新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 失敗してもやり直せる。後悔しない生き方のヒント

失敗してもやり直せる。後悔しない生き方のヒント

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・理想と現実のギャップが後悔を生む
    ・後悔したときは、考え方のベクトルを変えること、「今」の後悔にとらわれなことが前を向くコツ
    ・後悔しないためには、人生には限りがある点を意識し自分のやりたいことをしよう
    ・就職や転職での後悔の多くは、自己分析や企業研究の不足が原因

何か悔しい経験をしたとき、「後悔」という気持ちから離れるのは難しいものです。過去の後悔や失敗を引きずるあまり、新たなチャレンジを尻込みしてしまう人もいるのではないでしょうか?
今回のコラムでは人が後悔するパターンをご紹介し、後悔したときの心の持ち方をアドバイスしていきます。


◆後悔とは何か

「あの時ああしておけば…」という後悔を長い間引きずった経験がある人は多いはずです。では、人はなぜ後悔するのでしょうか?
過去を悔やむ理由は人それぞれですが、後悔にはいくつかのパターンがあります。

・目標まであとわずかという所で到達できなかった
・余計なことをして失敗した、良かれと思ってした行動が失敗を招いた
・全力を尽くさなかった
・できるのやらなかった

目標に到達できなかったり、当初の計画が失敗したりしたときに人は後悔します。それは最初に頭に描いていた理想と現実のギャップが、悔しさになるからでしょう。
また、「理想の自分」を心の中に抱いている人は、現実の自分との差に悩むことが多いよう。自分の力が足りなかったという悔しさは、ときに「自分を許せない」という気持ちに発展し、その人を苦しめます。
実行する能力はあるのに行動に移さなかった場合は、「行動していれば成功したかもしれない」という思いが後悔を生みます。
もしかしたら実現したかもしれない未来が自分の選択一つで失われたとき、自責の気持ちは大きく膨らんでいくのでしょう。


◆後悔してしまったときは…

生きていれば人は必ず後悔するものですが、後悔から立ち直るポイントを知っておくと気持ちの整理がつきやすくなるかもしれません。
ここからは後悔したときの心の持ち方を考えていきます。

【後悔したときの考え方を変えてみる】

後悔したときや失敗したとき、無理に元気なふりをする人がいます。
そのやり方で感情の整理がつけばいいのですが、自分の本当の気持ちをごまかすのは難しいこと。今は元気でも後々気持ちが落ち込み、忘れたふりをしていた感情を思い出すかもしれません。
後悔するような事態が起こったとき、無理にネガティブな感情に蓋をする必要はありません。失敗して落ち込んだときは、後悔する気持ちに無理矢理フタをするのではなく、後悔に対する考え方を変えていくことが大切。

たとえ悔いが残るような失敗を犯したとしても、人はそこから学ぶことができると考えましょう。後悔のマイナス面だけを見るのではなく、後悔を未来でより良い選択をするための学びの機会ととらえてはどうでしょうか。
人は誰でも後悔するもの。後悔するものも「人間らしさ」の一つです。

【対処できる後悔は行動に移す】

後悔には、取り返しのつかない後悔と、後から対処できる後悔があります。
もし友人に心無い言葉をかけてしまったのを後悔しているなら、誠意をもって謝ることで相手との関係を修復できる可能性があります。
対処できる後悔の場合、その後の行動を起こさないとさらに後悔してしまう可能性も。失敗の後に積極的に行動するのは勇気がいりますが、挽回のチャンスがあるなら全力を尽くしてみませんか?

【今の後悔は未来では違うものになるかもしれない】

今立ち直れないほどの後悔をしているという方は、1年先、5年先、10年先のことを考えてみてださい。
現在の後悔は、必ずしも未来で同じ形をしているとは限りません。過去の挫折が将来の成功を導くケースは多く、失敗や後悔を重ねたからこそ強い自分になることもあるでしょう。

「昔の後悔があったからこそ、今の自分がある」

ひょっとしたら何年か後に、そんな風に振り返ることがあるかもしれません。
後悔したときは現在の時間軸のみにとらわれず、将来的に受け取り方が変わっていく可能性を考えましょう。
後悔すると過去の失敗ばかりを振り返ってしまいますが、人は過去には戻れません。後悔しているときこそ前を向き、次の目標や将来を考える習慣をつけるのがおすすめです。


◆後悔しないためにできること

【自分がやりたいことをやる、挑戦する】

やらない後悔を予防するには、自分がやりたいことをやるのが一番。
挑戦を尻込みする原因は、失敗に対する恐怖や、周囲の反対意見ではないでしょうか?
そんなときに考える癖をつけたいのが、「やらなかったときの後悔」。失敗すると後悔するかもしれませんが、人は挑戦しなかったことを後悔する生き物でもあります。

挑戦して失敗するのを後悔するか、挑戦しなかったことを後悔するか。どちらを選択しても後悔する可能性があるのなら、成功する希望のある道を選んではいかがでしょう。
そして、周囲の意見や評価を気にするよりも、本当に自分がやりたいことに挑戦しましょう。人の意見に従って失敗したときと、自分の意思で挑戦して失敗したとき。後悔が少ないのは、恐らく後者の選択ではないでしょうか。

【人生に終わりがあると意識する】

締め切りがない仕事にはついだらだらと取り組んでしまうように、人間には何かしらの期限がないと目標や計画を立てづらい癖があります。
日々の生活の中で考える機会は少ないかもしれませんが、後悔しない生き方をしたい人が意識しておきたいのは、「人生には終わりがある」という事実。
さきほど「挑戦しない後悔」について述べましたが、人生には限りがあるという意識を持つと、「今しかないのだから」という気持ちから、物事に積極的にぶつかっていく意欲が生まれるかもしれません。


◆人生の一大事!就職・転職で後悔しないためには?

後悔してもやり直すことはできますが、就職・転職での後悔はなるべく避けたいものです。
失敗を恐れて求職活動に踏み出せないという人がいるようですが、実は仕事探しでの後悔の多くは、自己分析や企業研究の不足が原因。
入職後、仕事内容や職場の雰囲気がイメージと違って後悔したというケースは、事前の調査不足が原因であることがほとんどです。
業界や企業についてホームページや手に入る資料、面接での質問を通して情報を得ていれば、入職後のギャップはそれほど大きくならないでしょう。

転職したものの前職のほうが自分に合っていたとう人は、自己分析が不十分だった可能性があります。
進みたい方向性が定まらないまま就職・転職活動をしていると、目先の待遇や条件などに惹かれて、本来やりたかったことが実現できなかったという結果を招きかねません。

「後悔のない就職・転職がしたい!」
そんな風に考えている方は、若年層の仕事探しに特化したハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは担当のアドバイザーが一人ひとりにカウンセリングを行い、希望や悩みをヒアリングした上で適性に合った正社員求人を紹介しています。
当サービスでは実際に取材した企業の求人のみを扱ってるので、仕事内容や職場環境について詳しい情報を提供できるのが強み。単に内定の獲得だけを目指すのではなく、入職後のマッチングを重視したサポートを行っています。

ハタラクティブでは求人提案のほか、自己分析のお手伝いや書類・面接接対策のアドバイスを実施。面接日程の調整など企業との連絡を代行するので、在職中でスケジュール管理の難しい方、アルバイトが忙しいフリーターの方も安心して求職活動のスケジュールを立てられます。
一人での就職・転職に不安のある方は、プロのアドバイスで理想の仕事を見つけませんか?

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