいのに話しかけられて不快に感じてしまう、何度も同じ質問をされるということもあるでしょう。

 

これらのケースに共通して言えるのは、人との距離感が掴めない、自分の物事の伝え方・受け止め方が悪い、と考えて自分はコミュ障かもしれないという発想に至ること。
比較的ありのままの自分で接することができ、相談やスケジュール調整も気楽にできる家族・友人関係とは違い、仕事ではどこまで自身を表現して良いのか明確ではありません。

 

また、相手にどれくらい心を開くかという基準は人によって違います。言葉が1つ違うだけで別のニュアンスで捉えられてしまうこともあるでしょう。
自分をどれだけ出すか、どこまで踏み込んでいい相手なのかという見極めが苦手だと、コミュニケーションがうまくいかずコミュ障だと感じてしまうことがあるようです。

 

【取引先や顧客の前だと緊張してしまう】

社内の人や友人には構えずに接することができても、取引先の人や顧客など慣れない人と接する時に緊張するという人もいます。

 

このケースでは、「慣れない人と接するのが苦手な人」「ミスを怖がりすぎてしまう人」「責任感の強い人」に大きく分けられるでしょう。親しい人以外は苦手という前項目とほぼ同様のタイプです。

 

ミスが怖いという場合は、仕事でも消極的なことが多いでしょう。
責任感から来る緊張は、適度なものなら良い面もありますが、やり取りがうまくいかないと仕事に支障が出てしまいます。緊張によって失敗してしまうようなことがあると、コミュ障なのかもしれないと考えることがあるのではないでしょうか。

 

【会社に行きたくないと感じる】

人間関係が嫌で会社を休みたいと考える人は多くいます。
人間関係が嫌な理由は人それぞれですが、一般的には上司や先輩との折り合いが悪い、悪口や噂話が好きな人と上手く交流できない、嫌がらせを受けているなどのケースがあるでしょう。

 

コミュ障かもしれないと悩んでいる人は、会社に行くのが嫌だと感じた時に「もし自分のコミュニケーション能力が高ければ、もっと良好な人間関係を築けたかもしれない」「転職しても、上手く人間関係を築けるか自信がない」と自分を責めてしまう傾向があるようです。

 

【自分の言いたいことが言えない】

自分の考えを上手く伝えられないことで、社会的に必要なコミュニケーションスキルが備わっていないのではと考える人もいるようです。

 

たとえば、会社では積極性や提案力が評価される傾向にある場合、たとえ提案の内容が会社や業務に対しての不満であっても、「改善案」として提案すれば会社側は状況の改善に努められるため高評価に繋がります。自分自身も思っていたことを発言できるので不満が溜まることがありません。

 

一方で、自分の考えを上手く伝えられない人は、「改善案」として問題を提起することを難しく感じてしまう傾向にあります。
不満を抱えたまま過ごさなければならない上、評価を得ることもできません。長く勤めるにつれ、ストレスを感じることもあるでしょう。

 

仕事に限らず、そもそも人と会話をすることが苦手だったり、極度の人見知りがあったり、本音を話せるような相手がいないと感じることで、コミュ障を自覚するケースも。「自分はコミュ障だ」と感じてしまうと、ますます人とコミュニケーションを取ることに苦手意識が出てしまいます。

 

コミュニケーションがうまくいかないと仕事にも支障が出ることも多く、会話が得意ではないだけで「仕事ができない人」と思われてしまう恐れもあるでしょう。

 

今はコミュニケーション至上主義とも取れる考え方の企業もあり、仕事と人付き合いの能力を切り離して考えるのは難しい状況にあります。

 

実は「コミュ障」ではないケースもある

自分ではコミュ障だと思っていても、他の人から見るとその特徴に当てはまらないと判断されるケースもあります。

自分が以下の項目に当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

【人見知りと思い込んでいる】

「自分は人見知りだから」と言う人の中にも、他者から見るとムードメーカーとして認識されていることがあります。

自分で人見知りやコミュ障と思っていても、「発言や会話自体
はできている」「トラブルなく人とやりとりできているという人は、特に他人からコミュ障だとは思われていないでしょう。


「著しく会話が続かない」「相手を怒らせたり喧嘩になってしまったりする」
「相手から何度も似たような質問をされる」というようなことがなければ、コミュ障ではないと考えられます

