ベンチャー企業へ転職したい!向いている人や伸びる会社の見極め方を紹介

ベンチャー企業へ転職したい!向いている人や伸びる会社の見極め方を紹介の画像

この記事のまとめ

  • ベンチャー企業とは、革新的な取り組みを行う創立から間もない企業を指すことが多い
  • ベンチャー企業に転職するメリットは実力がダイレクトに反映されること
  • ベンチャー企業に転職するデメリットは、教育体制や労働環境がまだ整いきっていない点
  • ベンチャー企業に向いているのは主体性がありかつやりがいを持って働ける人

ベンチャー企業に対して「華やか」「自由に働ける」といった印象を持つ人も多いため、今働いている会社から転職したいと考えることもあるでしょう。しかし、ベンチャー企業だからといって華やかだったり、自由に働けたりするとは限りません。このコラムでは、ベンチャー企業に転職するメリット・デメリットなどを解説。転職する前に、自分が理想とする働き方がベンチャー企業に合っているか確認してみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ベンチャー企業とは?

ベンチャーという言葉は「冒険的な」という意味の英語からきています。新しいアイデアや技術で、それまでにないサービスや事業を展開する中・小規模の企業をベンチャー企業と呼ぶことが多いでしょう

しかし、ベンチャー企業という用法は日本独自のもの。海外では「スタートアップカンパニー」などと呼ばれており、最近では日本でもベンチャー企業をスタートアップと呼称することがあるようです。

ベンチャー企業に明確な定義はない

実はベンチャー企業というものに明確な定義はないものの、下記の特徴を持つ企業が一般的にベンチャー企業と呼ばれているようです。

・社長を含め社員が若い
・会社自体も若く、勢いがある
・誰も手を出していないような未開拓の領域をビジネスにしている

なお、ベンチャー企業については「ベンチャー企業とは?メリット・デメリットや向いている特徴を解説!」でも紹介しています。

企業以外にも存在する「ベンチャー」

「ベンチャー企業」や「ベンチャービジネス」などの略として使われることが多いベンチャー。ほかに、「社内ベンチャー」や「ベンチャーキャピタル」という言葉もあります。

社内ベンチャー

社内ベンチャーとは、企業が新規事業のために社内に設立した、独立したベンチャー企業のような事業部のこと。この事業部の担当者は社内起業家と呼ばれ、企業のバックアップのもと自主的な運営を行えます。企業のブランド力や資金力が魅力ですが、実際には独立した会社ではないため最終的な決定権は企業側にあります。

ベンチャーキャピタル

未上場企業に投資し、投資した企業を上場させるなどしてハイリターンな利益を得る投資会社のことです。このようなベンチャーキャピタルから出資を受けている会社もベンチャー企業と呼ばれています。

未経験OK多数!求人を見てみる

ベンチャー企業に転職するメリット

ベンチャー企業は革新的なサービスや技術を提供しているため、新しいことにチャレンジする機会が多いのが特徴。また、企業自体も若いため実力次第で高い評価を得たり、スピード感をもって業務を進めたりできるのもメリットといえるでしょう。

新しいことにチャレンジできる

まだ一般的ではない分野にビジネスチャンスを見出すことが多いベンチャー企業。誰も関わったことのない仕事に出会えるかもしれないという期待は大きいのではないでしょうか。新しいことに挑戦したいと考える場合ベンチャー企業はおすすめです。

実力次第を評価されやすい

ベンチャー企業は経営陣を含めて社員全体が若いため、年功序列や学閥といった慣習が少ない傾向。実力次第で昇進や管理職になれるチャンスが多くあるのも魅力です。年齢や経験に関わらず、大きな成果を出したり企業に大きく貢献する働きを行ったりすれば、好評価を期待できるでしょう。

やりがいが大きい

大企業のように社員数が多くないベンチャー企業では、社員一人ひとりが携わる業務の幅が広く、人によってはさまざまなスキルを身につけることも可能です。また、会社の成長を感じることができたり、自分の仕事が会社の成長に大きく関わっていることを感じられたりと、大きなやりがいに繋がります。

スピード感と裁量権がある

社員数が少なかったり、経営陣との距離が近かったりするベンチャー企業。そのため業務決定などが早く、スピード感を持って業務を進められるのが魅力。また、一人が担当する範囲が広く、若いうちから裁量権を持って働ける企業が多いのもメリットでしょう。

経営者との距離が近い

ベンチャー企業の多くは規模が小さいため、経営者と社員の距離が近いというメリットがあります。
自分の活躍を経営陣が近くで見てくれたり、逆に経営陣の仕事を近くで見られるのも大企業では味わうことのできない、ベンチャー企業特有の特徴ではないでしょうか。

また、よりコミュニケーションが取れる環境であれば、社長と意見交換する機会も多くなります。会社経営に直接関わっている感覚を味わえるのもベンチャー企業ならではの魅力といえます。

ベンチャー企業に転職した場合のデメリット

この項では、ベンチャー企業で働くデメリットを紹介します。ベンチャー企業への転職はリスクが伴ったり、未経験から業界に挑戦すると教育制度が整っておらず苦労したりする可能性もあるでしょう。

将来性が未知数

新しく起業した会社が5年後10年後と生き残っていくのは大変です。特に、ベンチャー企業はその名の通り少し冒険的な会社経営を行うことも多く、会社の先行きは不安定といえます。就職や転職の際には、働こうとしている会社の事業領域や方針など、将来性の見極めも大切です。

