新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 年収300万円の割合や手取りは?

年収300万円の割合や手取りは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

・2015年の国税庁の調査によると、最も割合の高い年収は300万円以上400万円以下で、全体の17.5%
・年収1000万円以上の割合は、全体の4.3%
・年収1000万円の手取りはおよそ700万円~800万円、年収300万円の手取りは約240万円
・医師や弁護士、税理士などが年収の高い職種で、目指すには難易度の高い資格や専門的なスキルが必要
・企業選びの際は、年収のほかにも業務内容や職場環境を把握することが大切
・転職活動に不安のある場合、エージェントを活用するのがおすすめ

「年収の高い職業に就きたい」と思っている人はいませんか?収入が多ければ、趣味や自己投資に使えるお金が増えるでしょう。
では、一般的に高年収といわれる年収1000万円以上の割合はどれくらいなのでしょうか。
仕事選びをしている方は参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆会社員の年収分布 

国税庁は、「平成27年民間給与実態統計調査」で会社員の平均年収や年収分布を公表しています。

まず、会社員の平均年収は以下のとおりです。

【年収の平均】

全体…420万円
男性…521万円
女性…276万円

結果からわかるように、平均年収は男性の方が高くなっています。
なぜ、男性と女性で年収に差が生じるのでしょうか。

女性の年収が低くなる理由として、女性の労働者にはパートやアルバイトのような非正規社員が多いことが挙げられます。
企業にもよりますが、パートやアルバイトは労働日数や時間を調整しやすい傾向にあります。そのため、結婚や出産を機に退職した人は、再就職の際に非正規社員の雇用形態を選択する場合が多いようです。

では、正社員と非正規社員の平均年収はどれくらいの差があるのでしょうか。

【正社員・非正規社員の平均年収】

正社員…485万円
非正規…171万円

このように、平均年収は正社員の方が314万円多くなり、大きな違いがあります。

それでは、年収で最も割合の高い階層はどこになるのでしょうか。

【最も割合が高い年収の階層】

全体…300万円以上400万円以下(全体の17.5%)
男性…300万円以上400万円以下(男性の18.3%)
女性…100万円以上200万円以下(女性の26.1%)

全体では、300万円以上400万円以下の割合が高くなっています。
ちなみに、女性の300万円以上400万円以下の割合は16.3%です。

では、高年収といわれる年収1000万円以上の割合はどれくらいになるのでしょうか。 

【年収1000万円以上の割合】

全体…4.3%
男性…男性全体の6.8%
女性…女性全体の0.8%

上記から、年収1000万円以上の割合はとても低く、高年収の人はごくわずかであることがわかります。

参照元:国税庁「平成27年民間給与実態統計調査」
 https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2015/pdf/000.pdf

◆年収1000万円と300万円、それぞれの手取りは? 

手取りとは、会社が支払う給料から社会保険料や税金を引いたものを指します。
手取りの計算方法は以下のとおりです。

【手取りの計算方法】

手取額=基本給+各種手当(住宅手当や残業代など)-社会保険料-税金

手取りは、一般的に会社から支給される額面上の賃金の約8割になるといわれています。
年収が1000万円、300万円である場合のそれぞれの手取りは以下のとおりです。

年収1000万円→700万円~800万円
年収300万円→約240万

年収が増えると所得税は高くなり、差し引きされる額は多くなります。

◆年収の高い職種 

「年収の高い職業に就いて、優雅な生活を送りたい」と思う人は多いかもしれません。
では、高年収の職種にはどのようなものがあるのでしょうか。この項目では、一般的に年収が高いといわれている職種をご紹介します。

・医師
・官僚
・弁理士
・税理士
・弁護士
・行政書士
・大学教授
・公認会計士 など

上記の職種を目指すには、決められた教育機関に通うことや、難関と言われる国家資格への合格が必要です。
専門性を高めるための時間やお金も必須となるため、チャレンジする際はそのことを踏まえた上で行動するようにしましょう。

◆高年収を目指すなら、まずはしっかり企業を選ぼう 

企業選びをする際、余裕を持って生活できるよう、年収の高さを第一に考える場合があるかもしれません。
しかし高年収であっても、業務内容や職場環境に不満がある場合、仕事への意欲が下がりストレス状態が続くこともあるため注意が必要です。

また、お金は使い方で状況が変わるため、経済的な安定は自分の行動で決まることを覚えておきましょう。
高いモチベーションで仕事に取り組めるよう、会社を選ぶ際は、収入面に限らず業務内容や労働条件が自分に合っているかをよく確認することが大切です。

もし「転職活動は初めてで不安」「希望する条件の求人がなかなか見つからない」という場合は、エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。企業の職場環境を把握した上で厳選した1000件以上のお仕事から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。

当サービスは、経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで長所や適性を見出し、マンツーマン体制で書類作成や面接対策などのサポートを行うのが特徴です。

ご利用はすべて無料のため、気軽にご相談ください!

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?