【経験不足が原因で意思の伝達ができていない】

上手く話せなかったり、人と接する時に緊張してしまったりするのは、経験不足によるものかもしれません。

人との会話や触れ合いも含め、慣れていないものに関しては、対応方法が分からずに動揺してしまったり、失敗やリスクを恐れて緊張したりするのが普通です。
経験を重ねることで慣れて緊張感が解け、普通にコミュニケーションがとれるようになる例が多くあります。

【人間関係以外のことがコミュニケーションの妨げになっている】

人間関係が悪いから会社に行きたくない…と思っていても、なぜ人間関係が悪くなったのか追求すると、コミュニケーションそのもの以外が原因になっていることがあります。

 

たとえば、作業工程が悪いために上手く指示が伝達されず、結果的に人間関係が悪くなってしまうケース。これは、業務工程・内容を見直すことで人間関係も改善される見込みがあります。

 

自分がコミュ障だと感じたことから人付き合いに苦手意識が出てしまうというケースもあるため、対人関係がうまくいかない時はコミュニケーション以外の部分に原因がないか探ってみることも大切です。

コミュ障の原因は他にもある

コミュ障の原因は他にもあるの画像

思い込みによる原因も考えられますが、その他に育った環境や過去の経験、身体的特徴など、以下のようなケースが起因している可能性もあります。

 

【家庭環境の問題も原因の一つ】

すべての人に当てはまるわけではありませんが、コミュ障の原因の一つとして家庭環境の問題が挙げられます。

 

たとえば、欠点ばかり指摘されたり、常に否定されたりするといった親の育て方による影響を受けた場合です。また、家族が高圧的なタイプで、意見することができずに気をつかって暮らしているケースもあるでしょう。
自己肯定感が低くなってしまうような環境下にいることで、自然とコミュ障を発症している可能性があります。

 

【学校・職場から受ける影響も大きい】

家庭環境に限らず、学校や職場など、人との関わりがある場においても同じように環境下において受ける影響は大きいでしょう。
先生に褒められたことがあるか、学習課程で成功体験を積むことができたかなど、自己肯定感を高めるチャンスがあるかどうかも重要です。

 

もし、学校や職場でいじめなどを経験している場合、自分を否定されるような状況に居続けることになります。その影響により、次第にネガティブ思考が強くなり、ダウナー系コミュ障を発症する可能性もあるでしょう。

 

【身体的特徴】

誰しもコンプレックスは持っているものです。
しかし、声質や滑舌など、話すことに関わるコンプレックスは人との関わりにも大きく影響を及ぼします。
そのため、話すこと自体が嫌になってしまったり、人前で発言することを極度に避けたりなど、他人と関わらなくてもよい道を選んでしまうようです。場合によっては、人との接触を避けるあまり引きこもり状態になってしまうケースも…。

 

その他に、受験や就活で挫折した、仕事で大きな失敗をした、大失恋したといった体験を繰り返すことで、人生に希望を持てなくなってしまう場合もあるでしょう。
自分自身に価値を見出すことができずに、期待することをやめ、気持ちが内側へと向き始めることでもコミュ障を発症するキッカケになります。

 

人見知り程度であれば、早期の改善が期待できますが、対人恐怖症(社交不安症)などの社会生活に支障をきたすような症状が出始めてしまうと困難です。自分の殻に閉じこもり、人との関わりを断ち切ってしまう前に、コミュ障を克服する努力が必要だといえます。

 

改善に向けて、まずは自分が本当にコミュ障なのかどうかから考えてみましょう。

 

苦手を克服してコミュ障から卒業する方法

コミュ障であるかどうかに関わらず、自分自身の対応次第で人間関係が改善される場合もあります。
まずは、以下のようなことを心がけてみましょう。

 

【挨拶をする】

基本的なことですが、まずは誰にでも必ず挨拶することを意識しましょう。
もちろん、相手に伝わらないと意味がありませんから、少し勇気を出してハッキリと伝わる声を意識して挨拶するようにします。

 

【笑顔で過ごす】

人から「コミュニケーションを取りづらい」と思われている人は、無意識に近寄り難い雰囲気を醸し出しています。
普段から笑顔でいることを心がけ、話しかけやすい雰囲気を出せると良いでしょう。

 

一人でいるときも常に笑顔である必要はありませんが、自信のない人は鏡や写真、スマートフォンの録画機能などを使って、表情を作る練習をすると良いかもしれません。

 

【傾聴力を鍛える】

聞き上手を目指すことで傾聴力を鍛えることが可能です。

 

コミュニケーションをとるのが苦手な人は、「話さなければ」「会話を保たせなければ」と焦ってしまうケースがあります。自分が話さなければいけないと構えると、一方的なトークや相手が不快に思う発言をしてしまい、かえって印象を悪くすることも。

 

もしそれが原因で人から避けられていると思うと、会話をすることへの苦手意識が強まってしまうでしょう。

 

最初は相手の話を笑顔でよく聞くことからスタート。聞き上手でいれば良い印象を持たれやすいはずです。また、話を聞くことで相手の会話の仕方が参考になることもあります。焦らず、聞く力を育てていきましょう。

 

【共感力を高める】

人が話した内容に、善意のつもりですぐにアドバイスをしたり、否定的な意見を出したりしていませんか?