収入に対して業務がハードになりやすい

人手の少ないベンチャー企業では、一人が多くの業務を担当することは珍しくありません。メリットとも捉えられるものの、逆に忙しすぎるというデメリットも。

会社の成長にやりがいを感じられる裏には、業務遂行能力・自己管理能力が強く求められる側面もあるでしょう。ベンチャー企業の業務量と収入が見合わず「ベンチャーへの転職はやめとけ」という声が聞かれることも。やりがいよりも収入の安定を目指す場合はベンチャー企業をおすすめできません。

教育制度が整っていないこともある

ベンチャー企業は設立から間もなく、ノウハウを蓄積している最中というところもあるため、社員教育などの環境整備が後回しになっている企業も。教わるというよりも、自らが業務の中で試行錯誤しながら働き方を確立していくというケースも多いようです。ベンチャー企業では、積極的にセミナーや研修に参加して、自ら学び続ける姿勢が求められるでしょう

ベンチャー企業に向いている人の特徴

ここからはベンチャー企業に向いているタイプを4つ紹介します。ベンチャーへの転職を検討しているなら、自分に適性があるかどうかを確認しておきましょう。なお、「ベンチャー企業に向いている人とは?向き不向きを解説!」のコラムでも、ベンチャーに向いている人の傾向を紹介しています。

主体的に物事を進めるのが得意な人

社員数が少なく一人ひとりが多忙な会社には、仕事を与えられるのを待っているのではなく、自ら進んで仕事を作りたいというタイプの人が向いているといえます。

チャレンジ精神が旺盛、積極的な人

前例のない仕事を任されたり、会社の成長を感じられたりすることがベンチャー企業の特徴の一つ。
挑戦することが苦にならない、成長意欲の高い人が向いているといえるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力がある人

社員同士や経営者との距離が近いベンチャー企業では、円滑に仕事を進めるためのコミュニケーション能力は必須。人と関わりながら会社を大きくしていくことに喜びを感じられる人に向いているといえます。

社会の役に立ちたい人

社会の役に立ちたい場合もベンチャー企業はおすすめです。経済産業省の調査によると、スタートアップを起業した動機で最も多かったのが「社会的な課題を解決したい」「社会の役に立ちたい」でした。

そのため、自分の力を社会のために活かしたいと考える場合、ベンチャー企業の理念と一致する可能性が高く、働くのに向いているでしょう。

参照元
経済産業省
第1回スタートアップ育成分科会配布資料

ベンチャー企業に向いていない人の特徴

こちらではベンチャー企業に向いていない人の特徴を紹介します。ベンチャー企業に転職後、後悔や失敗したと感じないためには特徴への理解が欠かせません。

毎日ルーティン業務をこなしたい

毎日安定した業務をこなしたい場合、ベンチャー企業は不向きです。ベンチャー企業では常に新しい業務が発生したり広い範囲の業務を担当したりします。コア業務が定まらないこともあるので、「毎日同じ業務だけして帰宅したい」という場合はおすすめできません。

ワークライフバランスをとりたい

ワークライフバランスを取りたいと考える場合もベンチャー企業は不向きでしょう。企業によっては特別休暇を設けたりフレックス制でワークライフバランスを取ったり、さまざまな取り組みを行っていますが、業務量が多くバランスを取れない可能性もあります。休日をしっかり取りたい人や残業時間を減らしたい人はベンチャー企業をおすすめできません。

将来性が期待できるベンチャー企業の特徴は?

ここからはベンチャー企業への転職を検討する方向けに、将来性が期待できる企業の特徴を紹介します。多くのベンチャー企業があっても、経営が安定するのはごく少数。せっかく転職しても会社の将来が不安でまた転職…とならないよう、企業選びのポイントを把握しておきましょう。

経営者のビジョンに具体性がある

経営者のビジョンに具体性がある場合、将来性を期待できるでしょう。たとえば、「3年後までに支店を何店舗を増やす」「売り上げを何%向上するためにはこの取り組みを行う」と具体的な数値を元にビジョンを説明している企業は将来性が期待できます。一方で「社会のためになる」とぼんやりしたビジョンを掲げている場合は方向性や経営戦略が曖昧になりやすいと考えられます。

需要が見込まれる事業への参入

参入している事業に需要が見込まれる場合も将来性が期待できるでしょう。たとえば、医療福祉分野やDXに欠かせないIT分野など、今後も伸びが期待される業界での事業であれば、世の中からのニーズも続くため転職しても長く働けます。

差別化されたビジネスモデルや商品がある

その企業ならではのビジネスモデルや商品を扱っている場合も将来性が期待できます。競合がそもそも少なかったりサービスが確立されていたりする場合、ユーザーが集中することが予測できるため将来性が見込めるでしょう。

ベンチャーについて理解したうえで転職を検討するのがおすすめ

一言でベンチャー企業といっても、まだまだスタートしたばかりの会社から、勢いに乗っている会社もあります。また、ベンチャー企業でやりがいを感じられる人もいれば、大企業や安定した中小企業の方が向いている人もいます。仕事に対する考え方やそれぞれの人生設計によって、働きやすい会社は変わってくるもの。

もしも、どんな企業が自分に向いているか分からないなら、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層に特化した転職・就職支援サービスを行っています。サービスはすべて無料ですので、ご相談だけでもお気軽にご利用ください。

この記事に関連するタグ