 

これは、特に女性に多い傾向にあると言われていますが、コミュニケーションをとろうという気持ちや、共感してほしいという願いから、相手の話に対して自分の意見を述べる人が多くいます。

 

しかし、「ただ話を聞いてほしかった」という人に対しては、善意のアドバイスであっても印象が悪くなってしまうため注意しましょう。
そのような時は、「大変だったね」「頑張ったね」など、共感的な発言をすると相手との距離感が縮まると言われています。

 

【話すスピードとトーンを意識する】

早口な人やのんびり話す人と接する時、話すスピードが気になったことはありませんか?

 

トークのスピードは早すぎるとせっかち、遅いとのんびり屋というイメージを与えます。人によっては早口で話されると「煽られている気がする」、のんびりしていると「遅くてイライラする」と不快感を抱くこともあるようです。

 

同様に、声の高さでも相手に与える印象は違います。「相手が聞き取りやすいかどうか」を意識して会話をしていくと良いでしょう。

 

【職場に問題がないか考えてみる】

業務内容自体が嫌、残業が辛いなどの原因で会社に行きたくない時は、まず上司に相談して改善に向けて取り組みましょう。
それでも改善しなかった場合、転職したことで上手くコミュニケーションがとれるようになったという人もいます。

 

これは、自分のコミュニケーション力が問題であったというより、職場の人との相性による部分が大きかったからと言えるでしょう。業務以外のコミュニケーションでトラブルが発生したことがない人は、転職を検討してみるのもいいかもしれません。

仕事は人間関係が重要!好印象を与えるコツとは

仕事は人間関係が重要!好印象を与えるコツとはの画像

前項では、相手と気持ちよくコミュニケーションを取るための基本をお伝えしましたが、ここではさらにもう一歩踏み込み、職場の人と親密な関係を築くためのコツをご紹介します。コミュニケーションの基本に慣れてきた方は、気持ちに余裕のある時にぜひチャレンジしてみてください。

 

【誘いに乗る】

コミュ障の方の中には、これまでは歓送迎会など必要最低限の飲み会にしか参加してこなかったという人もいるのではないでしょうか?

 

近年では「飲みニケーション」と言われる、プライベートタイムを使った交流は不要と考える人が増えていることも影響して、断るのに苦労することはあまりないかもしれません。

 

しかし、ランチや飲み会などでは、仕事中には見られない相手の一面を知ることができ、新たな関係性を築ける可能性があります。また、業務に直接関わらないもののなんとなく気になっている、というような日頃相談しづらい悩みも解消できるかもしれません。
誘われたら積極的に参加してみるのもおすすめです。

 

【自分から話しかけてみる】

前よりスムーズにコミュニケーションができるようになったと感じる人は、話しかけやすい人に自分から声をかけてみてはいかがでしょうか。

 

ハードルが高く感じるかもしれませんが、自分が思うよりも気持ちよく受け入れてくれるはず。
相手との信頼関係を築くには、自分から相手を信じる姿勢を持つことも大切です。
最初は会話が長く続かなかったとしても、毎日継続すれば徐々に親しくなり、やがて自然と会話が始まるようになるでしょう。

コミュ障の人が転職・就職活動をするときの注意点

「仕事を辞めたいけど、コミュニケーションが下手だから転職も上手くいかないかもしれない」と思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、心がけさえしっかり持てば転職を成功させることもできるでしょう。

 

以下に、転職する時の注意点を挙げました。

 

【面接では口先だけの言葉よりも熱意を伝える】

面接は、話上手でなければ絶対に受からないというものではありません。口下手でも、意欲や人柄、誠実さが伝われば採用される可能性はあります。
自分の熱意を伝えるためには、企業研究や業界研究を十分にしておく、時間は絶対に守る、服装の乱れをなくす、というような方法が考えられます。
企業についての質問にとっさに答えられたり、見た目や態度で誠意を表すことができたりすれば、好感を持てもらえるでしょう。

 

【不採用でも自分に原因があると思い込まない】

コミュニケーションに自信がないと、採用に至らなかったとき「上手にしゃべれなかったからだ」と自分を責めてしまう人もいるのではないでしょうか。
しかし、採用・不採用の基準は1つではありません。自分ばかりが悪いわけではなく、企業とのミスマッチが原因ということもあります。
そんなときは「企業との相性が悪かっただけ」と考え、気持ちを切り替えて次の面接に挑みましょう。

 

転職する時には、コミュ障を克服するために、営業など人と関わる仕事を目指す人もいます。これは悪いことではなく、実際に社交的になれる人も存在するため、効果的な方法だと言えるでしょう。
その一方で、今まで人と関わる仕事をして上手くいかなかった人は、自分らしく働ける仕事を選んでみると解決に繋がる可能性があります。

人と接したくない…コミュ障の人に向いている仕事

人と接したくない…コミュ障の人に向いている仕事の画像

積極的に人と関わることが難しい、コミュニケーションを取ることに対して強い苦手意識がある…という場合は、なるべく人と関わるシーンが少ない仕事を選ぶのも1つの手。ここでは、自分はコミュ障だと感じている人におすすめの仕事を挙げてみました。

 
【工場勤務】

製造の仕事は、自分の業務をひたすら処理していくという面があり、高いコミュニケーション能力は必要ありません。
特に、工場のライン作業は1人でコツコツできるルーティンワークなので、職場環境次第ではあまり会話をせずに済むでしょう。また、製造の仕事には手に職を付けられるというメリットもあります。

 
【清掃】

工場勤務と同じく一人で作業を進めていく職種に、清掃があります。
大きな施設や複数人が必要な作業内容の場合は、チームで清掃に当たる場合もありますが、基本的には個人で動くことが多いです。一人で広いフロアをピカピカにしたときには、大きな達成感を得られることでしょう。
ただし、長い時間同じ姿勢で作業することもあるので、身体の管理には気を使う必要があります。

 
【警備員】

働く場所にもよりますが、警備員もそれほどコミュニケーションを必要としない職種の1つです。
ルート巡回やモニターチェック、監視などの業務では、人と話すことはありません。
入館者の管理や、普段は開けない場所の鍵の開閉を依頼されたときなどは会話が発生しますが、常時行なわなければいけないものではないでしょう。
しかし、多くの場合拘束時間が長いという点は働く上でのデメリットとなります。

 
【プログラマー】

プログラマー、WEBデザイナーなどは、知識や技術、経験など専門性を活かして黙々と働くことができます。
ただし、プログラマーはSE(システムエンジニア)がまとめた資料を基にプログラミングを行うため、分からない箇所や変更の必要がある部分については話し合いが必要です。
工場勤務や警備員などと比べると他人と関わらなければならないシーンは多いと言えるでしょう。

 
【ドライバー】

ドライバーは、一人で運転している時間が長く、人との関わり合いをあまり持たずに済む仕事です。
同じドライバーでも、近距離の配送や食品などの宅配ドライバーはお客さまと話す機会も多くあります。ただ、運転時間を挟むことでこまめに一人の時間が持てるため、気持ちの切り替えがしやすいというメリットがあるでしょう。
荷物の積み下ろしや長時間の運転で体を使うので、体力に自信がある人におすすめです。

 
【ライター】

書籍や雑誌、フリーペーパー、Webなどに載せる文章を書くライターの仕事。執筆作業中は人と話す必要はありません。
記事の内容によっては、取材や編集プロダクションとの打ち合わせなどで会話をする場面も出てきます。しかし、在宅のWEBライターなら打ち合わせすらチャットなどで行い、対面でコミュニケーションを取ることはほとんどないというケースもあります。
ただし記事によって原稿料に差があり、収入が安定しないというのがこの仕事の難しいところ。もちろん、オフィスソフト程度のPCスキルは必須です。

 
【ビルメンテナンス】

「ビルメン」「ビル管理」とも呼ばれるビルメンテナンス。電気、水道、空調といったビルの設備を定期的に点検し、トラブルがあれば対処する設備管理が主な仕事です。
この設備管理に関しては、人と接する機会はあまりないでしょう。しかし、ビルのテナントからの要望を聞いたり、オーナーからの依頼に応じたりする場面ではコミュニケーションが発生します。
「水が漏れた」「空調の効きが悪い」というような要望にはすぐ応えられないこともあるので、ある程度の交渉力も必要になるかもしれません。

 
【一般事務】

事務には、社外との関わりがほとんどないという企業もあると考えられます。
しかし、事務は他の職種をフォローする仕事なので、他部署とのやり取りが発生することは少なくありません。

 

他の事務員と作業を分担していることも多いため、仕事の進捗や仕様などを共有する必要もあるでしょう。

 

また、求人倍率が高く、未経験者が歓迎されることはあまりないというデメリットもあります。

 

これら全ての職種に共通して言えるデメリットは、コミュニケーションについての悩みが克服できないこと。
コミュニケーションスキルを少しずつでも磨きたい、という方は、別の職種を検討したほうが良いかもしれません。

自分に合う仕事を見つけるのが成功のポイント

人と関わらずに済む仕事を選ぶ場合も、あえて人付き合いが多い職種にチャレンジする場合も、大切なのは自分に向いているかどうかを見極めること。

 

今までの経験ややりたいことなどから自己分析を進め、本当に自分が求めている仕事は何なのかを深掘りしていくと良いでしょう。

 

その中で「自分はどういうタイプのコミュ障なのか」「そもそも本当にコミュ障なのか」ということも分析していけば、その苦手意識とどう付き合っていくかもきっと見えてくるはずです。

 

コミュニケーションが原因で現在勤めている職場が自分に合わない、という方は、転職エージェントへ相談してみることをおすすめします。

 

転職エージェントは「今の職場に居づらいけど、転職できるか心配…」という方に対して、就職・転職のプロが丁寧にアドバイス。人と話すのが苦手な人も安心して相談できます。

 

ハタラクティブでは、コツコツできる仕事や接客が必要ない職種など希望にあった求人をご紹介。少しずつコミュニケーションをとれるようになりたい…という方にもぴったりの求人を見つけます。

 

また、正社員経験がない方への就活サービスに特化しているので、コミュニケーションに自信がないから今まで就活をしたことがないという方もご安心ください。
自己分析のサポートでやりたい仕事、なりたい自分の姿を明確にし、そのイメージにぴったりの求人をご紹介します。

 

また、面接で上手く話すためのカウンセリングや、面接のスケジュール調整など全てのサービスをマンツーマンで提供していますので、「転職しようか迷っている」という方もお気軽にご相談ください。

 

コミュニケーション能力に自信がない人へ!転職に関するお悩みQ&A

コミュニケーション能力に自信がないと、転職においても不安が尽きないでしょう。ここでは、人とコミュニケーションをとるのが苦手な方向けに、転職活動に関する悩みや疑問についてQ&A方式で解決していきます。

 

コミュニケーション能力が低くても転職できる?

コミュニケーションが苦手でも転職に成功し、活躍している人は大勢います。
無理なく勤務を続けるためには、何よりもまず自分に適した仕事選びが大切です。自分の強みや弱みを理解したうえで適した職種を見つけたい方は、こちらの「適職を見つけて転職を成功させよう!」をぜひご一読ください。

 

面接でコミュニケーション能力について聞かれた…

面接官にコミュニケーション能力について質問されたときは、自分がとれるコミュニケーションについて、できるだけ詳細に説明しましょう。会話力だけではなく、笑顔やジェスチャーを含めた傾聴力も立派なコミュニケーションスキルの一つです。「既卒や第二新卒で求められるコミュニケーション能力って何?」でも、さらに掘り下げて解説しています。

 

人前で話すことが苦手だと、面接でマイナスになる?

緊張で会話がスムーズに続かなくても、面接官に熱意や意欲が伝われば評価に繋がるのでご安心ください。
面接への苦手意識を克服したい!」では、人と話すのが苦手な方に向けて、自信を持って面接に臨める情報をまとめています。ぜひご覧ください。

 

転職先の職場で上手く馴染めるか不安…

輪の中に入るのが苦手でも、しっかりと挨拶やお礼が言えたり、素直にアドバイスを受け入れたりできる人は、どの職場でも好印象を持たれます。相手の目を見て笑顔で話すように意識しましょう。ハタラクティブではこうしたお悩みに対し、一人ひとりに合わせた解決法をご提案していますので、いつでもご相談ください。

 

コミュニケーション能力を向上させるには?

コミュニケーションをとるときは、話すスピードや声のトーン、表情などにも気を配り、自分の意見をわかりやすく相手に伝えることが大切です。また、相手の意見を聞くときは、相槌を打ったり同じ言葉を反復したりしながらじっくりと耳を傾けることもポイント。「今から高められる?コミュニケーション能力とは何か」でも詳しく掲載していますので、参考にしてください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